QFX5100 スイッチ

QFX5100トップオブラックは、データセンター向けの10GbE/40GbEスイッチで、低遅延、導入の汎用性、豊富な自動化機能を備えています。これらのスイッチは、スパイン/リーフ型IPや、EVPNファブリックなどの業界標準アーキテクチャで使用できる汎用な構成要素となります。

ターンキーのJuniper Apstraインテントベースネットワーク構築ソフトウェアでQFX5100sを管理することで、ネットワークライフサイクル全体が自動化され、設計、導入および運用が簡素化され、クローズドループアシュアランスが得られます。

主な特長


導入事例:データセンターファブリックリーフ

ポート密度:

  • QFX5100-48S:1/10 GbE SFP/SFP+ x 48、40 GbE QSFP+ x 6
  • QFX5100-48T:100 Mbps/1/10 GbE RJ-45 x 48 および 40 GbE QSFP+ x 6
  • QFX5100-24Q:40GbE QSFP+ x 24/32
  • QFX5100-96S:1/10 GbE SFP/SFP+ x 96、40 GbE QSFP+ x 8

スループット:最大1.44/2.56 Tbps

特長とメリット

ハイスループット

低遅延/低ジッターで最大2.56Tbpsの有線速度スイッチングを実現するスイッチで、完全なレイヤー2および3性能を提供します。

Junos OSの機能

Junosオペレーティングシステムは、BGP、EVPN-VXLAN、MPLS、FCoE(ファイバーチャネルオーバーイーサネット)などの高度なネットワーク機能をサポートしています。

柔軟な導入オプション

EVPN-VXLANレイヤー2ゲートウェイをサポートし、アクセスからエッジまで、データセンター内のあらゆる層でVXLAN-VLAN接続を可能にします。

ネットワークの自動化

ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)と、Python、Ansible、Chef、Puppetおよびその他のDevOps構成管理ツールをサポートしており、ネットワークの複雑さを軽減するのに役立ちます。

ファブリック管理

ジュニパーのインテントベースのApstraソフトウェアが、IP-EVPNファブリックにDay 0からDay 2以降をすべてカバーする機能を提供するため、データセンターでクローズドループアシュアランスが得られます。

顧客の成功事例

Aston Martin、ITを促進してビジネスをスピードアップ

英国を代表するスポーツカーブランド、アストンマーティン・ラゴンダは、世界初の高級電気自動車を含む7つの新車モデルを7年間でつくるという大胆な計画を立てていました。この計画の実現には、より革新的で迅速、応答性に優れたIT環境が必要でした。 

QFX シリーズ スイッチ

QFXシリーズを他のQFX製品と比較してご覧ください。
qfx5100 24q front with top

QFX5100

トップオブラックのQFX5100シリーズの データセンター向け10/40GbEスイッチは、低レイテンシ性、導入時の汎用性、および豊富な自動化機能を提供します。これらのスイッチは、スパイン/リーフ型ファブリックなどの業界標準アーキテクチャにユニバーサルな構成要素を提供します。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ

ポート密度:

  • QFX5100-48S:1/10 GbE SFP/SFP+ x 48、40 GbE QSFP+ x 6
  • QFX5100-48T:100 Mbps/1/10 GbE RJ-45 x 48 および 40 GbE QSFP+ x 6
  • QFX5100-24Q:40GbE QSFP+ x 24/32
  • QFX5100-96S:1/10 GbE SFP/SFP+ x 96、40 GbE QSFP+ x 8

スループット:最大1.44/2.56 Tbps

表示中
qfx5120 48y front with top

QFX5120

QFX5120シリーズは、低レイテンシーのレイヤー2/レイヤー3機能や高度なEVPN-VXLAN機能を必要とするデータセンター、データセンターエッジ、データセンターの相互接続およびキャンパスへの導入を想定して設計された1/10/25/40/100GbEスイッチを提供します。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン、キャンパス分散/コア、MACsecを必要とするアプリケーション

ポート密度:

  • QFX5120-48T:48 x 1/10GbE RJ-45、6 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-48Y:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+、8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-48YM:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+、8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-32C:32 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28、2 x 10GbE SFP+

スループット:最大2.16/4/6.4Tbps(双方向)

MACsec:全ポートにAES-256暗号化機能を搭載(QFX5120-48YM)

qfx5130 32cd front with top

QFX5130

QFX5130シリーズは、Broadcom Trident 4に基づいて、高密度でコスト最適化された1U、400GbE固定構成スイッチを提供します。クラウドサービスが追加される環境に最適です。QFX5130シリーズは、10/25/40/100/400GbEのインターフェイスオプションを備えており、企業、サービスプロバイダー、およびクラウドプロバイダーの環境において、スピンアンドリーフ型の展開に最適な選択肢となります。

