Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP ルートのローカル優先設定

ルートのプリファレンス値について (管理距離)

Junos OS ルーティングプロトコルプロセスは、ルーティングテーブルが受信する各ルートにデフォルトの優先度値 (管理距離とも呼ばれます) を割り当てます。デフォルト値はルートの送信元によって異なります。優先値は 0~4,294,967,295(232 – 1)の値で、値が低く、より望ましいルートが示されます。 表 1 は、デフォルト設定値を示しています。

表 1: デフォルトルートの基本設定値

ルートの学習方法

デフォルトの基本

ステートメントでデフォルト設定を変更

直接接続されたネットワーク

0

システムルート

4

静的および静的 Lsp

5

静的

静的 Lsp

6

MPLS基本設定

注:

10.4以前のJunos OSでは、ステートメントを使用して静的MPLS LSPを設定した場合、デフォルトの設定値は static-path 5です。デフォルト設定値Junos OS設定した場合、リリース10.4から static-label-switched-path 6になります。前の設定ステートメント static-path は、リリース10.4 Junos OSリリースでは非表示になっています。

RSVP 信号 Lsp

7

preferenceMPLS アプリケーションユーザーガイド』に記載されている RSVP

LDP シグナル Lsp

9

preferenceMPLS アプリケーションユーザーガイド』に記載されている LDP

OSPF 内部ルート

10

OSPF基本設定

アクセス-内部ルート

12

アクセスルート

13

IS-IS 1 内部ルート

15

IS-IS基本設定

IS-IS レベル 2 内部ルート

18

IS-IS基本設定

リベート

30

カーネル

40

SNMP

50

ルーター発見

55

RIP

100

RIP の優先度

RIPng

100

RIPng の基本設定

PIM-SM

105

Junos OS マルチキャスト プロトコル ユーザー ガイド

DVMRP

110

Junos OS マルチキャスト プロトコル ユーザー ガイド

アグリゲート

130

aggregate

外部ルートとして OSPF

150

OSPF外部設定

IS-IS レベル 1 外部ルート

160

IS-IS外部設定

IS-IS レベル 2 外部ルート

165

IS-IS外部設定

BGP

170

BGP の環境設定、エクスポート、インポート

MSDP

175

Junos OS マルチキャスト プロトコル ユーザー ガイド

一般に、ステートメントの範囲が狭いほど、優先度の値は高くなりますが、その影響を与えるルートのセットは少なくなります。ルーティングプロトコルによって学習されたルートのデフォルトの優先度値を変更するには、通常、個々のルーティングプロトコルを構成するときにルーティングポリシーを適用します。また、一部のプレファレンスを他の設定文に変更することもできます。この場合、テーブルに示されています。

例:BGP ルートのプリファレンス値の設定

この例は、BGP から学習したルートの優先度を指定する方法を示しています。ルーティング情報は、複数のソースから学習できます。複数のソースから学習した均一のルート間の結合を解除するために、各ソースにはプリファレンス値があります。静的ルートなどの明示的な管理アクションによって学習されたルートは、ルーティングプロトコル (BGP や OSPF など) から学習したルートよりも優先されます。この概念は、ベンダーによっては管理距離と呼ばれています。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定は必要ありません。

概要

静的な構成、BGP、または内部ゲートウェイプロトコル (IGP) など、複数のソースからルーティング情報を学習できます。Junos OSがアクティブ ルートになるルートの設定を決定すると、最も設定が低いルートがアクティブ ルートとして選択され、このルートが転送テーブルにインストールされます。デフォルトでは、ルーティング ソフトウェアが設定した 170 を、仮想ネットワークから発信したルートにBGP。すべてのルーティングプロトコルのうち、BGP は最上位のデフォルト優先度値を持ち、BGP によって学習したルートは、最もアクティブなルートになる可能性が最も低いということを意味します。

一部のベンダーは、外部 BGP (EBGP) の場合20の優先度 (距離)、内部 BGP (IGBP) の200の距離を持っています。Junos OS は、EBGP と IBGP の両方で同じ値 (170) を使用します。ただし、Junos OS は IBGP ルート上で EBGP ルートを優先しているため、ベンダー間のこの違いによる運用上の影響はありません。

