Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP自動検出ネイバーの検出

SUMMARY 自動BGPネイバーを使用して、リモートまたはローカルのネイバーIPアドレスを指定するのではなく、インターフェイスBGPピアリングの設定を行います。

自動BGPネイバーについて

SUMMARY 自動BGPネイバーを使用する リモートまたはBGPネイバーIPアドレスを指定するのではなく、インターフェイスでピアリングを設定します。

ルーター間で BGP セッションを確立するには、アドレス別に BGP グループとピアを明示的に設定する必要があります。BGP ピアリング セッションでは 、TCP 通信のエンドポイントに対して送信元と宛先の IP アドレスを識別する必要があります。そのため、これらのアドレスを明示的に設定すると、ネットワークのスケールアウトに対する障害が生じ、設定ミスが生じかねない。

BGP 設定を合理化するために、ピアごとにアドレスを設定する必要が BGP。自動BGPネイバーを使用する リモートまたはBGPネイバーIPアドレスを指定するのではなく、インターフェイスでピアリングを設定します。これには、明示的またはプロトコル のメカニズムを使用して、TCP ピアリング セッションで使用される IP アドレスを検出する場合も含まれます。

図 1: BGP自動検出ネイバー BGP自動検出ネイバー
注:

ピアリング動作とアドレス使用は、インターフェイス アドレスに基づいたピアリング変更を回避するように明示的に設定する必要があります。 設定またはアドレスの有効性による変更(IPv6の複製アドレス検出(DAD)など)。

BGPに基づいて、ピアリングするアドレス ファミリーを指定します。ピアリング セッションは、指定されたファミリーのインターフェイス アドレスの可用性に基づいて設定されます。ピア リンクローカル アドレスは、IPv6 近隣探索(RFC4861)を使用して検出され、そのネイバーにBGPセッションを作成します。リンクローカル アドレスは、IPv6 インターフェイスにアドレスが設定されていない場合でも生成されます。

注:

この機能を機能するには、IPv6 近隣探索を有効にする必要があります。

自動検出BGPネイバーのメリット

  • EBGP IGPホップ外部電源 (EBGP)へのBGPの簡素化

  • IP アドレスではなく、インターフェイスとインターフェイス範囲によってネイバー を 設定します。

  • 動的ネイバー グループにより、両者の設定を最小限に抑える

例:自動BGPネイバーの設定

SUMMARY この例では、自動検出ネイバーをBGP設定する方法を示しています。

概要

リリース 21.1R1 Junos OS、IPv6 ネイバー検出プロトコル(ND)BGPして自動検出されるネイバーをサポートします。この機能により、BGP接続されたネイバー ルーターのリンクローカル IPv6 アドレスを使用して、ピア ネイバー セッションを作成できます。リモートまたはローカルの近隣 IP アドレスを指定する必要はしません。

Topology

以下の図は、簡略されたサンプル トポロジーを示しています。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

MXシリーズ ルーター

Junos OS 21.1R1 以降

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク構成に一致する必要がある詳細を変更してから、コマンドを [edit] 階層レベルで CLI にコピーアンドペーストします。

VM1

VM2

リーフ1

リーフ2

スパイン 1

スパイン 2

VM1の設定

自動検出BGPを設定するには、VM1 で次の手順を実行します。

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. ループバック インターフェイスを作成し、IP アドレスを設定します。

  3. ルーティング ポリシーを有効にする。

  4. 自律システム(AS)番号を設定する

  5. パケット単位のポリシーを適用して、トラフィックロード バランシング ECMP を有効にできます。

  6. 内部およびBGPピアリング セッションを確立するためのインターフェイスを設定します。

  7. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

結果

設定モードから、show interfaces、show プロトコル、show policy-options、show routing-options コマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

自動検出されたネイバーの検証

目的

自動検出されたネイバー BGP検証します。

アクション

動作モードから コマンドを show bgp summary auto-discovered 実行します。

リーフ1

スパイン1

出力は、自動検出された bgp ネイバーのサマリを示しています。自動検出されたピアの数とその詳細を確認できます。

自動BGPピアの検証

目的

自動検出されたネイバー BGP検証します。

アクション

動作モードから、 show bgp neighbor auto-discoveredコマンドを実行します。

リーフ1

スパイン1

出力は、自動検出されたネイバーに関するBGPを示します。