Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP ピアリングセッション

外部の BGP ピアリングセッションについて

1つのピア自律システム (通し) 間のポイントツーポイント接続を確立するには、ポイントツーポイントリンクの各インターフェイス上で BGP セッションを構成します。通常、このようなセッションはネットワーク終了ポイントで行われ、AS 以外の近隣ホストが含まれています。図 1は、BGP ピアリングセッションの例を示しています。

図 1: BGP ピアリングセッションBGP ピアリングセッション

図 1ルーター a は3としてのゲートウェイルーターであり、ルーター B は10としてのゲートウェイルーターとして使用されています。内部のトラフィックについては、内部ゲートウェイプロトコル (IGP) が使用されます (例: OSPF)。ピアの通信の間でトラフィックをルーティングするために、BGP セッションが使用されます。

BGP ルーティングデバイスをピアのグループに配置します。さまざまなピアグループが、数字、ルートリフレクタクラスター識別子として、さまざまなグループタイプを持つことができます。

指定された BGP システムのみをピアとして認識する BGP BGP グループを定義するには、1 つ以上のステートメントを含めて、システムのすべてのピアを静的に設定します neighbor 。ピアネイバーのアドレスは、IPv6またはIPv4アドレスのいずれかです。

外部 BGP (EBGP) グループの数が増えると、多数の BGP セッションをサポートする機能が拡張性の問題になる可能性があります。多数の BGP 近隣ノードを構成するには、1つのグループに複数の近隣ノードがあるいくつかのグループを構成することをお勧めします。サポートする EBGP グループ数の削減は、多くの EBGP グループをサポートするよりも優れています。これは、各グループに複数のピアを持つ数 EBGP グループと比較した場合の、数百の EBGP グループの場合により顕著になります。

ネットワーク ピアBGPすると、非接続BGPピアによって自動的にアドバタイズ BGPされます。各 BGP 対応デバイスでは、ローカル、静的、または IGP 学習ルートを BGP リブにエクスポートし、他のピアへの BGP ルートとして通知するために、ポリシー設定が必要です。BGPのアドバタイズメント ポリシーは、デフォルトでは、非 BGP ルート(ローカル ルートなど)をピアにアドバタイズしない。

例:外部 BGP ポイントツーポイントピアセッションの構成

この例では BGP ポイントツーポイントピアセッションを構成する方法を示します。

要件

まず、デフォルトの BGP ポリシーがネットワークに適していない場合は、ルーティングポリシーを設定して、受信 BGP ルートをフィルター処理し、ルート BGP をアドバタイズするようにします。

概要

図 2BGP ピアセッションのあるネットワークを示します。サンプルネットワークでは、デバイス E AS 17 は、呼び出されexternal-peersたピアグループへのセッションを BGP ピアしています。ピア A、B、C は22として存在し、IP アドレス10.10.10.2、10.10.10.6、10.10.10.10 が含まれています。ピア D は、IP アドレス10.21.7.2 では79として存在します。この例では、デバイス E の構成を示しています。

Topology

図 2: BGP ピアセッションを使用する一般的なネットワークBGP ピアセッションを使用する一般的なネットワーク

構成

手順

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

BGP ピアセッションを設定するには、次のようにします。

  1. Peer A、B、C、D にインターフェイスを構成します。

  2. 自律システム (AS) 番号を設定します。

  3. BGP グループを作成し、外部の近隣アドレスを追加します。

  4. 外部 AS の自律システム (AS) 番号を指定します。

  5. ピア D を追加し、個々の隣接レベルで AS 番号を設定します。

    近傍構成は、グループ構成を上書きします。そのため、 peer-as 22グループpeer-as 79内の他のすべての隣接ノードに設定されている間は、近傍の10.21.7.2 の設定になっています。

  6. ピアタイプを外部 BGP (EBGP) に設定します。

結果

設定モードから、、、およびshow interfacesshow protocolsshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

BGP の近隣ノードの検証

目的

構成済みのインターフェイスで BGP が実行されていること、および各近隣アドレスに対して BGP セッションがアクティブになっていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp neighborコマンドを実行します。

BGP グループの確認

目的

BGP グループが正しく構成されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp groupコマンドを実行します。