ベンダーが異なるもう1つの分野として、BGP の距離と比較した場合の IGP の距離が挙げられます。たとえば、OSPF ルートに110の距離を割り当てるベンダーもあります。この値は EBGP 距離20ではなく、EBGP ルートとしては、同等の OSPF ルートを選択したことになります。同じシナリオでは、内部 OSPF ルート用のデフォルト設定10と、すべての BGP ルートに割り当てられた170の設定よりも低い外部 OSPF ルートに対する150があるため、OSPF ルートが選択されます。 Junos OS。

マルチベンダー環境では、BGP ルートのプリファレンス値を変更して、Junos OS が OSPF ルートではなく EBGP ルートを選択するようにすることができます。この目標を達成するために、1つのpreference選択肢として ebgp 構成にステートメントを含めることが挙げられます。デフォルトの BGP 基本設定値を変更するには、 ステートメントを含め preference 、0 ~4,294,967,295(232 – 1)の値を指定します。

ヒント:

マルチベンダー互換を実現するもう1つのadvertise-inactive方法は、ebgp 構成にステートメントを含めることです。これにより、ルーティングテーブルが、アクティブルートとして選択されていない Junos OS 場合でも BGP が学習した最適なルート BGP にエクスポートします。デフォルトでは、BGP は、Junos OS ルーティングテーブルの更新メッセージから受信したルート情報を格納し、ルーティングテーブルはアクティブなルートのみを BGP にエクスポートします。これにより、ルーターはそのピアへの通知を BGP ます。このadvertise-inactiveステートメントによって、Junos OS は IGP の優先度により、アクティブでない最高の BGP ルートをアドバタイズします。ステートメントを使用すると、Junos OS デバイスが転送に OSPF ルートを使用し、もう一方のベンダーのデバイスが転送に EBGP ルートを advertise-inactive 使用します。しかし、隣接するネットワーク内の EBGP ピアAS、両方のベンダーのデバイスが同じように動作しているのを見えます。

Topology

サンプルネットワークでは、デバイス R1 とデバイス R2 は EBGP ルートを持っており、互いにルートを OSPF しています。

この例では、次のような場合にルーティングテーブルを示しています。

  • デフォルトのプリファレンス値170は、BGP と 10 (OSPF) に適用されます。

  • BGP の優先度を8に変更します。

図 1は、サンプルネットワークを示しています。

図 1: BGP 基本設定値トポロジBGP 基本設定値トポロジ

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス R1

デバイス R2

手順

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R1 を構成するには、次のようになります。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. ローカル自律システムを構成します。

  3. デバイス R2 との外部ピアリングを構成します。

  4. OSPF を構成します。

  5. ルーティングポリシーを設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。 デバイス R2 上でこれらの手順を繰り返します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

基本設定の確認

目的

デバイス r1 とデバイス R2 のルーティングテーブルが、設定された EBGP の設定である8を使用し、デバイス R2 が170のデフォルトの EBGP 優先を使用しているという事実を反映していることを確認します。

アクション

動作モードから、 show routeコマンドを入力します。

出力は、デバイス R1 では、デバイス R2 のループバック インターフェイス(10.255.14.177/32)へのアクティブ パスが BGP ルートBGPしています。また、出力は、デバイス R2 では、デバイス R1 のループバック インターフェイス(10.255.71.24/32)へのアクティブ パスが OSPF ルートOSPFしています。

例:ルーティングポリシーを使用した BGP ルートの優先度値の設定

この例では、ルーティングポリシーを使用して、BGP から学習したルートの優先度を設定する方法について説明します。ルーティング情報は、複数のソースから学習できます。複数のソースから学習した均一のルート間の結合を解除するために、各ソースにはプリファレンス値があります。静的ルートなどの明示的な管理アクションによって学習されたルートは、ルーティングプロトコル (BGP や OSPF など) から学習したルートよりも優先されます。この概念は、ベンダーによっては管理距離と呼ばれています。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定は必要ありません。

概要

静的な構成、BGP、または内部ゲートウェイプロトコル (IGP) など、複数のソースからルーティング情報を学習できます。Junos OSがアクティブ ルートになるルートの設定を決定すると、最も設定が低いルートがアクティブ ルートとして選択され、このルートが転送テーブルにインストールされます。デフォルトでは、ルーティング ソフトウェアが設定した 170 を、仮想ネットワークから発信したルートにBGP。すべてのルーティングプロトコルのうち、BGP は最上位のデフォルト優先度値を持ち、BGP によって学習したルートは、最もアクティブなルートになる可能性が最も低いということを意味します。

