Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP のグレースフル再起動の理解

長期的な BGP グレースフルリスタート機能について理解する

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

これまで、ルーティングプロトコルと BGP は、正確性に重点を置いて設計されていますが、「正確さ」というのは、各ネットワーク要素の転送状態を、ネットワークの現在の状態に迅速に統合することです。かぎり. このため、プロトコルは、できるだけ早く (BGP の視点から) 停止したルーターによって発生した状態を削除するように設計されています。RFC 4724 で定義された BGP グレースフルリスタートを使用すると、高速コンバージェンス機能がネットワークから「古い」状態を迅速に削除しようとしていました。

時間の経過とともに、2つの要素が関与することで、古い状態を迅速に削除して変更と拡張が可能になっています。1つ目は、MPLS など、トンネリングされた転送インフラを幅広く採用していることです。このようなインフラストラクチャでは、ホップバイホップ転送で発生する転送ループのリスクを解消し、転送要素間の強い一貫性を維持するための動機を1つ削減します。2つ目は、本来の状況よりもパケット転送に密接に関連していないデータのトランスポートとして、BGP の使用が増えていることです。例として、autodiscovery (VPLS [RFC4761]) およびフィルタプログラミング (FLOWSPEC [RFC5575]) の BGP 使用などが挙げられます。このような場合、BGP データは、従来のルーティングではない特性を前提としています。

ネットワーク運用担当者は、何らかの理由で BGP の制御プレーンに障害が発生したときに BGP データを長期間保持することを選択できるようにすることが重要でした。BGP グレースフル リスタートのプロパティは、BGP 情報を長期的に維持するために必要な要件に近い状態ですが、特に「停滞」情報を保持できる最大時間には複数のギャップがあります。グレースフル リスタートでは 4,095 秒の上限制限が課されます。Junos OS は、長期間のグレースフルリスタート機能と呼ばれる BGP 機能をサポートしているため、セッションをリセットしても、古くなった情報を長期間保持できます。また、このような情報をマークするための新しい BGP コミュニティーとして「LLGR_STALE」もサポートしています。このような古い情報は、最優先ではないものとして扱われ、その広告は、新しい機能をサポートする BGP スピーカーに限定されるものとします。

BGP 長時間有効なグレースフルリスタート (LLGR) を使用すると、ネットワーク事業者は、既存の BGP グレースフルリスタート機能よりもはるかに長い BGP ピアから、古いルーティング情報を維持することを選択できます。BGP ルートを長期的に維持するこの機能は、 IETF ドラフト 、 長寿命 BGP グレースフル リスタート — draft-uttaro-idr-bgp-persistence-03) に準拠しています。この草案によると、長期的に有効なグレースフルリスタート (LLGR) は、NLRI 単位で明示的に設定する必要があり、LLGR を認識して検証しない他のピアに古い情報が蔓延するのを防止する規定が含まれています。次のメリットと運用は LLGR が原因で発生します。

  • 障害が発生したノードからのルートは、設定された期間 (日数) の間、維持されます。

  • 適切な show コマンドを使用して、NLRI LLGR (高品質) の各ネゴシエーション状態を調べることができます。

  • 1つのピアに対して現在適用されているかどうか、有効な場合、期限が切れるまでの期間を表示できます。

  • LLGR が保持している古いルートは、 show bgp neighborコマンドの出力で明示的にマークされています。

  • 他の隣接ノードから学習した古いルートは、適切にshow bgp neighbor定義されたコミュニティーを使用して、コマンドの出力に明示的に示されます。

LLGR の方法はさまざまなシナリオに適用できますが、この機能の主要な目的は1つのシナリオです。ルートリフレクタとクライアントの間の接続が切断された場合は、リブ全体を送信する前に接続をリセットするような間欠的な接続を含め、障害が発生しても再起動は発生しません。また、このような現象は、クライアントとルートリフレクタによってアドバタイズされた次ホップの間のあらゆる種類の接続の問題を意味するものではありません。一般的な長時間の再起動時間は12時間の順序になると予想されています。

llGR に関する IETF ドラフト 「draft-uttaro-idr-bgp-persistence-03」に記載されている動作のガイドラインと運用ポイントはすべてサポートされています。また、リリース15.1 よりも前にリリースされた既存の Junos OS 機能との下位互換性を備え、特にグレースフルリスタートと無着陸ルーティング (NSR) をサポートしています。LLGR が設定されている場合は、インターネットドラフトに明示的に示されている場合を除き、グレースフルリスタートは既存の方法で動作します。また、LLGR と NSR の両方を同時に設定して、完全な LLGR 機能を実現することもできます。LLGR の前提条件として、IETF ドラフトのサポート、BGP グレースフル リスタートに対する通知メッセージのサポート (draft-ietf- idr-bgp-gr-notification-01)が実装されています。このドラフトは、通常の GR の動作を拡張し、通信の中断とプロトコルのエラーを防御できるようにします。

スイッチオーバー後にカーネルタイマーによって BGP キープアライブを自動生成するための最大期間構成を理解する

Junos OS では、無着陸アクティブルーティング (NSR) は、正常なルーティングエンジンスイッチオーバー (GRES) と同じインフラストラクチャを使用して、インターフェイスとカーネルの情報を保持します。ただし、NSR は、バックアップルーティングエンジンで rpd (ルーティング・プロトコル・プロセス) を実行することで、ルーティング・プロトコル情報を保存することもできます。この追加情報を保存することで、NSR は自己完結型であり、ルーティングプラットフォームによるルーティングプロトコル情報の復元を支援するために、ヘルパールーター (またはスイッチ) に依存することはありません。NSR は、近傍ルーター (またはスイッチ) がグレースフルリスタートプロトコル拡張機能をサポートしていないネットワークでは有利です。この機能の強化により、NSR はグレースフルリスタートのための自然な後継となっています。