BGP 概要情報を確認します。

目的

BGP 構成が正しいことを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp summaryコマンドを実行します。

例:IPv6 インターフェイスを使用した論理システムでの外部 BGP の構成

この例では、IPv6 インターフェイスを備えた論理システム上で、外部 BGP (EBGP) ポイントツーポイントピアセッションを構成する方法を示します。

要件

この例では、デバイス初期化以外の特別な設定は必要ありません。

概要

Junos OS は、IPv6 アドレスによって EBGP ピアセッションをサポートしています。Ipv6 ピアセッションは、 neighbor文で ipv6 アドレスが指定されているときに設定できます。この例では、EUI-64 を使用して、インターフェイスに自動的に適用される IPv6 アドレスを生成します。EUI-64 アドレスは、アドレスのインターフェイス識別子部分 (最後の64ビット) に IEEE の EUI-64 フォーマットを使用する IPv6 アドレスです。

注:

または、手動で割り当てられた128ビット IPv6 アドレスを使用して EBGP セッションを構成することもできます。

インターフェイスに128ビットのリンクローカルアドレスを使用する場合は、 local-interfaceステートメントを含める必要があります。このステートメントは、IPv6 128 のリンクローカルアドレスの場合のみ有効で、IPv6 EBGP リンクローカルピアセッションを構成する場合には必須です。

リンクローカルアドレスを使用した EBGP ピアリングの設定は、直接接続されたインターフェイスにのみ適用されます。マルチホップピアリングはサポートされていません。

インターフェイスの準備が完了したら、 show interfaces terseコマンドを使用して EUI-64 で生成された IPv6 アドレスをインターフェイスに表示できます。これらの生成されたアドレスは、 neighbor BGP ステートメントで使用する必要があります。この例では、完全なエンドツーエンドの手順を示しています。

この例では、フレーム リレー インターフェイスのカプセル化が論理トンネル( )インターフェイス lt に適用されています。インターフェイス上でIPv6アドレスが設定されている場合、フレーム リレー カプセル化のみサポートされるので、これは要件 lt です。

図 3BGP ピアセッションのあるネットワークを示します。サンプルネットワークでは、ルーター R1 に5つの論理システムが設定されています。自律システム(AS)のデバイスE 17は、BGP ピアと呼ばれるピアのグループにセッションを送信できます external-peers 。Peer A、B、C は22として存在します。この例では、論理システム A および論理システム E の段階的な設定を示しています。

Topology

図 3: BGP ピアセッションを使用する一般的なネットワークBGP ピアセッションを使用する一般的なネットワーク

構成

手順

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細を変更し、コマンドを[edit]階層レベルで CLI にコピー & ペーストしてから設定commitモードから開始します。

デバイス A

デバイス B

デバイス C

デバイス D

デバイス E

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

BGP ピアセッションを設定するには、次のようにします。

  1. コマンドを show interfaces terse 実行して、物理ルーターに論理トンネル( )インターフェイスが含 lt か確認します。

  2. 論理システム A では、インターフェイスカプセル化、ピアユニット番号、DLCI を構成して、論理システム E に到達します。

  3. 論理システム A では、リンクのネットワークアドレスをピア E に設定し、ループバックインターフェイスを構成します。

  4. 論理システム E において、インターフェイスカプセル化、ピアユニット番号、DLCI を構成して、論理システム A に到達するようにします。

  5. 論理システム E では、ピア A へのリンクのネットワークアドレスを設定し、ループバックインターフェイスを構成します。

  6. show interfaces terseコマンドを実行して、EUI-64 によって生成された IPv6 アドレスを確認します。

    この例では、BGP neighborステートメントの2001アドレスが使用されています。

    注:

