ジュニパーのセッションスマートルーター

ジュニパーの Session Smart™ のルーターは、Software-Defined ルーティングと SD-WAN を新たなレベルへと進化させます。これにより、企業の最も厳しいパフォーマンス、セキュリティおよび可用性の要件を満たす、アプリケーションを考慮したネットワークファブリックが作成されます。

ルーターは、画期的な経済性とシンプルさで、従来のソリューションに内在する非効率性とコストの制約を克服します。ソフトウェアとして、カスタマ構内設備(CPE)、データセンターのネットワークサーバーおよびクラウドに展開することができます。ブランチサイト向けのアプライアンス版では、4G/LTE や 5G など複数の WAN リンクオプションが用意されています。Session Smart のルーターは、AI ドブリンのジュニパーの Mist Cloud または ジュニパーの Session Smart Condudor プラットフォームで一元的に管理できます。

主な特長


  • アプリケーション認識型ルーティング
  • フェールセーフなサービスの提供
  • オーケストレーション、自動化
  • ゼロトラストのセキュリティ
  • ジュニパーの Mist Cloud または セッションスマート Condudor を使用した一元化管理

特長とメリット

ユーザーエクスペリエンスの最適化

デバイスを接続するだけでなく、優れたエクスペリエンスでユーザーをつなぐために特別に設計されたネットワークルーティングファブリックを備えた業界で唯一の製品。

画期的な経済性

トンネルレスアーキテクチャにより、ヘッドエンドインフラストラクチャのコストを最大75%削減し、帯域幅のコストを30〜50%削減できます。

可視化とインサイト

パケットベースのルーターソリューションに比べ、より豊富で詳細なサービスとセッションを提供します。

ゼロトラストセキュリティ

セッション対応のファブリックは、セキュアベクタールーティングとゼロトラストのアクセス制御、指向性、セグメンテーションポリシーを統合します。

スケールおよび速度

ルーティングファブリックは、多数のサイトを迅速に拡張するだけでなく、グローバルポリシーのオーケストレーションを一元化してサービスの導入を加速します。

俊敏性

セッションスマートのファブリックは、セッション、テナント、動的ワークロードのコンテキストをエンドツーエンドで維持することで、アンダーレイの状況に対するネットワークの応答性を高めています。

アプリケーションベースの制御

セッションポリシーとネットワークステータスに基づいて、ロードバランシングとトラフィックステアリングをサポートします。

クラウド管理の一元化

Mist AI Cloudから操作する簡単なクレームコードゼロタッチプロビジョニング(ZTP)により、導入が簡素化されます。

リソースセンター

詳細はこちら

リサーチトピック

導入事例

グローバルな製造会社が、ジュニパーのセッションスマートルーティングを使用して、エンタープライズネットワークを中国本土まで拡張

Össurは、変形性関節症や負傷のためのソリューションや人工装具を提供するグローバルリーダーです。同社は、4つの大陸、25か国以上で事業を展開しています。上海オフィスでは、アジア太平洋地域向けに顧客サービス、臨床サポート、マーケティングアシスタンスを提供しています。Össurは、ジュニパーのセッションスマートSD-WANソリューションを使用して、中国サイバーセキュリティ法(CSL)を遵守しながら、上海オフィスのネットワークを自社ネットワークに安全かつ確実に接続しています。

Össurニーブレースで変形性関節症のケアを受けた患者

関連ソリューション

AIドリブンSD-WAN

AIドリブンのインサイト、自動化、アクション、およびネイティブセキュリティで、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを強化します。

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャによって、ネットワークとセキュリティを1つにまとめることで、クラウドへ移行する際、アプリケーションに直接安全にアクセスすることができます。

マネージドSD-WAN

ジュニパーのSD-WANは、事業者には最良の運用エクスペリエンスを提供し、企業のお客様には最良のネットワークとアプリケーションエクスペリエンスを提供するために設計されており、独特のセキュアなクライアントからクラウドへのネットワークアプローチを築くためには不可欠な存在となります。AIJuniper Mistクラウドアーキテクチャを活用して、事前対応型のインサイトと自動化を提供することで、ネットワークの運用とサポートで生じる複雑さを解消します。

SD-WANにおけるAIの導入事例

AIを活用したSD-WANが、現代のITインフラにとって論理的かつ必要な次なるステップである理由をご紹介します。

グッドプットが重要な理由

グッドプットとは、ネットワーク上を通過する有用なデータの割合を示す指標です。SD-WANにとって、グッドプットが重要な理由についてご覧ください。
ネットワークの可能性を広げましょう
業界をリードするAIとMLが、どのような機能を提供するかをご覧ください。

ジョン・フォレスト、アンドリュー・ラーナー、エバン・ゼン、ナレッシュ・シンによるGartnerの「Magic Quadrant for WAN Edge Infrastructure」[公開日2021年9月20日]。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc.ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。All rights reserved

Gartnerは、同社の調査資料に記載されているベンダー、製品、サービスを支持することはありません。また、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

Gartner Peer Insightsは、自身の経験に基づいたエンドユーザーそれぞれの個人的意見を継続的に確認しています。Gartnerまたはその関連会社の見解を示すものではありません。