無着陸のアクティブなルーティングの自動マージは、ソケットレプリケーションのカーネルコンポーネントの1つです。切り替え時に、このコンポーネントはバックアップからプライマリ スイッチに自動的にソケット ペアをマージルーティング エンジン。NSR のバックアップからプライマリへの切り替えは、rpd が各セカンダリ ソケット ペアにマージ コールを発行して 1 つのソケットにマージすると発生し、遅延が発生する可能性があります。この遅延を回避するために、カーネル内の自動マージモジュールは rpd からセカンダリソケットのマージを分離し、rpd 高優先度のスレッドがこの機能を活用して、TCP を維持するためにより高速なキープアライブを生成するように、セカンダリソケットをスイッチオーバーで自動的に結合します。スイッチオーバー時の接続

デフォルトでは、BGP バックアップからプライマリへの切り替えイベントの直後に、カーネルが提供する自動キープアティブ世代サービスに登録されません。そのためには、[ nonstop-routing-optionsedit routing-options] 階層レベルのステートメントを有効にし、BGP で precision タイマーを設定する必要があります。BGP で precision タイマーを設定すると、すべてのセッションを、カーネルによって提供される keepalive 自動生成サービスとともに登録 BGP ことができます。登録が完了すると、カーネルは、バックアップからプライマリへの切り替えイベント直後の制御セッションに対して、BGP に代わってタイマーを使用してキープアリストを自動的に生成します。これにより、スイッチオーバーイベント時に非常に小さいタイマーを使用して、コントロールセッションでより信頼性の高いキープアライブを生成できます。

BGP 長時間にわたる機能の相互運用によるスムーズな再起動

このトピックでは、BGP 長期的なグレースフルリスタートとさまざまなシステムの状況における、さまざまな機能の動作について説明する以下のセクションが含まれています。

Junos OS は Junos OS リリース15.1 で開始され、BGP グレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報を維持する期間よりも、BGP ルーティングの詳細を長期間に BGP ピアわたって保持するメカニズムをサポートしています。

サポートされている NLRIs の制限事項

LLGR 構成および機能ネゴシエーションは、次の BGP ネットワークレイヤーの到達可能性情報 (NLRI) ファミリでサポートされています。

  • l2vpn

  • inet ラベル付きユニキャスト

  • inet フロー

  • ルートターゲット

  • inet vpn ユニキャスト

  • inet-vpn フロー

  • inet6-vpn ユニキャスト

LLGR の構成と機能ネゴシエーションは、以下のシリーズで禁止されています。

  • inet-mvpn

  • inet6-mvpn

  • inet mdt

LLGR 機能が使用できない NLRI ファミリーでは、これらのシリーズに対して LLGR 構成が含まれている設定をコミットしようとして拒否され、そのような設定が保存されていないことを示しています。これらの製品に関連付けられている NLRIs は、LLGR 機能アドバタイズに含まれていないため、受信した LLGR 機能広告では無視されます。

LLGR の構成と機能ネゴシエーションは許可されますが、他のシリーズについては非表示になります。

LLGR Restarter Mode (NSR)

NSR と LLGR が同時に設定されている場合、ルーターは、そのピアで LLGR レシーバーモードになるまでの期間を長くすることも含め、通常の方法でこの LLGR 機能のネゴシエーションを実行します。ただし、完全 LLGR restarter 機能 (リブのマーカーの送信を遅らせるまで、すべてのピアから受信するまで) は、NSR では機能しません。フルシステム (ルーティングエンジンの両方) の再起動時に、ルーティングプロトコルデーモン (rpd) は、自身を送信する前に、他のピアからの EoRs を待機しません。現在のリブの内容を送信すると、すぐに送信されます。この状況により、ネットワークの再集約時に一時的な停止が発生する可能性があります。NSR は、1つのルーティングエンジン再起動のシナリオをすべて処理するには十分なものと見なされます。Restarter モード制限は、両方のルーティングエンジン (または rpd の両方のコピー) を同時に再起動する場合にのみ効果があります。通常の restarter モード構成は NSR では有効ではありません。

通常のグレースフル再起動 restarter モード構成は、NSR ではサポートされていません。

LLGR の機能は、グローバル、BGP グループ、および BGP の近隣レベルを対象としています。

通常のグレースフルリスタートの受信機モードが無効になっていない場合、デフォルトでは、長期的なグレースフル再起動レシーバーモードが有効になります。BGP 長期的なグレースフル再起動 (LLGR) 機能を有効にするにlong-lived receiver enableは、 [edit protocols bgp graceful-restart]階層レベルで明細書を追加します。BGP LLGR をグローバルまたはシステム全体のレベルで有効にする以外に、有効期間が長い受信者 enable ステートメントを[edit protocols bgp group group-name graceful- restart]階層レベルで含めることもできます。特定の BGP グループには llgr を設定し、 [edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]階層レベルでは llgr を構成するには特 BGP 近隣BGP llgr メカニズムを無効にするにはlong-lived receiver disable 、オプション[edit protocols bgp graceful-restart][edit protocols bgp group group-name graceful-restart]、、または [edit プロトコル BGP group-グループ名、近隣ノードのグレースフルリスタート] 階層レベルを含めます。LLGR を無効にすると、すべての NLRI ファミリーの LLGR 機能 (レシーバーおよび restarter モードの両方) がすべて非アクティブ化されます。このプロパティは、グローバル構成からのグループ、およびグループ構成からの近隣ノードによって継承されます。

