Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP の概要

BGP について

BGP は、異なる自律システム (EGP) 内のルーター間でルーティング情報を交換するために使用される外部ゲートウェイプロトコルルーティング情報には BGP 各宛先への完全なルートが含まれています。BGP は、ルーティング情報を使用して、ネットワーク到達可能性情報のデータベースを管理し、他の BGP システムと交換します。BGP は、ネットワークの到達可能性情報を使用して接続としてグラフを構築します。これにより、ルーティングループを削除して、ポリシー決定を AS レベルで適用する BGP が可能になります。

マルチプロトコル プロトコル BGP(MBGP)拡張により、IP BGP 6(IPv6)をサポートできます。MBGP は、IPv6 到達可能性情報MP_REACH_NLRIとインターフェイスMP_UNREACH_NLRI属性を定義します。ネットワークレイヤーの到達可能性情報 (NLRI) の更新メッセージでは、実行可能ルートの IPv6 アドレスプレフィックスが送信されます。

BGP により、ポリシーベースのルーティングが可能になります。ルーティングポリシーを使用して、宛先への複数のパスから選択し、ルーティング情報の再配分を制御できます。

BGP、TCP をトランスポート プロトコルとして使用し、ポート 179 を使用して接続を確立します。信頼性の高い転送プロトコルを介して実行することで、更新のフラグメンテーション、再送信、確認、および順序付けを実装する BGP が不要になります。

このソフトウェア Junos OS プロトコル ソフトウェアは、BGP バージョン 4 をサポートしています。このバージョンの BGP、ネットワーク クラスの概念をクラスレス インタードメイン ルーティング(CIDR)のサポートが追加されます。第1オクテットを調べることでネットワークを表すアドレスのビットを仮定するのではなく、CIDR ではネットワークアドレスのビット数を明示的に指定できます。これにより、ルーティングテーブルのサイズを減らす手段が提供されます。BGP 4は、パスのアグリゲーションを含むルートのアグリゲーションASしています。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

自律システム

自律システム(AS) は、単一の技術的な管理下にある一連のルーターであり、通常、単一の内部ゲートウェイプロトコルと共通のメトリックセットを使用して、ルーターのセット内でルーティング情報を伝達します。他の導入環境においては、AS は1つの一貫した内部ルーティング計画を持っているように見え、どの宛先がどこにアクセスできるのかについて一貫した画像を提供しています。

パスと属性として

Systems exchange BGP のルーティング情報には、各宛先への完全なルートとルートに関する追加情報が含まれています。各宛先へのルートはAS pathと呼ばれ、追加のルート情報がパス属性に含まれています。BGP は、AS path と path 属性を使用して、ネットワークトポロジを完全に決定します。BGP がトポロジを理解すると、ルーティングループを検知して削除し、管理の基本設定とルーティングポリシーの決定を強制するためにルートのグループ間を選択することができます。

外部および内部の BGP

BGP は、以下の2種類のルーティング情報交換をサポートしています。1つの AS 内でさまざまな交換や交換を行うことができます。内部で使用した場合、BGP は外部 BGP (ebgp) と呼ばれ、BGP セッションは相互にルーティングを実行します。AS 内で使用した場合、BGP は内部 BGP (ibgp) と呼ばれ、BGP セッションは、 as 内ルーティングを実行します。図 1は、出力、IBGP、ebgp を示しています。

図 1: 出力、EBGP、IBGP出力、EBGP、IBGP

BGP システムは、近隣またはピアと呼ばれる隣接する BGP システムを使用して、ネットワークの到達可能性に関する情報を共有します。

BGP システムは、グループにまとめられています。IBGP グループでは、グループ内のすべてのピア(内部ピアと呼ばれる)が同じAS。内部ピアはローカルの任意の場所にあるため、相互に直接接続する必要はありません。内部グループは、IGP のルートを使用して、転送アドレスを解決します。さらに、IBGP を実行している他の内部ルーター間で外部ルートを伝播し、ルートで受信したネクスト BGP 次ホップを使用して次ホップを計算し、内部ゲートウェイプロトコルのいずれかの情報を使ってそのルーティングを解決します。

EBGPグループでは、グループ内のピア(外部ピアと呼ばれる)が異なる複数のSにあるので、通常はサブネットを共有します。外部グループでは、外部ピアとローカルルーターの間で共有されるインターフェイスを基準として、次のホップが計算されます。

BGP の複数のインスタンス

BGP の複数のインスタンスを構成するには、以下の階層レベルを使用します。

  • [edit routing-instances routing-instance-name protocols]

