リーダーの紹介

ジュニパーでは、人々のつながり方、働き方および暮らし方を変えるようなネットワーク・エクスペリエンスを提供することを目指しています。当社の経営陣と取締役会は、接続された世界に変化をもたらす方法でイノベーションを起こすことを約束します。

経営陣

経営陣

ラミ・ラヒム

最高経営責任者(CEO)

ラミ・ラヒムは、ジュニパーネットワークスの最高経営責任者兼取締役である。2014 年 11 月に CEO に就任。

1997 年初めにジュニパーに入社。社員番号は 32。ジュニパーのヒット製品第一号となった M40 コア ルーターの開発にエンジニアとして携わる。ラヒムは、ジュニパーでさまざまな技術職および役員を担当。その技術的洞察力を、ジュニパーの業界屈指の製品ポートフォリオの設計および開発に発揮。

直近では Juniper Development and Innovation(JDI)組織の執行副社長兼ジェネラル マネージャーを務め、当社の製品および技術ポートフォリオすべてを統括。担当職務には、ルーティング、スイッチング、セキュリティー、シリコン技術、Junos オペレーティング システムの戦略、開発、事業成長の促進が含まれる。

その他に次の上級役員職に就任した。ルーティングおよびスイッチングのプラットフォーム システム部門の執行副社長兼ジェネラル マネージャー、エッジおよびアグリゲーション事業部門(EABU)担当上席副社長、EABU 担当副社長兼ジェネラル マネージャー。

トロント大学で電気工学の理学士号を取得し、スタンフォード大学で電気工学の理学修士号を取得。スタンフォード大学経営大学院の 6 週間集中エグゼクティブ プログラムを修了。ネットワーク技術に関する20件の米国特許を取得。IEEE会員。

経営陣

ラミ・ラヒム

最高経営責任者(CEO)

ラミ・ラヒムは、ジュニパーネットワークスの最高経営責任者兼取締役である。2014 年 11 月に CEO に就任。

1997 年初めにジュニパーに入社。社員番号は 32。ジュニパーのヒット製品第一号となった M40 コア ルーターの開発にエンジニアとして携わる。ラヒムは、ジュニパーでさまざまな技術職および役員を担当。その技術的洞察力を、ジュニパーの業界屈指の製品ポートフォリオの設計および開発に発揮。

直近では Juniper Development and Innovation(JDI)組織の執行副社長兼ジェネラル マネージャーを務め、当社の製品および技術ポートフォリオすべてを統括。担当職務には、ルーティング、スイッチング、セキュリティー、シリコン技術、Junos オペレーティング システムの戦略、開発、事業成長の促進が含まれる。

その他に次の上級役員職に就任した。ルーティングおよびスイッチングのプラットフォーム システム部門の執行副社長兼ジェネラル マネージャー、エッジおよびアグリゲーション事業部門(EABU)担当上席副社長、EABU 担当副社長兼ジェネラル マネージャー。

トロント大学で電気工学の理学士号を取得し、スタンフォード大学で電気工学の理学修士号を取得。スタンフォード大学経営大学院の 6 週間集中エグゼクティブ プログラムを修了。ネットワーク技術に関する20件の米国特許を取得。IEEE会員。

経営陣

プラディープ・シンドゥ

設立者兼主任研究員

プラディープ・シンドゥは、1996 年 2 月にジュニパーネットワークスを設立し、同社の発展でいくつかの中心的な役割を果たしている。現在は主任研究員を務めており、過去には 20 年以上にわたって最高技術責任者(CTO)を、また会社創設時には 8 か月間、会長および最高経営責任者(CEO)を務めた。その当時、M40 ルーターのアーキテクチャ、設計、および開発において中心的な役割を担った。

ジュニパーネットワークスを創業する前は、Xerox パロアルト研究所(PARC)のコンピューター サイエンス ラボに主席サイエンティストおよびディスティングイッシュド エンジニアとして勤務し、共有メモリ マルチプロセッサーの VLSI および高速相互接続用の設計ツールの開発に取り組んだ。これらのマシンのアーキテクチャ、設計、開発に対する彼の多大な貢献によって、SS1000 や SS2000 を含む Sun Microsystems 社初のハイパフォーマンス マルチプロセッサー システム ファミリーの商用開発が実現した。

インド工科大学カーンプル校で電気工学の学士号を取得し、ハワイ大学で電気工学の修士号を取得。また、カーネギー メロン大学のコンピューター サイエンスの修士号および博士号も取得している。

経営陣

プラディープ・シンドゥ

設立者兼主任研究員

プラディープ・シンドゥは、1996 年 2 月にジュニパーネットワークスを設立し、同社の発展でいくつかの中心的な役割を果たしている。現在は主任研究員を務めており、過去には 20 年以上にわたって最高技術責任者(CTO)を、また会社創設時には 8 か月間、会長および最高経営責任者(CEO)を務めた。その当時、M40 ルーターのアーキテクチャ、設計、および開発において中心的な役割を担った。

ジュニパーネットワークスを創業する前は、Xerox パロアルト研究所(PARC)のコンピューター サイエンス ラボに主席サイエンティストおよびディスティングイッシュド エンジニアとして勤務し、共有メモリ マルチプロセッサーの VLSI および高速相互接続用の設計ツールの開発に取り組んだ。これらのマシンのアーキテクチャ、設計、開発に対する彼の多大な貢献によって、SS1000 や SS2000 を含む Sun Microsystems 社初のハイパフォーマンス マルチプロセッサー システム ファミリーの商用開発が実現した。

インド工科大学カーンプル校で電気工学の学士号を取得し、ハワイ大学で電気工学の修士号を取得。また、カーネギー メロン大学のコンピューター サイエンスの修士号および博士号も取得している。

経営陣

エヴァ・アンドレス

上席副社長、最高人事責任者

エヴァ・アンドレスは、グローバル人事戦略を立案し、当社の最も重要な資産である従業員の多様性、協調性、成長を促進する責任を担っています。人事部、および次世代のエンジニアやイノベータにインスピレーションを与えるジュニパーネットワークス財団を統括しています。

20 年以上におよぶグローバル リーダーとしての経験を持つアンドレスは、新興企業から多国籍組織まで、さまざまな組織で人事関係の執行役員を務めてきました。変革と成長を通して組織の体制を整え、統率する能力に定評があります。ジュニパーネットワークスに入社する以前は、Virtustream(Dell EMC)、Documentum、Dupont の各社で上級役員を務めていました。

アンドレスは、スペインのバルセロナ大学で組織心理学の修士号を取得しています。

経営陣

エヴァ・アンドレス

上席副社長、最高人事責任者

エヴァ・アンドレスは、グローバル人事戦略を立案し、当社の最も重要な資産である従業員の多様性、協調性、成長を促進する責任を担っています。人事部、および次世代のエンジニアやイノベータにインスピレーションを与えるジュニパーネットワークス財団を統括しています。

20 年以上におよぶグローバル リーダーとしての経験を持つアンドレスは、新興企業から多国籍組織まで、さまざまな組織で人事関係の執行役員を務めてきました。変革と成長を通して組織の体制を整え、統率する能力に定評があります。ジュニパーネットワークスに入社する以前は、Virtustream(Dell EMC)、Documentum、Dupont の各社で上級役員を務めていました。

アンドレスは、スペインのバルセロナ大学で組織心理学の修士号を取得しています。

経営陣

アナンド・アスレヤ

執行副社長、最高開発責任者

アナンド "アンディ" アスレヤは、執行副社長兼最高開発責任者として、ジュニパーのエンジニアリング組織の責任者を務める。さらに、ジュニパーの研究開発およびテスト環境を変革するイニシアチブも統括。

2004 年にジュニパーネットワークスに入社して以来、インターネット グループおよびセキュリティー製品グループのリーダーとして各種の役職を歴任。前職は拠点/支社向けサービス事業部門のエンジニアリング担当副社長。J シリーズ、JUNOS セキュリティー ソフトウェア、拠点/支社向け SRX、MX、PTX、ACX システムをはじめとするヒット商品をジュニパーの顧客のために継続的に市場に送り出し、世界中の顧客の重要な局面が確実に成功するよう尽力している。

ジュニパーに入社する前は、Procket Networks でソフトウェア エンジニアリング担当ディレクターとして在籍。それ以前には、Malibu Networks のエンジニアリング担当副社長、Tiara Networks の製品管理および戦略担当副社長補佐、Novell の役員を歴任している。

