マルチクラウドとは

マルチクラウドとは

マルチクラウドとは、複数のプライベートクラウドとパブリッククラウドでアプリケーションサービスを提供できるクラウドコンピューティング導入モデルであり、複数のクラウドベンダー、複数のクラウドアカウント、複数のクラウドのアベイラビリティゾーン、複数の地域のクラウドやプレミスの一部、またはすべての組み合わせが含まれています。

たとえば、あるマルチクラウドには、2社のパブリックInfrastructure as a Service(IaaS)プロバイダ、1つのパブリックPlatform as a Service(PaaS)、パブリッククラウドのオンデマンド管理システムとセキュリティシステム、企業レコードシステム向けプライベートクラウドIaaS、エンゲージメントアプリケーションとクラウドネイティブアプリケーションのシステム向けパブリックIaaSまたはプライベートIaaS上のプライベートContainer as a Service(CaaS)スタックなどが含まれています。

National Institute of Standards and Technologyは、次のようなさまざまなクラウドコンピューティング導入モデルを定義しています。

  • プライベートクラウド:複数のユーザーから成る1つの組織だけが使用するためにプロビジョニングされたクラウドインフラストラクチャ。所有、管理、運用は、当該組織、サードパーティーまたはそれらの組み合わせが行います。プライベートクラウドはオンプレミスまたはオフプレミスに配置することができます。
  • パブリッククラウド:一般に公開されて使用できるようにプロビジョニングされたクラウドインフラストラクチャ。所有、管理、運用は、企業、教育機関、政府機関またはそれらの組み合わせが行います。クラウドプロバイダのオンプレミスに配置されます。
  • ハイブリッドクラウド2つ以上の別個のクラウドインフラストラクチャ(プライベートまたはパブリック)で構成されたクラウドインフラストラクチャ。構成要素のクラウドインフラストラクチャは、標準化された技術や独自の技術によって、独立した存在でありながら統合されており、データとアプリケーションの移植が可能です。
 
Contrail Provider Cloudは、IaaSの一例であり、プライベートクラウドの基盤としてよく使用されています。

ほとんどのパブリッククラウドはIaaSを提供していますが、その多くは、非集約型PaaSのような、「Services as a Platform(SaaP)」と呼ばれるサービスを多く提供しています。

マルチクラウドのメリット

高可用性:マルチクラウドは、組織のサービスとデータストレージを冗長化して、セキュリティの脅威やシステム停止から保護します。1台のクラウドが使用不能になっても、別のクラウドがオンラインを維持し、アプリケーションを実行してユーザーにサービスを提供します。

柔軟性:マルチクラウドでは、ビジネスニーズ、経済性、場所、タイミングに「最適な」クラウドタイプを柔軟に選択できます。一般的に、組織は、データ、インフラストラクチャ、アプリケーションを管理するために、異なる複数のクラウドを使用します。マルチクラウドを賢く利用してアプリケーションとデータの移植性を維持すると、「ベンダーロックイン」を回避できます。

経済性:マルチクラウドでは、設備投資と運用コストを評価しながら、パブリッククラウドとインフラストラクチャのベンダーの価格競争を利用して、最適な経済性を維持することができます。パブリッククラウドのサービスを使用すると、人材を雇用する必要なく、サービスの管理やその依存関係に時間をかけずに追加の機能を顧客に提供することもできます。さらに、マルチクラウド全体のサービス能力の割り当てを計画することで、特定のサービスレベル要件のコストを最適化して、柔軟に拡張できます。

マルチクラウドを構築すべき理由

マルチクラウドを構築すると、複数のクラウドを運営しているプロバイダのさまざまなサービスを使用してメリットを得ることができます。マルチクラウドにとって重要なのは、エンドツーエンドのリーチを提供する接続性です。接続性をどのように提供するかによって、マルチクラウドアーキテクチャ全体にエンドツーエンドでセキュリティと運用制御を拡張する取り組みが、後押しされることもあれば、妨げられることもあります。

エンドツーエンドと見なされるマルチクラウドは、データセンターやパブリッククラウドよりも優れています。アプリケーションを相互接続したり、アプリケーションをユーザー、スタッフ、お客様がいるキャンパスや支店サイトと接続することもできます。このためには、次のようなマルチクラウド コンポーネントが必要です。

マルチクラウド アーキテクチャの準備方法

マルチクラウドアーキテクチャは大規模な環境であるため、クラウドアーキテクチャを使用する場合、あるいは使用を検討する場合に、この避けられない現実への適切な対策を講じる必要があります。

  1. ツールチェーンの統合:ツールチェーンの統合作業では、開発者がベースDevOpsパイプライン、アプリケーションランタイムクラスター、ミドルウェアスタックを合理化することで、組織のほとんどのプロジェクトに対して機能することを目指します。ツールはすべてのクラウドインフラストラクチャ(レガシーインフラストラクチャを含む)上で稼働する必要があります。多くのクラウドで管理されているオープンソースベースサービスや、自社で導入して管理できるサービスが推奨されます。
  2. クラウドの接続:パイプラインの自動化、アプリケーション階層の分割、ウェアハウスや分散アプリケーションのための安全なデータレプリケーション、災害の復旧と回避のためのバックアップを可能にするために、複数のクラウドを接続する必要があります。
  3. ポリシーの統合と簡素化:クラウド内およびクラウド間のオーケストレーションを向上するために、クラウド管理プラットフォームを使用します。連携型コントローラやグローバルコントローラを使用して、設定と管理を統合します。モデルとAPIのプロビジョニングに抽象化を使用します。
  4. 事前の計画と準備:ITプラットフォームとしてのマルチクラウドについては、計画策定と組織の理念の構築に時間をかけて、慎重に戦略を立てます。この工程を急ぐことは避けてください。開発者が自由にサービスを使用し、その結果組織の将来的な柔軟性が損なわれる可能性があります。

複数のクラウド環境にまたがって作業をすると、組織のROIを最大化しながら、個々のクラウド環境に関連するリスクを最小化することができます。管理の行き届いたマルチクラウドプラットフォームがもたらす柔軟性と付加価値は、ビジネスに継続的な優位性と俊敏性を与えます。クラウドの採用に関する最新の統計データを参照するには、「1State of the Cloud Report」をクリックしてください。