  • [edit logical-systems logical-system-name routing-instances routing-instance-name protocols]

レイヤー 3 VPN サポートBGP主に、複数のインスタンスが使用されます。

ルーティングインスタンスでは IGP ピアと外部 BGP (EBGP) のピア (nonmultihop とマルチホップ) の両方がサポートされています。BGPピアリングは、階層の下で設定された 1 つのインターフェイス上で確立 routing-instances されます。

注:

BGP の近隣ノードが BGP メッセージをローカルルーティングデバイスに送信する場合、これらのメッセージを受信する着信インターフェイスは、BGP の近隣構成が存在するものと同じルーティングインスタンスで構成する必要があります。これは、単一ホップを隔てていたり、複数のホップを離れたりする場合に当てはまります。

デフォルトでは、ルートBGP ピアルートが instance-name.inet.0 テーブルに追加されます。インポートとエクスポートのポリシーを設定して、インスタンスルーティングテーブルとの間の情報フローを制御することができます。

レイヤー 3 VPN のサポートでは、pe(プロバイダ エッジ)ルーター上で BGP を設定して、カスタマー エッジ(CE)ルーターからルートを受信し、必要に応じてインスタンスのルートを CE ルーターに送信します。BGP の複数のインスタンスを使用して、PE ルーター上で VPN トラフィックを分離するために、個別のサイトごとの転送テーブルを維持できます。

サービスプロバイダがお客様との間で送受信するトラフィックを制御し、レートを制限できるようにするインポートおよびエクスポートポリシーを設定できます。

EBGP マルチホップセッションを VRF ルーティングインスタンスに設定できます。また、インターフェイスアドレスではなく CE ルーターのループバックアドレスを使用することによって、PE と CE ルーターの間に EBGP ピアを設定することもできます。

BGP ルートの概要

BGP ルートは、IP アドレスプレフィックスとして説明されている宛先であり、宛先へのパスを説明する情報です。

以下の情報はパスについて説明しています。

  • パスとして、ルートがローカルルーターに到達するために通過する引き渡しの番号のリストです。パスの最初の番号は、パスの最後のASの数値です。パスはAS最も近い値です。パスの最後の番号は、通常、パスの起点となるローカルルーターからの最も遠い場所です。

  • パス属性には、ルーティングポリシーで使用される AS path に関する追加情報が含まれています。

BGP のピアは、更新メッセージでルートを相互に通知します。

BGP は、ルートを Junos OS ルーティングテーブル (inet.0) に格納します。ルーティングテーブルには、BGP ルートに関する以下の情報が格納されます。

  • ピアから受信した更新メッセージから得られたルーティング情報

  • ローカルのルーティング情報は、BGP によってルートに適用される場合があります。

  • BGP 更新メッセージで BGP ピアにアドバタイズする情報

ルーティングテーブル内の各プレフィックスに対して、ルーティングプロトコルプロセスが、アクティブパスと呼ばれる1つの最適なパスを選択します。同じ宛先に複数のパスをアドバタイズするように BGP を設定していない場合は、BGP はアクティブパスのみをアドバタイズします。

最初にルートをアドバタイズする BGP ルーターは、その始点を特定するために次のいずれかの値を割り当てます。ルートを選択する際には、最小の送信元値が優先されます。

  • 0—ルーターは当初、ルートを 1 つのルート(ルートIGP学習OSPF、IS-ISルート)を通じて学習しました。

  • 1—ルーターは当初、EGP を介してルートを学習しました(最も可能性が高いBGP)。

  • 2—ルートの起点は不明です。

BGP ルート解決の概要

次ホップアドレスを持つリモート BGP 隣接ノード (protocol next ホップ) を持つ内部 BGP (IBGP) ルートは、その他のルートを使用して次のホップを解決する必要があります。BGP は、次ホップの解決のために、このルートを rpd resolver モジュールに追加します。ネットワークで RSVP が使用されている場合は、RSVP 受信ルートを使用して BGP 次ホップが解決されます。これにより、BGP ルートは、間接的な次ホップを指すようになり、間接的な次ホップが、転送の次ホップを指します。転送の次ホップは、RSVP ルートのネクストホップから派生しています。多くの場合、同じプロトコルのネクストホップを持つ内部 BGP ルートセットが多数存在します。そのような場合、BGP ルートセットは、同一の間接的な次ホップを参照します。