一部のベンダーは、外部 BGP (EBGP) の場合20の優先度 (距離)、内部 BGP (IGBP) の200の距離を持っています。Junos OS は、EBGP と IBGP の両方で同じ値 (170) を使用します。ただし、Junos OS は IBGP ルート上で EBGP ルートを優先しているため、ベンダー間のこの違いによる運用上の影響はありません。

ベンダーが異なるもう1つの分野として、BGP の距離と比較した場合の IGP の距離が挙げられます。たとえば、OSPF ルートに110の距離を割り当てるベンダーもあります。この値は EBGP 距離20ではなく、EBGP ルートとしては、同等の OSPF ルートを選択したことになります。同じシナリオでは、内部 OSPF ルート用のデフォルト設定10と、すべての BGP ルートに割り当てられた170の設定よりも低い外部 OSPF ルートに対する150があるため、OSPF ルートが選択されます。 Junos OS。

この例は、特定のネクストホップからのルートに一致し、優先度を設定するルーティングポリシーを示しています。ルートが最初の条件と一致しない場合は、2つ目の条件によって評価されます。

Topology

サンプルネットワークでは、デバイス R1 およびデバイス R3 には EBGP セッション (デバイス R2) があります。

デバイス R2 では、インポートポリシーは以下のアクションを実行します。

  • BGP 経由で受信したルートの場合は、次ホップ 10.0.0.1 (デバイス R1) から、ルート優先度を10に設定します。

  • BGP 経由で受信したルートの場合は、次ホップの 10.1.0.2 (デバイス R3) からルートの優先度を15に設定します。

図 2は、サンプルネットワークを示しています。

図 2: BGP 基本設定値トポロジBGP 基本設定値トポロジ

CLI クイック構成は、のすべてのデバイスの設定を図 2示しています。

このセクション#d315e83__d315e232では、デバイス R2 の手順について説明します。

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

手順

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R2 を構成するには、次のようになります。

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. ローカル自律システムを構成します。

  3. 直接ルートを送信するルーティングポリシーを設定します。

  4. 受信したルートの優先度を変更するルーティングポリシーを設定します。

  5. デバイス R2 との外部ピアリングを構成します。

  6. set-preferenceポリシーをインポートポリシーとして適用します。

    これは、デバイス R2 のデバイス ルーティング テーブルに影響し、デバイス R1 とデバイス R3 には影響はありません。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show protocolsshow policy-options、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

基本設定の確認

目的

デバイス r1 とデバイス R2 のルーティングテーブルが、設定された EBGP の設定である8を使用し、デバイス R2 が170のデフォルトの EBGP 優先を使用しているという事実を反映していることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route protocols bgpコマンドを入力します。

この出力はデバイス R2 上で、デバイス R3 から学習したルートに対して優先度値が15に変更されており、デバイス R1 から学習したルートではプリファレンス値が10に変更されていることを示しています。

内部 BGP ルートのローカルの基本設定メトリックについて

内部 BGP (IBGP) セッションは、ローカル設定と呼ばれるメトリックを使用します。これは、PATH 属性 LOCAL_PREF で ibgp 更新パケットに記載されています。自律システム (AS) に別のルートが複数ある場合、ローカルの設定は、他の BGP ルート上で1つの BGP ルートに対する優先度を示します。最大のローカル優先度値を持つ BGP ルートを使用することをお勧めします。

LOCAL_PREF path 属性は、常に IBGP ピアと近隣のフェデレーションにアドバタイズされます。外部 BGP (EBGP) ピアにアドバタイズされることはありません。デフォルトの動作では、LOCAL_PREF path 属性が存在する場合、それが変更されることはありません。

デフォルト100の LOCAL_PREF path 属性値は、エクスポート時のみ、ルーティングテーブルから BGP へのルートのエクスポート時に適用されます。

LOCAL_PREF BGP 属性なしで BGP ルートを受信した場合、ルートは ルーティング テーブル に格納され、BGP によって LOCAL_PREF 値の 100 でアドバタイズされます。デフォルトでは、BGPによってアドバタイズされている非通知ルートBGP 100のLOCAL_PREFでアドバタイズされます。

例:BGP ルートのローカルプリファレンス値の設定

この例では、内部 BGP (IBGP) ピアセッションでのローカル設定を構成する方法を示します。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定は必要ありません。

概要

パス属性 でアドバタイズされたローカル設定メトリックを変更するには、 ステートメントを含め、値を 0 から local-preference 4,294,967,295(232 – 1)まで指定する必要があります。