バンガロール大学で電気工学の学士号、オスマニア大学でコンピューター サイエンスおよび工学の修士号、ナショナル大学で MBA を取得。さらに、ハーバード ビジネス スクールのアドバンスト マネジメント プログラムの卒業生であり、複数のネットワーク関連特許を取得している。

経営陣

アナンド・アスレヤ

執行副社長、最高開発責任者

アナンド "アンディ" アスレヤは、執行副社長兼最高開発責任者として、ジュニパーのエンジニアリング組織の責任者を務める。さらに、ジュニパーの研究開発およびテスト環境を変革するイニシアチブも統括。

2004 年にジュニパーネットワークスに入社して以来、インターネット グループおよびセキュリティー製品グループのリーダーとして各種の役職を歴任。前職は拠点/支社向けサービス事業部門のエンジニアリング担当副社長。J シリーズ、JUNOS セキュリティー ソフトウェア、拠点/支社向け SRX、MX、PTX、ACX システムをはじめとするヒット商品をジュニパーの顧客のために継続的に市場に送り出し、世界中の顧客の重要な局面が確実に成功するよう尽力している。

ジュニパーに入社する前は、Procket Networks でソフトウェア エンジニアリング担当ディレクターとして在籍。それ以前には、Malibu Networks のエンジニアリング担当副社長、Tiara Networks の製品管理および戦略担当副社長補佐、Novell の役員を歴任している。

バンガロール大学で電気工学の学士号、オスマニア大学でコンピューター サイエンスおよび工学の修士号、ナショナル大学で MBA を取得。さらに、ハーバード ビジネス スクールのアドバンスト マネジメント プログラムの卒業生であり、複数のネットワーク関連特許を取得している。

経営陣

デビッド・チェリトン氏

主任データセンター研究員

デビッド・チェリトン博士は、主任データセンター研究員を務めています。ソフトウェア、分散システム、ネットワークの分野で40年以上の経験があり、スタンフォード大学では35年以上にわたりコンピューターサイエンスの教授として指導にあたっています。ネットワーク業界で複数の企業を創立し、Google、VMware、Aristaなど、数多くの大手企業の創業資金を提供し、複数の企業で主任研究員や技術アドバイザーを務めた経験を持ちます。ジュニパーに入社前は、後にジュニパーが買収したApstraの共同創立者兼CEOを務めていました。

経営陣

デビッド・チェリトン氏

主任データセンター研究員

デビッド・チェリトン博士は、主任データセンター研究員を務めています。ソフトウェア、分散システム、ネットワークの分野で40年以上の経験があり、スタンフォード大学では35年以上にわたりコンピューターサイエンスの教授として指導にあたっています。ネットワーク業界で複数の企業を創立し、Google、VMware、Aristaなど、数多くの大手企業の創業資金を提供し、複数の企業で主任研究員や技術アドバイザーを務めた経験を持ちます。ジュニパーに入社前は、後にジュニパーが買収したApstraの共同創立者兼CEOを務めていました。

経営陣

ケビン・ハッチンス

戦略およびコーポレート開発担当上席副社長

ジュニパーネットワークスの戦略およびビジネス開発担当上席副社長のケビン・ハッチンスは、ジュニパーネットワークスの戦略的企業ビジョンの定義、実行に関する責任者です。これには、戦略的パートナーシップ、およびベンチャーへの投資と買収/売却を通じた、当社の成長推進が含まれます。

ハッチンスは 2010 年、ジュニパーネットワークスの開発およびイノベーション チームのポートフォリオ管理およびビジネス業務担当副社長として、ジュニパーネットワークスに入社しました。ここでは、ジュニパーネットワークスのルーティング、スイッチング、セキュリティ製品ポートフォリオ全体における、業務計画やポートフォリオの合理化、新製品の導入、戦略的プログラムの実施を統率しました。

ジュニパーネットワークスに入社する前は、IBM およびロッキード・マーチンで、戦略・企業開発および経営管理業務における要職に従事しました。サンタクララ大学リーベイ ビジネス スクールの非常勤教授も務めるハッチンスは、MBA および金融修士課程で、合併、買収、リストラのコースを教えています。ハッチンスはレンセラー工科大学で理学士号(Tau Beta Pi)を、コロラド大学で博士号を取得。さらにノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院で MBA を取得しました。

経営陣

ケビン・ハッチンス

戦略およびコーポレート開発担当上席副社長

ジュニパーネットワークスの戦略およびビジネス開発担当上席副社長のケビン・ハッチンスは、ジュニパーネットワークスの戦略的企業ビジョンの定義、実行に関する責任者です。これには、戦略的パートナーシップ、およびベンチャーへの投資と買収/売却を通じた、当社の成長推進が含まれます。

ハッチンスは 2010 年、ジュニパーネットワークスの開発およびイノベーション チームのポートフォリオ管理およびビジネス業務担当副社長として、ジュニパーネットワークスに入社しました。ここでは、ジュニパーネットワークスのルーティング、スイッチング、セキュリティ製品ポートフォリオ全体における、業務計画やポートフォリオの合理化、新製品の導入、戦略的プログラムの実施を統率しました。

ジュニパーネットワークスに入社する前は、IBM およびロッキード・マーチンで、戦略・企業開発および経営管理業務における要職に従事しました。サンタクララ大学リーベイ ビジネス スクールの非常勤教授も務めるハッチンスは、MBA および金融修士課程で、合併、買収、リストラのコースを教えています。ハッチンスはレンセラー工科大学で理学士号(Tau Beta Pi)を、コロラド大学で博士号を取得。さらにノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院で MBA を取得しました。

経営陣

デレル・ジェームズ

EVP、グローバルサービス

デレル・ジェームズは、グローバルサービス担当執行副社長として、ジュニパーのソリューションを利用してお客様が真のビジネス成長を達成できるような、革新的な全社的経験戦略とカスタマーサクセスエンゲージメントモデルの開発を担っています。さらに、ジュニパーの 4 つのサービス事業部門の戦略、財務、運用について責任を負っています。4 つのサービスとは、保守サービス、高度なサービス(親身で高度なサポートを提供)、急速に拡大するプロフェッショナル サービス、教育サービス。

ジェームズは Fortune 50 のテクノロジ サービス企業において 34 年を超す経験がある。ジュニパーに入社する前は、最先端のクラウド コミュニケーション ソリューションを提供する RingCentral, Inc において、グローバル サービスおよびソリューション担当上席副社長を務めた。また、Optum360 の CEO としてビジネスを率い、ACS/Xerox Business Services、EMC2、Perot Systems において役員を務めた。インフラストラクチャ サービス、アプリケーション開発、運用、戦略的な計画立案、技術革新、合併買収、収益拡大などの幅広い経験を持つ。

経営陣

デレル・ジェームズ

EVP、グローバルサービス

デレル・ジェームズは、グローバルサービス担当執行副社長として、ジュニパーのソリューションを利用してお客様が真のビジネス成長を達成できるような、革新的な全社的経験戦略とカスタマーサクセスエンゲージメントモデルの開発を担っています。さらに、ジュニパーの 4 つのサービス事業部門の戦略、財務、運用について責任を負っています。4 つのサービスとは、保守サービス、高度なサービス(親身で高度なサポートを提供)、急速に拡大するプロフェッショナル サービス、教育サービス。

ジェームズは Fortune 50 のテクノロジ サービス企業において 34 年を超す経験がある。ジュニパーに入社する前は、最先端のクラウド コミュニケーション ソリューションを提供する RingCentral, Inc において、グローバル サービスおよびソリューション担当上席副社長を務めた。また、Optum360 の CEO としてビジネスを率い、ACS/Xerox Business Services、EMC2、Perot Systems において役員を務めた。インフラストラクチャ サービス、アプリケーション開発、運用、戦略的な計画立案、技術革新、合併買収、収益拡大などの幅広い経験を持つ。

経営陣

マーカス・ジュウェル

執行副社長、最高営業担当責任者

マーカス・ジュウェルは、ジュニパーネットワークスの執行副社長、最高営業担当責任者です。前職は、ジュニパーのヨーロッパ/中東/アフリカ(EMEA)ビジネスのジェネラル マネージャーとして、同地域におけるセールス業務(市場投入戦略やチャネル戦略など)の責任者を務めていました。

ジュニパー入社以前は、Brocade Communications で EMEA ビジネス責任者およびソフトウェア セールスのグローバル責任者を担当。テクノロジ業界において 20 年以上の経験を有し、ネットワーク企業のグローバル セールス部門で複数の上席責任者職を歴任しています。

