Juniper Mist Wired Assurance

ジュニパーMist Wired Assuranceでは、アクセスレイヤーEXスイッチにクラウド管理とMist AIをもたらし、接続デバイスに優れたエクスペリエンスを提供することにより、従来のネットワーク管理からAIドリブン運用まで、新しい標準を設定しています。

Wired Assuranceにより、ITチームは運用を合理化し、修理時間を短縮し、新世代のエクスペリエンスファーストネットワークを提供できます。EXシリーズスイッチをMist AIと組み合わせ、スイッチの状態と接続前後の指標の有線サービスレベル期待値(SLE)に関するインサイトを有効活用できます。

主な特長


  • ジュニパーMistクラウドのジュニパーEXシリーズスイッチをオンボーディング、設定、および管理
  • サードパーティの統合全体の自動化にオープンAPIを活用
  • AIドリブンのインサイトでスイッチのパフォーマンスを正確に把握
  • テンプレートとポートプロファイルを使用してサイトとスイッチを設定
  • 根本原因を事前に特定し自動運転アクションを取得

特長とメリット

真のプラグアンドプレイ機能のアクティベーションコードを使用して、クラウド対応のZTPが可能なEX シリーズスイッチを設定し、トラブルシューティングを行います。これにより、オンボーディングエラーを最小限に抑え、時間を節約し、効率化を図ることができます。

テンプレートとプロファイルを構築すると、ユーザーは無色ポートを実装できるので、デバイスは手動操作なしで適切な設定を自動的に継承します。

クラウドから、一貫性のある、合理化された構成、ユニバーサルテンプレート、プロファイルを作成します。この構造は導入の標準化に役立ち、特定のサイトやスイッチの属性を柔軟に調整できます。

動的なポートプロファイルにより、プラグアンドプレイの特性が追加され、接続デバイスを自動検知して、適切な設定を割り当てます。

接続前後のパフォーマンス指標を使用して、接続デバイスのエクスペリエンスを把握します。有線SLEの主な指標には、スループット、接続の成功回数、スイッチの状態などがあります。これらのインサイトにより、有線ネットワークの動作を正確に把握し、エクスペリエンスユーザーの品質、有線デバイス、IoTエンドポイントに関する不確定要素を取り除きます。

Marvis仮想ネットワークアシスタントと連携して、ITチームは有線に関する問題の根本原因を迅速に突き止めることができます。不良ケーブルですか?ネゴシエーションミスマッチですか?事前対応型の異常検知により、ユーザーが報告する前に、有線ネットワークで問題を特定します。その後、Mist AIのベースラインと、有効性を高める第3世代アルゴリズムにより、異常を積極的に検知して、問題が発生したときに根本的な原因を特定して判断します。

タイムライン全体の有線スイッチのパフォーマンスを正確に把握し、CPU、メモリ使用率、バーチャルシャーシのステータスなど、デバイスレベルの詳細な指標を提供します。ポートレベルで、転送バイト数、トラフィック使用率、消費電力を表示します。

パフォーマンスシリーズデータを受信するか、接続済みのポートにカーソルを合わせると、有線デバイスのタイプとその接続の詳細に関するリアルタイムデータが表示されます。

ジュニパーアクセスポイントとペアになっている場合、マルチベンダー環境におけるファームウェアのコンプライアンス、欠落しているVLAN、スイッチAPアフィニティなどの鍵となるヘルス指標を使用して最適な動作を確保します。

サードパーティの統合のためのオープンAPI

100%オープンでプログラム可能なAPIの力を利用して、アクティベーション、オンボーディング、構成プロセスを完全に自動化します。自動チケット、トラブルシューティングなどのAPIをサポートするServiceNowやSplunkなどのサードパーティシステムと統合できます。

Juniper Mist Wired Assuranceには、最大30日分のデータを分析する基本分析機能が含まれています。企業全体のデータからネットワーク情報を抽出し、変化する要件に合わせてリソースを適切に割り当てるプロセスを簡素化します。

Premium Analyticsサービスに登録して、こうした高度な機能を有効にすることもできます。ネットワークの詳細情報をさらに拡大して最大1年間のデータセットの分析を実行する、カスタムレポートを有効にする、サードパーティのデータ要素からテレメトリを活用するなどの高度な機能を有効にすることもできます。

Magic Quadrant Leader

Gartnerが2020年度『Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure』の『リーダー』にジュニパーを選出

レポートを読む

お客様の導入事例

AI によって出力される詳細情報と自動化によってキャンパス環境を変革したダートマス大学

どの大学もキャンパス内の場所に関係なく、必要としているアプリケーションに高速で死角のない、高い信頼性でアクセスしたいという学生のニーズへの対応を迫られています。優れたサービスエクスペリエンスを提供するために、ダートマス大学はMist AIと自動化を駆使したネットワークを採用しました。

ダートマス大学の画像

Juniper Mistファミリーが提供するサービス

Wired Assurance

Juniper Mist Wired Assuranceサービスが、Mist AIをアクセスレイヤースイッチングに提供します。AIドリブンの運用と自動化により新たにネットワーク管理標準を設定し、ジュニパーEXシリーズイーサネットスイッチを使用してリソースに接続されたデバイスのエクスペリエンスを改善します。

技術的な特長
  • ジュニパーMistクラウドのジュニパーEXシリーズスイッチをオンボーディング、設定、および管理
  • サードパーティの統合全体の自動化にオープンAPIを活用
  • AIドリブンのインサイトでスイッチのパフォーマンスを正確に把握
  • テンプレートとポートプロファイルを使用してサイトとスイッチを設定
  • 根本原因を事前に特定し自動運転アクションを取得
表示中
Wi-Fi Assurance

Wi-Fi Assuranceは、機械学習をベースに、Mist AIドリブンのクラウドサービスです。手動のトラブルシューティング作業を自動化された無線操作に置き換えることで、Wi-Fiの予測、信頼性、および測定を可能にし、ユーザーのサービスレベルを独自に可視化します。

技術的な特長
  • 無線パフォーマンスのプロアクティブな最適化が可能
  • シンプルでセキュアなリソースアクセス
  • トラブルシューティングの動的パケットキャプチャ
  • プロアクティブな根本原因の究明
  • APIによるネットワーク自動化
Marvis VNA

企業のWLAN、LAN、およびWAN向けにMist AIを搭載した初の仮想ネットワークアシスタント(VNA)となるMarvisをご紹介します。これにより、ネットワーク運用が、事後対応型のトラブルシューティングから、自動運転処理による事前対応型の障害対応へと根本的に変わります。

技術的な特長
  • 自然な言語でユーザーの意図を理解する会話型インターフェイス
  • Marvisが自動的に処理を実行または推奨事項を出力して、ユーザーが気づく前に事前に問題を解決
  • Androidクライアントを使い、デバイスの視点でネットワークの外部/内部を閲覧可能
  • Mist AIで検証されたAIドリブンサポートにより、ユーザーによって作成されるチケットを最大90%減少させることが可能
  • リアルタイムのインサイトと、クライアント、デバイス、およびサイトレベルでのトラブルシューティングを簡素化することで、サービス品質を向上
すべてのクラウドサービスを見るには?
ジュニパーが競合企業の先をいく理由
ジュニパーのMist AI機能が競合他社の機能を上回っている理由をご紹介します。
Mist AIデモ
ウィークリーデモに参加して、当社がどのようにして有線および無線ネットワークで業界最高のアクセスレイヤーエクスペリエンスを提供しているのかをご覧ください。
これらのソリューションでWired Assuranceを検索
有線アクセス

有線ポートフォリオは、無線と連携することで、規模に応じてパフォーマンスとシンプルさを組み合わせ、AIドリブンのインサイトと自動化によりユーザーやデバイスに最適化されたエクスペリエンスを提供します。

Gartner Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure、ビル・メネセス、クリスチャン・カナレス、ティム・ジマーマン、マイク・トゥーサン、2020年11月4日。

Gartnerは、同社の調査資料に記載されているベンダー、製品、サービスを支持することはありません。また、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されています。全著作権所有