    Fe80 アドレスは、リンクローカルアドレスであり、この例では使用されません。

  7. 他の論理システムに対しても、インターフェイスの設定を繰り返します。

外部 BGP セッションの構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

BGP ピアセッションを設定するには、次のようにします。

  1. 論理システム A で、BGP グループを作成し、外部の近隣アドレスを追加します。

  2. 論理システム E で、BGP グループを作成し、外部の近隣アドレスを追加します。

  3. 論理システム A では、外部 AS の自律システム (AS) 番号を指定します。

  4. 論理システム E では、外部 AS の自律システム (AS) 番号を指定します。

  5. 論理システム A では、ピアタイプを EBGP に設定します。

  6. 論理システム E では、ピアタイプを EBGP に設定します。

  7. 論理システム A では、自律システム (AS) 番号とルーター ID を設定します。

  8. 論理システム E では、AS 番号とルーター ID を設定します。

  9. ピア A、B、C、D について、これらの手順を繰り返します。

結果

設定モードから、 show logical-systemsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

BGP の近隣ノードの検証

目的

構成済みのインターフェイスで BGP が実行されていること、および各近隣アドレスに対して BGP セッションがアクティブになっていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp neighborコマンドを実行します。

IPv6 ユニキャストネットワークレイヤーの到達可能性に関する情報 (NLRI) は、近隣ノード間で交換されています。

BGP グループの確認

目的

BGP グループが正しく構成されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp groupコマンドを実行します。

このグループタイプは外部にあり、グループには4つのピアがあります。

BGP 概要情報を確認します。

目的

BGP ピアの関係が確立されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp summaryコマンドを実行します。

ダウンしているピア: 0出力は、BGP ピアが確立された状態であることを示しています。

ルーティングテーブルを確認しています

目的

Inet 6.0 ルーティングテーブルにローカルルートと直接ルーティングが設定されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show routeコマンドを実行します。

Inet 6.0 ルーティングテーブルには、ローカルルートと直接ルーティングが含まれています。ルーティングテーブルに他のタイプのルートを設定するには、ルーティングポリシーを設定する必要があります。

内部 BGP ピアリングセッションについて

2つの BGP 対応デバイスが同じ自律システム (AS) にある場合、BGP セッションは [内部BGP セッション] または ibgp セッションと呼ばれます。BGP は、IBGP および外部 BGP (EBGP) セッションで同じ種類のメッセージを使用していますが、各メッセージを送信するタイミングと各メッセージの解釈方法はわずかに異なります。このため、IBGP と EBGP を2つの異なるプロトコルとして参照する人もいます。

図 4: 内部および外部 BGP内部および外部 BGP

図 4は、デバイス Jackson、デバイスメンフィス、デバイス Biloxi が相互に ibgp ピアセッションを保持しています。同様に、デバイス Miami とデバイスアトランタには、IBGP ピアセッションが含まれています。

IBGP の目的は、EBGP ルートアドバタイズメントをネットワーク全体に転送できるようにする手段を提供することです。理論的には、このタスクを実行するために、EBGP ルートのすべてを、OSPF や IS-IS などの内部ゲートウェイプロトコル (IGP) に再分散させることができます。しかし、これは実稼働環境では推奨されません。これは、インターネットに大量の EBGP ルートがあり、IGPs が動作するため、お勧めできません。つまり、多くのルートでは、IGP churns やクラッシュが発生します。

一般に、lo0 (loopback interface) は、IBGP ピア間の接続を確立するために使用されます。ループバックインターフェイスは、デバイスが動作している間は常に稼働しています。ループバックアドレスへのルートがある場合は、IBGP ピアリングセッションが稼働したままになります。物理インターフェイスアドレスが代わりに使用され、そのインターフェイスがダウンしたりダウンしたりすると、IBGP ピアリングセッションもダウンし、ダウンします。そのため、デバイスがリンクの冗長性を備えている場合、ループバックインターフェースは、物理インタフェースやリンクがダウンした場合にフォールトトレランス機能を提供します。

IBGP 近隣ノードは直接接続する必要はありませんが、完全にメッシュする必要があります。この場合、完全メッシュは、各デバイスが近傍ピア関係によって論理的に他のすべてのデバイスに接続されることを意味します。このneighbor文によってメッシュが作成されます。完全なメッシュ要件が IBGP であるため、AS 内のすべての IBGP デバイス間で個々のピアリングセッションを構成する必要があります。完全なメッシュは、物理リンクである必要はありません。むしろ、各ルーティングデバイスの設定では、複数neighborのステートメントを使用してピアセッションの完全なメッシュを作成する必要があります。

