Secure Edge

Juniper Secure Edge は、アプリケーション制御、IPS(侵入防御システム)、アンチマルウェア、ウェブ プロキシおよびフィルタリング、Advanced Threat Protection を備えたシングルスタック ソフトウェア アーキテクチャで FWaaS(Firewall-as-a-Service)を提供します。これにより、どこでもユーザーをフォローする一貫したセキュリティ ポリシーでリモートワーク環境をシームレスに保護できます。

主な特長


  • シームレスでセキュアなユーザー エクスペリエンス
  • エッジでの確実な可視性と、さらにその先
  • シングルスタック ソフトウェア アーキテクチャ
  • セキュリティ ポリシーを一度作成すれば、どこでも適用できます
  • 既存のものを活用して、ハイブリッド アーキテクチャをサポートします

特長とメリット

単一の UI からの単一ポリシー フレームワーク

エッジからデータ センターまでの統一されたポリシー管理によって、ポリシー ギャップの減少、人的ミスの排除、環境のセキュリティの改善を実現します。

どこからでもユーザー アクセスのセキュリティを確保できます

必要なアプリケーションとリソースへのセキュア アクセスによって、オフィスでも、自宅でも、外出中でも、リモート環境をサポートします。一貫したセキュリティ ポリシーが、ルールをコピーしたり、再作成したりすることなく、ユーザー、デバイス、アプリケーションをフォローします。

動的ユーザー セグメント化

Follow-the-user ポリシーは、きめ細かなポリシーによって従業員とサードパーティ契約者に対する自動アクセス制御を実現し、攻撃ベクトルとしてサードパーティ アクセスをロックダウンします。サードパーティとリスクが高いユーザーへの追加検証を設定して、エッジの攻撃対象領域を縮小します。

既存の投資を活用します

自分のペースで、フル セキュア アクセス サービス エッジSASE)アーキテクチャに移行できます。Secure Edge は、Security Assertion Markup Language (SAML) 2.0 サポートによって、Azure AD、Okta などの主要 ID プロバイダをサポートしています。

実証済みのセキュリティ効果

サードパーティ テストで、悪意ある攻撃に対して 99.7% 以上、マルウェアに対して 100% 以上の効果が実証されている効果的な脅威防止サービスが、完全にクラウドからのサービスとして提供されます。

最も必要な場面での信頼と確実性、そして耐障害性

ゼロトラストのフレームワークを、データセンターのネットワークセキュリティアーキテクチャに適用して、データとアプリケーションを保護します。

詳細はこちら(英語)

セキュリティ製品

Juniper Secure Edge(クラウド ベース セキュリティ ソリューション)を表すグラフィック。
Secure Edge

アプリケーション制御、IPS(侵入防御システム)、アンチマルウェア、ウェブ プロキシおよびフィルタリング、Advanced Threat Protection を備えたシングルスタック ソフトウェア アーキテクチャにおける FWaaS(Firewall-as-a-Service)。これにより、どこでもユーザーをフォローする一貫したセキュリティ ポリシーでリモートワーク環境をシームレスに保護できます。

技術的な特長
  • シームレスでセキュアなユーザー エクスペリエンス
  • エッジでの確実な可視性と、さらにその先
  • シングルスタック ソフトウェア アーキテクチャ
  • セキュリティ ポリシーを一度作成すれば、どこでも適用できます
  • 既存のものを活用して、ハイブリッド アーキテクチャをサポートします
表示中
ジュニパー Security Director(集中化されたセキュリティ管理システム)を表すグラフィック。
Security Director

あらゆる場所のユーザー、デバイス、アプリケーションに対する一元化されたセキュリティ管理、分析、および統一されたポリシー オーケストレーションを、世界のどこからでもオンプレミスやクラウド環境で利用できます。

技術的な特長
  • 何万ものサイトを同時に管理することができます
  • 検証済みの脅威の防御、ユーザーアプリケーションアクセス制御、安全な接続性、およびその他のポリシーを作成し、どこからでも適用させることができます
  • メタデータベースのセキュリティ制御により、プライベートおよびパブリッククラウドのワークロードを保護します
  • どの製品で検知されたかに関わらず、攻撃の各段階を順序だてて相関させ、分析します。そして、Policy Enforcer のワンクリック ミティゲーションで、ネットワーク上の脅威を阻止します。
  • セキュリティ保証は、意図した有効性に対してセキュリティ ルールが常に正しく配置されることを保証します。
オフィスのラップトップでジュニパーの次世代ファイアウォール サービスを利用している 2 人のソフトウェア エンジニア。
次世代ファイアウォールサービス

アイデンティティベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続、および検証済みの脅威の防御で攻撃のリスクを低減し、ユーザ、アプリケーション、ならびにデバイスを保護します。

技術的な特長
  • リスクの高いアプリケーションの識別と対策の立案
  • ネットワークレベルの悪意ある攻撃からの保護
  • 既知のマルウェアのブロック
  • 堅牢なURLフィルタリングカテゴリによるWebブラウジングの制御、および悪意のあるWebサイトのブロック
  • ユーザーベースのセキュリティポリシーとセグメンテーションによる不正使用の防止
  • Secure Edge Firewall-as-a-Service または Secure Connect VPN を使用してリモート ユーザーにセキュリティ ポリシーを拡張します
ジュニパーのすべてのセキュリティ製品をご覧になりますか?
ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見
最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションで Secure Edge を見つけましょう
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャによって、ネットワークとセキュリティを1つにまとめることで、クラウドへ移行する際、アプリケーションに直接安全にアクセスすることができます。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリック クラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

脅威の検知と緩和

ジュニパー セキュリティ アプリケーションは、高度な脅威を効果的に阻止するのに必要な、実用的な脅威インテリジェンスを提供し、エンドユーザーにシームレスで安全なエクスペリエンスを提供します。