脅威認識ネットワーク

Juniper Connected Securityで、脅威認識ネットワークを構築する

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

ユーザーによるデータやアプリケーションへのアクセスから、ネットワークへの接続まで、すべてがセキュアでなければなりません。

セキュリティの要件:

  • エンドユーザーがその存在に気づかない
  • IT部門が効率的に保守できる
  • 脅威から効率的に防御できる

これを実現できるのは、接続を提供する同じネットワークインフラストラクチャにセキュリティが実装され、すべての接続ポイントに拡張されている場合に限られます。

Juniper Connected Securityにより、攻撃者を食い止めて、ビジネスクリティカルなトラフィックは通過させるような、脅威認識ネットワークを構築できます。

ジュニパーのセキュリティ製品のメリット

可視化

エンドポイントからエッジとその間のすべてのクラウドまで、ネットワーク全体を可視化します。

知能

攻撃ベクトルに関わらず、脅威を自動的に認識します。

適用

どれほど小さいものでも、ネットワークの接続点すべてで防御します。

関連する分野:

IT specialist works in a server room on a computer

クライアントからアプリケーションまで、サービスへのアクセスの安全を確保します。

おすすめのソリューション

  • SASE

    クラウドベースでクラウド型のアーキテクチャを使って、世界中のエンドユーザーの近くにアプリケーションをシームレスかつセキュアに配置し、ネットワークを変革します。

注目製品

クライアントからアプリケーションまで、サービスへのアクセスの安全を確保します。

Modern red bridge in the city of Alicante, Costa Blanca, Spain, Europe

アプリケーションやユーザーのアクセスを特定して制御するとともに、エッジでの脅威を防止することができます。

おすすめのソリューション

  • 次世代ファイアウォール

    ジュニパー次世代ファイアウォール(NGFW)は、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続、検証済みの脅威対策などにより、攻撃のリスクを低減し、アプリケーション、ユーザー、デバイスをきめ細かく制御します。

注目製品

アプリケーションやユーザーのアクセスを特定して制御するとともに、エッジでの脅威を防止することができます。

Modern urban architecture

クラウドでのワークロードが、実装するのと同じくらい簡単にセキュリティ確保できます。

おすすめのソリューション

  • パブリッククラウドのセキュリティ

    シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリック クラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

注目製品

  • Juniper Cloud Workload Protection

    Zero Trustマイクロセグメンテーションやランタイムアプリケーション保護により、OWASP Top 10やメモリベースの攻撃などのゼロデイ脅威からワークロードをシールドします。

  • cSRX

    設置場所をとらないコンパクトな高密度コンテナファイアウォールが、クラウドネイティブなアプリケーションを保護します。

  • vSRX

    プライベート、パブリック、ハイブリッドの各クラウドを保護する次世代の高性能仮想ファイアウォールです。

  • Security Director

    セキュリティ管理、可視化、分析により、ポリシーを一元管理し、自動的に適用します。

  • Juniper Secure Edge

    どこにいても、一貫したセキュリティポリシーで従業員とアプリケーションを保護します。

クラウドでのワークロードが、実装するのと同じくらい簡単にセキュリティ確保できます。

commercial building skyscraper made of glass

損害が発生する前に、攻撃発生時に自動的に対処します。

おすすめのソリューション

  • 脅威の検知と緩和

    ジュニパー セキュリティ アプリケーションは、高度な脅威を効果的に阻止するのに必要な、実用的な脅威インテリジェンスを提供し、エンドユーザーにシームレスで安全なエクスペリエンスを提供します。

注目製品

  • Juniper Advanced Threat Prevention製品

    目に見えなかったものを可視化することで、セキュリティを改善します。

  • Juniper Secure Edge

    どこにいても、一貫したセキュリティポリシーで従業員とアプリケーションを保護します。

  • 次世代ファイアウォールサービス

    重要なアプリケーションの安全な動作を可能にし、高度なマルウェアがネットワークに侵入するのを防ぎます。

  • Juniper Cloud Workload Protection

    Zero Trustマイクロセグメンテーションやランタイムアプリケーション保護により、OWASP Top 10やメモリベースの攻撃などのゼロデイ脅威からワークロードをシールドします。

  • Juniper Secure Analytics

    セキュリティ情報およびイベントをほぼリアルタイムに監視します。

損害が発生する前に、攻撃発生時に自動的に対処します。

Abstract of concrete curved sculpture architectural on cloud sky background,Concept of future modern architecture,3d rendering

シンプルなソリューション1つで、比類のない脅威防御とクライアントからクラウドへのエクスペリエンスを実現します。

おすすめのソリューション

  • Mist AIが採用されたSD-WAN

    SD-WANは、AIドリブンインサイト、自動化、アクション、ネイティブセキュリティにより、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを向上させます。

