パッシブ光ネットワーク(PON)

分散型クラウドサービス、5G、Internet of Things(IoT)、および豊富なコンテンツは、メトロネットワークにおけるアクティビティとイノベーションの温床となっています。サービスプロバイダは、大規模なメトロトラフィックの増加に対応し、現在および将来の新たなお客様のネットワークエクスペリエンスを創造するために、これらすべてを活用する準備をしています。

ジュニパーのパッシブ光ネットワーク(PON)ソリューションを使用して、お客様のニーズに役立てることができます。ソリューションの統合型PON製品ファミリーは、経済的で拡張性のある10ギガビット(10G)PONへのパスを提供し、既存のジュニパークラウドメトロネットワークに容易に統合し、サードパーティのPON配信機器と相互運用する経済的で拡張性の高いパスを提供します。

Aerial view of a typical suburb in Australia
ACG 研究論文

次世代メトロネットワークおよびエッジコンピューティングのアーキテクチャが、5G 時代の住宅、ビジネス、モバイルの需要に対応する方法を説明します。レポートをダウンロードする

ジュニパーがサポートします

アクセスサービスにPONを追加することがかつてないほど簡単になりました。ジュニパーは、スマートプラグ対応の光ラインターミナル(OLT)と一部のACXシリーズユニバーサルメトロルーター、業界トップのブロードバンドネットワークゲートウェイ(BNG)技術、そして、拡張性が高く、ファイバーベースとアグリゲーションデプロイメント向けの包括的で証明済みの管理スイートを組み合わせます。

10G PONへの統合が簡単

スマートプラグ対応 OLT 技術は、ジュニパーの他のメトロ製品との統合が簡単であるため、10GのPONサービスをサービスポートフォリオに追加する中、オペレーターがJunos OS、Juniper BNG、Paragon Automationを活用できるようになりました。また、サードパーティのPON配信機器と相互運用も可能です。

未使用のルーターポートを活用する

一部のACXシリーズルーターの未使用の10ギガビットイーサネットSFP+ポートにジュニパースマートプラグ対応製品を挿入すると、大型で電力を消費するOLTシェルフが不要になります。ポートごとにサービス技術を決定し、サービスの多様性、柔軟性、従量課金制(Pay-as-you-grow)の導入モデルを実現できます。

最高の柔軟性を実現

ジュニパーのソリューションは、オープンなPONエコシステム向けに設計されており、サードパーティー製の各種PON配信デバイスと相互運用可能であることが検証されています。このアプローチにより、お客様が単一ベンダーに縛られることなく、独自の要件を満たす最高のソリューションに投資することができます。  

リソースセンター

ジュニパーネットワークスCEOのラミ・ラヒムがCloud Metroを主張

最新のメトロネットワークの動向を把握できます。
毎月、ジュニパーの Cloud Metro の専門家が質問に答える Ask-Me-Anything ライブセッションに参加できます。