次のような理由が考えられます。たとえば、他のパスと比較すると、1つのパスを使用するのは安価で、帯域幅が大きい場合や、より安定している場合があります。

図 3は、内部ピアセッションと近接する複数の出口ポイントを持つ典型的なネットワークを示しています。

図 3: IBGP セッションと複数の終了ポイントを含む一般的なネットワークIBGP セッションと複数の終了ポイントを含む一般的なネットワーク

デバイス R4 に接続するために、デバイス R1 はデバイス R2 またはデバイス R3 を通過するパスを取ることができます。デフォルトでは、いずれかのルートの場合、ローカルの設定は100になります。ローカル環境が等しい場合、Junos OS は、リンクを解除してパスを選択するためのルールを持っています。( BGP のパス選択についてを参照してください)。この例では、デバイス r2 のルーター ID がデバイス R3 のルーター id よりも低いため、アクティブルートはデバイス R2 を経由しています。次の例は、ローカル設定の明示的な設定を使用して、既定の動作をオーバーライドする方法を示しています。この例では、デバイス R3 で300のローカル優先を設定しているため、デバイス R3 はデバイス R4 にアクセスするための優先パスとして使用されています。

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

デバイス R4

デバイス R1 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R1 を構成するには、次のようになります。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    注:

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス R2 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R2 を構成するには、次のようになります。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    注:

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス R3 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R3 を構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

  3. OSPF を構成します。

  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    注:

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス R4 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R4 を構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP を構成します。

  3. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    注:

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  4. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

デバイス R1 からデバイス R4 へのアクティブパスの確認

目的

デバイス R1 からデバイス R4 へのアクティブパスが、デバイス R2 を経由していることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route protocol bgpコマンドを入力します。

アスタリスク (*) は、デバイス R2 を介して優先パスが指定されていることを示します。デフォルト構成では、デバイス R2 はデバイス R3 より下位のルーター ID を持っています。ルーター ID がパス選択を制御しています。

パスの選択を変更するためのローカルの設定を変える

目的

デバイス R3 を通過するようにパスを変更します。

アクション

設定モードからset local-preference 300コマンドを入力します。

デバイス R1 からデバイス R4 へのアクティブパスの Rechecking

目的

デバイス R1/r2 からデバイス R4 へのアクティブパスが、デバイス R3 を経由していることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route protocol bgpコマンドを入力します。

アスタリスク (*) は、デバイス R3 を介して優先パスが指定されていることを示します。変更された構成では、デバイス R3 は、デバイス R2 よりもローカルに優先度が設定されています。ローカル環境設定では、パスの選択が制御されます。

例:アクティブでないルートをアドバタイズするための BGP の設定

デフォルトでは、BGP はアクティブルートのみを readvertises します。Junos OS がアクティブルートになるように選択していない場合でも、BGP によって学習された最適なルートをadvertise-inactive BGP にエクスポートするには、以下のステートメントを含めます。

Junos OS では、BGP にインストールされているかアクティブなルート (BGP パス選択ルールに基づいて最適として選択されたルート) を、BGP にアドバタイズします。このadvertise-inactiveステートメントにより、アクティブでない BGP ルートを他のピアにアドバタイズできます。

注:

ルーティングテーブルに 2 BGP つのルートがあり、一方がアクティブで他方が非アクティブadvertise-inactiveである場合、そのステートメントは非アクティブな BGP プレフィックスを通知しません。このステートメントは、別のアクティブ BGP ルートが存在する場合に、アクティブでない BGP ルートをアドバタイズしません。ただし、アクティブルートが静的ルートである場合、文advertise-inactiveはアクティブでない BGP ルートをアドバタイズします。

また Junos OS は、アドバタイズされたルートの状態と一致する BGP エクスポートポリシーの設定をサポートします。アクティブまたは非アクティブなルートを以下のように一致させることができます。

この修飾子は、エクスポートポリシーのコンテキストで使用された場合にのみ一致します。アクティブでないルート (BGP など) を提供できるプロトコルによってルートがアドバタイズされstate inactiveている場合は、 advertise-inactive (またはadvertise-external) ステートメントの結果としてアドバタイズしたルートを照合します。

たとえば、次の構成は、ユーザーが定義しadvertise-inactiveたコミュニティーで設定されているためにアドバタイズされたルートをマークするための BGP エクスポートポリシーとして使用できます。そのようなコミュニティーは、受信ルーターが後で、転送テーブルからこれらのルートを除外するために使用できます。このようなメカニズムを使用して、送信者が転送に使用しない広告パスが転送ループを発生させる可能性があるという問題を解決することができます。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定を行う必要はありません。