  • マネージドSD-WAN

    Mist AIによるエクスペリエンスファーストSD-WANを使用して、マネージドサービスを差別化し、成長させましょう。

注目製品

シンプルなソリューション1つで、比類のない脅威防御とクライアントからクラウドへのエクスペリエンスを実現します。

Abstract blue background with mirrors above the sky

アプリケーションを大規模に接続して保護するための、耐障害性に非常に優れた方法です。

おすすめのソリューション

  • データセンターセキュリティ

    データセンターの脅威からの保護、信頼性、拡張性を備えた検証済みのソリューションにより、データセンター・アーキテクチャ・イニシアチブとビジネス要件をサポートし、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

  • データセンター

    自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、エクスペリエンスを保証します。

注目製品

  • SRXシリーズサービスゲートウェイ

    次世代の物理ファイアウォール、仮想ファイアウォール、コンテナファイアウォール。

  • Juniper Cloud Workload Protection

    Zero Trustマイクロセグメンテーションやランタイムアプリケーション保護により、OWASP Top 10やメモリベースの攻撃などのゼロデイ脅威からワークロードをシールドします。

  • Juniper Advanced Threat Prevention製品

    目に見えなかったものを可視化することで、セキュリティを改善します。

  • Security Director

    セキュリティ管理、可視化、分析により、ポリシーを一元管理し、自動的に適用します。

アプリケーションを大規模に接続して保護するための、耐障害性に非常に優れた方法です。

Abstract image of intersecting beams

4Gから5Gに安全に移行。

おすすめのソリューション

  • サービスプロバイダのセキュリティ

    Juniper Connected Securityは、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、加入者を増やし、安全に5Gに移行し、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

注目製品

  • Juniper Advanced Threat Prevention製品

    目に見えなかったものを可視化することで、セキュリティを改善します。

  • MXシリーズルーター

    業界屈指のシステム容量、密度、パフォーマンスを、他社の追随を許さないシステム寿命と共に提供する、SDN対応ルーティングプラットフォームの強力なポートフォリオです。MXシリーズ ルーターは、サービスプロバイダ、クラウド事業者、および企業にとって、デジタル変革の重要な手がかりとなるものです。

  • SecIntel

    お客様のネットワークにあるすべての接続ポイントに、検証済み脅威インテリジェンスを導入できます。

4Gから5Gに安全に移行。

お客様の導入事例

フィラデルフィア市がスマートシティビジョンを推進

150万を超える人々がフィラデルフィア市を故郷と考えています。ここは自由とチーズステーキの誕生した場所です。また同市は高度なITサービスのイノベーターでもあり、市全域をカバーするネットワークがあり、初期対応者から都市設計家まで、数十の部門で30,000人の職員をサポートしています。フィラデルフィア市は、ジュニパーのバックボーンにより、5年以上にわたり、99.99% のアップタイムを提供してきました。

米国ペンシルバニア州フィラデルフィア市の画像
Juniper Threat Labs logo
フィード

Juniper Threat Labs

Juniper Threat Labのポッドキャストシリーズでは、世界トップクラスのセキュリティ研究者から実用的なインサイトを速やかに紹介します。ジュニパーネットワークスのムーニエ・ハハドとマイク・スパンバウワーが、最近注目されている脅威アクティビティについて詳しく語ります。ぜひお聞きください。

以下を取り上げています。

  • 脅威の発生源
  • 脅威の偽装方法
  • 企業を守る方法

お勧めのコンテンツ

記事

どのように SASE が IT を悩ませてきたか

SASE(サッシーと発音)とは、本質的に、スマートフォンやIoTデバイス、クラウドインフラストラクチャ、すなわちすべてのアクションが行われている「サービスエッジ」に命を吹き込むソフトウェアコーディングに、プライバシーとセキュリティを深く浸透させるロードマップを指します。

The Last Watchdog、2021年5月20日

記事

ジュニパーのサイバーセキュリティ シフトの有用性

オンプレミスのルーティングや独自の企業向けハードウェアの市場が伸び悩む中、ジュニパーはクラウド配信可能なソフトウェアに製品の軸足を移行しつつ、オンプレミスハードウェアのニーズにも応えることにしました。

Forbes、2021年8月12日

リサーチトピック

Secure Access Service Edge(SASE)とは?

SASE(セキュアアクセスサービスエッジ)は、ユーザーに近い位置でセキュリティサービスを提供し、現時点のリスクレベルに基づいて、適切なアクセスレベルを提供することに焦点を当てています。SASEは、セキュリティと統合されたネットワーキングの具現化です。

セキュリティ パートナー

Gartner Magic Quadrant for Network Firewalls、ラジプリート・カウル、ジェレミー・ディホーン、ナット・スミス、アダム・ヒルズ、2021年11月2日。

Gartner および Magic Quadrant は、Gartner, Inc. ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。All rights reserved

Gartnerは、同社の調査資料に記載されているベンダー、製品、サービスを支持することはありません。また、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。