Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP受け入れる

独自BGP属性を理解する

独自のBGP属性を受け入れるメリット

  • 同じプロバイダ エッジ(PE)デバイス上の VPN インスタンス間でルートを漏洩するのに役立ちます。

  • VPN 導入シナリオで便利で、BGP リフレクタによって、ある VRF からのルートを同じ PE(プロバイダ エッジ)デバイス上の別の VRF にインポートする方法を制御できます。

  • 相互運用性を強化すると同時に、非拡張ルーター Junos顧客のネットワーク上のJunos既存のルーターに置き換える。

独自のBGP属性の概要

標準設定仕様に従BGP、BGP スピーカー属性を持つ受信ルートを拒否します。

  • 発信元 ID がそれ自体に設定されている。

  • 次のhop属性は、レシーバ自身のIPアドレスと同じです。

Junos OS リリース 21.4R1 から、MX480 および MX960 ルーターは accept-own、RFC 7611、BGP ACCEPT_OWN コミュニティー属性 で定義されたコミュニティとともに BGP ルートを受け入れる。この機能により、ジュニパールーターは、受信デバイスのルートまたは値と一致するルート ORIGINATOR_IDNEXT_HOP を受け入BGP スピーカー。たとえば、PE(プロバイダ エッジ)デバイスがソース VRF のルート識別機能を使用してルートをアドバタイズする場合、ルート リフレクタはコミュニティをアタッチし、ルート ターゲットを追加して、ルートを発信元に再アドバタイズします。 accept-own その後、PE(プロバイダ エッジ)デバイスは、ルートをそれ以外の宛先 VRF にインポートできます。

注:

ファミリー向 accept-own けおよびアドレス inet-vpn unicast ファミリー inet6-vpn unicast 専用の設定に対応しています。

RFC 7611 では、ACCEPT_OWN コミュニティにアタッチされたルートは、LOCAL_PREF 比較が BGP 決定プロセスで行われた後に、コミュニティを持たないルートを優先する必要があります。

独自BGP受け入れるコミュニティを設定する

accept-own コミュニティを設定する前に、以下を確認してください。

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. ルーター ID と自律システム番号を設定します。
  3. OSPF またはその他の IGP プロトコルを構成します。

  4. LDP を構成します。

  5. MPLS を構成します。

このセクションでは、ルーターがルート リフレクタからコミュニティでルートを受け入 accept-own れる方法を示します。
  1. 内部インターフェイス接続BGP設定します。
  2. 静的ルートをエクスポートして受け入れるポリシー オプションを設定し、指定したルート ターゲットを持つコミュニティに追加します。追加したコミュニティに固有のルート ターゲットを設定します。
  3. 固有のルート識別機能とルート ターゲットを使用して 2 つのルーティング インスタンスを設定し、ルートのエクスポートとインポートを使用する 2 つの VRF を作成します。ネクストホップ アドレスを使用して静的ルートを設定します。
  4. 次のステートメントを設定して、コミュニティーを accept-own 有効にしてください。
  5. commit 入力して設定をコミットします。