経営陣

マーカス・ジュウェル

執行副社長、最高営業担当責任者

マーカス・ジュウェルは、ジュニパーネットワークスの執行副社長、最高営業担当責任者です。前職は、ジュニパーのヨーロッパ/中東/アフリカ(EMEA)ビジネスのジェネラル マネージャーとして、同地域におけるセールス業務(市場投入戦略やチャネル戦略など)の責任者を務めていました。

ジュニパー入社以前は、Brocade Communications で EMEA ビジネス責任者およびソフトウェア セールスのグローバル責任者を担当。テクノロジ業界において 20 年以上の経験を有し、ネットワーク企業のグローバル セールス部門で複数の上席責任者職を歴任しています。

経営陣

マノイ・リーラニバス

EVP、最高執行責任者

マノイ・リーラニバスは、執行副社長兼最高執行責任者として、Mistの企業統合によるAIドリブンエンタープライズ事業部門の変革など、製品戦略のあらゆる側面を統括し、ジュニパーネットワークスを指揮しています。また、マーケティング活動すべてに対する責任と、市場投入戦略および実施と製品との整合性について責任を負っています。

リーラニバスは、テクノロジ業界では有名なリーダーで、知的好奇心とプロとしてのリーダーシップを存分に発揮し、「すべてをつなぎ、ひとりひとりに力を」というジュニパーのビジョンの実現に取り組んでいます。

ジュニパーに入社する前は、Cyphortで社長兼CEOを務めていました。Cyphortは、スケールアウト型セキュリティ分析テクノロジにおけるイノベータで、2017年にジュニパーが企業統合しました。その前は、ジュニパーにおいてEVPやGMPといった重要な職務を担当していました。

ロボットによる業務自動化(RPA)の世界的リーダー、 Automation Anywhereの理事会メンバーです。

経営陣

マノイ・リーラニバス

EVP、最高執行責任者

マノイ・リーラニバスは、執行副社長兼最高執行責任者として、Mistの企業統合によるAIドリブンエンタープライズ事業部門の変革など、製品戦略のあらゆる側面を統括し、ジュニパーネットワークスを指揮しています。また、マーケティング活動すべてに対する責任と、市場投入戦略および実施と製品との整合性について責任を負っています。

リーラニバスは、テクノロジ業界では有名なリーダーで、知的好奇心とプロとしてのリーダーシップを存分に発揮し、「すべてをつなぎ、ひとりひとりに力を」というジュニパーのビジョンの実現に取り組んでいます。

ジュニパーに入社する前は、Cyphortで社長兼CEOを務めていました。Cyphortは、スケールアウト型セキュリティ分析テクノロジにおけるイノベータで、2017年にジュニパーが企業統合しました。その前は、ジュニパーにおいてEVPやGMPといった重要な職務を担当していました。

ロボットによる業務自動化(RPA)の世界的リーダー、 Automation Anywhereの理事会メンバーです。

経営陣

シャロン・マンデル

上席副社長、最高情報責任者

シャロン・マンデルは、上席副社長兼最高情報責任者として、ジュニパーのグローバル情報テクノロジーチームを率いています。ジュニパーのITインフラストラクチャおよびアプリケーションアーキテクチャの継続的な強化に取り組み、当社の成長目標の達成を支援しています。ジュニパーの技術の活用方法を世界に広めることもチームの職務の1つとして担っています。

2020年にジュニパーに入社する前は、TIBCO Softwareの最高情報責任者を務めていました。Harmonic、Black Arrow(現Cadent)、Knight Ridder、Tribune Companyのリーダーシップ戦略を策定した経験もあります。そのキャリアを通じ、サイバーセキュリティとコンプライアンス、エンタープライズアーキテクチャとロードマッピング、データと分析、デジタル変革と顧客サービスにおける、高いレベルの専門知識を身につけています。STEM分野における女性の支援に熱心に取り組んでおり、休日には、美術や教育関係のさまざまな委員会で活動しています。また、テンプル大学のコンピューターサイエンス諮問委員会のメンバーでもあります。

テンプル大学でコンピューターサイエンスの修士号を、シカゴ大学ブース スクール オブ ビジネスで MBA を取得しています。

経営陣

シャロン・マンデル

上席副社長、最高情報責任者

シャロン・マンデルは、上席副社長兼最高情報責任者として、ジュニパーのグローバル情報テクノロジーチームを率いています。ジュニパーのITインフラストラクチャおよびアプリケーションアーキテクチャの継続的な強化に取り組み、当社の成長目標の達成を支援しています。ジュニパーの技術の活用方法を世界に広めることもチームの職務の1つとして担っています。

2020年にジュニパーに入社する前は、TIBCO Softwareの最高情報責任者を務めていました。Harmonic、Black Arrow(現Cadent)、Knight Ridder、Tribune Companyのリーダーシップ戦略を策定した経験もあります。そのキャリアを通じ、サイバーセキュリティとコンプライアンス、エンタープライズアーキテクチャとロードマッピング、データと分析、デジタル変革と顧客サービスにおける、高いレベルの専門知識を身につけています。STEM分野における女性の支援に熱心に取り組んでおり、休日には、美術や教育関係のさまざまな委員会で活動しています。また、テンプル大学のコンピューターサイエンス諮問委員会のメンバーでもあります。

テンプル大学でコンピューターサイエンスの修士号を、シカゴ大学ブース スクール オブ ビジネスで MBA を取得しています。

経営陣

ケン・ミラー

執行副社長、最高財務責任者

ケン・ミラーはジュニパーネットワークスの執行副社長兼最高財務責任者を務めています。当社の財務部門と経理部門の他に、製造、不動産、IR、内部監査も率いています。

現在の職務の前には、財務担当上席副社長を務め、ジュニパーの財務計画の策定とパートナー提携や、税務、財務、グローバル ビジネス サービスの組織に関する責任を負っていました。彼のチームは当社の経営計画や資本利益戦略の作成と実施を担当していました。

ミラーは、1999 年にジュニパーに入社し、当時立ち上げ期にあった会計・財務部門を数十億ドル規模のビジネスを支える部門に成長させるうえで、中心的な役割を果たしました。キャリアの大部分をジュニパーで築き、会計部門シニア ディレクター、コーポレート フィナンシャル プランニング/アナリシス担当シニア ディレクター、事業部門ファイナンス担当副社長、新規市場開拓ファイナンス担当執行役員など、数々の要職を歴任しています。ジュニパーに入社する前は、Ernst & Young に在籍していました。

ミラーは、サンタクララ大学で会計学の学士号を取得し、カリフォルニア州の CPA(非活動)でもあります。

経営陣

ケン・ミラー

執行副社長、最高財務責任者

ケン・ミラーはジュニパーネットワークスの執行副社長兼最高財務責任者を務めています。当社の財務部門と経理部門の他に、製造、不動産、IR、内部監査も率いています。

現在の職務の前には、財務担当上席副社長を務め、ジュニパーの財務計画の策定とパートナー提携や、税務、財務、グローバル ビジネス サービスの組織に関する責任を負っていました。彼のチームは当社の経営計画や資本利益戦略の作成と実施を担当していました。

ミラーは、1999 年にジュニパーに入社し、当時立ち上げ期にあった会計・財務部門を数十億ドル規模のビジネスを支える部門に成長させるうえで、中心的な役割を果たしました。キャリアの大部分をジュニパーで築き、会計部門シニア ディレクター、コーポレート フィナンシャル プランニング/アナリシス担当シニア ディレクター、事業部門ファイナンス担当副社長、新規市場開拓ファイナンス担当執行役員など、数々の要職を歴任しています。ジュニパーに入社する前は、Ernst & Young に在籍していました。

ミラーは、サンタクララ大学で会計学の学士号を取得し、カリフォルニア州の CPA(非活動)でもあります。

経営陣

ロバート・モバサリー

SVP、法務顧問

ロバート・モバサリーは、2012年2月にジュニパーに入社し、2021年7月から上級副社長、法務顧問を務めています。2016年7月から2021年7月までは、副社長、デピュティ・法務顧問を務め、ジュニパーの企業証券、M&A、コーポレート・ガバナンス、株主管理、および保険に関する事項など、法的要件に重点を置いたチームの管理を担当しました。

