クラウドネイティブ

クラウドネイティブアプリケーションは、最新のクラウドが持つ動的リソースの可用性や拡張性のメリットを活用します。分散されたマイクロサービスベースの性質上、複数のドメインにまたがって実行されるワークロードで構成されており、関連するネットワークやセキュリティのポリシーを動的に追従させる必要があります。

ジュニパーのクラウドネイティブソリューションは、基本的な接続性だけでなく、十分なスケール、パフォーマンス、およびセキュリティレベルも提供するため、DevOpsチームは不要な複雑さから解放され、アプリケーションイノベーションに集中できるようになります。

Sunflower on blue

ジュニパーがサポートします

私たちは、お客様の分散環境における信頼性とセキュリティを維持するための作業を様々な方法で軽減します。これらの方法には、アプリケーション間のフローの発見、機械学習、およびリアルタイムの監視と分析などがあります。

空

アプリケーションフローの検出

分散型クラウドネイティブ環境の可視化、分析、オーケストレーションを可能にします。

空

機械学習

不正トラフィックのリスク緩和に役立ちます。また、アプリケーションによるやり取りを詳細に分析することで、異常を検知して是正措置を講じることができます。

空

リアルタイムな監視と分析

プライベートクラウドのベアメタルシステム、OpenStackの仮想マシン、Kubernetes環境のコンテナの混在と、パブリッククラウドサービスのアプリケーションに対応します。

空

マルチクラウド

Kubernetesに基づくクラウドネイティブアプリケーションは、移植性が高く、複数の環境に対応できます。複数のクラウド、リージョン、ゾーン、アカウント全体でネットワークやセキュリティポリシーなどのリソースを抽象化します。

リソースセンター

Contrailはクラウドネイティブアプリケーションの導入とセキュリティを簡素化します。

ネットワーク自動化の現状レポート(SoNAR)
自動化の影響をご覧ください。ジュニパーの協賛で実施された調査レポート、2020年度SoNARでは、今日の自動化の使用がエンジニア、NetOpsチーム、ビジネスにどのような影響を及ぼすかが明らかになりました。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。