BGP の長期的な安全なリスタートの監視と管理

このトピックでは、BGP 長時間有効なグレースフルリスタートに関連するパラメーターを分析して表示するための運用コマンドとその重要性について説明します。トラフィック損失に関連する統計的カウンターとメトリックを分析し、適切な修正措置を講じることができます。Show コマンドの出力に表示されるフィールドは、ネットワークのパフォーマンスとトラフィック処理の効率性に関する問題の診断とデバッグに役立てることができます。

このclear bgp neighbor neighbor-address stale-routes機能は、グレースフルリスタート (GR) または長期間のグレースフルリスタート (llgr) レシーバーモードの運用のために、指定された近傍に現在保持されている古くなったルートを引き起こします。clear bgp neighbor neighbor-address gracefullyコマンドは (デフォルトではclear bgp neighbor hardclear bgp neighbor) と同じですが、送信された通知および停止メッセージでは、新しいハードリセットサブコードを使用しません。これにより、近隣は、ネゴシエートされた場合は、GR または LLGR ヘルパーモードに入ります。このルーターでセッションはクリアされたままで、このルーターは GR または LLGR ヘルパーモードに入りません。

BGP 非clear表示のコマンドを追加して、デバッグのために長期的なグレースフルリスタート機能を実現することができます。

clear bgp neighbor neighbor-address socket

このコマンドは、確立されたピアリングセッションの TCP 接続を中断します。これが唯一のコマンドの意味であり、その他すべての問題は、接続が破損した場合の副次的な影響です。その結果として、(GR notification extensions が無効になっていなければ) 接続の両側が GR または LLGR ヘルパーモードに入り、ネゴシエートされた場合は、TCP 接続が再確立します。

show bgp neighborコマンドの出力を拡張して、以下の追加情報を表示します。

  • 長期的なグレースフルリスタートオプション

  • ピアによってネゴシエートされた LLGR パラメーター

  • 再起動ルーターがネゴシエートした LLGR パラメーター

  • 時間は、ルーティングプロトコルデーモン (rpd)% #0T 形式を使用して表示されます。

    <weeks>w<days>d <hours>:<minutes>:<seconds>

    たとえば、1週間未満の値には週は含まれていません。

隣接した長期間のグレースフルリスタートが完全に無効になっている場合は、以下のように表示されます。

近隣が LLGR を完全にサポートしていない場合は、次のように表示されます。

LLGR レシーバーモードはアクティブになっていますが (ネゴシエーションが完了し、まだ再接続されていないshow bgp neighbor )、コマンドの出力には、llgr が期限切れになるまでの残り時間、GR 古いタイマーに残っている時間、リブの詳細が表示されます。

近傍に対してグレースフル再起動を BGP すると、追加情報がshow bgp neighborコマンドの出力に表示されます。これらの詳細には、古いルートが保持されている NLRIs のリスト (NLRIS はフィールドの古いルートを保持している)、再起動タイマーの残り時間 (古くなったルートが削除されるか期限切れになるまでの時間)、古いタイマーの残り時間が表示されます (古くなったルートの終了までの時間) とリブの詳細を想定しています。時刻は協定世界時 (UTC) 形式で表示されます (YYYY-MM-DD: MM: SS)。セッションがアクティブである場合は、停滞タイマー表示(「rib の終わりまでの時間」を想定)も表示されますが、ネイバーはまだエンド オブ RIB 表示すべて送信していない場合に注意してください。

グレースフルリスタートまたは LLGR ヘルパーモードがアクティブになっている場合は、リブshow bgp summary情報がコマンドによって表示されます。BGP セッションがメインのルーティングデバイス上で確立されている場合、このフィールドには、近隣から受信したアクティブ、受信、受け付け、および damped のルート数が示され、inet. 0 (メイン) ルーティングテーブルと inet. 2 (マルチキャスト (multicast) の両方になります。たとえば、8/10/10/2 と2/4/4/0 は次のことを示しています。

  • 8個のアクティブルート、10の受信ルート、10個の許容ルート、damped BGP ピアからの2つのルートが、inet. 0 ルーティングテーブルに表示されます。

  • damped ルーティングテーブルには、2個のアクティブルート、4個の受信ルート、4個の許容ルートがあります。また、BGP ピアからのルートは1つも含まれていません。

show route detailコマンド ( receive-protocol bgpオプションの有無にかかわらず) が拡張され、長期間保持されている古い状態のルートを識別します。このLongLivedStaleフラグは、このルーターによってルートが llgr-古くなっていることを示します。これは、llgr 受信者モードの操作の一部として行われます。このLongLivedStaleImportフラグは、ピアから受信されたルートまたはポリシーのインポートによって工順が llgr-stale とマークされたことを示します。ルートに対して、これらのフラグの一方または両方が表示されることがあります。これらのフラグは、古い (通常の GR 古い) フラグと同時には表示されません。Preferenced が長期間古くなったためにルートが解除されている場合、「ルートの詳細を表示」コマンドの出力にある非アクティブな理由フィールドは、LLGR 古くなっていることを示します。新しい LLGR の古い非アクティブな理由は、優先度とローカル優先度のルート選択階層に適合します。

ヒント:

Juniper 技術支援センター (JTAC) によれば、BGP の長期間のスムーズなリスタートに関する問題をトラブルシューティングするのにshow route table bgp.l2vpn.0 detail hidden役立つコマンドが1つあります。このコマンドの出力は、BGP セッションが終了した後も BGP ルートがまだ存在しているかどうかを検知するのに役立ちます。このhiddenオプションを使用すると、インシデント発生時および障害後のルートを確認し、ルートが隠されている理由を説明する情報を見つけることができます。このシナリオのトラブルシューティングに役立つその他の手がかりとして、古い BGP ログエントリbgp_mark_route_staleの外観 (など) や非表示ルートがshow bgp summaryコマンドの出力に表示されることが挙げられます。

