SecIntel

脅威の状況が進化し、セキュリティリスクが加速する中で、脅威を特定してブロックするために、ネットワークエッジにある単一のデバイスに頼ることはもはやできません。その代わりに、セキュリティアナリストが未知の脅威の探索に集中できるようにし、組織のリスクをさらに低減するために、脅威認識ネットワークが必要です。

SecIntel は、ジュニパーや複数の他のソースから継続的に収集する集約型セキュリティデータと検証済みセキュリティデータのフィードを使用して、脅威認識ネットワークを実現します。SRXシリーズファイアウォールMXシリーズルーター、ジュニパーワイヤレスアクセスポイント、およびEXシリーズQFXシリーズスイッチに対し、定期的に更新された実用的なインテリジェンスを提供します。

主な特長


  • 悪意のある IP、URL、およびドメインに関するキュレーションされた脅威フィードを使用
  • 感染ホストおよびネットワーク上のすべての既知の感染ホストをカスタム化した脅威フィードを使用
  • カスタム化された脅威フィードを介して、業界固有の脅威緩和および防止のための情報などのサードパーティのソースからのデータを許可

特長とメリット

脅威インテリジェンス

Juniper Threat Labsが精査および検証した継続的に更新される実用的なセキュリティインテリジェンスを提供し、カスタム化されたサードパーティソースを通じて業界固有の脅威の緩和と防止をサポートします。

検知と適用

ファイアウォール、WANエッジ、有線/無線ネットワークにおいて、既知の脅威を特定、受動監視、ブロックします。

脅威ログ機能

脅威のログデータを、ジュニパー・セキュア・アナリティクスやサードパーティのSIEMおよびログ管理ソリューションに提供します。

Magic Quadrant Challenger

Gartnerは、2022年Gartner® Magic Quadrant™の「ネットワークファイアウォール」部門で、ジュニパーをチャレンジャーに選出しました。

レポートを読む(英語)

お客様の導入事例

Beelineがネットワークを向上させ、ギグエコノミーで適切な人材を検索、管理する企業をサポート

請負業者およびフリーランサーは、今後10年以内に米国の労働力の半分を占める可能性があります。この事実がBeelineの成長を後押ししています。Beelineは企業による社外労働力の発掘、管理をサポートします。Beelineは、AIを活用したSaaSソリューションを実行し、事業運営を円滑に維持するためにジュニパーのネットワークとセキュリティに期待を寄せています。

Beelineの画像

ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見

最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。

ライブイベントとオンデマンドのデモ

変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

関連ソリューション

脅威の検知と緩和

ジュニパーセキュリティアプリケーションは、高度な脅威を効果的に阻止するのに必要な、実用的な脅威インテリジェンスを提供し、エンドユーザーにシームレスで安全なエクスペリエンスを提供します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

サービスプロバイダのセキュリティ

Juniper Connected Security は、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。

AIドリブンSD-WAN

AIドリブンのインサイト、自動化、アクション、およびネイティブセキュリティで、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを強化します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリッククラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

ゼロトラストのデータセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

ネットワークファイアウォール向けGartner Magic Quadrant、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、トーマス・リントマス、2022年12月19日。

ネファイアウォール向けのガートナーの重要な機能、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、2022年 1 月 17 日

GartnerおよびMagic Quadrant は、Gartner, Inc. ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。全著作権所有

Gartner®、Magic QuadrantおよびPeer Insights™ はGartner, Inc.および/あるいはその関連会社の商標です。全著作権所有Gartner Peer Insightsのコンテンツを構成するエンドユーザーの意見は、個人の体験に基づくものであり、事実の記述として解釈されるべきものではなく、またGartnerやその関連会社の見解を示すものでもありません。Gartnerは、本コンテンツに掲載されているいかなるベンダー、製品またはサービスも支持するものではなく、本コンテンツに関して、明示的か黙示的かを問わず、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、その正確性や完全性についていかなる保証も行うものではありません。

Gartner は調査に関する発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを支持するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を持つベンダーのみを選択するようテクノロジ ユーザーに推奨するものではありません。Gartnerの調査に関する発行物はGartnerの調査機関の意見を表したものであり、事実について記したものではありません。Gartner は、明示または黙示を問わず、特定目的での商品性または適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません。