サービスプロバイダのセキュリティ

ネットワーク事業者は、サービスを中断させかねない大量の脅威に直面しています。5G、 IoT(モノのインターネット)、マルチクラウドの導入により、脅威の状況はますます複雑かつ巧妙化しています。サービス プロバイダは、ネットワーク パフォーマンスを損なわず、カスタマー エクスペリエンスを低下させることなく、絶えず生まれる新しい脅威を未然に防ぐことができる、最新の、脅威を認識したセキュリティ アプローチを必要としています。

セキュリティ サービス プロバイダ

ジュニパーがサポートします

Juniper Connected Security は、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。アプローチにはファイアウォールが含まれますが、それだけにとどまりません。代わりに、ネットワーク インフラストラクチャ全体を活用して複数の領域で脅威を検知することで、最も高度な攻撃からも確実に保護できると考えています。 

5G 対応のパフォーマンス

SRX5000 シリーズ サービス ゲートウェイと MX シリーズ エッジ ルーターの両方で使用可能な SPC3 サービス処理カードは、業界をリードするキャリアグレードのネットワーク アドレス変換(CGNAT)とステートフル ファイアウォール パフォーマンスを提供します。また、セキュリティ インフラストラクチャ全体を置き換えることなく、4G から 5G に移行できます。ネットワーク スライシングおよび分散型エッジ クラウドでは、vSRX 仮想ファイアウォールと cSRX コンテナ ファイアウォールが仮想化とコンテナ化の導入を保護します。

テラビット規模の DDoS 攻撃防御

ジュニパーと Corero は、MX シリーズのルーターとソフトウェア インテリジェンスを活用して、DDoS 攻撃に対する革新的な防御を共同開発しました。共同ソリューションは、パケット レベルでトラフィックを検査するメリットと、インフラストラクチャベースの適用力を組み合わせたものです。この DDoS ソリューションは、数十テラビットのスループットに達する前例のないパフォーマンスで、DDoS 攻撃をきわめて正確にリアルタイムで自動的に緩和します。

統合されたセキュリティインテリジェンス(SecIntel)

ジュニパーのセキュリティ インテリジェンス(SecIntel)は、ネットワーク全体で自動でレスポンシブなトラフィックのフィルタリングを可能にすることで、リアルタイム脅威インテリジェンスを提供します。SecIntel は、セキュリティ インテリジェンスを Juniper MX シリーズのユニバーサル ルーティング プラットフォームに拡張することで、Juniper Advanced Threat Prevention 製品、Juniper Threat Lab、およびカスタム ブラックリストによって発見される C&C(コマンドおよびコントロール)トラフィックを検出、ブロック、阻止して、脅威に対する保護を強化します。それらのすべてがワイヤー スピードで行われます。

Juniper Secure Connect

Juniper Secure Connect は、ネットワーク上の保護リソースを安全に接続してアクセスできるようにする、クライアントベースの SSL-VPN アプリケーションです。このアプリケーションを、SRX シリーズ サービス ゲートウェイと組み合わせると、組織は世界各地のデバイスからダイナミックで柔軟かつ適応性の高い接続をスピーディに実現できます。Juniper Secure Connect は、安全な VPN 接続を使用して、クライアントからクラウドへの可視化と適用を拡大します。

暗号化されたトラフィックのインサイト

暗号化されたトラフィック インサイトは、ジュニパー ATP クラウドと SRX シリーズ ファイアウォールの最新機能です。これらのファイアウォールでは、暗号化により「姿が見えなくなった」悪意のあるボット トラフィックを検知できるようになりました。この機能により、リソース集約型の SSL 暗号化解除を行わずに、組織が暗号化されたトラフィックの可視性とポリシー コントロールを向上させることができます。ジュニパー SRX ファイアアウォールを実行しているお客様の場合、追加のハードウェアやネットワーク変更を設定したり管理したりする必要はありません。

お客様の導入事例

モバイル サービス、家庭向けサービス、企業向けサービスにおけるカスタマー エクスペリエンスを変革

Telefónica は、性質の異なる複数のネットワークを稼働しているため、新しいサービスの導入に時間がかかっていました。では、どのような解決策があるでしょう?ネットワークと、ネットワークを利用しているユーザーおよびプロセスを統合しました。

Telefónica は、世界最大の電気通信会社の 1 つです。性質の異なる多くのネットワークでトラフィックが増加し、それに対応することが困難になっていました。同社はジュニパーの協力を得て、性質の異なる通信組織とプロセスを統合することで、簡素化を実現しました。

Telefonicaの画像

リソースセンター