vSRX仮想ファイアウォール

ジュニパーvSRX仮想ファイアウォールは、コアおよび次世代ファイアウォール機能、ネットワーキング、自動ライフサイクル管理など、物理的なSRXシリーズファイアウォールと同じ機能をすべて仮想化された筐体で提供します。ネットワークのニーズに合わせて拡張可能なセキュリティサービスを提供し、最大100 Gbpsの速度で動作します。

vSRXは、Juniper Contrail のSoftware Defined Networking(SDN)とサードパーティー のSDNソリューションをサポートします。また、OpenStackなどのクラウドオーケストレーションツールとも統合します。Policy Enforcerを搭載したJunos Space Security Director がポリシー適用を自動化し、共通のインターフェイスを介して、物理・仮想アセットの可視化と管理を一元化します。

主な特長


CPU

2

メモリ

4 GB

ディスク容量

16 GB

特長とメリット

Advanced Threat Prevention

Juniper Advanced Threat Preventionは、マルウェア・サンドボックス、脅威インテリジェンス・フィード、およびSSLで暗号化されたトラフィックに潜むマルウェアを検出するEncrypted Traffic Insightsなど、動的な脅威対策を提供します。

次世代ファイアウォール

侵入防止システム(IPS)、アプリケーションセキュリティ(AppSecure)、ユーザーIDおよびロールベースのアクセスコントロール、およびコンテンツセキュリティ(ネットワークアンチウイルス、アンチスパム、ならびに強化されたWebフィルタリング)などのソフトウェア対応の次世代ファイアウォール(NGFW)機能により、脅威を検知し、軽減することができます。

Juniper Secure Connect

企業およびクラウドリソースへの動的で適応型のSSL-VPNアクセスを、リモートで作業する従業員に提供します。

パブリッククラウドワークロードの保護

AWSMicrosoft Azure、およびGoogle Cloud Platform Marketplaceなどのパブリッククラウド上のワークロードを妥協なく保護します。

ネットワークの俊敏性

ContrailおよびサードパーティーSDNソリューションとの統合により、SDNやネットワーク機能の仮想化(NFV)をサポートします。 

高速で拡張可能

パブリック・クラウドおよびプライベート・クラウドを問わず、最大100Gbpsのスケールで超高性能な保護を実現します。 

自動化

REST API、NETCONF、Ansible、Vagrantなどのツールを使用して、Junos OSで管理やオーケストレーションをパワフルで汎用性の高いAPIを介して自動化できます。

柔軟なライセンス

パブリッククラウド向けの従量課金制(Pay-As-You-Go)や個人所有ライセンス(Bring-Your-Own-License)など、ビジネスのさまざまな要件に対応するシンプルで柔軟性と拡張性に優れたライセンスモデルを提供しています。

ログ機能とレポート

Juniper Log Directorアプリケーションと統合することで、ログ機能で詳細なレポートを入手できます。 

プラットフォームの柔軟性

VMware ESXi、NSX、および KVM(Centos、Ubuntu)のプラットフォーム、および vRealize Orchestrator と OpenStack を使用するオーケストレーションもサポートします。

CyberRatings Enterprise Firewallのテスト

ジュニパーはCyberRatingsのエンタープライズファイアウォールテストで、セキュリティ有効性の最高評価を受けました。

レポートを読む(英語)

リソースセンター

お客様の導入事例

統合型サイバーセキュリティで金融資産を保護しているBanca di San Marino

最新のサイバー攻撃を防ぐには、境界セキュリティだけでは不十分です。2 億ユーロ超の顧客資産を管理する Banca di San Marino は、最新のバンキングおよびデータ プライバシの規制に準拠するため、統合された適応型サイバーセキュリティを採用しました。

ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見

最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。

ライブイベントとオンデマンドのデモ

変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

これらのソリューションでvSRXを検索

コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

AIドリブンSD-WAN

AIドリブンのインサイト、自動化、アクション、およびネイティブセキュリティで、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを強化します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリッククラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

ゼロトラストのデータセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

Gartner Magic Quadrant for Network Firewalls、ラジプリート・カウル、ジェレミー・ディホーン、ナット・スミス、アダム・ヒルズ、2021年11月2日。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc.ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。All rights reserved

Gartnerは、同社の調査資料に記載されているベンダー、製品、サービスを支持することはありません。また、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。