Juniper Cloud-Native Router

Cloud-Native Routerでは、コンテナの経済性や優れた運用効率を最大限に活用できるため、サービスプロバイダ5Gの導入に必要な柔軟性を確保することができます。このパフォーマンスに優れたソフトウェアベースのルーターは、ジュニパーの定評のあるルーティングテクノロジー、Junos OSコンテナ化ルーティングプロトコルデーモン(cRPD)、x86プロセッサー向けのContrail vRouter DPDKフォワーディングプレーンを組み合わせました。また、Kubernetesコンテナネットワークインターフェイス(CNI)フレームワークとシームレスに統合されます。

スペースや能力、冷却機能が制限されるクラウドネイティブ環境に対応するための高度なネットワーキング機能をジュニパーの物理ルーターに加えたのが、このルーターです。Junos OSルーティングテクノロジーをベースとした物理および仮想のハイブリッドネットワークにより、一貫性のあるエンドツーエンドのエクスペリエンスを実現します。Cloud-Native Routerは、5G分散型無線アクセスネットワーク(D-RAN)およびハイパースケーラークラウド環境にホストされた5Gコアデータセンターの主要なコンポーネントになっています。

主な特長


  • 定評のあるJunos OSルーティング
  • 高性能なフォワーディングプレーン
  • Kubernetes CNI準拠
  • コンパクトなフットプリント

特長とメリット

高度なサービスとの統合

クラウドネイティブの高度なJunos OSネットワーキングサービスをクラウドアプリケーションに容易に統合でき、開発を促進して信頼性を高めることができます。Cloud-Native Routerでは、サービスプロバイダ向けに、レイヤー3 VPN、MPLS、ダイナミックサービス設定、障害検知、高可用性設定、ダイナミックルーティングプロトコルなどがサポートされています。 

高速パケット処理

Contrail vRouter DPDKフォワーディングプレーンにより、パケットのスループットが高まり、優れたパフォーマンスを発揮します。

コンパクトなフットプリント

コンピューティングリソースがあればどこでも導入でき、細分化されたリソースを活用できるため、クラウドネイティブの導入環境に最適です。 

シンプルな導入

Cloud-Native Routerは、NetOps 2.0環境でシームレスに動作し、従来のネットワーク運用方法を使用して管理することもできます。

リソースセンター

これらのソリューションでCloud-Native Routerを検索してください。

クラウドネイティブ

 

ジュニパーのクラウドネイティブソリューションは、基本的な接続性だけでなく、十分なスケール、パフォーマンス、およびセキュリティレベルも提供するため、DevOpsチームは不要な複雑さから解放され、アプリケーションイノベーションに集中できるようになります。

 

 

Telcoクラウド

ジュニパーの Tel クラウドは、オープンで俊敏なアーキテクチャに基づいて構築されており、顧客や変化するビジネスニーズにより迅速に応答することができます。これにより、効率的かつ高速なサービス インフラを備えた、カスタマー エクスペリエンスを向上させることができます。

5Gネットワーク

5Gへのジュニパーのオープンなエコシステムアプローチは、ネットワークのパワーと潜在性を最大限に引き出します。新たなビジネス価値を創造し、御社が今後10年にわたり競争力を維持できるように、ジュニパーがアーキテクチャ、運用、サービスエクスペリエンスの再構築をお手伝いします。