長期間にわたって BGP の BGP ルートを徐々に再開するための期間を延長します。長時間にわたる正常な再起動

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

通常のグレースフルリスタートの受信機モードが無効になっていない場合、デフォルトでは、長期的なグレースフル再起動レシーバーモードが有効になります。BGP 長期的なグレースフル再起動 (LLGR) 機能を有効にするにlong-lived receiver enableは、 [edit protocols bgp graceful-restart]階層レベルで明細書を追加します。BGP LLGR をグローバルまたはシステム全体のレベルで有効にする以外に、有効期間が長い受信者 enable ステートメントを[edit protocols bgp group group-name graceful-restart]階層レベルで含めることもできます。特定の BGP グループには llgr を設定し、 [edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]階層レベルでは llgr を構成するには特 BGP 近隣BGP llgr メカニズムを無効にするにはlong-lived receiver disable 、オプション[edit protocols bgp graceful-restart][edit protocols bgp group group-name graceful-restart]、、または [edit プロトコル BGP group-グループ名、近隣ノードのグレースフルリスタート] 階層レベルを含めます。LLGR を無効にすると、すべての NLRI ファミリーの LLGR 機能 (レシーバーおよび restarter モードの両方) がすべて非アクティブ化されます。このプロパティは、グローバル構成からのグループ、およびグループ構成からの近隣ノードによって継承されます。

BGP の近隣は、以下の階層レベルで設定できます。

  • [edit protocols bgp group group-name]—デフォルトの論理システムとデフォルト ルーティング インスタンス。

  • [edit routing-instances instance-name protocols bgp group group-name]—指定されたルーティング インスタンスを持つデフォルトの論理システム。

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols bgp group group-name]:論理システムとデフォルト ルーティング インスタンスを設定します。

  • [edit logical-systems logical-system-name routing-instances instance-name protocols bgp group group-name]—指定されたルーティング インスタンスを使用して論理システムを設定します。

long-lived receiver enable 、設定の上位レベルから継承された disable オプションをオーバーライドします。すべてのファミリーに対して長い稼働時間のグレースフル リスタート リスタート モードを有効にしません。各ファミリーに対してリスタート モードを明示的に設定する必要があります。

Llgr 機能を提供していない近隣に対して、llgr に古くなったルートをアドバタイズadvertise-to-non-llgr-neighborできるように[edit protocols bgp graceful-restart long-lived]する[edit protocols bgp group group-name graceful-restart long-lived]には[edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart long-lived] 、、または階層レベルでステートメントを追加します。この設定は、このルーターによって LLGR-古くとマークされたルートの両方、または近隣から受信した LLGR (古いルート) の両方に適用します。最も望ましいのは、自律システムのルーターすべてが、IETF ドラフト仕様をサポートしていないことです。ただし、段階的な導入を容易にするには、次のような状況で長期的な長時間のリスタート機能が提供されていない近隣に、古くなったルートを提供する必要がある場合があります。近隣ノードは、内部 (IBGP またはコンフェデレーション) の近隣ノードである必要があります。NO_EXPORT コミュニティーは、古いルートに関連付けられている必要があります。古いルートは、LOCAL_PREF 属性が0に設定されている必要があります。この部分導入のこの手法を使用する場合は、自律システム全体のすべての LLGR ルートに対して、LOCAL_PREF をゼロに設定する必要があります。この設定は、柔軟性のわずかな削減 (競合する LLGR ルート間での注文はできない場合があります) が行われます。この仕様をサポートし、サポートしていないルーター間の一貫性を確保できます。ルート選択の一貫性は転送ループを防ぐうえで重要になることがあるため、この仕様をサポートしていないルーターについては、その前に検討する必要があります。

エクスポートされていない BGP コミュニティを外部の BGP 隣接者にアドバタイズされるルート (ルーター CE と仮定) に自動的に追加omit- no-exportしないよう[edit protocols bgp graceful-restart long-lived][edit protocols bgp group group-name graceful-restart long-lived]するに[edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart long-lived]は、、または階層レベルでステートメントを追加します。たとえば、VPN 導入では、BGP は PE CE プロトコルとして使用されることがよくあります。このような導入では、このような仕様をサポートするために簡単にアップグレードできない CEs との相互運用に対応することが、実際的であると考えられます。この要件によって、「古くなった」ルーティング情報が、1つ以上の IBGP ルーターがアップグレードされていない、これらの手順をサポートするルーターの境界を超えてリークしていないことを確認します。VPN PE CE の場合、使用されているプロトコルは EBGP で、LOCAL_PREF は IBGP 専用パス属性を使用しています。「古い」ルーティング情報の伝搬を制限する主な目的は、コンフェデレーションの境界 BGP を超えても、制限なしに拡散しないようにすることです。通常、VPN の導入には topologically 制約があり、この問題は排除されます。このため、実装では、明示的に設定されたときに、PE CE セッションで古いルートをアドバタイズすることがあります。このようなシナリオでは、実装は、NO_EXPORT コミュニティーを問題のあるルートにデフォルトで接続する必要があります。これは、制限なしに古いルートを追加保護することを目的としています。NO_EXPORT コミュニティーの添付ファイルは、例外的なケースに対応するために明示的に無効にすることができます。CE がこの仕様をサポートしていない場合でも、一部の VPN 導入では、古くなったルートを CE に通知することが必要になる場合があります。そのような場合、PE ルーターを構成してルートをアドバタイズする場合は、ルートを受信する CE のオペレーターに通知する必要があります。また、CE はルートを使用しないように設定する必要があります。典型的な BGP 実装では、この運用を LLGR_STALE コミュニティーに対応させることによって実行し、ルートのマッチングに LOCAL_PREF をゼロに設定します。

