Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP IBGP 拡張用フェデレーション

BGP のフェデレーションについて

BGP は、BGP フルメッシュの要件によって発生したスケーリングの問題を解決するためのもう1つの方法です。BGP のフェデレーションでは、大規模な自律システムをサブ自律システム (場合によっては) に効果的に分割します。各サブシリーズは、コンフェデレーション内で、サブ AS 番号によって一意に識別される必要があります。通常、秘密の数字は64512と65535の間の数字として扱われます。

サブ AS 内では、同じ内部 BGP (IBGP) フルメッシュ要件が存在します。他のコンフェデレーションへの接続は、標準の外部 BGP (ebgp) を使用して行われ、サブの外部のピアは外部として扱われます。ルーティングループを回避するために、サブシリーズは、AS path として動作するが、プライベートに割り当てられたサブとしてのみ使用されるコンフェデレーションシーケンスを使用します。

コンフェデレーションは、他のコンフェデレーションの全体にも完全に表示されます。他の一括で受信した AS パスには、数字としてグローバルに割り当てられたものだけが表示されます。コンフェデレーションシーケンスや、プライベートに割り当てられたサブとしての番号は含まれません。ルートがコンフェデレーションとして提供された時点では、サブとしての番号は削除されます。図 1は、4つのフェデレーションに分割されていることを示しています。

図 1: BGP ConfederationsBGP Confederations

図 13が4つのサブ・デュアル、64517、64550、65300、65410に分類され、EBGP セッションを通じてリンクしています。このコンフェデレーションは ebgp によって接続されているため、完全にメッシュする必要はありません。EBGP ルートは、他のサブ readvertised にも対応しています。

例:BGP の構成

この例では、BGP confederations を設定する方法を示します。

要件

概要

BGP コンフェデレーションでは、コンフェデレーションのメンバー自律システム () 間のリンクは、内部 BGP (IBGP) リンクではなく、外部 BGP (EBGP) リンクである必要があります。

Route リフレクタ、BGP コンフェデレーションと同様に、ibgp ルーティングデバイス間の接続を維持するために、ピアセッションと TCP セッションの数を削減します。BGP コンフェデレーションは、IBGP フルメッシュ要件によって作成されたスケーリングの問題を解決するために使用される1つの方法です。BGP では、フェデレーションを効果的にサブ自律システムに分割しています。各サブシリーズは、コンフェデレーション内で、サブ AS 番号によって一意に識別される必要があります。通常、秘密の数字は64512と65535の間の数字として扱われます。同様に、同じ IBGP フルメッシュ要件がある場合があります。他のコンフェデレーションへの接続は、標準の ebgp で行われ、サブの外部のピアは外部として扱われます。ルーティングループを回避するために、サブシリーズは、AS path として動作するが、プライベートに割り当てられたサブとしてのみ使用されるコンフェデレーションシーケンスを使用します。

図 2は、17 (2 つの独立した連合) によるサンプルネットワークを示しています。複数のルーターを持つ、64512および副64513としての「サブ」として機能します。サブネットワーク内では、IGP を使用して内部のピアとの接続を確立しています。サブの間には、EBGP ピアセッションが確立されています。

図 2: BGP を使用した典型的なネットワークBGP を使用した典型的なネットワーク

Topology

構成

手順

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

すべてのデバイスが64512として機能

64512としてのサブの境界デバイス

すべてのデバイスが64513として機能

64513としてのサブの境界デバイス

順を追った手順

この手順では、64512としてサブデバイスが使用されている場合の手順を示します。

このautonomous-system文は、デバイスのサブとしての番号を設定します。

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

BGP confederations を構成するには、次のようにします。

  1. デバイスの副としての番号を設定します。

  2. コンフェデレーションには、メインのすべてのサンドイッチが記載されています。

    数値17は、メインの AS を表します。このmembers文は、main というメインのすべてのサブ・シリーズをリストしています。

  3. 64512としての境界デバイスでは、境界デバイスへの EBGP 接続を64513として設定します。

  4. IBGP グループを構成して、サブデバイスを64512として使用します。

結果

設定モードから、 show routing-optionsshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。 64513として sSub について、これらの手順を繰り返します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

BGP の近隣ノードの検証

目的

構成済みのインターフェイスで BGP が実行されていること、および各近隣アドレスに対して BGP セッションがアクティブになっていることを確認します。

アクション

CLI から、 show bgp neighborコマンドを入力します。

サンプル出力
command-name

この出力には、BGP 近隣ノードのリストと詳細なセッション情報が表示されます。以下の情報を確認します。

  • 構成されている各ピアリング近傍が一覧表示されます。

  • State場合、各 BGP セッションEstablishedはです。

  • Type場合、各ピアは正しいタイプ (内部または外部) として設定されます。

  • AS場合は、BGP の近傍として正しい値が表示されます。

BGP グループの確認

目的

BGP グループが正しく構成されていることを確認します。

アクション

CLI から、 show bgp groupコマンドを入力します。

サンプル出力
command-name

この出力は、BGP グループのリストを詳細なグループ情報とともに示しています。以下の情報を確認します。

  • 構成された各グループが表示されます。

  • AS 場合、各グループのリモート インターフェイスASが正しく設定されます。

  • では Local AS 、各グループのローカル インターフェイスASが正しく設定されています。

  • Group Type場合、各グループは正しいタイプ (内部または外部) を持ちます。

  • Total peers場合は、グループ内で予想されるピア数を示しています。

  • Established場合、グループ内で予想されるピア数は、 Established状態に BGP セッションを持ちます。

  • グループ内のすべてのピアの IP アドレスが存在しています。

BGP 概要情報を確認します。

目的

BGP 構成が正しいことを確認します。

アクション

CLI から、 show bgp summaryコマンドを入力します。

サンプル出力
command-name

この出力は、BGP セッション情報の概要を示しています。以下の情報を確認します。

  • Groups場合は、構成されたグループの総数が表示されます。

  • Peersは、BGP ピアの総数が示されています。

  • Down Peers場合、未構築のピア数の合計は0になります。この値がゼロ以外の場合は、1つ以上のピアリングセッションがまだ確立されていません。

  • Peerは、各構成済みピアの IP アドレスが表示されています。

  • ASは、構成された各ピアのピアが正しいことを確認しています。

  • Up/Dwn Stateは、BGP 状態には、近隣から受信したパス数、受け入れられたパス数、damped のルート数 (0/0/0 など) が反映されます。このフィールドがActiveある場合は、BGP セッションの確立に問題があることを示しています。