17.2 R1 Junos OS をリリースする前に、ルーティングプロトコルプロセス (rpd) のリゾルバーモジュールは、IBGP 受信ルート内のルートを以下のように解決しました。

  1. 部分的なルート解決 — プロトコルのネクスト ホップは、RSVP やサービス ルートなどのヘルパー ルートに基IGPされます。メトリック値はヘルパールートから派生しており、次ホップは、ヘルパールートから継承されたリゾルバー転送のネクストホップとして参照します。これらのメトリック値は、ルーティング情報ベース (リブ) 内のルート (ルーティングテーブルとも呼ばれる) を選択するために使用されます。

  2. 完全なルート解決 — 最後のネクスト ホップが生成され、転送エクスポート ポリシーに基づいた、カーネル ルーティング テーブル(KRT)転送ネクスト ホップと呼ばれます。

Junos OS リリース 17.2 R1 では、rpd のリゾルバーモジュールが最適化され、受信処理フローのスループットが向上し、リブと FIB の学習速度が加速しています。この拡張機能を使用すると、ルート解決は以下のように影響を受けます。

  • 部分的かつ完全なルート解決方法は、各 IBGP ルートに対してトリガーされますが、各ルートは、同じ解決済みフォワーディングのネクストホップまたは KRT 転送の次ホップを継承することもあります。

  • BGP のパス選択は、BGP の隣接ノードから受信したネットワークレイヤー到達可能性情報 (NLRI) に対して完全なルート解決が実行されるまで遅延します。これは、ルートを選択した後のリブでは最適なルートではない可能性があります。

Rpd リゾルバー最適化には、以下のメリットがあります。

  • RIB 解決ルックアップ コストの低減 — 解決済みパスの出力はリゾルバー キャッシュに保存されます。したがって、同じ派生ネクスト ホップとメトリック値を別のルートに継承して、同じパス動作を共有できます。部分的にも完全なルート解決フローも実行しません。これにより、深度が限られているキャッシュで最も頻繁に使用されるリゾルバーのみを維持することで、ルート解決のルックアップコストが削減されます。

  • BGP ルート選択の最適化 — BGP ルート選択アルゴリズムは、受信した IBGP ルートごとに 2 回トリガーされます。1 つ目は、ネクスト ホップを使用して RIB 内のルートを使用不能として追加し、2 つ目は、(ルート解決後に)RIB に解決されたネクスト ホップを使用してルートを追加します。その結果、最適なルートが2回選択されます。リゾルバー最適化では、競合回避モジュールから次ホップ情報を取得した後にのみ、ルート選択プロセスが受信フローでトリガーされます。

  • 頻繁なルックアップを回避する内部キャッシング — リゾルバー キャッシュは最も頻繁なリゾルバーの状態を維持し、その結果、ネクストホップ ルックアップやルート ルックアップなどのルックアップ機能をローカル キャッシュから実行します。

  • パス同等性グループ — 異なるパスが同じ転送状態を共有している場合、または同じプロトコルのネクスト ホップから受信された場合、そのパスは 1 つのパス同等性グループに属することができます。このアプローチでは、このようなパスに対して完全なルート解決を実行する必要がありません。新しいパスでルート解決が完了する必要がある場合は、まず、パス同値グループデータベースで検索されます。これには、間接的なネクストホップや転送の次ホップなど、解決済みのパス出力が含まれています。

BGP メッセージの概要

すべての BGP メッセージには、同一の固定サイズヘッダーがあります。これには、同期と認証の両方に使用されるマーカーフィールド、パケットの長さを示す長さフィールド、メッセージタイプを示すタイプフィールド (open、更新、通知、keepalive など)。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

オープンメッセージ

2つの BGP システム間で TCP 接続が確立されると、BGP オープンメッセージを交換して、両者の間に BGP 接続を作成します。接続が確立されると、2つのシステムが BGP メッセージとデータトラフィックを交換できるようになります。

オープンメッセージは、BGP ヘッダーに加え、以下のフィールドで構成されています。

  • バージョン — 現在のBGPバージョン番号は 4 です。

  • ローカルAS番号 — または 階層レベルに ステートメントを含めて autonomous-system 設定 [edit routing-options][edit logical-systems logical-system-name routing-options] します。

  • ホールド タイム — 提案されたホールドタイム値。BGP hold-timeステートメントを使用して、ローカルの一時停止時刻を設定します。

  • BGP識別子 — 送信システムのBGP IP アドレス。このアドレスはシステムが起動したときに決定され、すべてのローカルインターフェイスとすべての BGP ピアに対して同じです。BGP 識別子を構成するにrouter-id[edit routing-options]は、または[edit logical-systems logical-system-name routing-options]階層レベルでステートメントを含める必要があります。デフォルトでは、BGP はルーターで検出した最初のインターフェイスの IP アドレスを使用します。