注:

コンフェデレーションまたはルートリフレクションを構成すると、フルメッシュの要件が免除されます。

フルメッシュの要件を理解するには、IBGP が学習したルートを別の IBGP ピアに readvertised できないことを考慮してください。IBGP ルートの readvertisement を阻止し、フルメッシュを要求する理由は、AS 内でのルーティングループを回避するためです。AS path 属性は、BGP ルーティングデバイスがループを回避するための手段です。パス情報は、ルートが EBGP ピアから受信された場合にのみ、ローカルの数値として調べられます。この属性は境界を越えて変更されるだけなので、このシステムは適切に機能します。しかし、この属性は、複数の境界でのみ変更されるため、AS 内で問題が発生します。たとえば、ルーティングデバイス A、B、C がすべてとして同じものとして使用されているとします。デバイス A は EBGP ピアからルートを受信し、デバイス B へのルートを送信します。これにより、それをアクティブなルートとしてインストールします。その後、ルートはデバイス C に送信されます。その後、ローカルにインストールし、デバイス A に送り返します。デバイス A がルートをインストールする場合、ループは AS 内で形成されます。これらの広告で AS path 属性が変更されていないため、ルーティングデバイスはループを検出できません。したがって、BGP プロトコル設計者は、IBGP から学習したルートが AS でアドバタイズされるのを防ぐために、ルーティングループを形成しないことを保証するだけではありませんでした。ルート到達可能性については、IBGP ピアが完全にメッシュされています。

IBGP ではマルチホップの接続をサポートしているため、IBGP 近隣は、その中の任意の場所に配置できます。また、多くの場合、リンクを共有することはありません。再帰ルートルックアップによって、ループバックピアリングアドレスが IP 転送のネクストホップに解決されます。ルックアップサービスは、静的ルートか、OSPF や BGP ルートなどの IGP によって提供されます。

例:内部 BGP ピアセッションの構成

この例は、内部 BGP ピアセッションを構成する方法を示しています。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定は必要ありません。

概要

この例では、内部 BGP (IBGP) ピアセッションを構成します。ループバックインターフェース (lo0) は、IBGP ピア間の接続を確立するために使用されます。ループバックインターフェイスは、デバイスが動作している間は常に稼働しています。ループバックアドレスへのルートがある場合は、IBGP ピアセッションが維持されます。物理インターフェイスアドレスが代わりに使用され、そのインターフェイスがダウンしたりダウンしたりすると、IBGP ピアセッションもダウンし、ダウンします。そのため、デバイスがリンクの冗長性を備えている場合、ループバックインターフェイスは、物理インターフェイスまたはリンクの1つがダウンダウンした場合にフォールトトレランスを提供します。

デバイスがリモート デバイスのループバック インターフェイス アドレスを持つピアリングを行う場合、ローカル デバイスは、BGP の更新メッセージがリモート デバイスのループバック インターフェイス アドレスから取得される(送信元である)ことを期待します。このlocal-addressステートメントを使用すると BGP 更新メッセージにソース情報を指定できます。ステートメントを除外した場合、期待される BGP 更新メッセージのソースはデバイスの送信元アドレス選択ルールに基づいており、通常はエグレス インターフェイスのアドレスが予想される更新メッセージの送信元になります local-address 。この場合、予想される送信元アドレス (ピアの出口インターフェイス) と実際の発信元 (ピアのループバックインターフェイス) 間に不一致があるため、ピアセッションは確立されません。予想される送信元アドレスが実際の送信元アドレスと一致するようにするには、 local-addressステートメント内でループバックインターフェイスアドレスを指定します。

IBGP はマルチホップの接続をサポートしているため、IBGP 近隣は自律システムの任意の場所に配置できます (AS)。多くの場合、リンクを共有することはありません。再帰ルートルックアップによって、ループバックピアアドレスが IP 転送のネクストホップに解決されます。この例では、このサービスは OSPF によって提供されています。内部ゲートウェイプロトコル (IGP) の近隣ノードを直接接続する必要はありませんが、完全にメッシュする必要があります。この場合、完全メッシュは、各デバイスが近傍ピア関係によって論理的に他のすべてのデバイスに接続されることを意味します。このneighbor文によってメッシュが作成されます。

