サービスプロバイダのセキュリティ

すべてのネットワーク接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡張することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

ネットワーク事業者は、サービスを中断する可能性があり、大量の脅威に直面しています。5G、モノのインターネット(IoT)、マルチクラウドの導入が加速し、セキュリティの状況はますます複雑で巧妙になっています。サービスプロバイダは、ネットワークパフォーマンスを犠牲にすることなく、カスタマーエクスペリエンスを低下させることなく、常に新しい脅威から先に進むための最新の戦略が必要です。

セキュリティ サービス プロバイダ

ジュニパーがサポートします

Juniper Connected Security は、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。アプローチにはファイアウォールが含まれますが、それだけにとどまりません。代わりに、ネットワーク インフラストラクチャ全体を使用して複数のフロントで脅威を検知することで、最も高度な攻撃からも確実に保護できると考えています。

5G 対応のパフォーマンス

SPC3サービス処理カードは、SRX5000シリーズサービスゲートウェイとMXシリーズエッジルーター両方で利用可能で、業界屈指のキャリアグレードのネットワークアドレス変換(CGNAT)とステートフルファイアウォールパフォーマンスを提供します。また、セキュリティ インフラストラクチャ全体を置き換えることなく、4G から 5G に移行できます。ネットワークスライシングおよび分散エッジクラウドでは、vSRX仮想ファイアウォールとcSRXコンテナファイアウォールは、仮想化された導入とコンテナ化された導入を保護します。

インラインDDoS攻撃防御

ジュニパーとCoreroは、ジュニパーのMXシリーズユニバーサルルーティングプラットフォームとソフトウェアインテリジェンスを使用したDDoS攻撃に対する革新的な防御を共同開発しました。この協調ソリューションは、パケットレベルでトラフィックを検査するメリットとインフラストラクチャベースのポリシー適用の能力を組み合わせています。これにより、数十テラビットに達するスループットに達する前例のないパフォーマンスにより、DDoS攻撃をリアルタイムで高正確かつ自動化し、緩和できます。

統合されたセキュリティインテリジェンス(SecIntel)

ジュニパーの SecIntel リアルタイム脅威インテリジェンスフィードにより、ネットワーク全体のどこからでも、自動かつ応答性の高いトラフィックフィルタリングが可能になります。SecIntel は、ジュニパーのMXシリーズユニバーサルルーティングプラットフォームに拡張することで、ジュニパーのAdvanced Threat Prevention製品、Juniper Threat Labs、カスタムブラックリストによって検知されたコマンドおよびコントロール(C&C)トラフィックを検知、ブロック、阻止する脅威防御レイヤーを提供します。それらのすべてがワイヤー スピードで行われます。

Juniper Secure Connect

このクライアントベースのSSL VPNアプリケーションにより、ネットワーク上の保護リソースを安全に接続してアクセスできます。SRXシリーズサービスゲートウェイと組み合わせることで、組織は世界中のデバイスから動的で柔軟性が高く、適応性の高い接続を迅速に確立できます。Juniper Secure Connect は、安全な VPN 接続を使用して、クライアントからクラウドへの可視化と適用を拡大します。

暗号化されたトラフィックのインサイト

ジュニパーATPクラウドとSRXシリーズファイアウォールの最新機能により、暗号化経由で「暗号化」されている悪意のボットネットトラフィックを検知できます。この機能により、リソース集約型のSSL暗号化解除を必要とせず、暗号化トラフィックの可視性とポリシー制御が向上します。ジュニパーのSRXファイアウォールを実行しているお客様は、設定と管理に追加のハードウェアやネットワーク変更はありません。

リソースセンター

Juniper Connected Securityを使用した4Gから5Gへの進化(英語)