ジュニパーの技術と専門知識で、お客様の気候変動に対する目標を推進

ジュニパーは、実行可能な対策を講じており、戦略も機能しています。

ジュニパーネットワークスの実行可能な測定値、成果、表彰、評価、環境への取り組みが描かれたグラフィック

ジュニパーのアプローチ:徹底した環境への取り組み

太陽光、風車、清浄水、電気自動車、電気など、気候の持続可能性を示すさまざまな種類の画像が描かれたグラフィック

脱炭素化

明確な排出量削減戦略

  • 2040年までに正味ゼロエミッションを目標
  • サプライチェーン排出量の削減
          2025年までに-10%
           2030年までに-25%
  • クリーン電力購入契約の締結を推進

持続可能なテクノロジー

設計とエンジニアリングへの持続可能性の組み込み

  • エネルギー効率が高く、比率試験済みのシリコンの進歩
  • 電力、スペース、設計を最適化することで、ネットワークアーキテクチャのライフサイクルを延長
  • AIと自動化で、電力消費とリソースの管理を向上

循環性

製品ライフサイクルを延長させながら、廃棄物の削減と再利用を実施

  • 今後の製品に使用できる100%堆肥化可能な包装材*
  • 適用される規格と規制に適合した電子廃棄物の再利用
  • 認定中古プログラムを拡張
*70ポンド未満
報告書の画像が含まれた、環境持続可能性を描いたグラフィック

2023年度企業の社会的責任に関する報告書

ジュニパーの環境、社会、ガバナンス(ESG)活動に関する詳細な情報をご覧ください。

企業のデジタル持続可能性をテーマにした画像

ジュニパーネットワークス認定中古品プログラム

修復が完了した認定済みのジュニパー製品で、電子廃棄物に対処します。 

注目の的

詳しく見る

記事

持続可能なネットワーキングを優先

戦略マーケティング担当責任者のジェイ・タティルが、接続性の需要を満たしながら、より環境に優しい未来に貢献するためにジュニパーが講じている施策について概説しています。

イノベーションニュースネットワーク、2023年5月

今すぐ読む

ブログ

グリーン革命の導入 – 持続可能なパッケージングへの取り組み

ジュニパーでは持続可能性に向けてゆるぎない姿勢で前進を遂げており、製品パッケージングの全工程にこれらの慣行を組み込んでいます。詳しくご覧ください。

ブログを読む

ブログ

2023年度企業の社会的責任に関する報告書について

今年の年次報告書が、企業としてのジュニパーにどのように反映されているのかを確認します。ジュニパーの価値に沿って行動しているのか?ジュニパーのCSR戦略を実践しているのか?詳しくご覧ください。

ブログを読む

Day One Green Cover
ディープダイブ

デイワングリーン:ジュニパーネットワークス2023

ジュニパーの技術と専門知識を活用して、お客様の企業の気候変動目標を達成する方法について、世界トップクラスのエンジニアが解説しているホワイトペーパーを集めました。

リソースセンター


ジュニパーは、世界の環境法規制を遵守しています

ジュニパーのすべての拠点は現地および国際法を遵守し、以下の指令に準拠します。

  • EU指令2011/65/EU電気・電子機器に含まれる有害物質の使用制限(RoHS II)指令 – 禁止物質の使用を禁止し、規制物質については使用量を基準値内に制限しています。
  • EU指令2012/19/EU廃電気電子機器(WEEE) – 耐用年数に達した製品の回収および環境に悪影響を与えることなく廃棄が実施されるように、資金調達と管理を行っています。ジュニパーのリサイクルプログラムは27か国で利用可能です。
  • EC No. 1907/2006化学物質の登録、評価、認可、制限に関する規則 – EU加盟国内での製品の製造向けに輸入、製造または使用される化学物質の報告と承認。
  • EU廃棄物フレームワーク指令(WFD)2008/98/ECに基づく高懸念物質(SCIP) – EU市場で取り扱われる製品に高懸念物質が含まれる場合は、製品の安全使用情報を報告します。
  • 中国版RoHS - 有害物質の使用を基準値内に制限し、中国標準SJ/T11364に準拠した製品マニュアル内の簡体字中国語での危険物表を報告。 
  • 中国版RoHS50 - ジュニパー製品内の物質に基づく環境保護使用期間(EFUP)のラベル表示。 
  • グリーンドット – ドイツでの製品梱包材リサイクルに関する産業基金システムのヨーロッパネットワークをサポート。 

製品の認証やより詳しい情報をご希望される場合はお問い合わせください