  • パラメーター フィールド長およびパラメーター自体 — これらはオプション フィールドです。

更新メッセージ

BGP システムは exchange のネットワーク到達可能性情報に更新メッセージを送信します。BGP システムは、この情報を使用して、既知のすべての構成の関係を説明するグラフを構築します。

更新メッセージは、BGP ヘッダーに加え、以下のオプションフィールドで構成されています。

  • 実行できないルート長 — 取り下げられたルート フィールドの長さ

  • ルートの取り下げ— サービスから取り出されるルートの IP アドレス プレフィックス(到達可能性がなくなったため)

  • 合計パス属性長さ — パス属性フィールドの長さ。宛先への実行可能ルートのパス属性をリストします。

  • パス属性 — パス送信元、複数出口識別子(MED)、発信システムのルート設定、集約、コミュニティ、コンフェデレーション、ルート リフレクションに関する情報を含むルートのプロパティ

  • NLRI(ネットワーク レイヤー到達可能性情報) — 更新メッセージでアドバタイズされている実現可能なルートの IP アドレス プレフィックス

キープアライブメッセージ

BGP システムは、keepalive メッセージを交換して、リンクまたはホストの障害が発生しているか、利用できなくなっているかを判断します。キープアライブメッセージは頻繁に交換されるため、保留タイマーが期限切れになることはありません。これらのメッセージは、BGP ヘッダーのみで構成されています。

通知メッセージ

BGP システムは、エラー状態が検出された場合に通知メッセージを送信します。メッセージが送信されると、BGP システム間の BGP セッションと TCP 接続が閉じられます。通知メッセージは、BGP ヘッダーに加え、エラーコードとサブコード、およびエラーを説明するデータで構成されています。

ルート更新メッセージ

BGP システムは、ピアからルート更新機能アドバタイズメントを受信した場合のみ、ルート更新メッセージをピアに送信します。BGP システムは、ルート更新メッセージを受信する場合、BGP 機能アドバタイズメントを使用してルート更新機能をそのピアにアドバタイズする必要があります。このオプションメッセージは、動的、受信、BGP ルート更新を BGP のピアからルーティングしたり、アウトバウンドルートの更新情報を BGP ピアに送信したりするために送信されます。

ルート更新メッセージは、以下のフィールドで構成されています。

  • AFI — アドレス ファミリー識別子(16 ビット)。

  • Res — 受信側が 0 に設定し、受信者が無視する必要がある、8 ビット(8 ビット)の予約フィールド。

  • SAFI — 後続のアドレス ファミリー識別子(8 ビット)。

ルート更新機能を持たないピアがリモートピアからルート更新要求メッセージを受信した場合、受信者はそのメッセージを無視します。

最新BGP IOスレッドについて

通常、BGP ルート処理には、更新の受信、解析更新、ルートの作成、ネクストホップの解決、BGP ピアグループのエクスポートポリシーの適用、ピアへの更新情報の送信などの複数のパイプラインステージが用意されています。BGP Update IO スレッドは、この BGP パイプラインの tail end を担当しており、個々の BGP グループごとにピア更新を生成し、それらをピアに送信する必要があります。1つの更新スレッドは、1つ以上の BGP グループに提供できます。BGP Update IO スレッドは、他の update スレッドによってサービスが提供されている他のグループとは無関係に、グループの更新を構築します。このため、大量のグループにまたがる大量のピアへの広告を伴う、書き込み負荷が重いワークロードでも、収束が大幅に改善される場合があります。BGP IO スレッドの更新では、Bグループ のスレッドが以前提供した BGP ピアの TCP ソケットへの書き込みと読み取りも担当します(したがって、BGP Update IO のサフィックス付き IO)。

BGP Update IO スレッドは、リブ sharding 機能に依存せずに設定できますが、送信 BGP Update メッセージでより優れたプレフィックスパッキングの効率性を実現するために、リブ sharding で使用することが必須です。BGP sharding は、別の RPD スレッドによって提供される複数のサブリブにリブを分割します。そのため、1つのアウトバウンド更新を別の断片で完了させることができるという接頭辞があります。異なる RPD シャードスレッドに属する可能性のあるアウトゴーイング属性を持つプリフィックスを使用して BGP 更新を構築できるようにするには、すべてのシャードスレッドが、その BGP ピアグループを提供する Update スレッドにアドバタイズするためのコンパクトなアドバタイズメント情報を送信します。. これにより、更新スレッドは、この BGP ピアグループにサービスを提供し、同じ属性を持つプレフィックスをパックできます。これは、同一の出力更新メッセージで別の断片に属している可能性があります。これにより、提供する更新の数が最小限に抑えられるため、収束の改善に役立ちます。Update IO スレッドは、ピア、グループ、プレフィックス、TSI、およびリブコンテナのローカルキャッシュを管理します。