注:

コンフェデレーションまたはルートリフレクションを構成すると、フルメッシュの要件が免除されます。

ネットワーク ピアBGPすると、ローカル ルートはネットワーク ピアによって自動的BGPされません。各 BGP 対応デバイスでは、ローカル、静的、または IGP 学習されたルートを BGP ルーティング情報ベース (リブ) にエクスポートし、他のピアへの BGP ルートとして通知するために、ポリシー設定が必要です。BGPのアドバタイズメント ポリシーは、デフォルトでは、非 BGP ルート(ローカル ルートなど)をピアにアドバタイズしない。

サンプル ネットワークでは、このグループAS 17 のデバイスがフル メッシュされます internal-peers 。デバイスには、192.168.6.5、192.163.6.4、192.168.40.4 がループバックアドレスとして含まれています。

図 5は、内部ピアセッションを使用した典型的なネットワークを示しています。

図 5: IBGP セッションを使用した一般的なネットワークIBGP セッションを使用した一般的なネットワーク

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス A

デバイス B

デバイス C

デバイス A を構成しています

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス A で内部 BGP ピアセッションを構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

    デバイスneighbor a がデバイス c に直接接続されていない場合でも、デバイス B とデバイス c の両方に対してこれらのステートメントが含まれています。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と AS 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス B の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス B の内部 BGP ピアセッションを構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

    デバイスneighbor a がデバイス c に直接接続されていない場合でも、デバイス B とデバイス c の両方に対してこれらのステートメントが含まれています。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と AS 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス C を構成しています

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス C で内部 BGP ピアセッションを構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

    デバイスneighbor a がデバイス c に直接接続されていない場合でも、デバイス B とデバイス c の両方に対してこれらのステートメントが含まれています。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と AS 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

BGP の近隣ノードの検証

目的

構成済みのインターフェイスで BGP が実行されていること、および各近隣アドレスに対して BGP セッションがアクティブになっていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp neighborコマンドを入力します。

BGP グループの確認

目的

BGP グループが正しく構成されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp groupコマンドを入力します。

BGP 概要情報を確認します。

目的

BGP 構成が正しいことを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp summaryコマンドを入力します。

BGP ルートがルーティングテーブルにインストールされていることを確認する

目的

エクスポートポリシーの設定によって、BGP ルートがピアのルーティングテーブルにインストールされていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route protocol bgpコマンドを入力します。

例:論理システムでの内部 BGP ピアリングセッションの設定

この例では、論理システム上で内部 BGP ピアセッションを設定する方法を示しています。

要件

この例では、デバイス初期化以外の特別な設定は必要ありません。

概要

この例では、内部 BGP (IBGP) ピアリングセッションを構成します。

サンプル ネットワークでは、このグループAS 17 のデバイスがフル メッシュされます internal-peers 。デバイスには、192.168.6.5、192.163.6.4、192.168.40.4 がループバックアドレスとして含まれています。

図 6は、内部ピアセッションを使用した典型的なネットワークを示しています。

図 6: IBGP セッションを使用した一般的なネットワークIBGP セッションを使用した一般的なネットワーク

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス A

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス A で内部 BGP ピアセッションを構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

    論理システム A では、 neighbor論理システム a がデバイス c に直接接続されていない場合でも、デバイス B とデバイス c の両方に対して文が含まれています。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と AS (自律システム) 番号を設定します。

結果

設定モードから、 show logical-systemsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して修正してください。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

BGP の近隣ノードの検証

目的

構成済みのインターフェイスで BGP が実行されていること、および各近隣アドレスに対して BGP セッションがアクティブになっていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp neighborコマンドを入力します。

BGP グループの確認

目的

BGP グループが正しく構成されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp groupコマンドを入力します。

BGP 概要情報を確認します。

目的

BGP 構成が正しいことを確認します。

アクション

動作モードから、 show bgp summaryコマンドを入力します。

BGP ルートがルーティングテーブルにインストールされていることを確認する

目的

エクスポートポリシーの設定が機能していることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route protocol bgpコマンドを入力します。