Juniper Advanced Threat Prevention

ジュニパーのAdvanced Threat Prevention(ATP)は、ネットワークの脅威インテリジェンス・ハブであり、AIの力を利用して攻撃を検知し、エンフォースメントを最適化する高度な脅威サービスが数多く組み込まれています。ジュニパーATPは、ファイル、IPトラフィック、およびDNSリクエストの中から、コモディティやゼロデイのサイバー脅威を見つけ出し、ブロックします。このサービスは、暗号化および復号化されたネットワークトラフィックやIoTを含む接続デバイスからリスクを評価し、そのインテリジェンスをネットワーク全体に配信することで、侵害が発生する前に攻撃を阻止し、攻撃対象を大幅に減少させることができます。

主な特長


  • 既知および未知の脅威を自動的に検出し、軽減することができます。
  • 暗号化されたトラフィックインサイト:暗号化されたトラフィックに潜む脅威を、復号化することなく検知および阻止することができます。
  • 適応型脅威プロファイリング:リスクの高いユーザーやデバイスを含む、ネットワーク上の標的型攻撃を検知し、自動的に防御策を講じることができます。
  • SecIntel: ジュニパー・スレット・ラボが、検証した脅威のフィードを選別し、ルーター、スイッチ、アクセスポイント、およびファイアウォールなどのネットワーク全体に配信して、組織的なアクションを実行します。

特長とメリット

SecIntel

検証済みの脅威インテリジェンス・フィードを使用して、検証済みの脅威、侵害されたデバイス、および悪意のある接続をリアルタイムで検出ならびにブロックします。

脅威の緩和

SRXシリーズのファイアウォール、MXシリーズルーター、EXシリーズやQFXシリーズのスイッチを使って、ネットワーク上の悪質なアウトブレイクをブロックしたり、セグメント化したりすることができます。既存のネットワークアクセスコントロール(NAC)ソリューションやサードパーティ製のファイアウォール、スイッチ、および無線技術との統合が可能です。

暗号化されたトラフィックのインサイト

暗号化されたトラフィックを解析し、暗号化を解除せずに脅威を検知することで、プライバシとセキュリティの両立を実現します。

適応型脅威プロファイリング

既存のインフラストラクチャを活用して、ネットワークで発生しているリアルタイムイベントに基づくセキュリティインテリジェンスフィードを構築します。新しい脅威が検出されるたびに、対応できる柔軟性があります。

AI ドリブンのリスクプロファイリング

エンドポイントの情報や行動に基づいて、ユーザーやIoTデバイスが、ミストAI管理下にある有線および無線ソリューションに接続するリスクを評価します。地理的な位置情報とワンタッチでの緩和策により、潜在的な危険性をピンポイントで緩和します。

分析

セキュリティ運用担当スタッフは、セキュリティイベントをリアルタイムに表示するウィンドウを使って、脅威の活動を迅速に関連付けて、問題を修復できます。

マルウェアのサンドボックス化

Windows、Mac、およびIoTデバイスを対象としたWeb、電子メール、データセンター、ならびにアプリケーションのトラフィック内のゼロデイマルウェアやコモディティマルウェアを検知し、阻止します。

柔軟な導入

SRXシリーズファイアウォール上のクラウド対応サービスまたはローカルに導入したハードウェア装置として稼働します。MXシリーズのルーターは、ラインレートで悪意のあるトラフィックを識別してブロックするために、SecIntelの脅威インテリジェンスフィードをサポートしています。

Magic Quadrant Challenger

ジュニパーは、Gartnerの2020 Magic Quadrant for Network FirewallsでChallengerに選出されました。

レポートを読む

リソースセンター

資料一覧

Day Oneガイド

お客様の導入事例

America’s Test Kitchen、データ センター ネットワークを劇的に簡素化

家庭料理への関心が高まるのに伴い、America’s Test Kitchenでは、人気のテレビ番組、雑誌、Webサイト、書籍、オンライン料理教室などを手がけるメディア事業が急成長しています。成長と拡大に幅広く対応するため、最新のITインフラストラクチャを構築しました。

関連製品

クラウドにも対応したジュニパーの Advanced Threat Prevention (ATP) を表す青緑色の盾、クラウド、および稲妻のグラフィックです。
Advanced Threat Prevention

クラウドサービスまたはオンプレミスのアプライアンスとして利用できる、ネットワーク向け脅威インテリジェンスハブです。既知および未知の脅威からの保護、デバイスやIoTのリスクの評価や検証、ならびに暗号化されたトラフィックの分析などを行うことができます。

技術的な特長
  • 既知および未知の脅威を自動的に検出し、軽減することができます。
  • 暗号化されたトラフィックインサイト:暗号化されたトラフィックに潜む脅威を、復号化することなく検知および阻止することができます。
  • 適応型脅威プロファイリング:リスクの高いユーザーやデバイスを含む、ネットワーク上の標的型攻撃を検知し、自動的に防御策を講じることができます。
  • SecIntel: ジュニパー・スレット・ラボが、検証した脅威のフィードを選別し、ルーター、スイッチ、アクセスポイント、およびファイアウォールなどのネットワーク全体に配信して、組織的なアクションを実行します。
表示中
SecIntel UIマップ
SecIntel

Juniper Threat Labsが検証した脅威インテリジェンスフィードは、リアルタイムで継続的な更新され、ラインレート速度で攻撃トラフィックを特定およびブロックします。

技術的な特長
  • 悪意のある IP、URL、およびドメインに関するキュレーションされた脅威フィードを使用
  • 感染ホストおよびネットワーク上のすべての既知の感染ホストをカスタム化した脅威フィードを使用
  • カスタム化された脅威フィードを介して、業界固有の脅威緩和および防止のための情報などのサードパーティのソースからのデータを許可
オフィスのラップトップでジュニパーの次世代ファイアウォール サービスを利用している 2 人のソフトウェア エンジニア。
次世代ファイアウォールサービス

アイデンティティベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続、および検証済みの脅威の防御で攻撃のリスクを低減し、ユーザ、アプリケーション、ならびにデバイスを保護します。

技術的な特長
  • リスクの高いアプリケーションの識別と対策の立案
  • ネットワークレベルの悪意ある攻撃からの保護
  • 既知のマルウェアのブロック
  • 堅牢なURLフィルタリングカテゴリによるWebブラウジングの制御、および悪意のあるWebサイトのブロック
  • ユーザーベースのセキュリティポリシーとセグメンテーションによる不正使用の防止
  • Secure Edge Firewall-as-a-Service または Secure Connect VPN を使用してリモート ユーザーにセキュリティ ポリシーを拡張します
ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見
最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションでジュニパーAdvanced Threat Preventionを検索
コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

脅威の検知と緩和

ジュニパー セキュリティ アプリケーションは、高度な脅威を効果的に阻止するのに必要な、実用的な脅威インテリジェンスを提供し、エンドユーザーにシームレスで安全なエクスペリエンスを提供します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

AIドリブンSD-WAN

AIドリブンのインサイト、自動化、アクション、およびネイティブセキュリティで、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを強化します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリック クラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

ゼロトラストのデータセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

Gartner Magic Quadrant for Network Firewalls、ラジプリート・カウル、ジェレミー・ディホーン、ナット・スミス、アダム・ヒルズ、2021年11月2日。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc.ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。All rights reserved

Gartnerは、同社の調査資料に記載されているベンダー、製品、サービスを支持することはありません。また、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。