BGP update thread はデフォルトでは無効になっています。ルーティングエンジンで更新スレッドを設定すると、RPD によって更新スレッドが作成されます。デフォルトでは、作成される更新スレッドの数はルーティングエンジンの CPU コアの数と同じです。更新スレッド処理は、64ビットルーティングプロトコルプロセス (rpd) でのみサポートされています。オプションとして、階層レベルのset update-threading <number-of-threads>[edit system processes routing bgp]ステートメントを使用して作成するスレッド数を指定することもできます。範囲は現在 1 ~ 128 です。

BGP パス選択について

ルーティングテーブル内の各プレフィックスに対して、ルーティングプロトコルプロセスが1つの最適なパスを選択します。最適なパスを選択すると、ルートがルーティングテーブルにインストールされます。最適なパスは、同じプレフィックスがグローバル優先値 (より優先される) を使用したプロトコルによって学習されない場合、アクティブルートになります。これは管理距離とも呼ばれます。アクティブルートを決定するアルゴリズムは、以下のとおりです。

  1. 次ホップを解決できることを確認します。

  2. 最小の優先値 (ルーティングプロトコルプロセスの設定) でパスを選択します。

    転送に使用する資格ないルート(ルーティング ポリシー によって拒否された、またはネクスト ホップにアクセスできないなど)、-1 が優先され、選択されません。

  3. より高いローカル優先度でパスを好むことを望んでいます。

    非サービス パスBGP、最小値のパスを選択 preference2 します。

  4. 蓄積された内部ゲートウェイプロトコル (AIGP) 属性が有効になっている場合、下位の AIGP 属性を使用してパスを優先します。

  5. 最短自律システム (AS) path 値を使用してパスを優先しますas-path-ignore (文が設定されている場合はスキップされます)。

    コンフェデレーションセグメント (シーケンスまたはセット) は、パスの長さが0になっています。AS set は、パスの長さが1になっています。

  6. 下位コードを使用してルートを希望します。

    IGP から学習したルートは、外部ゲートウェイプロトコル (EGP) から学習したものよりも下位のコードを持ち、その両方が不完全ルート (送信元が不明なルート) よりも低い送信元コードを持っています。

  7. 、最小のマルチ出口識別子 (MED) メトリックを使用してパスを希望します。

    非決定的なルーティングテーブルパス選択動作が設定されているかどうかに応じて、以下の2つのケースが考えられます。

    • 不明確なルーティングテーブルパス選択動作が設定されていない場合 ( path-selection cisco-nondeterministicつまり、このステートメントが BGP の構成に含まれていない場合)、AS path の正面にある番号と同じ隣接するパスについては、最小の MED でパスを優先してください。法. 比較したルートのピアが同じであるかどうかにかかわらず、すべての MEDs path-selection always-compare-medを常に比較するには、ステートメントを含めます。

    • 不明確なルーティングテーブルパス選択動作が設定されている場合path-selection cisco-nondeterministic (つまり、そのステートメントが BGP 構成に含まれている場合)、最小の MED メトリックでパスを優先します。

    Confederations は、隣接したものを決定する際には考慮されません。Med-v が存在していないかのように扱われますが、ゼロはありません。

    注:

    MED 比較では、AS 内で単一のパスを選択できます (ルートに AS path が含まれていない場合)。しかし、この使用は一般的ではありません。

    デフォルトでは、同一のピア自律システム (「含む」) を持つルートの MEDs のみが比較されます。ルーティングテーブルのパス選択オプションを設定して、さまざまな動作を取得することができます。

  8. IGP ルートとローカルで生成されたルート (静的、直接、ローカルなど) を含む、完全な内部パスを推奨します。

  9. 内部 BGP (IBGP) セッションを通じて学習した外部パス上では、外部 BGP (EBGP) パスを厳密にしておくことをお勧めします。

  10. 最も低いメトリックを持つ IGP ルートを介して、次のホップが解決されるパスを希望します。

    注:

    パスは BGP 同等のコストのパスと見なされ (転送に使用されます)、前のステップの後に改行が行われた場合にはそれが実行されることになります。マルチパス対応 BGP の近傍によって学習された、同一の隣接しています。

    BGP マルチパスは、同じ MED + IGP コストを共有するパスには適用されません。ただし、IGP コストの点では異なります。2つのパスが同じ MED + IGP のコストを持つ場合でも、マルチパスパスの選択は IGP コストメトリックに基づきます。

    BGP は、IGP メトリックのタイプを比較rt_metric2_cmpしてから、メトリック値自体を比較します。たとえば、IGP で解決される BGP ルートは、廃棄または拒否された次ホップのタイプRTM_TYPE_UNREACHであることを推奨します。このようなルートinactiveは、そのmetric-typeために宣言されています。

  11. 両方のパスが外部にある場合は、現在アクティブなパスでルートのフラッピングを最小化します。以下のいずれかの条件に該当する場合、このルールは使用されません。

    • path-selection external-router-id が設定されています。

    • どちらのピアも同じルーター ID を持っています。

    • どちらのピアもコンフェデレーションピアです。

    • どちらのパスも現在アクティブなパスではありません。

  12. 2つ目のルートを経由したプライマリルートを好みます。1つ目のルートは、ルーティングテーブルに属するものです。2つ目のルートとは、エクスポートポリシーを使用してルーティングテーブルに追加されたルーティングのことです。

  13. ルーター ID が最も低いピアからのパスを希望します。オリジネータ ID 属性を持つパスについては、ルーター ID の比較時にルーター ID のオリジネータ ID を置き換えます。

  14. 最も短いクラスターリストの長さでパスを希望します。長さはリストがない場合は0です。

  15. ピアから最小のピア IP アドレスへのパスを希望します。

ルーティングテーブルのパス選択

デフォルトでは、アルゴリズムのパスの最短の段階では、AS path の長さが評価され、アクティブなパスが決定されます。アルゴリズムのこのステップをスキップJunos OSオプションを設定 as-path-ignore できます。

注:

Junos OS リリース 14.1R8、14.2R7、15.1R4、15.1F6、16.1R1 では、このオプションがルーティング インスタンスで as-path-ignore サポートされています。

ルーティングプロセスのパス選択が行われるのは、ルーティングテーブルへのパスを BGP、その決定を行う前です。ルーティングテーブルのパス選択動作を設定するにpath-selectionは、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

ルーティングテーブルのパス選択は、以下のいずれかの方法で設定できます。

  • Cisco IOS のデフォルト動作( )をエミュレートします cisco-non-deterministic 。このモードでは、ルートを受信した順に評価し、それを近隣としてグループ化することはありません。Mode cisco-non-deterministicを使用すると、アクティブなパスが常に先になります。非アクティブなすべてのパスはアクティブパスに従っており、受信した順に維持されます。これは、最新のパスになります。リストの末尾には、不適合パスが残ります。

    例として、192.168.1.0/24 ルートの3つの path 広告があるとします。

    • パス 1 — EBGP を通して学習。AS 65010 のパス、200 の MED

    • パス 2 — IBGP を介して学習。AS 65020のパス、150 の MED、IGPコスト 5

    • パス 3 —IBGP を介して学習。AS 65010 のパス、100 の MED、IGPコスト 10

    これらの広告は、リストされている順に、1つ目のものから順番に受信されます。パス3は最近受信されたので、ルーティングデバイスはそれを2つ目の最新の提供情報と比較します。IBGP ピアへのコストはパス2に適しているため、ルーティングデバイスによって競合からパス3が不要になります。パス1と2を比較する場合、ルーティングデバイスは EBGP ピアから受信したパス1を優先します。これにより、ルーティングデバイスがパス1をルートのアクティブパスとしてインストールできるようになります。

    注:

    お客様のネットワークでは、この設定オプションを使用しないことをお勧めします。ネットワーク内のすべてのルーティングデバイスで一貫したルート選択を可能にするために、相互運用性のためだけに提供されています。

  • 比較したルートのピア仲間が同じ( )かどうかは、常に MED を比較 always-compare-med します。

  • 両方のパスが外部の場合、現在アクティブなパスが優先( )というルールを上書きします external-router-id 。パス選択プロセスの次のステップ(ステップ 12 )に進みます。

  • パス選択 (med-plus-igp) の MED 値を比較する前に、IGP コストを MED 値に追加してから、次ホップの宛先に接続します。

    BGP マルチパスは、同一の MED + IGP コストを共有するパスには適用されませんが、IGP コストの点では異なります。2つのパスが同じ MED + IGP のコストを持つ場合でも、マルチパスパスの選択は IGP コストメトリックに基づきます。

