グローバルなインターネットエクスチェンジであるAMS-IXが400Gに拡張し、成長を持続

オランダのアムステルダムにあるAMS-IXは、世界最大級のインターネットトラフィックハブの1つです。テクノロジーが人々の生活のほぼすべての面に影響をおよぼす中で、急速な成長を遂げています。2021年には、AMS-IXのデータ量が18%増加しました。

AMS-IXは、世界中のネットワーク間でトラフィックを交換するために、より高速で、より効率的な方法を必要としていました。これを達成するため、同社はジュニパーの400Gルーターを採用しました。

概要


会社名 AMS-IX
業界 サービスプロバイダ
使用製品 MX10004、MX10008、およびMX10016
地域 EMEA
AMS-IXヒーロー
顧客企業の成功事例の概要

26.85

2021年にAMS-IXによって交換されたデータのエクサバイト

18%

2021年のデータ量の増加

400G

オープンで、プログラム可能なルータにより、カスタマーエクスペリエンスが向上し、差別化されたサービス提供が可能になります

880+

ネットワーク接続

課題

デジタルを基盤とする社会

AMS-IXのデータ量は、パンデミックの初期に35%急増しました。トラフィックは減少していますが、ゲーム、ストリーミングメディア、クラウドストレージ、その他のインターネットサービスが日常生活の一部となっているため、同社は2桁の成長を続けています。

AMS-IXのCTOのルーベン・バン・デン・ブリンク氏は、「世界のトラフィックは増加を続けています」と述べています。「帯域幅を増やす必要性は常にあります。」

AMS-IXは効率的な成長を計画していたため、インターネットおよびモバイルピアリング、プライベート相互接続、クラウドアクセス、およびマネージドインターネットエクスチェンジサービスに対するお客様のニーズに対応するための、よりスケーラブルな方法を求めていました。

「当社のプラットフォームの柔軟性は、当社にとって重要です」とバン・デン・ブリンク氏は述べています。「お客様が期待する体験を提供するには、新しいサービスを導入したり、既存のサービスを変更したりする能力が必要です」

AMX-IX Challenge
ソリューション

400Gは大規模なパフォーマンスを提供

AMS-IXは、ジュニパーのルーティングに移行して、大規模なパフォーマンスを実現し、400G、100G、10Gポートを選択し、将来の俊敏性を獲得しようとしています。移行はアムステルダムの拠点から始まり、最終的には16か所のコロケーションでAMS-IXを拡張できるようになりました。

バン・デン・ブリンク氏は、「ジュニパーを使用することで、移行が可能な限りスムーズになると考えています」と述べています。

ジュニパーMX10K-LC9600ラインカードを搭載したジュニパーMX10008ユニバーサルルーティングプラットフォームにより、AMS-IXは運用効率を高めながら、より優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。MX10K-LC9600ラインカードは、ジュニパーの次世代ASIC Trio 6を搭載し、今日のマルチサービスエッジ市場で最高のスループット密度を実現しています。

ジュニパーMX10008ルーターは、論理的な拡張性と柔軟性を備えながら、マルチサービスエッジの包括的なユースケースをサポートします。ハードウェアのアップグレードを必要とせずに、ジュニパーのTrioチップの新しい機能要件を革新する、拡張可能なプログラマビリティを提供します。  

「IXPの構成をテストしたとき、ジュニパー製ルーターは最高の機能と柔軟性を備えていました」と、同氏は述べています。「当社にはジュニパーが最適でした」

AMX-IX Solution
成果

持続可能なイノベーションを実現するオープンプラットフォーム

AMS-IXは、中立的なメンバーベースの団体として、25年以上にわたってインターネットの中心的存在となってきました。オープンスタンダードは常に最優先事項であり、持続可能性は今後数十年にわたりますます重視されています。

AMS-IXは、オープンスタンダード、ネットワークのプログラマビリティ、持続可能性に対する取り組みを示す、ジュニパーの優れたパートナーを見つけました。業界標準とオープンソースにより、AMS-IXは、特に次世代のオーケストレーションおよび自動化ツールを開発しているため、俊敏性の向上と運用の合理化を実現することができます。

バン・デン・ブリンク氏は、「MXプラットフォームでは、オープンAPIやモデリング言語、YangやNETCONFなどのプロトコルを使用して、サービスを自動的に展開できます」と述べています。「他の製品をジュニパーと統合することを検討すると、多くの場合、オープンソースコミュニティが作業を行っています。」

俊敏性、持続可能性、プログラマブルなネットワークから生まれたイノベーションは、AMS-IXが進化するデジタル社会のニーズに対応し続けるのに役立ちます。 

AMX-IX Outcome
「AMS-IXは、当社の分野で持続可能性を推進できる新しいテクノロジーとソリューションを求めており、当社は、この課題に取り組んでいるパートナーを探しています。AMS-IXジュニパーは、持続可能性に合わせて調整していると思っています。」
ルーベン・バン・デン・ブリンク氏 CTO, AMS-IX

2022年6月発行