Cloud Metro

コンバージドインテリジェントサービスネットワークで、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

「新しいエッジ」に接続性、分散型クラウド、顧客体験が集中する中、メトロネットワークは、2027年までに500パーセントのトラフィック増加に直面します。1 また、拡張セキュリティの脅威、人材不足、炭素排出削減に関する新しいITU基準も、メトロの要件も変化しています。

このような状況では、事業者は現在のビットあたりのコストを維持して、長期にわたりサービスを提供し続けることはできません。ジュニパーCloud Metroは、クラウド原則をメトロネットワークに適用し、将来を見据えたシステム、アーキテクチャ、サービスとしてのAI対応の自動化により、持続可能なビジネスの成長を可能にします。 

製品の方向性に関する記述

ジュニパーがどのように役立つか

ジュニパーのCloud Metroは、独自にAIに対応したクラウド型ソリューションです。ゼロトラストセキュリティアクティブ保証のテストおよび監視と統合されています。このソリューションは、将来性のあるパフォーマンスを提供すると同時に、消費電力を最大77%削減し、デバイスのオンボードにかかる時間を数時間から数分に短縮します。 

データセンターで働く2人のネットワークプロフェッショナル

TCOを50%以上削減

独自のシャーシ設計と適応型の電力イノベーションにより、ジュニパーCloud Metroルーターはスロットあたりの業界最大の容量、最大のポート密度、およびすべてのポートでXRおよびZR/ZR+コヒーレントオプティクスを同時にサポートする機能により、総所有コスト(TCO)を53〜71%削減します。

近代的なガラスのビルと空の背景

統合型IPサービスファブリック

すべての家庭向けサービス、企業向けサービス、モバイルサービスを、スケールアウトオプションとスケールアップオプションを活用し、1つの統合型ネットワークプラットフォームでサポートします。 

サービスを数分で利用可能

AI対応のサービスとしてのジュニパーParagon™ Automationでは、ハードウェアとソフトウェアの真正性の確認、最新のソフトウェアのイメージ管理、ゼロタッチの設定とプロビジョニングの確保、デバイスの健全性とネットワークパフォーマンスの確認、インベントリの更新が行われるため、Cloud Metroデバイスが数分で完全に利用できるようになります。

ノートブックPCで作業する、満足げなジュニパーのCloud Metroエンドユーザー

エクスペリエンスセンサーとしてのCloud Metro

ジュニパーParagon Active Assuranceエージェントは、すべてのジュニパーCloud Metroルーターに組み込まれているテストおよび監視機能であり、メトロネットワークを分散センサーに変えて、顧客のエンドツーエンドのサービス体験を継続的に測定および保証します。

ノートブックPCを手に、データセンターで働くネットワークオペレーター

ゼロトラストのセキュリティ

暗号化された一意のデジタルIDが、Trusted Platform Module(TPM 2.0)によりIPサービスファブリック全体に導入されることで、デバイス認証とRFCに準拠したセキュアなゼロタッチプロビジョニング (sZTP)が可能になります。ファイルの暗号化により、保存されているデータが保護され、MACsecにより、送信中のデータが保護されます。 

お客様の導入事例

DQEは地域ネットワークを拡張し、5Gをはじめとした差別化したサービスを提供し、幅広いニーズに対応します

DQE Communicationsのような地域サービスプロバイダは、ホームチームのメリットがあり、地域のニーズの微妙な差異を把握して、迅速に対応する俊敏性を備えています。ペンシルバニア州西部にサービスを供給するDQEは、メトロネットワークサービスの拡大を迅速に進め、お客様のデジタルニーズや、進化するメトロエッジおよびモバイルバックホールの要件に対応しています。

DQE Communications Hero

リソースセンター

詳細はこちら

Juniper Cloud Metro ACX7000ファミリーのご紹介(英語)

関連ソリューション
5Gネットワーク

5Gへのジュニパーのオープンなエコシステムアプローチは、ネットワークのパワーと潜在性を最大限に引き出します。新たなビジネス価値を創造し、御社が今後10年にわたり競争力を維持できるように、ジュニパーがアーキテクチャ、運用、サービスエクスペリエンスの再構築をお手伝いします。

製品の方向性に関する記述

このページの情報には、将来の製品、機能、強化に関するジュニパーの開発および計画(「SOPD情報」)が含まれている場合があります。SOPD情報は、予告なしにいつでも変更される可能性があります。ジュニパーは、今後の製品、機能、強化の導入について、一切保証せず、責任も負いません。いかなる場合も、SOPD情報の一部として記載されている期間または詳細に基づいて購入を決定しないでください。ジュニパーが、今後の製品、機能、強化の導入を遅らせるか、または導入を行わないことがあるためです。

本Webサイト内の、あるいは本Webサイトから参照または取得されたいかなるSOPD情報によっても、SOPD情報に記載の表現に関連または起因して、ジュニパーに対する信頼への苦情または禁反言が生じることはないものとします。ジュニパーは、SOPD情報に記載の表現に関連または起因して生じた損失または損害に対し、いかなる経緯で生じたかを問わず責任を負いません。