BGP テーブルパスの選択

BGP のパス選択では、以下のパラメーターが使用されます。

  1. 最大のローカル優先値を優先します。

  2. 最短パスの長さを希望しています。

  3. 基準値は最小になります。

  4. 最小の MED 値を優先します。

  5. IBGP ピア上で EBGP ピアから学習したルートを優先します。

  6. を最優先にしてください。

  7. EBGP で受信したルートでは、現在アクティブなルートを優先します。

  8. ルーター ID が最も低いピアからのルートを優先します。

  9. 最も短いクラスターの長さでパスを優先します。

  10. ピアから最小のピア IP アドレスへのルートを優先します。ステップ2、6、12は RPD 基準です。

宛先への複数のパスのアドバタイズによる影響

BGP は、宛先に複数のパスをアドバタイズするように BGP を設定していない限り、アクティブパスのみをアドバタイズします。

ルーティングデバイスがルーティングテーブル内に宛先への4つのパスを持ち、最大3つのパスを提供add-path send path-count 3するように設定されているとします ()。パス選択基準に基づいて3つのパスが選択されます。つまり、パス選択順で3つの最適なパスが選択されます。最適なパスは、アクティブパスです。このパスは考慮対象から除外され、新しい最適なパスが選択されます。このプロセスは、指定された数のパスに到達するまで繰り返されます。

BGP に対応した標準

Junos OS実質的に、以下の RFC およびインターネット ドラフトを実質的にサポートしています。これは、IPv4(IP バージョン 4)ポリシーの規格を定義BGP。

サポートされる IP バージョン 6(IPv6)標準の一覧BGPは、 サポートされる IPv6標準 を参照してください。

Junos OS BGP は、プロトコル交換 (MD5 認証) の認証をサポートしています。

  • RFC 1745, BGP4/IDRP for IP— OSPF Interaction

  • RFC 1772, Application of the 境界ゲートウェイ プロトコル Internet

  • RFC 1997, BGP Communities Attribute

  • RFC 2283, Multiprotocol Extensions for BGP-4

  • RFC 2385, Protection of BGP Sessions via TCP MD5 Signature Option

  • RFC 2439, BGP Route Flap Damping

  • RFC 2545, Use of BGP-4 Multiprotocol Extensions for IPv6 Inter-Domain Routing

  • RFC 2796, BGP Route Reflection – An Alternative to Full Mesh IBGP

  • RFC 2858, Multiprotocol Extensions for BGP-4

  • RFC 2918, Route 更新 Capability for BGP-4

  • RFC 3065, Autonomous System Confederations for BGP

  • RFC 3107, Carrying Label Information in BGP-4

  • RFC 3345,境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)永続的ルートの動作状態

  • RFC 3392, Capabilities Advertisement with BGP-4

  • RFC 4271, A 境界ゲートウェイ プロトコル 4(BGP-4)

  • RFC 4273, Definitions of Managed Objects for BGP-4

  • RFC 4360, BGP Extended Communities Attribute

  • RFC 4364, BGP/MPLS IP Virtual Private Networks(VPN)

  • RFC 4456, BGP Route Reflection: An Alternative to Full Mesh Internal BGP(IBGP)

  • RFC 4486、Subcodes for BGP Cease Notification Message

  • RFC 4659,BGP-MPLS IP Virtual Private Network(VPN)Extension for IPv6 VPN

  • RFC 4632, Classless Inter-Domain Routing(CIDR): インターネットアドレスの割り当てとアグリゲーション計画

  • RFC 4684, Constrained Route Distribution for 境界ゲートウェイ プロトコル/MultiProtocol Label Switching(BGP/MPLS) Internet Protocol(IP) Virtual Private Networks(VPN)

  • RFC 4724, Graceful Restart Mechanism for BGP

  • RFC 4760、Multiprotocol Extensions for BGP-4

  • RFC 4781, Graceful Restart Mechanism for BGP with MPLS

  • RFC 4798, Connecting IPv6 Islands over IPv4 MPLS Using IPv6 Provider Edge Routers(6PE)

    オプション 4b (as to 近接 AS からのラベル付き IPv6 ルートの再配布) はサポートされていません。

  • RFC 4893,BGP 4-octet AS Number Space のサポート

  • RFC 5004、Avoid BGP Path Transitions From One External から Another

  • RFC 5065、Autonomous System Confederations for BGP

  • RFC 5082、The Generalized TTL Security Mechanism(GTSM)

  • RFC 5291、Outbound Route Filtering Capability for BGP-4(一部サポート)

