パブリッククラウドのセキュリティ

パブリッククラウドへの移行は急速に進んでいます。ジュニパーは、クラウドを一貫して次のあらゆるレベルで保護することにより、クラウド セキュリティを簡単にします:アプリケーション間、ワークロード内、環境全体。

ジュニパーでは、どのクラウドを利用していてもアプリケーションが常に保護されるよう、検証済みの脅威防御、きめ細かなアクセス制御、アプリケーションに応じたポリシーを提供しています。シンプルな導入、一貫したセキュリティ、統一された管理により、パブリッククラウドの導入を加速します。当社は、貴社のクラウド状況に応じてサポートできます。

Developing programmer Team Development Website design and coding technologies working in software company office

Magic Quadrant Challenger

Gartnerは、2022年Gartner® Magic Quadrant™の「ネットワークファイアウォール」部門で、ジュニパーをチャレンジャーに選出しました。

レポートを読む(英語)

ジュニパーがサポートします

ジュニパーでは、貴社のワークロードの一部または全部を安全にパブリッククラウドに移行できます。ジュニパーは、次世代ファイアウォール製品とサービス、効果的な脅威インテリジェンスと防衛、およびアプリケーションがオンプレミスまたはクラウドのどちらにあるのにかかわらず、有効性を維持するアプリケーションを追うセキュリティポリシーなどの、あらゆるサイバー防御機能を提供します。

ポリシーの一貫性

ポリシーを作成し、任意のアプリケーションや環境に適用し、複数の場合は同時に適用します。

Cloud Workload Protection

オンプレミスからクラウドにいたるまで、ジュニパーはコード内のアプリケーションを、OWASPトップ10やランタイム攻撃などの不正行為から保護します。

自動化と高度な脅威防御

どのようなクラウド環境でも、高度な保護を簡単に活用します。

お客様の導入事例

統合型サイバーセキュリティで金融資産を保護しているBanca di San Marino

最新のサイバー攻撃を防ぐには、境界セキュリティだけでは不十分です。2 億ユーロ超の顧客資産を管理する Banca di San Marino は、最新のバンキングおよびデータ プライバシの規制に準拠するため、統合された適応型サイバーセキュリティを採用しました。

リソースセンター

実践リソース

サポート

リソースガイド

クラウドへの接続性を保護する

ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見

最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。

ライブイベントとオンデマンドのデモ

変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

ネットワークファイアウォール向けGartner Magic Quadrant、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、トーマス・リントマス、2022年12月19日。

ネファイアウォール向けのガートナーの重要な機能、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、2022年 1 月 17 日

GartnerおよびMagic Quadrant は、Gartner, Inc. ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。全著作権所有

Gartner®、Magic QuadrantおよびPeer Insights™ はGartner, Inc.および/あるいはその関連会社の商標です。全著作権所有Gartner Peer Insightsのコンテンツを構成するエンドユーザーの意見は、個人の体験に基づくものであり、事実の記述として解釈されるべきものではなく、またGartnerやその関連会社の見解を示すものでもありません。Gartnerは、本コンテンツに掲載されているいかなるベンダー、製品またはサービスも支持するものではなく、本コンテンツに関して、明示的か黙示的かを問わず、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、その正確性や完全性についていかなる保証も行うものではありません。

Gartner は調査に関する発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを支持するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を持つベンダーのみを選択するようテクノロジ ユーザーに推奨するものではありません。Gartnerの調査に関する発行物はGartnerの調査機関の意見を表したものであり、事実について記したものではありません。Gartner は、明示または黙示を問わず、特定目的での商品性または適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません。