Juniper Cloud Workload Protection

Juniper Cloud Workload Protectionは、高度なエクスプロイトやゼロデイエクスプロイトなどで、アプリケーションワークロードを自動的に防御します。これにより、プロダクション環境は常に脆弱性の悪用に対してセーフティネットを確保し、ビジネスクリティカルなサービスを接続し、耐障害性を実現します。

主な特長


  • ランタイム保護
  • 高度な攻撃防御
  • 脆弱性の検出
  • ゼロトラストのマイクロセグメンテーション

特長とメリット

ランタイム保護

攻撃に対するリアルタイム保護を"提供し、手動による介入なしで悪意のあるアクションからアプリケーションを保護し、エンドポイント検出(EDR)やWAF(Web Application Firewall)ソリューションではできない高度な攻撃をキャッチします。

高度な攻撃防御

ゼロデイエクスプロイト、OWASP Top 10、アプリケーションの脆弱性やワークロードを目的としたメモリベースの攻撃など、高度な攻撃に対して保護します。

脆弱性の検出

アプリケーションやコンテナの脆弱性を継続的に評価し、同時に深刻で危険な悪用の企図を検出します。 

包括的なテレメトリ

アプリケーション接続、トポロジー、試みられた攻撃に関する詳細な情報など、豊富なアプリケーションレベルのセキュリティイベント生成とレポートを提供します。 

最小限の誤った警告

アプリケーションの実行を検証し、動作やシグネチャを使用せずに攻撃を検出を行うことで、事実上誤った警告が発生しなくなります。

ゼロトラストのマイクロセグメンテーション

アプリケーションリソースを横方向の脅威の伝播から保護し、ジュニパーvSRX仮想ファイアウォールと統合し、ワークロードや仮想環境が変わるとしても、リスクに基づいてアクセスを制限します。組み込みのリアルタイムテレメトリによる自動化された脅威対応により、セキュリティチームが1回の検出、ネットワーク全体のブロックを可能にします。

CyberRatings Enterprise Firewallのテスト

ジュニパーはCyberRatingsのエンタープライズファイアウォールテストで、セキュリティ有効性の最高評価を受けました。

レポートを読む(英語)

Gartnerがジュニパーを『Magic Quadrant Challenger in Enterprise Network Firewalls』に選出
ジュニパーがどのようにして、ネットワークセキュリティの現状打破に挑んでいるのかをご覧ください。
オンラインセミナーをお見逃しなく
ゼロトラストデータセンターの自動化と強化のオンラインセミナーにぜひご参加ください。
これらのソリューションでクラウド ワークロードの保護を検索
コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリック クラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

データセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

サービスプロバイダのセキュリティ

Juniper Connected Security は、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。