Beeline がネットワークを向上させ、ギグ エコノミーで適切な人材を検索、管理する企業をサポート

請負業者およびフリーランサーは、今後 10 年以内に米国の労働力の半分を占めるようになる可能性があります。この事実が Beeline の成長を後押ししています。Beeline は企業による社外の労働力を検索、管理をサポートします。Beeline は、AI を活用した SaaS ソリューションを実行し、円滑な業務を維持するために、ジュニパーのネットワークとセキュリティを利用しています。

概要


会社名 Beeline
業界 テクノロジー, クラウドプロバイダ
使用製品 MX104QFX5100QFX10002SRX345SRX4100
地域 Americas
Beelineの画像
「データセンターにジュニパーを導入することで、ネットワークで問題が起きるという懸念を抱くことなく、大量のデータを処理できる汎用性を手に入れることができました」
ジェイソン・フィリップ Beeline、インフラストラクチャ ディレクター

ビジネス上の課題

Beelineは5年前にすべてのネットワークのジュニパーへの移行を開始しました。ジュニパーは現在、米国、アジア、ヨーロッパのデータ センターとオフィスでネットワークとセキュリティをサポートしています。ジュニパーの簡素化を実現、キャリアクラスの性能、予測可能な拡張性が導入の決め手となりました。