LLGR 受信機モードが有効または無効になっている場合、セッションはリセットされます。この動作により、新しい機能の値が近傍に送信されます。このadvertise-to-non-llgr-neighborオプションを有効または無効にすると、エクスポートポリシーが再評価され、llgr の古いルートがアドバタイズまたはウィズドロウされる場合があります。このomit-no-exportオプションが追加または削除されると、セッションがリセットされます。このセッションの残りの部分では、エクスポートポリシーの外側に追加されるエクスポート以外のコミュニティーに対して、LLGR の古いルートを readvertised することができます。

BGP 長時間に有効なグレースフルリスタート機能をシステムまたはグローバルレベルで実行し、そのプロパティを設定するには、以下のようにします。

BGP のグループレベルで BGP 長時間のスムーズな再起動機能を有効にし、そのプロパティを設定するには、以下のようにします。

BGP 長時間に有効なグレースフルリスタート機能を近隣またはピアグループレベルで実現し、そのプロパティを設定するには、以下のようにします。

ルーティングポリシーにおける長期的な安全な BGP 再起動のためのコミュニティーの構成

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

さらによく知られた2つのコミュニティが発表されています。これらの新しい BGP コミュニティーは、その他のシンボルの既知のコミュニティーとして使用できます (宣伝、非エクスポート、輸出不可/非エクスポートなど)。これらは、静的ルート定義のコミュニティー属性またはポリシーオプションにあります。コミュニティーの定義2つの新しいコミュニティは次のとおりです。

  • llgr-stale:コミュニティを、長寿命の古いルートに追加します。

  • no-llgr—LLGR が保持BGP スピーカールートをマークします。通知メッセージ機能には、関連付けられた構成パラメーターはありません。

llgr-staleおよびno-llgrオプションをcommunity name membersステートメントとともに含めることで、BGP コミュニティー情報を、以下の階層レベルの静的な集約ルート、または生成された工順に関連付けることができます。

ルーティングポリシーの一致条件で使用する、長期的な BGP 再起動コミュニティーを構成するには、次のようにします。

LLGR を設定する場合、BGP のグレースフルリスタートも設定する必要はありません。Llgr-古く、および llgr の既知のコミュニティーの値は、それぞれ0xFFFF0006 と0Xffff0006 です。この権限は、プロトコル bgp の場合と同じです。長期的に有効期間が長い再起動セクションは、l2vpn、inet というラベルが付いたユニキャスト、inet フロー、およびルートターゲットに対してのみ表示されます。Inet-mvpn、inet6 の vpn、および inet mdt では禁止されています。他のファミリーでは非表示になっています。

Junos OS は、長期間にわたる正常なリスタートを BGP するためにルートの状態と一致する BGP エクスポートポリシーを設定することもサポートしています。以前に定義したコミュニティと、ルーティングポリシーのアドレスプレフィックスのリストを選択して、指定したプレフィックスに対して、長期にわたる正常な再起動に対してルートを選択的に許可または拒否することができます。

グローバル、グループレベル、および近隣グループ[edit protocols bgp graceful-restartレベルの設定には、階層レベル以下の2つの隠し構成ステートメントが追加されています。

またdisable-notification-flag[edit protocols bgp graceful-restart]階層レベル[edit protocols bgp group group-name graceful-restart][edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]文によって、グレースフルリスタート機能ネゴシエーションで N フラグの伝送が無効になります。またdisable-notification-extensions[edit protocols bgp graceful-restart]階層レベル[edit protocols bgp group group-name graceful-restart][edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]ステートメントは、グレースフルリスタート機能ネゴシエーションで N フラグの送信も無効にしますが、さらに、グレースフルリスタートレシーバーモードを起動するための新しいルールを無効にします。、IETF bgp-gr-通知の下書きで指定されており、ハードリセットサブコードの送信も無効になっています。ハードリセットのサブコードは、通知または停止メッセージで受信した場合、引き続き確認されます。

N フラグの送信を無効にし、グローバルまたはシステム全体のレベルで正常な再起動をトリガーするルールを無効にするには、次のようにします。

N フラグの送信を無効にし、グループレベルでのグレースフルリスタートをトリガーするルールを無効にするには、以下のようにします。

N フラグの送信を無効にし、近隣またはピアレベルでのグレースフルリスタートをトリガーするルールを無効にするには、以下のようにします。

論理システムとルーティングインスタンスにおける特定のアドレスファミリーに対して長期間のグレースフル Restarter モードネゴシエーションを構成する

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

また、システム、論理システム、またはルーティングインスタンスのすべてのアドレスに対してこの機能を設定するのではなく、特定のアドレスファミリーに対して長期的に有効な restarter モードネゴシエーションメカニズムを BGP 構成することもできます。特定のアドレスファミリーに対して BGP LLGR を有効にgraceful-restart long-lived restarter stale-time intervalするには、以下のいずれかの階層レベルに記載されているステートメントを使用します。

各ルーティングテーブルは、プロトコルファミリーまたはアドレスファミリーインジケーター (AFI) とそれに続くアドレスファミリ識別子 (SAFI) によって識別されます。AFI パラメーターは(l2vpn | inet | route-target)プロトコルの1つであり、safi パラメーターは inet ファミリのプロトコル、 (flow | labeled-unicast)または L2VPN family の(auto-discovery-mspw | auto-discovery-only | signaling) protcols のいずれかです。.