  • RFC 5292,Address-Prefix-Based Outbound Route Filter for BGP-4(一部サポート)

    Junos OS を実行しているデバイスは、プレフィックスベースまたは f メッセージを受信できます。

  • RFC 5396,Textual Representation of Autonomous System(AS)番号

  • RFC 5492, Capabilities Advertisement with BGP-4

  • RFC 5512, the BGP Encapsulation Subsequent Address Family Identifier(SAFI)およびBGP Tunnel Encapsulation 属性

  • RFC 5549,Advertising IPv4 ネットワーク層到達可能性情報と IPv6 ネクスト ホップ

  • RFC 5575,Dissemination of flow specification rules(フロー仕様ルールの発信)

  • RFC 5668, 4-Octet AS Specific BGP Extended Community

  • RFC 6286, Autonomous-System-Wide Unique BGP Identifier for BGP-4- 完全準拠

  • RFC 6368, Internal BGP Provider/Customer Edge Protocol as the Provider/Customer Edge Protocol for BGP/MPLS IP Virtual Private Networks(VPN)

  • RFC 6810, The Resource Public Key Infrastructure(RPKI)to Router Protocol

  • RFC 6811、BGP Prefix Origin Validation(プレフィックスの発生元の検証)

  • RFC 6996, Autonomous System (AS) プライベート使用の予約

  • RFC 7300、Reservation of Last Autonomous System(AS)番号

  • RFC 7752, North-Bound Distribution of Link-State and Traffic Engineering(TE)情報 Using BGP

  • RFC 7854、BGP Monitoring Protocol(BMP)

  • RFC 7911, Advertisement of Multiple Paths in Multiple Paths in BGP

  • RFC 8212, Default External BGP(EBGP) Route Propagation Behavior without Policis- 完全準拠

    例外:

    RFC 8212 の動作は、既存の顧客設定を中断しないようにするために、デフォルトでは実装されていません。デフォルトの動作は、EBGPピアに関して、すべてのルートを受け入れてアドバタイズするために保持されます。

  • RFC 8326、 グレースフル BGP セッション シャット ダウン

  • インターネット ドラフト draft-idr-rfc8203bis-00、BGP 管理 シャットダウン通信(2018 年 10 月有効期限)

  • インターネット ドラフト draft-ietf-grow-bmp-adj-rib-out-01、BGP Monitoring Protocol(BMP)の Adj-RIB-Out のサポート(2018 年 9 月 3 日有効期限)

  • インターネットドラフト draft-ietf-idr-aigp-06, The Accumulated IGP Metric Attribute for BGP(2011 年 12 月有効期限)

  • インターネット ドラフト draft-ietf-idr-as0-06、AS 0 処理の Codification(2013 年 2 月有効期限)

  • インターネット ドラフト draft-ietf-idr-link-bandwidth-06.テキスト 、BGP Link Bandwidth Extended Community(2013 年 7 月有効期限)

  • インターネット ドラフト draft-ietf-sidr-origin-validation-signaling-00, BGP Prefix Origin Validation State Extended Community( 一部サポート)(一部サポート)(有効期限は 2011 年 5 月)

    拡張コミュニティー (送信元の検証状態) は、Junos OS ルーティングポリシーでサポートされています。ルート選択手順で指定された変更はサポートされていません。

  • インターネット ドラフト draft-大- bgp-ipv6-link-local-00.テキスト、IPv6リンクローカル アドレスを使用した BGP4+ ピアリング

以下の Rfc およびインターネットドラフトでは、標準は定義されていませんが、BGP および関連する技術に関する情報を提供しています。この試験IETF、「試験的」または「Informational」と分類しています。

  • RFC 1965, Autonomous System Confederations for BGP

  • RFC 1966, BGP Route Reflection— An alternative to Full Mesh IBGP

  • RFC 2270, Using a Dedicated AS for Sites Homed to a Single Provider

  • インターネット ドラフト draft-ietf-ngtrans-bgp-tunnel-04.テキスト 、IPv4 クラウドをまたぐ IPv6 アイランドの接続と BGP(2002 年 7 月有効期限)

リリース履歴テーブル
リリース
説明
17.2R1
Junos OS リリース 17.2 R1 では、rpd のリゾルバーモジュールが最適化され、受信処理フローのスループットが向上し、リブと FIB の学習速度が加速しています。
14.1R8
Junos OS リリース 14.1R8、14.2R7、15.1R4、15.1F6、16.1R1 では、このオプションがルーティング インスタンスで as-path-ignore サポートされています。