2015年5月から2016年7月まで、モバサリーはアソシエイト法務顧問、専務理事を務め、それ以前はアシスタント・ジェネラル・カウンセル、取締役を務めていました。ジュニパーに入社する前、モバサリーは個人事務所に勤務していました。カリフォルニア大学バークレー校で学士号を、ペンシルバニア大学ロースクールでJ.D.を取得しています。

経営陣

ロバート・モバサリー

SVP、法務顧問

ロバート・モバサリーは、2012年2月にジュニパーに入社し、2021年7月から上級副社長、法務顧問を務めています。2016年7月から2021年7月までは、副社長、デピュティ・法務顧問を務め、ジュニパーの企業証券、M&A、コーポレート・ガバナンス、株主管理、および保険に関する事項など、法的要件に重点を置いたチームの管理を担当しました。

2015年5月から2016年7月まで、モバサリーはアソシエイト法務顧問、専務理事を務め、それ以前はアシスタント・ジェネラル・カウンセル、取締役を務めていました。ジュニパーに入社する前、モバサリーは個人事務所に勤務していました。カリフォルニア大学バークレー校で学士号を、ペンシルバニア大学ロースクールでJ.D.を取得しています。

経営陣

アテナ・マーフィー

副社長、最高業務執行責任者補佐兼トランスフォーメーション担当責任者

アテナ・マーフィーは、ジュニパーの成長を加速する大規模な企業経営変革を担っています。会社全体の戦略的調整、エンドツーエンドのビジネスの実行、潜在的なエンタープライズレベルのリスクのプロアクティブな特定と軽減に取り組むイニシアチブを推進しています。アテナは、シンプルさとインパクトのバランスをとった包括的なソリューションに焦点を当てた運用変革の専門家チームであるジュニパーのトランスフォーメーション オフィスを率いています。

テクノロジ業界で 25 年以上の経験があります。ジュニパーに入社する前は、Intel Corporation で製品管理および開発、企業戦略、ビジネス業務など数々の役職を歴任してきました。

マーフィーは、カリフォルニア大学バークレー校で材料科学工学の理学士号を取得しています。

経営陣

アテナ・マーフィー

副社長、最高業務執行責任者補佐兼トランスフォーメーション担当責任者

アテナ・マーフィーは、ジュニパーの成長を加速する大規模な企業経営変革を担っています。会社全体の戦略的調整、エンドツーエンドのビジネスの実行、潜在的なエンタープライズレベルのリスクのプロアクティブな特定と軽減に取り組むイニシアチブを推進しています。アテナは、シンプルさとインパクトのバランスをとった包括的なソリューションに焦点を当てた運用変革の専門家チームであるジュニパーのトランスフォーメーション オフィスを率いています。

テクノロジ業界で 25 年以上の経験があります。ジュニパーに入社する前は、Intel Corporation で製品管理および開発、企業戦略、ビジネス業務など数々の役職を歴任してきました。

マーフィーは、カリフォルニア大学バークレー校で材料科学工学の理学士号を取得しています。

経営陣

ラジ・ヤバタカーラ

執行副社長、最高技術責任者

ラジ・ヤバタカーラは、最高技術責任者として、ジュニパーの技術戦略の策定を担当しています。彼は、インテリジェント自動運転ネットワーク、セキュリティ、モバイルエッジクラウド、ネットワーク仮想化、パケットオプティカル統合、ハイブリッドクラウドに関するジュニパーの重要なイノベーションと製品への取り組みをリーダーとして遂行しています。

キャリアを通じてテクノロジーと製品のパイオニアであるヤバタカーラは、新しいテクノロジーを応用して、競合他社よりも先に企業やビジネスの問題を創造的に解決し、新しい製品シリーズを確立する方法のビジョンを描いてきました。

ジュニパーに入社する前は、Google(GCP)に在籍し、大規模なエンジニアチームを率いて、Google Cloudの顧客にクラウド ネットワーキング インフラストラクチャ ソリューションを提供していました。その前は、VMwareクラウドファンデーションを定義することで、プライベート/ハイブリッドクラウドマーケットに対応するための新しい製品コンセプトを考えました。これは、仮想クラウドを簡単に導入および管理できる方法であり、大規模な製品チームが製品を市場に提供するのに役立つものです。彼はIntelでキャリアをスタートさせ、Intel Fellowに昇格してその役職を10年間務めました。ラジは、さまざまなリーダーシップの役割の中で、ソフトウェアの多くの分野で新製品と研究開発イニシアチブの推進を担当していました。

ヤバタカーラは新興技術の豊富な経験をもたらしてくれます。45以上の特許取得、60を超える研究論文発表、5つのインターネット標準の作成、インターネットのサービス品質に関する本の共同執筆を行ってきました。また彼は、IEEE のフェロー会員であり、パデュー大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得しています。

経営陣

ラジ・ヤバタカーラ

執行副社長、最高技術責任者

ラジ・ヤバタカーラは、最高技術責任者として、ジュニパーの技術戦略の策定を担当しています。彼は、インテリジェント自動運転ネットワーク、セキュリティ、モバイルエッジクラウド、ネットワーク仮想化、パケットオプティカル統合、ハイブリッドクラウドに関するジュニパーの重要なイノベーションと製品への取り組みをリーダーとして遂行しています。

キャリアを通じてテクノロジーと製品のパイオニアであるヤバタカーラは、新しいテクノロジーを応用して、競合他社よりも先に企業やビジネスの問題を創造的に解決し、新しい製品シリーズを確立する方法のビジョンを描いてきました。

ジュニパーに入社する前は、Google(GCP)に在籍し、大規模なエンジニアチームを率いて、Google Cloudの顧客にクラウド ネットワーキング インフラストラクチャ ソリューションを提供していました。その前は、VMwareクラウドファンデーションを定義することで、プライベート/ハイブリッドクラウドマーケットに対応するための新しい製品コンセプトを考えました。これは、仮想クラウドを簡単に導入および管理できる方法であり、大規模な製品チームが製品を市場に提供するのに役立つものです。彼はIntelでキャリアをスタートさせ、Intel Fellowに昇格してその役職を10年間務めました。ラジは、さまざまなリーダーシップの役割の中で、ソフトウェアの多くの分野で新製品と研究開発イニシアチブの推進を担当していました。

ヤバタカーラは新興技術の豊富な経験をもたらしてくれます。45以上の特許取得、60を超える研究論文発表、5つのインターネット標準の作成、インターネットのサービス品質に関する本の共同執筆を行ってきました。また彼は、IEEE のフェロー会員であり、パデュー大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得しています。

経営陣

デバシス・バス

エンジニアリング担当上席副社長

デバシス・バスは、エンジニアリング担当上席副社長としてジュニパーのシリコンおよびシステム技術組織を統括。この役職において、ASIC 開発全般とともに、シグナル インテグリティ、メカニカル、サーマル、電源をはじめとするジュニパー システムのあらゆる技術ソリューションの提供を担当している。前職は ASIC 開発担当副社長。

ジュニパーに在籍して 16 年になるバスは、複数の上級管理職を務め、最先端のシリコンおよびシステム技術を提供するジュニパーの強力な実績を陰で支える原動力となっている。1998 年に、T640 チップセットの個人貢献者およびチップ リーダーとしてジュニパーに入社。以来、M シリーズ ルーター、T シリーズ コア ルーター、MX シリーズ 3D ユニバーサル エッジ ルーター、PTX シリーズ パケット トランスポート ルーターなど主な製品ファミリーに直接貢献してきた。

経歴および経験には、C-Cube Microsystems、Silicon Graphics、Tandem Computers、Advanced Micro Devices での主要なエンジニアリングに関する役職がある。これまでに 20 件を超えるジュニパーの特許を取得。

ジャダフプール大学で電子機器および電気通信エンジニアリングの工学学士号、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で電気工学の理学修士号を取得。さらに、スタンフォード大学経営大学院でスタンフォード エグゼクティブ プログラムを修了している。

経営陣

デバシス・バス

エンジニアリング担当上席副社長

デバシス・バスは、エンジニアリング担当上席副社長としてジュニパーのシリコンおよびシステム技術組織を統括。この役職において、ASIC 開発全般とともに、シグナル インテグリティ、メカニカル、サーマル、電源をはじめとするジュニパー システムのあらゆる技術ソリューションの提供を担当している。前職は ASIC 開発担当副社長。