LLGR を設定する場合、BGP のグレースフルリスタートも設定する必要はありません。長期的に有効期間が長い再起動セクションは、l2vpn、inet というラベルが付いたユニキャスト、inet フロー、およびルートターゲットに対してのみ表示されます。Inet-mvpn、inet6 の vpn、および inet mdt では禁止されています。他のファミリーでは非表示になっています。

使いは、1ファミリあたりのグレースフルリスタートの長期 restarter 構成セクションで、グローバルに、またはグループや近傍のために、LLGR restarter mode BGP ネゴシエーションを可能にします。これらの値は、グローバル構成からグループによって継承され、グループ構成からの近隣ノードによって、それらの設定が対象となります。Disable 属性は、上位レベルから継承された設定を上書きするために使用します。LLGR 受信者モードが無効になるわけではありません。必要に応じて、すべてのファミリーに対して LLGR レシーバーモードを明示的に無効にする必要があります。隠しenable属性を使用して、継承された disable 属性をオーバーライドできます。近傍レベルでのグレースフルリスタート (グループレベルまたはグローバルに設定されていない場合) を設定すると、内部グループが分割されます。LLGR restarter がファミリーに対して有効または無効になっている場合、または stale 時刻が変更された場合、セッションはリセットされ、新しい機能を近傍に送信できるようになります。

停滞時間の値の範囲は、1~16777215(2^24 – 1)秒です。この値は、デフォルトで秒数を示すシンプルな整数ですが、次の表記を使用して指定することもできます。

[< 週間 > w][< 日間 > d][< 時間 > h][< 分 > m][< 秒 > s]たとえば、27d、648h、38880m、または2332800s のように、27日間を指定することができます。90分は、1h30m、90m、または5400s として設定できます。指定した日数には、86400、3600、60による分数 (分単位) を掛けた値が表示されます。これらは数秒に加算され、合計が得られます。指定された合計が最大期限を超えていなければ、1つの期間の日付と時間の組み合わせ形式 (1d36h など) が許可されます。

さらに、時間は以下の表記法を使用して設定することもできます。< 時間 >: < 分 >: < 秒 > たとえば、12:00:00 は12時間を指定します。時間と分はオプションです。

たとえば、2w1d 12:00:02 は2週間、1日、12時間、2秒 (1339202 秒) などの2つの表記法を組み合わせることができます。(CLI では、このような値を二重引用符で囲む必要があることに注意してください)。この表記法で表現される最大の stale 時間は 27w5d 04:20:15 (27 週間、5日間、4時間、20分、15秒) です。Show configuration コマンドは、実際に設定された値を表示しますが、関連タイマーが実行時に表示show bgp neighborされるコマンド (など) に表示されると、値は正規化されます。たとえば、1 d36h は 2d 12:00:00 になります。正規化 LLGR の表示に関するすべてのルールは、 clear bgp neighbor neighbor-address gracefullyコマンド構成によって異なります。

BGP 長時間有効なグレースフルリスタート特性を構成するには、アドレスファミリ単位および論理システムまたはルーティングインスタンス用のグローバルレベルでの各アドレスファミリ:

論理システムのグローバルレベルでの、アドレスファミリーごとの BGP 長時間の再起動の設定

ルーティングインスタンスのグローバルレベルでの、BGP 長時間のフルリスタートをアドレスファミリーごとに設定

BGP 長期的なスムーズな再起動の特性を構成するには、アドレスファミリ単位および論理システムまたはルーティングインスタンス用の BGP のグループレベルで次のアドレスファミリを使用します。

論理システムの BGP グループレベルでの、BGP 長時間のフルリスタートをアドレスファミリーごとに構成

ルーティングインスタンスの BGP グループレベルでの、BGP 長時間のフルリスタートをアドレスファミリーごとに設定

BGP 長期的なスムーズな再起動の特性を構成するには、アドレスファミリごと、および論理システムまたはルーティングインスタンスの BGP 近隣グループレベルでのアドレスファミリごとに次のように設定します。

論理システムの BGP 近傍グループレベルでのアドレスファミリーあたり BGP 長時間のフルリスタートの構成

ルーティングインスタンスの BGP 近傍グループレベルでのアドレスファミリーごとの BGP 長時間のフルリスタートの構成

BGP ヘルパールーターまたはピアに通知します。すべてのアドレスと特定のアドレスファミリに対して転送状態ビットを構成することで、ルートを保持することについて説明します。

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

BGP セッションがダウンし、セッションが再確立される前に、古いルートは最大2回まで保持されます。これにより、再開時間と長期間存続している古くなった時刻パラメーターで制御します。最初の期間、ルーティングの変更は防止されますが、トラフィックの潜在的な null ルート フィルタリングが可能です。第 2 期間に、トラフィックの NULL ルート フィルタリングの可能性が低下する可能性がありますが、ルーティングの変更はネットワーク全体で表示されます。ネットワーク環境では、特定のアプリケーションに関連するパラメーターの設定は、トレードオフ、ネットワークダイナミクス、および潜在的な障害シナリオについて考慮する必要があります。必要に応じて、最初の期間は、ローカル設定によって、または正常な再起動の時間をゼロに設定することにより、アドレスファミリインジケーター (AFI) とそれに続くアドレスファミリ識別子 (SAFI) を列挙することによって省略することができます。性能.

F ビットの設定 (および付属する GR 機能の「転送状態」ビット) は、導入時の考慮事項によって異なります。F ビットは、ヘルパールーターが関連付けられたルートをフラッシュする必要があることを示すものです (ビットがクリアされている場合)。LLGR が使用されている重要なシナリオは、従来のルーティング (トンネルベースのルーティングではなくホップバイホップフォワーディング) よりも構成が類似するルートを対象としています。そのようなルートの場合は、他の考慮事項に関係なく、常に F ビットを設定すると便利です。同様に、転送プレーンに関与しない、専用ルートリフレクタなどの制御プレーンのみのエンティティについては、F ビットが常に設定されるようにしておくことをお勧めします。全体的に採用するガイドラインは、再起動するルーターの状態の損失によってフォワーディング ループや null ルートが合理的に発生すると予想される場合、状態が保持されているかどうかに応じて、F ビットを思い切って設定する必要があるという考え方です。導入のニーズと設定に基づいて、F ビットを設定する必要があるかどうかを決定できます。CE がこの仕様をサポートしていない場合でも、一部の VPN 導入では、古くなったルートを CE に通知することが必要になる場合があります。このようなシナリオでは、このようなルートを提供するように PE を設定するネットワーク事業者は、ルートを受信する CE のオペレーターに通知する必要があります。また、CE はルートを設定しないように設定されている必要があります。通常、BGP 実装では、LLGR_STALE コミュニティーを照合してこの動作を実行し、LOCAL_PREF をゼロに一致させるルートに設定します。