概要

この例では、デバイス R2 に2つの外部 BGP (EBGP) ピア、デバイス R1、デバイス R3 があります。

デバイス R1 は 172.16.5/24 への静的ルートを持っています。同様に、デバイス R2 には 172.16.5/24 への静的ルートもあります。BGP から、デバイス R1 はデバイス R2 への静的ルートに関する情報を送信します。デバイス R2 には、2 つのソース(独自の静的ルートと、デバイス R1 から受信した BGP 学習したルート)から 172.16.5/24 に関する情報が取得されています。静的ルートは BGP が学習したルートよりも優先されるため、デバイス R2 上で BGP ルートが非アクティブになります。通常、デバイス R2 は BGP 学習した情報をデバイス R3 に送信しますが、BGP ルートが非アクティブになっているため、デバイス R2 はこれを行いません。このため、デバイス R3 はデバイス R2 のadvertise-inactiveコマンドを有効にしない限り 172.16.5/24 に関する情報はありません。これにより、デバイス r2 から学習した BGP がデバイス R3 に送信されます。

Topology

図 4は、サンプルネットワークを示しています。

図 4: 広告非アクティブのための BGP トポロジ広告非アクティブのための BGP トポロジ

CLI クイック構成は、のすべてのデバイスの設定を図 4示しています。

このセクション#d318e117__d318e244では、デバイス R2 の手順について説明します。

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

手順

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

デバイス R2 を構成するには、次のようになります。

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. EBGP 接続をデバイス R1 に設定します。

  3. デバイス R3 への EBGP 接続を構成します。

  4. EBGP advertise-inactive group ピアリングセッションにデバイス R3 でステートメントを追加します。

  5. 172.16.5.0/24 ネットワークへの静的ルートを構成します。

  6. 自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show protocolsshow policy-options、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

BGP のアクティブなパスを検証しています

目的

デバイス R2 では、172.16.5.0/24 プレフィックスがルーティングテーブルにあり、予想されるアクティブパスがあることを確認してください。

アクション

デバイス R2 は、デバイス R1 およびそれ自体の静的に構成されたルートから 172.16.5.0/24 のルートを受け取ります。静的ルートは、アスタリスク (*) で指定されたアクティブなパスです。静的ルートパスは、BGP の基本設定 (170) と比較して最も低いルート優先度 (5) を持っています。そのため、静的ルートがアクティブになります。

外部ルートのアドバタイズの確認

目的

デバイス R2 上で、172.16.5.0/24 ルートがデバイス R3 にアドバタイズされていることを確認してください。

アクション

デバイス R2 は、デバイス R3 への 172.16.5.0/24 ルートをアドバタイズしています。

デバイス R3 でのルートの確認

目的

172.16.6.0/24 プレフィックスがデバイス R3 のデバイス デバイス デバイスに含ルーティング テーブル。

アクション

デバイス R3 には、172.16.5.0/24 の BGP 学習されたルートがあります。

広告非アクティブなステートメントを試してみる

目的

デバイス R2 の BGP 構成advertise-inactiveから文が削除された場合にどうなるかを確認します。

アクション
  1. デバイス R2 でadvertise-inactive文を非アクティブにします。

  2. デバイス R2 で、172.16.5.0/24 ルートがデバイス R3 にアドバタイズされているかどうかを確認します。

    予想通り、ルートは提供されなくなりました。

  3. デバイス R3 で、ルーティングテーブルから 172.16.5/24 ルートが存在しないことを確認します。

デバイス R1 はルート 172.16.5/24 をデバイス R2 に通知しますが、デバイス R2 はこのプリフィックスに対して手動で構成された静的ルートを持っています。BGP ルートよりも静的ルートを優先しているため、デバイス R2 は BGP ルートを非アクティブなルートとしてインストールします。BGP ルートがアクティブになっていないため、デバイス R2 はデバイス R3 への BGP ルートを readvertise しません。これは Junos OS のデフォルトの動作です。デバイス r2 の BGP advertise-inactive構成にステートメントを追加した場合、デバイス r2 readvertises はアクティブでないルートが使用されます。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
10.4
Junos OS リリース10.4 で開始します (デフォルトstatic-label-switched-pathのプリファレンス値を設定した場合、6になります)。