エネルギーと公共事業

重要なインフラ市場は、分散エッジにインテリジェンスを推進し、豊富なデータ源によって、インサイトを生成して、運用を改善し、システムの可用性を高め、コストを削減し、サイバーセキュリティ態勢を向上することができます。専用インダストリアルおよびインダストリアルIoT(IIoT)システムを共通のネットワークプラットフォームに統合する場合、エッジアプリケーションの監視及び処理を新たに導入する場合、あるいはITおよびOTネットワーク運用を統合する場合など、ジュニパーネットワークスはデジタル変革に役立ちます。

Female Industrial Engineer in the Hard Hat Uses Laptop Computer while Standing in the Heavy Industry Manufacturing Factory. In the Background Various Metalwork Project Parts Lying

ジュニパーがサポートします

石油ガス事業者

アップストリーム、ミッドストリーム、およびダウンストリーム運用に関するデータ駆動型のインサイトにより、機器の障害の削減、作業者の安全性の向上、パフォーマンスの向上など、事業部門の優れた成果を提供できます。運用エッジに分散型アプリケーションを導入するには、拡張性に優れた高性能ネットワークが必要で、これは、マルチクラウド環境へコネクテッドセキュリティやセグメンテーションを提供します。今後10年間、ジュニパーのアーキテクチャによって、自動化が進み、サイバーセキュリティが向上し、法令遵守が保証され、TCOが削減され、クライアントからクラウドまで、ユーザーエクスペリエンスが向上することになります。

風力および太陽光

ジュニパーネットワークスは、コーポレートガバナンス、技術投資ポートフォリオ、ソリューション設定により、再生可能エネルギー資源への世界的な移行に取り組んでいます。ジュニパーのネットワークおよびセキュリティソリューションは、公共事業のデマンドレスポンスや配電自動化から、風力タービンの音響センサーのデータ整理まで、エッジアプリケーションをサポートしています。ジュニパーは、セキュリティ、自動化、機械学習(ML)、人工知能AIを分散エッジの再生可能なエネルギー源に拡張することで、エネルギー移行の実現および促進を支援しています。

公共事業

電気、ガス、水道の公共事業者は、運用技術ネットワーク(OT)に依存して、ビジネスに不可欠なインダストリアル制御システム( ICS)をサポートしています。歴史的に、OT / ICSシステムは、ITネットワークから独立して開発、実装、管理されてきました。しかし、予算の圧迫が増し、グリッドエッジの近代化のビジネスケースが増えるにつれ、そのコスト削減と運用の合理化のメリットは、通信インフラを統合し、最新化するという選択肢の再評価を、公共事業者がせざるを得ない状況に追い込んでいます。ジュニパーの耐障害性のあるハードウェアの包括的なポートフォリオ、死角のないセキュリティ、公共事業の専門的な自動化により、安全性と信頼性が損われることはありません。

お客様の導入事例

任意のデバイスから大型風力タービンへの安全なアクセスを実現

One Energyは、風力タービンをサイバー脅威から保護すると同時に、スタッフやクライアントが場所を問わずにあらゆる機器からタービンに安全にアクセスできるようにしたいと考えていました。

オハイオ州を拠点としており、大型風力タービンを設置し、世界中で最大規模の著名な風力発電プロジェクトを管理しています。リスクを最小限に抑え、顧客が完全に監査できるプロジェクトを提供することを誇りにしています。

One Energyの画像