転送ステートビットを指定することもできます。これは、グローバル、グループ、および近隣レベルで定義できる BGP 構成オプションで、論理システムまたはルーティングインスタンスに対しては任意です。グローバル、BGP グループ、または BGP の近隣レベルで転送状態ビットを指定するにはforwarding-state-bit (as-rr-client | from-fib) 、ステートメントを[edit protocols bgp graceful-restart][edit protocols bgp group-group-name graceful-restart]、また[edit protocols bgp group-group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]は階層レベルに含めます。フォワーディング状態ビット属性は、転送状態ビットが、グレースフルリスタートと長期間のグレースフルリスタート機能の広告の両方でどのように設定されているかを制御します。デフォルトでは、この値は、近隣ノードがルートリフレクタクライアントであるかどうかによって異なります。近隣がルートリフレクタクライアントでない場合は、RFC 4724 に準拠した関連 FIB の状態に従って値が設定されます。近隣がルートリフレクタクライアントである場合、この値は、inet ユニキャストと inet6 ユニキャスト以外のすべてのシリーズで1に設定されます。これには、関連付けられた FIB の状態を使用します。このas-rr-clientオプションは、すべてのアドレスファミリーの動作をルートリフレクタクライアントの機能と同じに設定します。このfrom-fibオプションは、ルートリフレクタ以外のクライアントの場合と同様に、すべてのアドレスファミリの動作を強制的に実行します。

グローバルレベルで転送状態フラグネゴシエーションを構成するには、次のようにします。

グループレベルで転送状態フラグのネゴシエーションを構成するには、次のようにします。

近隣またはピアグループレベルで転送状態フラグネゴシエーションを構成するには、次のようにします。

転送状態ビットのグローバル設定のほかに、転送状態ビット動作は個々のシリーズに対して指定できます。転送状態ビットの設定を変更しても、既存のセッションに影響を与えることはありません。特定のアドレスファミリーの転送状態ビットを指定するには、 forwarding-state-bit (set | from-fib)論理システムと[edit protocols bgp graceful-restart family address-family subsequent-address-family]ルーティング[edit protocols bgp group-group-name graceful-restart family address-family subsequent-address-family]インスタンスに[edit protocols bgp group-group-name neighbor neighbor-address graceful-restart family address-family subsequent-address-family]ある、またはの階層レベルにステートメントを含めます。ファミリごとに BGP 設定オプションが追加され、転送状態ビットは、グレースフルリスタートおよび長期のグレースフルリスタート機能広告で制御できます。デフォルトの論理システム、特定の論理システム、プライマリ ルーティング インスタンスまたは特定のルーティング インスタンスに対してこれらのテーブルを指定できます。このper-family forwarding-state-bit属性によって、転送状態ビットを設定するためのデフォルトのルールまたはグローバル構成が上書きされます。このset オプションは、転送状態ビットを強制的に1に設定します。このfrom-fibオプションを指定すると、値は関連する FIB の状態に従って設定されます。ファミリごとの転送状態ビットの設定を変更しても、既存のセッションに影響はありません。

完全な構成階層レベルは以下のとおりです。アドレスファミリごとforwarding-state-bit (set | from-fib)に転送状態ビットを設定するステートメントを含めることができます。

論理システムまたはルーティングインスタンスのグローバルレベルで、アドレスファミリごと、および後続のアドレスファミリごとに BGP の転送状態ビットを構成するには、以下のようにします。

論理システムのグローバルレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの設定

ルーティングインスタンスのためのグローバルレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの設定

論理システムまたはルーティングインスタンスの BGP のグループレベルで、アドレスファミリごと、および後続のアドレスファミリに BGP て、転送状態ビットを構成するには、次のようにします。

論理システムの BGP グループレベルでのアドレスファミリごとの転送状態ビットの構成

ルーティングインスタンスの BGP グループレベルでの、アドレスファミリごとの転送状態ビットの構成

1つの論理システムまたはルーティングインスタンスの BGP 近隣グループレベルで、アドレスファミリごと、および後続のアドレスファミリごとに転送状態を BGP に設定するには、次のようにします。

論理システムの BGP 近傍グループレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの構成

ルーティングインスタンスの BGP 近傍グループレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの構成

例:BGP 長時間のグレースフルリスタートを使用して、低速および潜在 BGP ピアのルートの詳細を保持する

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

これまで、ルーティングプロトコルと BGP は、正確性に重点を置いて設計されていますが、「正確さ」というのは、各ネットワーク要素の転送状態を、ネットワークの現在の状態に迅速に統合することです。かぎり. このため、プロトコルは、できるだけ早く (BGP の視点から) 停止したルーターによって発生した状態を削除するように設計されています。RFC 4724 で定義された BGP グレースフルリスタートを使用すると、高速コンバージェンス機能がネットワークから「古い」状態を迅速に削除しようとしていました。

BGP 長時間有効なグレースフルリスタート (LLGR) を使用すると、ネットワーク事業者は、既存の BGP グレースフルリスタート機能よりもはるかに長い BGP ピアから、古いルーティング情報を維持することを選択できます。BGP ルートを長期的に維持するこの機能は、 IETF ドラフト 、 長寿命 BGP グレースフル リスタート — draft-uttaro-idr-bgp-persistence-03) に準拠しています。この草案によると、長期的に有効なグレースフルリスタート (LLGR) は、NLRI 単位で明示的に設定する必要があり、LLGR を認識して検証しない他のピアに古い情報が蔓延するのを防止する規定が含まれています。

この例では、MX シリーズルーターで長期的に有効なグレースフルリスタート機能 BGP 構成する方法について説明します。以下のセクションが含まれています。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 1つの MX シリーズルーターを MPC として使用できます。

  • MX シリーズルーターの Junos OS のリリース 15.1 R1 以降

長期的なグレースフル BGP 再起動を設定する前に、以下のことを確認してください。

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

概要

再起動を実行すると、再起動を実行中のルーティングデバイスで、隣接する近隣およびピアにその状態が通知されます。再起動中のデバイスとその近隣ノードは、ネットワークのパフォーマンスを損なうことなく、パケットを転送し続けることができます。デバイスを再起動すると (これらの近隣はヘルパールーターと呼ばれます)、近くのデバイスによるリスタートが可能になるので、再起動しても、すべての操作をすぐに再開して、アルゴリズムを再生

通常のグレースフルリスタートの受信機モードが無効になっていない場合、デフォルトでは、長期的なグレースフル再起動レシーバーモードが有効になります。BGP 長期的なグレースフル再起動 (LLGR) 機能を有効にするにlong-lived receiver enableは、 [edit protocols bgp graceful-restart]階層レベルで明細書を追加します。BGP LLGR をグローバルまたはシステム全体のレベルで有効にする以外に、有効期間が長い受信者 enable ステートメントを[edit protocols bgp group group-name graceful-restart]階層レベルで含めることもできます。特定の BGP グループには llgr を設定し、 [edit protocols bgp group group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]階層レベルでは llgr を構成するには特 BGP 近隣BGP llgr メカニズムを無効にするにはlong-lived receiver disable 、オプション[edit protocols bgp graceful-restart][edit protocols bgp group group-name graceful-restart]、、または [edit プロトコル BGP group-グループ名、近隣ノードのグレースフルリスタート] 階層レベルを含めます。LLGR を無効にすると、すべての NLRI ファミリーの LLGR 機能 (レシーバーおよび restarter モードの両方) がすべて非アクティブ化されます。このプロパティは、グローバル構成からのグループ、およびグループ構成からの近隣ノードによって継承されます。

Topology

古いルートが、1.2.3.4 アドレスを使用して BGP ピアまたは近隣向けに維持される期間を延長する場合のサンプルシナリオを考えてみましょう。古くなったセッションでルートを保持する必要がある期間を指定するだけでなく、ピアを正常に再起動したときに、特定のアドレスプレフィックスから BGP ルーターを無視するように設定することもできます。メカニズム. ルーティングポリシーステートメントで使用する IPv4 または IPv6 アドレスプレフィックスのリストと、ルーティングポリシーに含まれる BGP コミュニティーを定義できます。特定のプレフィックスからのルートを拒否するようアクションの修飾子を設定した場合、そのような BGP ルートは、時間の経過に応じて維持されません。

また、システム、論理システム、またはルーティングインスタンスのすべてのアドレスに対してこの機能を設定するのではなく、特定のアドレスファミリーに対して長期的に有効な restarter モードネゴシエーションメカニズムを BGP 構成することもできます。特定のアドレスファミリーに対して BGP LLGR を有効にgraceful-restart long-lived restarter stale-time intervalするには、以下のいずれかの階層レベルに記載されているステートメントを使用します。

各ルーティングテーブルは、プロトコルファミリーまたはアドレスファミリーインジケーター (AFI) とそれに続くアドレスファミリ識別子 (SAFI) によって識別されます。AFI パラメーターは(l2vpn | inet | route-target)プロトコルの1つであり、safi パラメーターは inet ファミリのプロトコル、 (flow | labeled-unicast)または L2VPN family の(auto-discovery-mspw | auto-discovery-only | signaling) protcols のいずれかです。.

LLGR を設定する場合、BGP のグレースフルリスタートも設定する必要はありません。長期的に有効期間が長い再起動セクションは、l2vpn、inet というラベルが付いたユニキャスト、inet フロー、およびルートターゲットに対してのみ表示されます。Inet-mvpn、inet6 の vpn、および inet mdt では禁止されています。他のファミリーでは非表示になっています。

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細を変更し、コマンドを[edit]階層レベルで CLI にコピー & ペーストしてから設定commitモードから開始します。

アドレスプレフィックスリスト、BGP コミュニティー、BGP ルーティングポリシーの設定

BGP グループの構成、NLRI、長期間におけるフルリスタート

BGP の近隣グループの構成

長期間に Restarter モードのフルリスタートを設定する

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

  1. BGP ルーティングポリシーのアドレスプレフィックスリスト、BGP コミュニティー、および match 条件とアクション修飾子を構成します。

  2. Restarter モードには、フローのために古くなった時間とともに、BGP グループ、アドレスファミリー、および長期間のグレースフルリスタート機能を構成します。

  3. BGP の近隣グループを構成します。

結果

設定モードから、 show policy-optionsshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

長時間のグレースフルリスタート機能が有効になっていることを確認します。

目的

BGP の近隣レベル用に設定された長期的な BGP 再起動機能を確認します。

アクション

LLGR レシーバーモードはアクティブになっていますが (ネゴシエーションが完了し、まだ再接続されていないshow bgp neighbor )、コマンドの出力には、llgr が期限切れになるまでの残り時間、GR 古いタイマーに残っている時間、リブの詳細が表示されます。

この出力には BGP 隣接ノードに関する情報が表示されます。