技術的な特長

使用事例:データセンターファブリックスパイン
キャンパスディストリビューション/コア

ポート密度:

  • QFX5130-32CD:400GbE QSFP-DD/QSFP+/QSFP28 x 32、10GbE SFP+ x 2

スループット:最大25.6 Tbps(双方向)

ジュニパーのQFX製品一覧を見る

ぜひお試しください。今すぐお試しください。

IP/EVPNファブリックソリューションを無料でお試しいただけます!

ライブイベントとオンデマンドのデモ

どのようにネットワークの変革を遂げたかをご覧ください。

これらのソリューションでQFX5100シリーズを検索

データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、信頼性を確保します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化し、継続的に検証することで、設計、導入、運用を容易にします。

自動化されたデータセンターファブリック

自動化とマルチベンダーをサポートするJuniper Apstraと、拡張可能かつプログラム可能なスイッチング/ルーティングプラットフォームを組み合わせた、スタンダードベースのファブリックソリューションにより、データセンターの拡張性、信頼性、俊敏性を強化。

QFX5100に関するよくある質問

QFX5100シリーズのポート密度と速度について

ジュニパーQFX5100スイッチは、以下のポート構成の中から選べます。

  • 1 Uプラットフォームに72 x 10GbE
  • 2 Uプラットフォームに96 x 10GbE
  • 1 Uプラットフォームに32 x 40GbE

QFX5100スイッチの主なユースケースとは?

QFX5100のアクセスおよびアグリゲーションスイッチは、最も要求が厳しく高パフォーマンスのデータセンター導入向けに設計されています。トポロジーに依存しないインサービスソフトウェアアップグレード(TISSU)と、仮想化サーバーとベアメタルサーバーをブリッジングするレイヤー2ゲートウェイ機能を特長としています。QFX5100は、低遅延性と柔軟な導入オプション、豊富なレイヤー2とレイヤー3の機能を備えた、業界で最も機敏性の高いスイッチング製品ラインです。

QFX5100のスループットとは?

QFX5100スイッチは、最大2.56 Tbpsの双方向スループットを実現することができます。

QFX5100シリーズの主な特長とは?

3つの主な特長は次の通りです。

  • インサービスソフトウェアアップグレード:QFX5100はIntelコアプロセッサを搭載しており、JunosオペレーティングシステムをLinux上の仮想マシン(VM)内で実行することができます。Junos OS は、アクティブとスタンバイのペアで構成された2つの独立したVMで動作します。ソフトウェアアップグレードのサイクル時には、スイッチはデータプレーンのトラフィックをそのまま維持しながら、新しいソフトウェアバージョンにシームレスに移行できます。
  • 自動化:スイッチは、ネットワーク自動化とプラグアンドプレイ操作に対応する機能を数多くサポートしています。ZTP、運用スクリプトおよびイベントスクリプト、自動ロールバック、Pythonスクリプティングなどの機能を備えています。
  • 分析用のInsight Technologyソフトウェアを内蔵:10マイクロ秒間隔でバッファーの利用状況を動的に監視/報告する機能が用意されており、貴重なパフォーマンスデータやトラブルシューティングデータ、ホットスポット統計が得られるマイクロバーストや遅延に関する情報を提供します。

QFX5100スイッチを使用するべき人は誰ですか?

QFX5100シリーズのアクセスおよびアグリゲーションスイッチは、次世代IPファブリックにおけるリーフ型の導入に最適です。ネットワーク事業者は、高度なレイヤー2、レイヤー3、MPLS機能を備えたネットワーク機能を利用することで、25GbEサーバーへのアップグレード、ネットワーク仮想化、実証済みのインターネット規模のテクノロジーに基づくインテリジェントなトラフィックフォワーディングをサポートする、大規模で高密度のIPファブリックを構築することができます。

QFX5100モデルにはどのようなものがありますか?

QFX5100シリーズには、複数のコンパクトな1 Uモデルと2 Uモデルが用意されています。ワイヤースピードのパケットパフォーマンス、低遅延性、Junos OSの豊富な機能といった特徴をそれぞれ備えています。

  • QFX5100-48S(1 U)
  • QFX5100-48T(1 U)
  • QFX5100-24Q(1 U)
  • QFX5100-24Q-AA(1 U)
  • QFX5100-96S(2 U)