ジュニパーに在籍して 16 年になるバスは、複数の上級管理職を務め、最先端のシリコンおよびシステム技術を提供するジュニパーの強力な実績を陰で支える原動力となっている。1998 年に、T640 チップセットの個人貢献者およびチップ リーダーとしてジュニパーに入社。以来、M シリーズ ルーター、T シリーズ コア ルーター、MX シリーズ 3D ユニバーサル エッジ ルーター、PTX シリーズ パケット トランスポート ルーターなど主な製品ファミリーに直接貢献してきた。

経歴および経験には、C-Cube Microsystems、Silicon Graphics、Tandem Computers、Advanced Micro Devices での主要なエンジニアリングに関する役職がある。これまでに 20 件を超えるジュニパーの特許を取得。

ジャダフプール大学で電子機器および電気通信エンジニアリングの工学学士号、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で電気工学の理学修士号を取得。さらに、スタンフォード大学経営大学院でスタンフォード エグゼクティブ プログラムを修了している。

経営陣

スジャイ・ハジェラ

AIドリブンエンタープライズ担当執行副社長

スジャイ・ハジェラは現在、ジュニパーネットワークスのAIドリブンエンタープライズ担当執行副社長として、主に次の10年を見据えたネットワークを主導しています。ジュニパーに入社する前は、Wi-Fi向けのAIドリブン運用のパイオニア企業であるMist Systemsの共同創立者として、社長兼CEOを務めていました。Mistの前は、データセンターネットワーク、キャンパスネットワーク(有線LANおよび無線LANを含む)、エンタープライズルーティングを担当する上級管理職を歴任しています。

それ以前は、CiscoのEnterprise Networking Groupの製品管理および戦略担当上席副社長として、Ciscoのエンタープライズルーティング、スイッチング、モビリティの各ポートフォリオのビジョン、ソリューション、製品戦略を担当していました。また、CiscoのWireless and Cloud Networking Groupの副社長兼ジェネラルマネージャーも務め、CiscoによるThinkSmartおよびMerakiの買収を指揮しました。

Cisco入社以前は、Motorolaの副社長兼ジェネラルマネージャーとして、無線ネットワークソリューションビジネスの責任者を務め、無線エンタープライズ実現に向けたMotorolaのビジョンを策定し、次世代の分散型WLANアーキテクチャ(WiNG)の開発を推進しました。また、NortelおよびHewlett-Packardでグローバルなポジションも歴任しています。

ハジェラは、インドのバンガロール大学でコンピューターサイエンスおよびテクノロジーの工学士号を取得し、カリフォルニア大学バークレー校のHaas School of Businessで経営管理学修士号を取得しています。

経営陣

スジャイ・ハジェラ

AIドリブンエンタープライズ担当執行副社長

スジャイ・ハジェラは現在、ジュニパーネットワークスのAIドリブンエンタープライズ担当執行副社長として、主に次の10年を見据えたネットワークを主導しています。ジュニパーに入社する前は、Wi-Fi向けのAIドリブン運用のパイオニア企業であるMist Systemsの共同創立者として、社長兼CEOを務めていました。Mistの前は、データセンターネットワーク、キャンパスネットワーク(有線LANおよび無線LANを含む)、エンタープライズルーティングを担当する上級管理職を歴任しています。

それ以前は、CiscoのEnterprise Networking Groupの製品管理および戦略担当上席副社長として、Ciscoのエンタープライズルーティング、スイッチング、モビリティの各ポートフォリオのビジョン、ソリューション、製品戦略を担当していました。また、CiscoのWireless and Cloud Networking Groupの副社長兼ジェネラルマネージャーも務め、CiscoによるThinkSmartおよびMerakiの買収を指揮しました。

Cisco入社以前は、Motorolaの副社長兼ジェネラルマネージャーとして、無線ネットワークソリューションビジネスの責任者を務め、無線エンタープライズ実現に向けたMotorolaのビジョンを策定し、次世代の分散型WLANアーキテクチャ(WiNG)の開発を推進しました。また、NortelおよびHewlett-Packardでグローバルなポジションも歴任しています。

ハジェラは、インドのバンガロール大学でコンピューターサイエンスおよびテクノロジーの工学士号を取得し、カリフォルニア大学バークレー校のHaas School of Businessで経営管理学修士号を取得しています。

経営陣

キリ―ティ・コンペラ

エンジニアリング担当上席副社長

キリーティ・コンペラ博士は、上席副社長兼ジュニパーのエンジニアリング チームの最高技術責任者(CTO)を務める。現職以前は、ジュニパーネットワークスの SDN 担当 CTO。それ以前は、2012 年 12 月にジュニパーが買収した Contrail Systems 社で CTO として従事。Contrail 社以前は、ジュニパーネットワークスの CTO 兼 Junos のチーフ アーキテクトを務めていた。

パケット転送、大規模 MPLS、VPN、VPLS、レイヤー 1~レイヤー 3 ネットワーキングについて深い経験があり、CCAMP 作業部会の前会長を務めるなど IETF 分野でも積極的に活動している。いくつかのインターネット ドラフトおよび RFC(CCAMP、IS-IS、L2VPN、MPLS、NVO3、OSPF、TE WG)も執筆。1997 年にジュニパーに入社する以前は、NetApp、SGI、ACSC(Veritas が買収)でファイル システムを担当。現在もエンジニア、コード記述者のマインドを失うことなく、ASIC の仲間との交流を好む。

インド工科大学カーンプル校で電気工学の理学士号、コンピューター サイエンスの理学修士号を取得。南カリフォルニア大学でコンピューター サイエンスの博士号を取得。専攻は数論と暗号法。46 件の特許を取得している。

経営陣

キリ―ティ・コンペラ

エンジニアリング担当上席副社長

キリーティ・コンペラ博士は、上席副社長兼ジュニパーのエンジニアリング チームの最高技術責任者(CTO)を務める。現職以前は、ジュニパーネットワークスの SDN 担当 CTO。それ以前は、2012 年 12 月にジュニパーが買収した Contrail Systems 社で CTO として従事。Contrail 社以前は、ジュニパーネットワークスの CTO 兼 Junos のチーフ アーキテクトを務めていた。

パケット転送、大規模 MPLS、VPN、VPLS、レイヤー 1~レイヤー 3 ネットワーキングについて深い経験があり、CCAMP 作業部会の前会長を務めるなど IETF 分野でも積極的に活動している。いくつかのインターネット ドラフトおよび RFC(CCAMP、IS-IS、L2VPN、MPLS、NVO3、OSPF、TE WG)も執筆。1997 年にジュニパーに入社する以前は、NetApp、SGI、ACSC(Veritas が買収)でファイル システムを担当。現在もエンジニア、コード記述者のマインドを失うことなく、ASIC の仲間との交流を好む。

インド工科大学カーンプル校で電気工学の理学士号、コンピューター サイエンスの理学修士号を取得。南カリフォルニア大学でコンピューター サイエンスの博士号を取得。専攻は数論と暗号法。46 件の特許を取得している。

経営陣

マイク・マーセリン

上席副社長、最高マーケティング責任者

マイケル・マーセリンは、上席副社長兼最高マーケティング責任者。ジュニパーの製品・サービス ポートフォリオの販売およびブランド支援を担当するグローバル マーケティング チームの責任者を務めるほか、市場におけるジュニパー製品の販売促進、パートナーおよびアカウントチームのトレーニング、顧客別の情報エクスペリエンスの開発にも携わる。グローバル マーケティング チーム在職以前は、業界をリードするジュニパーのハイパフォーマンス ルーティング、スイッチング、およびセキュリティ製品ポートフォリオのビジネス戦略とマーケティングの責任者を務める。

2010 年にジュニパーネットワークスに入社する前は、Verizon 社のグローバル マネージド ソリューション担当副社長を務め、世界中の企業を対象としたマネージド IP ネットワーキング、ホスティング、セキュリティー、IT ソリューションの製品開発とマーケティングを担当。また、Verizon Business 社のグローバル製品マーケティング担当副社長や Verizon Business 社の IP およびイーサネット ポートフォリオ担当取締役を歴任し、同社の eCRM マーケティング部門も統括。1994 年、MCI 社でキャリアをスタート。

CMO Board for Telecommunications Industry Association の議長を務め、NSF が後援するイニシアチブ、US Ignite のボードメンバーにも名を連ねる。マイケル・マーセリンは 2 件の特許を取得している。同氏はバージニア大学のロッドマン奨学生として、優秀な成績でシステム エンジニアリングの理学士号を取得。カリフォルニア州サニーベールを拠点とする。

