ジュニパーフレックスライセンス

ジュニパーフレックスライセンスプログラムでは、ネットワークの利用方法を選べます。ライセンスの管理が容易になり、必要なものだけを継続的に購入できます。次のようなメリットがあります。

シンプルさ

  • 恒久型とサブスクリプション型のオプション
  • エンタープライズ、データセンター、サービスプロバイダ、セキュリティの製品が対象
  • プラットフォーム、ソフトウェア、SaaS製品は、すべてテクノロジーユースケー
    スに一貫して揃っています。

透明性

  • お客様が購入するものはキープするもの
  • 機能には表示以外の料金は不要
  • 基盤となるユースケースの導入コストが低下
  • 高度なユースケー
    スへのアクセス

選択可能

  • 物理、仮想、クラウドのソリューション
  • 1年、3年、5年のサブスクリプション規約
  • サブスクリプションソフトウェアを移植可能

主な特長


  • シンプルさ
  • 透明性
  • 選択可能

特長とメリット

フレックスでは、次のようなジュニパーのさまざまなソリューションを簡単に購入できます。

  • ハイパフォーマンスなプラットフォーム(PTX、MX、QFX、EX、SRX、NFX、ACXシリーズ)で使用するソフトウェア
  • ジュニパーの仮想およびクラウドプラットフォーム(vMX、vSRX、cSRX、cRPD)で使用するソフトウェア
  • スタンドアロンソフトウェアおよびサービス - Contrail、Contrailサービスオーケストレータ、Paragonオートメーション、Wi-Fi/Wired/WAN保証

ジュニパーフレックスにより、組織のニーズに応じた適切な規模でネットワークに投資できます。状況が変わった場合に、新しい機能を追加したり、デバイスクラス内でプラットフォーム間を移動したりすることも難しくありません。


また、フレックスは次のような高度な機能にも対応します。

  • クラウド管理の有線保証と、AIドリブンのサポート・運用
  • EVPN-VXLAN、QinQ、PTX上のVRRP
  • きめ細かなQoS、およびQFXからPTXへの移行時でのFIBとLSPの規模拡大

さらに、一貫性のある簡単な運用のために、MXプラットフォームとPTXプラットフォームの間のルーティングユースケースがQFXプラットフォームとPTXプラットフォームの間のデータセンターユースケースと同じになるように調整されています。

ジュニパーフレックスでは、多くの場合、基盤となるユースケースを従来のライセンス方式よりも低いコストで導入できます。フレックスには恒久型ライセンスとサブスクリプション型ライセンスの両方が用意されており、さらにTCOを削減することも可能です。

    

ソリューションやその他の製品・サービスは、ジュニパーのプラットフォームに統合されたシンプルな3階層ソフトウェアモデルで提供され、クラウドを含むジュニパーまたはサードパーティーのプラットフォームで実行するかSaaSとして利用します。

   

ジュニパーケアは、すべてのジュニパーフレックスサブスクリプションソフトウェアパッケージに含まれています。受賞歴のある技術サポートと運用サポートを利用して、ネットワークの安定稼働を簡単に維持できます。ハードウェアと基本ソフトウェアのサポートは、ジュニパーから直接または認定テクニカルパートナーから受けられます。

高いレベルのパーソナライズとアクセス向けに、ジュニパーアドバンスドケアパッケージとプレミアムケアパッケージもご用意しています。さらに、ジュニパーのアドバイザリサービスとプロフェッショナルサービスを利用して、実装の複雑さを解消し、ネットワークの価値創出を加速できます。

ソフトウェア
ジュニパーは、ソフトウェアとAIを活用した自動WANソリューション、クラウド対応データセンター、AIドリブンエンタープライズ、コネクテッドセキュリティを通じて、クラウド時代に対応したネットワーキングというビジョンを実現しています。
サービス
ジュニパーフレックスをジュニパーケアサービスで補強します。お客様のネットワークのニーズに合った技術サポートと運用サポートにより、ネットワークの安定稼働を維持し、高性能製品・サービスへのお客様の投資を保護します。