QFX10002シリーズイーサネットスイッチ

QFX10002 固定構成型スイッチは、今日の極めて高度な要件を伴うデータ センターキャンパス、ルーティング環境向けに設計された高密度で拡張性に優れたプラットフォームです。コンパクトな 2 U 筐体にすべてのパワーと機能を搭載しています。

QFX10002スイッチは、カスタムシリコンQ5 ASICsを使用した、ネットワークトラフィックの急増を吸収し、アプリケーション遅延を削減する、ハイブリッドメモリーキューブ (HMC)を備えたディープバッファが特長となっています。同じプラットフォームで 10GbE、40GbE、100GbE をサポートするため、トラフィックのニーズが増加してもネットワークの容量を柔軟に増やすことができます。

QFX10002を管理するターンキーのジュニパーのApstraシステムでネットワーク・ライフサイクル全体を自動化して、設計、導入、および運用を簡素化し、クローズド・ループの保証を実現します。

主な特長


導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン型

ポート密度:

  • QFX10002-36Q:36 x 40GbE QSFP+あるいは12 x 100GbE QSFP28
  • QFX10002-72Q:72 x 40GbE QSFP+または 24 x 100GbE QSFP28
  • QFX10002-60C:60 x 40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 64

スループット:最大2.88/5.76/12 Tbps(双方向)

ディープバッファー:ポート当たり100 ms
のPrecision Time Protocol(PTP)

特長とメリット

ハイスループット

最大12Tbps(双方向)のワイヤースピードスイッチングを低レイテンシー、および低ジッターで維持し、レイヤー2ならびにレイヤー3の性能をフルに発揮します。

アーキテクチャの柔軟性

レイヤー2とレイヤー3ネットワーク向けのIPファブリックとEVPN-VXLANオーバーレイをサポートし、新しいサービスを迅速し柔軟に対応することができます。

HMCを使用したディープバッファー

ネットワークトラフィックの急増に対応します。

ファブリック管理

ジュニパーのインテントベースの Apstraソリューションは、IP/EVPNファブリックの初日からDay 2までの機能をクローズドループで保証します。

お客様の導入事例

データの統合と最新化が T‑Systems の IT サービス提供を補強

T‑Systems は、さまざまなデジタル サービスを 20 か国で提供しています。プロバイダーは、45 か所のグローバルデータセンターを運営し、それらを統合および最新化して運用を簡素化し、新しいパフォーマンス、可用性、拡張性の要件を満たすことを決定しました。

T-Systemsの画像

製品

QFXシリーズを他のQFX製品と比較してご覧ください。

QFX10002

QFX10002 固定構成型スイッチは、今日のきわめて高度な要件を伴う データ センターキャンパス、ルーティング環境向けに設計された高密度で拡張性に優れたプラットフォームです。コンパクトな 2 U 筐体にすべてのパワーと機能を搭載しています。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン型

ポート密度:

  • QFX10002-36Q:36 x 40GbE QSFP+あるいは12 x 100GbE QSFP28
  • QFX10002-72Q:72 x 40GbE QSFP+または 24 x 100GbE QSFP28
  • QFX10002-60C:60 x 40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 64

スループット:最大2.88/5.76/12 Tbps(双方向)

ディープバッファー:ポート当たり100 ms
のPrecision Time Protocol(PTP)

表示中

QFX10008 および QFX10016

QFX10008およびQFX10016スイッチは、最も要求の厳しいデータセンターキャンパス、およびルーティング環境をサポートします。カスタムシリコンQ5 ASIC、ディープバッファ、および最大96Tbpsのスループットにより、長期的な投資保護のための柔軟性と容量を提供します。

技術的な特長

導入事例:データセンター・ファブリック・スパイン

シャーシオプション:

  • QFX10008:13 Uシャーシ、最大8枚のラインカードを搭載可能
  • QFX10016:21 Uシャーシ、最大16枚のラインカードを搭載可能

ポート密度:

  • QFX10000-30C-M:30 x 100/40GbE、MACsecに対応
  • QFX10000-30C:30 x 100/40GbE
  • QFX10000-36Q:36 x 40GbEあるいは12 x 100GbE
  • QFX10000-60S-6Q:6 x 40GbEあるいは2 x 100GbEを備えた60 x 1/10GbE
  • QFX10000-12C-DWDM:6 x 200Gbps

スループット:最大96Tbps(双方向)
ディープバッファ:ポート当たり100msの
Precision Time Protocol(PTP)

qfx5120 48y front with top

QFX5120

QFX5120シリーズは、低レイテンシーのレイヤー2/レイヤー3機能や高度なEVPN-VXLAN機能を必要とするデータセンター、データセンターエッジ、データセンターの相互接続およびキャンパスへの導入を想定して設計された1/10/25/40/100GbEスイッチを提供します。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン、キャンパス分散/コア、MACsecを必要とするアプリケーション

ポート密度:

  • QFX5120-48T:48 x 1/10GbE RJ-45、6 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-48Y:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+、8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-48YM:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+、8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-32C:32 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28、2 x 10GbE SFP+

スループット:最大2.16/4/6.4Tbps(双方向)

MACsec:全ポートにAES-256暗号化機能を搭載(QFX5120-48YM)

ジュニパーのQFX製品一覧を見る

ぜひお試しください。今すぐお試しください。

IP/EVPNファブリックソリューションを無料でお試しいただけます!

ライブイベントとオンデマンドのデモ

どのようにネットワークの変革を遂げたかをご覧ください。

これらのソリューションでQFX10002シリーズを検索

データセンターの相互接続

ジュニパーのDCIソリューションは、従来の拡張性の制約、ベンダーロックイン、相互運用性の課題を打破するシームレスな相互接続を実現します。

データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、信頼性を確保します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化し、継続的に検証することで、設計、導入、運用を容易にします。

自動化されたデータセンターファブリック

スタンダードベースのネットワークファブリックアーキテクチャは、データセンターの拡張性を高め、自動化による信頼性と俊敏性を向上させます。このソリューションは、マルチベンダーネットワーク向けのJuniper Apstraの自動化された確実な運用と、ジュニパーの拡張性、プログラム性に優れたスイッチング/ルーティングプラットフォームを一体化させたものです。