データの統合と最新化が T‑Systems の IT サービス提供を補強

T‑Systems は、さまざまなデジタル サービスを 20 か国で提供しています。同社は、現在 45 のグローバル データ センターを運営しており、パフォーマンス、可用性、拡張性の新たな要件を満たすために、データ センターを統合および最新化して運用を簡素化することを決定しました。

概要


会社名 T-Systems
業界 サービスプロバイダ, クラウドプロバイダ
使用製品 QFX5110QFX5100Junos OSQFX10002
地域 EMEA
T-Systemsの画像

ビジネス上の課題

デジタル サービスのポートフォリオを拡張し、顧客ベースを増強するには、データ センターにクラウドレベルの拡張性が必要でした。T‑Systems は、サービス プロビジョニングの迅速化、およびサービスのパフォーマンスと可用性の向上も求めていました。その目標を達成するために、ジュニパーの SDN(Software-Defined Networking)とノンブロッキング データ センター スイッチング アーキテクチャを検討しました。 

お客様に提供するサービスをプロビジョニングすることができ、マルチクラウドなどの新しいビジネス チャンスを迅速に収益化できるため、自動化とオーケストレーションは重要な要件でした。」
トーマス・ウェンデ氏 T‑Systems、データセンター ネットワーク エンジニアリング担当リーダー

T-Systems が自動化を使用してデータ センターの運用を最新化し、簡素化する方法をご覧ください。(13:15)