経営陣

マイク・マーセリン

上席副社長、最高マーケティング責任者

マイケル・マーセリンは、上席副社長兼最高マーケティング責任者。ジュニパーの製品・サービス ポートフォリオの販売およびブランド支援を担当するグローバル マーケティング チームの責任者を務めるほか、市場におけるジュニパー製品の販売促進、パートナーおよびアカウントチームのトレーニング、顧客別の情報エクスペリエンスの開発にも携わる。グローバル マーケティング チーム在職以前は、業界をリードするジュニパーのハイパフォーマンス ルーティング、スイッチング、およびセキュリティ製品ポートフォリオのビジネス戦略とマーケティングの責任者を務める。

2010 年にジュニパーネットワークスに入社する前は、Verizon 社のグローバル マネージド ソリューション担当副社長を務め、世界中の企業を対象としたマネージド IP ネットワーキング、ホスティング、セキュリティー、IT ソリューションの製品開発とマーケティングを担当。また、Verizon Business 社のグローバル製品マーケティング担当副社長や Verizon Business 社の IP およびイーサネット ポートフォリオ担当取締役を歴任し、同社の eCRM マーケティング部門も統括。1994 年、MCI 社でキャリアをスタート。

CMO Board for Telecommunications Industry Association の議長を務め、NSF が後援するイニシアチブ、US Ignite のボードメンバーにも名を連ねる。マイケル・マーセリンは 2 件の特許を取得している。同氏はバージニア大学のロッドマン奨学生として、優秀な成績でシステム エンジニアリングの理学士号を取得。カリフォルニア州サニーベールを拠点とする。

経営陣

ブラッド・トールマン

サプライチェーン運用担当上席副社長

ジュニパーのサプライ チェーン運用(SCO)担当上席副社長として、ジュニパー、顧客、パートナーに差別化されたサービスを提供するグローバル サプライ チェーン ネットワークの戦略的設計と管理を担当し、次世代ネットワークを支える最先端技術の実現を可能に。卓越したカスタマーおよびパートナーエクスペリエンスを実現するために、顧客第一主義でチームを牽引。

サプライチェーンの専門知識を20年以上にわたって蓄積。ジュニパーでは、製造および計画運用担当副社長も務めた。ジュニパーに入社する前は、Cisco、VeriFone、Palmの各社で役員を歴任。ミシガン州立大学のサプライ チェーン マネージメントおよびファイナンスで経営学修士号、サンディエゴ大学の法科大学院で法学博士号、ペッパーダイン大学で歴史学の学士号を取得。

Integrated Business Planning(IBP)のリーダー、講演者、執筆者として表彰、「2017 Oracle Excellence Award for Supply Chain」と全米製造業者協会の「Supply Chain Leadership」を受賞。

経営陣

ブラッド・トールマン

サプライチェーン運用担当上席副社長

ジュニパーのサプライ チェーン運用(SCO)担当上席副社長として、ジュニパー、顧客、パートナーに差別化されたサービスを提供するグローバル サプライ チェーン ネットワークの戦略的設計と管理を担当し、次世代ネットワークを支える最先端技術の実現を可能に。卓越したカスタマーおよびパートナーエクスペリエンスを実現するために、顧客第一主義でチームを牽引。

サプライチェーンの専門知識を20年以上にわたって蓄積。ジュニパーでは、製造および計画運用担当副社長も務めた。ジュニパーに入社する前は、Cisco、VeriFone、Palmの各社で役員を歴任。ミシガン州立大学のサプライ チェーン マネージメントおよびファイナンスで経営学修士号、サンディエゴ大学の法科大学院で法学博士号、ペッパーダイン大学で歴史学の学士号を取得。

Integrated Business Planning(IBP)のリーダー、講演者、執筆者として表彰、「2017 Oracle Excellence Award for Supply Chain」と全米製造業者協会の「Supply Chain Leadership」を受賞。

取締役

取締役

ラミ・ラヒム

最高経営責任者、ジュニパーネットワークス

ラ三・ラヒムは、1997年1月にJuniper Networks社に入社し、2014年11月に最高経営責任者に就任しました。それ以前は、Juniper Development and Innovation社の代表取締役副社長兼ゼネラルマネージャーとして、ルーティング、スイッチング、セキュリティのポートフォリオにおけるすべての研究開発プログラム、戦略、開発、および事業成長性を監督し、全社的なイノベーションを推進してきました。また、シリコン技術とJunosオペレーティングシステムの継続的な進化を監督しています。さらに、ラヒムはジュニパーネットワークス社で、プラットフォームシステム部門の代表取締役副社長、エッジおよびアグリゲーション事業部の上席副社長兼ゼネラルマネージャー、エッジおよびアグリゲーション事業部のプロダクトマネージメント担当副社長などを歴任してきました。

それ以前は、ジュニパーの開発部門に所属し、同社のコア、エッジおよびキャリア用イーサネット製品の多くのアーキテクチャ、設計、ならびに実装に携わってきました。ネットワーク技術に関する 20 件の米国特許を取得。IEEE 会員。

取締役

ラミ・ラヒム

最高経営責任者、ジュニパーネットワークス

ラ三・ラヒムは、1997年1月にJuniper Networks社に入社し、2014年11月に最高経営責任者に就任しました。それ以前は、Juniper Development and Innovation社の代表取締役副社長兼ゼネラルマネージャーとして、ルーティング、スイッチング、セキュリティのポートフォリオにおけるすべての研究開発プログラム、戦略、開発、および事業成長性を監督し、全社的なイノベーションを推進してきました。また、シリコン技術とJunosオペレーティングシステムの継続的な進化を監督しています。さらに、ラヒムはジュニパーネットワークス社で、プラットフォームシステム部門の代表取締役副社長、エッジおよびアグリゲーション事業部の上席副社長兼ゼネラルマネージャー、エッジおよびアグリゲーション事業部のプロダクトマネージメント担当副社長などを歴任してきました。

それ以前は、ジュニパーの開発部門に所属し、同社のコア、エッジおよびキャリア用イーサネット製品の多くのアーキテクチャ、設計、ならびに実装に携わってきました。ネットワーク技術に関する 20 件の米国特許を取得。IEEE 会員。

取締役

ゲイリー・デイチェント

取締役(2014 年~現在)

ゲイリー・デイチェントは、2005年6月から個人投資家として主に活動しており、2002年10月からは商業用不動産会社であるTheory R Properties, LLCのマネージング・メンバーを務めています。2005年3月から2005年6月までは、Nortel Networks Corporationの社長兼最高執行責任者を務めました。Nortel Networksに入社する前は、Cisco Systems社で、1998年8月から2000年12月までワールドワイドオペレーションズの代表取締役副社長、1996年9月から1998年8月までワールドワイドオペレーションズの上級副社長など、6年間にわたって数々の上級管理職を務めてきました。デイチェントはこれまで、2006年4月から2018年4月までNCR Corporationの取締役、2007年4月から2015年2月までShoreTel社、2014年2月から2015年5月までEmulex Corporation、そして2015年8月から2016年9月までPolycom社に務めていました。

取締役

ゲイリー・デイチェント

取締役(2014 年~現在)

ゲイリー・デイチェントは、2005年6月から個人投資家として主に活動しており、2002年10月からは商業用不動産会社であるTheory R Properties, LLCのマネージング・メンバーを務めています。2005年3月から2005年6月までは、Nortel Networks Corporationの社長兼最高執行責任者を務めました。Nortel Networksに入社する前は、Cisco Systems社で、1998年8月から2000年12月までワールドワイドオペレーションズの代表取締役副社長、1996年9月から1998年8月までワールドワイドオペレーションズの上級副社長など、6年間にわたって数々の上級管理職を務めてきました。デイチェントはこれまで、2006年4月から2018年4月までNCR Corporationの取締役、2007年4月から2015年2月までShoreTel社、2014年2月から2015年5月までEmulex Corporation、そして2015年8月から2016年9月までPolycom社に務めていました。

取締役

アン・デルサント

取締役(2019 年就任)

アン・デルサントは、2019年12月より、コンサルティング会社であるOperator Collectiveのリミテッド・パートナーとして主に活動しています。また、2019年3月より、コンサルティング会社であるStage 2 Capitalのリミテッド・パートナーを務めています。2018年2月から2019年4月まで、Salesforce.com, Incのプラットフォーム担当執行副社長兼ゼネラルマネージャーを務めました。

現在の職務に就く前は、2012年10月からSalesforceでさまざまな幹部職を歴任し、2016年2月から2018年2月までは、アメリカのソリューションエンジニアリング&クラウドセールス担当代表取締役副社長を務めました;2015年2月から2016年2月までグローバル・ソリューション・エンジニアリング社よびクラウド・スペシャリスト・セールス社の代表取締役副社長;そして2012年10月から2015年2月までグローバル・ソリューション・エンジニアリング社の上級副社長を務めました。Salesforceに入社する前は、1999年から2012年まで、Oracle Corporationにおいて、プリセールス部門で責任あるさまざまな役割を担ってきました。最近では、2012年2月から2012年9月までセールスエンジニアリング担当グループ副社長、2007年から2012年2月までセールスエンジニアリング担当副社長を務めました。

デルサントは、1985年にIBMのアカウントシステムエンジニアとしてキャリアを開始しました。2020年8月からNew Relic社の取締役に就任し、そして2020年10月からAdvanced Energy Industries社の取締役に就きました。

取締役

アン・デルサント

取締役(2019 年就任)

アン・デルサントは、2019年12月より、コンサルティング会社であるOperator Collectiveのリミテッド・パートナーとして主に活動しています。また、2019年3月より、コンサルティング会社であるStage 2 Capitalのリミテッド・パートナーを務めています。2018年2月から2019年4月まで、Salesforce.com, Incのプラットフォーム担当執行副社長兼ゼネラルマネージャーを務めました。

現在の職務に就く前は、2012年10月からSalesforceでさまざまな幹部職を歴任し、2016年2月から2018年2月までは、アメリカのソリューションエンジニアリング&クラウドセールス担当代表取締役副社長を務めました;2015年2月から2016年2月までグローバル・ソリューション・エンジニアリング社よびクラウド・スペシャリスト・セールス社の代表取締役副社長;そして2012年10月から2015年2月までグローバル・ソリューション・エンジニアリング社の上級副社長を務めました。Salesforceに入社する前は、1999年から2012年まで、Oracle Corporationにおいて、プリセールス部門で責任あるさまざまな役割を担ってきました。最近では、2012年2月から2012年9月までセールスエンジニアリング担当グループ副社長、2007年から2012年2月までセールスエンジニアリング担当副社長を務めました。

デルサントは、1985年にIBMのアカウントシステムエンジニアとしてキャリアを開始しました。2020年8月からNew Relic社の取締役に就任し、そして2020年10月からAdvanced Energy Industries社の取締役に就きました。

取締役

ケビン・デヌッチオ

取締役(2014 年~現在)

ケビン・デヌッチオは、2017年5月から2019年11月まで、SevOne, Inc.のエグゼクティブチェアーを務めました。2014年2月から2017年4月までは、Violin Memoryの社長兼最高経営責任者を務めました。Violin Memory社に入社する前は、2012年7月に共同設立したベンチャーおよびテクノロジーコンサルティング会社であるWild West Capital社の共同創設者を務めていました。

それ以前は、2010年2月から2012年7月まで、Metaswitch Networksの最高経営責任者を務めました。2001年8月から2008年1月までは、Redback Networks Inc.の社長兼最高経営責任者を務め、2007年1月にTelefonaktibolaget LM Ericssonに買収された後は、Ericssonの完全子会社として活動しました。

デヌッチオは、1995年から2001年までCisco社において、ワールドワイド・サービス・プロバイダー・オペレーションズ社の上級副社長など様々な役職を歴任しました。それ以前のデヌッチオ氏は、Bell Atlantic社(現Verizon Communications社)の完全子会社であるBell Atlantic Network Integration社の創設者として、社長兼最高経営責任者を務めていました。

2012年9月からはCalix社の取締役を、2021年1月からはMarathon Patent Group社の取締役を務めています。これまでに、2009年8月から2014年2月までSandisk Corporation社、2008年12月から2014年2月までMetaswitch Networks社、そして2014年2月から2017年4月までViolin Memory社において取締役を務めてきました。

取締役

ケビン・デヌッチオ

取締役(2014 年~現在)

ケビン・デヌッチオは、2017年5月から2019年11月まで、SevOne, Inc.のエグゼクティブチェアーを務めました。2014年2月から2017年4月までは、Violin Memoryの社長兼最高経営責任者を務めました。Violin Memory社に入社する前は、2012年7月に共同設立したベンチャーおよびテクノロジーコンサルティング会社であるWild West Capital社の共同創設者を務めていました。

それ以前は、2010年2月から2012年7月まで、Metaswitch Networksの最高経営責任者を務めました。2001年8月から2008年1月までは、Redback Networks Inc.の社長兼最高経営責任者を務め、2007年1月にTelefonaktibolaget LM Ericssonに買収された後は、Ericssonの完全子会社として活動しました。

デヌッチオは、1995年から2001年までCisco社において、ワールドワイド・サービス・プロバイダー・オペレーションズ社の上級副社長など様々な役職を歴任しました。それ以前のデヌッチオ氏は、Bell Atlantic社(現Verizon Communications社)の完全子会社であるBell Atlantic Network Integration社の創設者として、社長兼最高経営責任者を務めていました。

2012年9月からはCalix社の取締役を、2021年1月からはMarathon Patent Group社の取締役を務めています。これまでに、2009年8月から2014年2月までSandisk Corporation社、2008年12月から2014年2月までMetaswitch Networks社、そして2014年2月から2017年4月までViolin Memory社において取締役を務めてきました。

取締役

ジム・ドルチェ

取締役(2015 年~現在)

ジム・ドルチェは、2014年3月から、Lookout, Inc.の最高経営責任者および取締役を務めました。Lookoutに入社する前は、2012年12月から2014年2月まで、Akamai Technologies, Inc.のキャリア市場開発担当副社長を務め、それ以前は2006年から2012年12月まで、Akamaiに買収されたVerivue, Inc.の創設者兼最高経営責任者を務めました。

Verivue社の前は、2002年から2006年までJuniper Networks社のワールドワイド・フィールド・オペレーション担当代表取締役副社長を務め、Juniper Networks社のグローバル・セールス、マーケティング、カスタマーサービスを指揮していました。Unisphere Networks社の買収によりJuniper Networks社に入社し、1999年から2002年まで最高経営責任者を務めました。ドルチェは、2014年5月から2016年1月までInfinera Corporation社の取締役を務めました。

取締役

ジム・ドルチェ

取締役(2015 年~現在)

ジム・ドルチェは、2014年3月から、Lookout, Inc.の最高経営責任者および取締役を務めました。Lookoutに入社する前は、2012年12月から2014年2月まで、Akamai Technologies, Inc.のキャリア市場開発担当副社長を務め、それ以前は2006年から2012年12月まで、Akamaiに買収されたVerivue, Inc.の創設者兼最高経営責任者を務めました。

Verivue社の前は、2002年から2006年までJuniper Networks社のワールドワイド・フィールド・オペレーション担当代表取締役副社長を務め、Juniper Networks社のグローバル・セールス、マーケティング、カスタマーサービスを指揮していました。Unisphere Networks社の買収によりJuniper Networks社に入社し、1999年から2002年まで最高経営責任者を務めました。ドルチェは、2014年5月から2016年1月までInfinera Corporation社の取締役を務めました。

取締役

クリスティーン・ゴヤンク

取締役(2019 年就任)

クリスティン・ゴヤンクは、2018年8月から2020年6月まで、インテリジェントなクラウドインフラとモバイルアプリのプラットフォームを提供するArlo Technologies, Inc.の最高財務責任者を務めました。Arloに就任する以前は、2008年1月にはNETGEAR, Inc.の最高財務責任者を務め、2006年12月から2008年1月まで最高会計責任者、2005年11月から2006年12月まで、財務副社長を務めました。

NETGEARに入社する前は、1996年9月から2005年11月まで、副社長、会計監査役、財務担当者、Aspect Communications Corporationの幹事補佐など、数々の役職を歴任しました。

1988年10月から1996年9月までは、Tandem Computers, Inc.の税務マネージャーを務めました。1996年以前は、Xidex Corporationの管理職を務め、8年間、公開会計に携わってきました。ゴルジャンは、2015年11月からInvitae Corporation社の取締役および監査委員会の委員長を務めています。

取締役

クリスティーン・ゴヤンク

取締役(2019 年就任)

クリスティン・ゴヤンクは、2018年8月から2020年6月まで、インテリジェントなクラウドインフラとモバイルアプリのプラットフォームを提供するArlo Technologies, Inc.の最高財務責任者を務めました。Arloに就任する以前は、2008年1月にはNETGEAR, Inc.の最高財務責任者を務め、2006年12月から2008年1月まで最高会計責任者、2005年11月から2006年12月まで、財務副社長を務めました。

NETGEARに入社する前は、1996年9月から2005年11月まで、副社長、会計監査役、財務担当者、Aspect Communications Corporationの幹事補佐など、数々の役職を歴任しました。

1988年10月から1996年9月までは、Tandem Computers, Inc.の税務マネージャーを務めました。1996年以前は、Xidex Corporationの管理職を務め、8年間、公開会計に携わってきました。ゴルジャンは、2015年11月からInvitae Corporation社の取締役および監査委員会の委員長を務めています。

取締役

ジャネット・ホーゲン

取締役(2019 年就任)

2000年4月から2016年11月まで、Unisys Corporationの上級副社長兼最高財務責任者を務めました。また、1996年4月から2000年4月まで、Unisysの副社長、コントローラー、および最高財務責任者代理を務めました。Unisys社入社以前は、1980年から1993年までErnst & Young社で要職を歴任した後、1993年から1996年までパートナーを務めました。

ホーゲンは現在、取締役、監査委員会委員長を務めており、2018年2月からは、Paycom Software, Inc.の報酬委員会のメンバーを務めています。また、2020年9月からは、Bentley Systems社の取締役であり、報酬委員会および監査委員会のメンバーでもあります。2002年から2005年までは、SunGard Data Systems, Inc.の取締役および監査委員会の議長も務めました。

取締役

ジャネット・ホーゲン

取締役(2019 年就任)

2000年4月から2016年11月まで、Unisys Corporationの上級副社長兼最高財務責任者を務めました。また、1996年4月から2000年4月まで、Unisysの副社長、コントローラー、および最高財務責任者代理を務めました。Unisys社入社以前は、1980年から1993年までErnst & Young社で要職を歴任した後、1993年から1996年までパートナーを務めました。

ホーゲンは現在、取締役、監査委員会委員長を務めており、2018年2月からは、Paycom Software, Inc.の報酬委員会のメンバーを務めています。また、2020年9月からは、Bentley Systems社の取締役であり、報酬委員会および監査委員会のメンバーでもあります。2002年から2005年までは、SunGard Data Systems, Inc.の取締役および監査委員会の議長も務めました。

取締役

スコット・クレンズ

代表取締役会長

スコット・クレンズは、1996年10月からジュニパーネットワークスの取締役会長を務めており、1996年10月から2008年9月まではジュニパーネットワークスの最高経営責任者、2011年4月まではジュニパーネットワークスの従業員を務めていました。1986年4月から1996年1月までは、1986年に共同設立されたStrataCom, Inc.にて営業担当副社長兼運用担当副社長を務めました。また、クレンズは2000年7月から2020年6月までEquinix社の取締役を務めました。

取締役

スコット・クレンズ

代表取締役会長

スコット・クレンズは、1996年10月からジュニパーネットワークスの取締役会長を務めており、1996年10月から2008年9月まではジュニパーネットワークスの最高経営責任者、2011年4月まではジュニパーネットワークスの従業員を務めていました。1986年4月から1996年1月までは、1986年に共同設立されたStrataCom, Inc.にて営業担当副社長兼運用担当副社長を務めました。また、クレンズは2000年7月から2020年6月までEquinix社の取締役を務めました。

取締役

ラーフル・マーチャント

取締役(2015 年~現在)

ラーフル・マーチャントは、2017年3月より、大手金融サービスプロバイダーであるTIAA-CREF社の上席執行副社長および顧客サービス並びに技術担当長を務めています。それ以前は、2017年1月から2017年3月までTIAA-CREF社の上席執行副社長兼最高情報責任者、2015年4月から2017年1月まではTIAA-CREF社の代表取締役副社長兼最高情報責任者を務めました。

TIAA-CREF社に入社する前は、2012年4月から2014年2月までニューヨーク市の情報およびイノベーションの責任者を務めていました。2009年から2012年4月まで、マーチャントは、ニューヨークを拠点とするプライベート・エクイティ・ファームであるExigen Capitalのパートナーでした。2006年から2008年に掛けて、Fannie Mae社の代表取締役副社長、最高情報責任者、および執行委員会のメンバーを務めました。

マーチャントは、2000年から2006年まで、Merrill Lynch & Co.社の上席副社長、最高情報責任者、および最高技術責任者を務めました。また、Cooper Neff and Associates社、Lehman Brothers社、Sanwa Financial Products社、およびDresdner銀行でも上級管理職を務めました。マーチャントはこれまでに、Emulex Corporation社、Level 3 Communications社、Sun Microsystems社、およびFair Isaac Corporation社の取締役を務めてきました。

取締役

ラーフル・マーチャント

取締役(2015 年~現在)

ラーフル・マーチャントは、2017年3月より、大手金融サービスプロバイダーであるTIAA-CREF社の上席執行副社長および顧客サービス並びに技術担当長を務めています。それ以前は、2017年1月から2017年3月までTIAA-CREF社の上席執行副社長兼最高情報責任者、2015年4月から2017年1月まではTIAA-CREF社の代表取締役副社長兼最高情報責任者を務めました。

TIAA-CREF社に入社する前は、2012年4月から2014年2月までニューヨーク市の情報およびイノベーションの責任者を務めていました。2009年から2012年4月まで、マーチャントは、ニューヨークを拠点とするプライベート・エクイティ・ファームであるExigen Capitalのパートナーでした。2006年から2008年に掛けて、Fannie Mae社の代表取締役副社長、最高情報責任者、および執行委員会のメンバーを務めました。

マーチャントは、2000年から2006年まで、Merrill Lynch & Co.社の上席副社長、最高情報責任者、および最高技術責任者を務めました。また、Cooper Neff and Associates社、Lehman Brothers社、Sanwa Financial Products社、およびDresdner銀行でも上級管理職を務めました。マーチャントはこれまでに、Emulex Corporation社、Level 3 Communications社、Sun Microsystems社、およびFair Isaac Corporation社の取締役を務めてきました。

取締役

ウィリアム・ステンスラッド

取締役(1996 年~現在)

ウィリアム・ステンスラッドは、以前はSwitchCaseグループのパートナー、InstantEncore.comの会長、およびInteractive Fitness Holdingsの会長兼社長を務めていました。2007年1月から2007年3月までは、企業間のデジタル・コマース・ソリューションや記述式のエンタテインメント・メディア情報を提供するMuze社の会長兼CEOを務めました。

また、1997年1月から2006年12月まで、ベンチャーキャピタル企業であるEnterprise Partners社のジェネラルパートナーを務めました。1996年3月から1997年1月まで、独立した投資家およびターンアラウンド・エグゼクティブとして活躍しています。この間、ステンスラッドはParadyne Corporationの社長を務めると共に、Paradyne Corporation、 Paradyne Partners LLP、およびGlobeSpan Corporation, Inc.(Conexant, Inc.が買収)の取締役も務めていました。1992年1月から1995年7月まで、ステンスラッドは3Com Corporation社が買収したデータネットワーキング企業Primary Access Corporation社の社長兼最高経営責任者を務めました。1986年から1992年までは、自身が共同設立した通信機器メーカーであるStrataCom社のマーケティング担当副社長を務めました。

取締役

ウィリアム・ステンスラッド

取締役(1996 年~現在)

ウィリアム・ステンスラッドは、以前はSwitchCaseグループのパートナー、InstantEncore.comの会長、およびInteractive Fitness Holdingsの会長兼社長を務めていました。2007年1月から2007年3月までは、企業間のデジタル・コマース・ソリューションや記述式のエンタテインメント・メディア情報を提供するMuze社の会長兼CEOを務めました。

また、1997年1月から2006年12月まで、ベンチャーキャピタル企業であるEnterprise Partners社のジェネラルパートナーを務めました。1996年3月から1997年1月まで、独立した投資家およびターンアラウンド・エグゼクティブとして活躍しています。この間、ステンスラッドはParadyne Corporationの社長を務めると共に、Paradyne Corporation、 Paradyne Partners LLP、およびGlobeSpan Corporation, Inc.(Conexant, Inc.が買収)の取締役も務めていました。1992年1月から1995年7月まで、ステンスラッドは3Com Corporation社が買収したデータネットワーキング企業Primary Access Corporation社の社長兼最高経営責任者を務めました。1986年から1992年までは、自身が共同設立した通信機器メーカーであるStrataCom社のマーケティング担当副社長を務めました。