QFX10008 および QFX10016 イーサネット スイッチ

QFX10008スイッチとQFX10016スイッチは、要求の厳しいデータセンターキャンパス、およびルーティング環境をサポートする拡張性の高いネットワーク基盤を提供します。当社のカスタムシリコンQ5 ASICを使用したこれらのモジュール式スイッチは、深いバッファと1/10/40/100/200GbEのインターフェイスオプションを備えています。最大96TbpsのスループットとQFX10000セットのラインカードにより、長期的な投資保護のための柔軟性と容量を提供します。

QFX10008およびQFX10016スイッチは、アーキテクチャの柔軟性を備えているため、独自のソリューションに縛られることはありません。これらの製品は、スパイン&リーフ・ファブリックやEVPN-VXLANオーバーレイ・アーキテクチャーなどの多様なネットワーク環境で動作します。

QFX100008スイッチとQFX10016スイッチを管理する 

主な特長


導入事例:データセンター・ファブリック・スパイン

シャーシオプション:

  • QFX10008:13 Uシャーシ、最大8枚のラインカードを搭載可能
  • QFX10016:21 Uシャーシ、最大16枚のラインカードを搭載可能

ポート密度:

  • QFX10000-30C-M:30 x 100/40GbE、MACsecに対応
  • QFX10000-30C:30 x 100/40GbE
  • QFX10000-36Q:36 x 40GbEあるいは12 x 100GbE
  • QFX10000-60S-6Q:6 x 40GbEあるいは2 x 100GbEを備えた60 x 1/10GbE
  • QFX10000-12C-DWDM:6 x 200Gbps

スループット:最大96Tbps(双方向)
ディープバッファ:ポート当たり100msのP
recision Time Protocol(PTP)

特長とメリット

ハイスループット

最大96Tbps(双方向)のスループットにより、低遅延/低ジッターのワイヤースピードスイッチングと完全なレイヤー2 およびレイヤー3パフォーマンスが維持されます。

アーキテクチャの柔軟性

レイヤ2およびレイヤ3ネットワークのIPファブリックやEVPN-VXLANオーバーレイをサポートし、新しいサービスの迅速な導入およびサポートに必要な柔軟性を提供します。

MACsec対応

MACsec機能は100 GbEに達するまでの速度を誇り、データセンターのトラフィックを迅速に暗号化することができます。

HMCを使用したディープバッファー

ネットワークトラフィックの急増に対応します。 

ファブリック管理

ジュニパーのインテントベースのApstraソリューションは、IP/EVPNファブリックの初日から2日目までの機能をクローズドループで保証します。

Magic Quadrant Leader

ガートナーは、3年連続でジュニパーを『Magic Quadrant for Data Center and Cloud Networking』のリーダーに選出しました。

レポートを読む

お客様の導入事例

カナダの新興企業がCENGNのクラウドの限界を超える

イノベーションを加速することは、強力な経済と国家競争力の鍵であり、カナダにおいてその使命は、次世代ネットワークの中核拠点であるCENGNに託されています。CENGNは、中小企業にクラウドベースのインフラストラクチャを提供し、テクノロジーを検証して製品の商品化を加速します。

CENGNの画像

QFXシリーズスイッチ

QFXシリーズを他のQFX製品と比較してご覧ください。
QFX10008 および QFX10016

QFX10008およびQFX10016スイッチは、最も要求の厳しいデータセンターキャンパス、およびルーティング環境をサポートします。カスタムシリコンQ5 ASIC、ディープバッファ、および最大96Tbpsのスループットにより、長期的な投資保護のための柔軟性と容量を提供します。

技術的な特長

導入事例:データセンター・ファブリック・スパイン

シャーシオプション:

  • QFX10008:13 Uシャーシ、最大8枚のラインカードを搭載可能
  • QFX10016:21 Uシャーシ、最大16枚のラインカードを搭載可能

ポート密度:

  • QFX10000-30C-M:30 x 100/40GbE、MACsecに対応
  • QFX10000-30C:30 x 100/40GbE
  • QFX10000-36Q:36 x 40GbEあるいは12 x 100GbE
  • QFX10000-60S-6Q:6 x 40GbEあるいは2 x 100GbEを備えた60 x 1/10GbE
  • QFX10000-12C-DWDM:6 x 200Gbps

スループット:最大96Tbps(双方向)
ディープバッファ:ポート当たり100msのP
recision Time Protocol(PTP)

表示中
QFX10002

QFX10002 固定構成型スイッチは、今日のきわめて高度な要件を伴う データ センターキャンパス、ルーティング環境向けに設計された高密度で拡張性に優れたプラットフォームです。コンパクトな 2 U 筐体にすべてのパワーと機能を搭載しています。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン型

ポート密度:

  • QFX10002-36Q:36 x 40GbE QSFP+あるいは12 x 100GbE QSFP28
  • QFX10002-72Q:72 x 40GbE QSFP+または 24 x 100GbE QSFP28
  • QFX10002-60C:60 x 40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 64

スループット:最大2.88/5.76/12 Tbps(双方向)

ディープバッファー:ポート当たり100 ms
のPrecision Time Protocol (PTP)

QFX5120

QFX5120シリーズは、1/10/25/40/100GbEスイッチで、低レイテンシーのレイヤー2/レイヤー3機能や高度なEVPN-VXLAN機能を必要とするデータセンター、データセンターエッジ、データセンターインターコネクトおよびキャンパスへの導入を想定して設計されています。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン、キャンパス分散/コア、MACsecを必要とするアプリケーション

ポート密度:

  • QFX5120-48T:1/10 GbE RJ-45 x 48、40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 6
  • QFX5120-48Y:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+および8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-48YM:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+および8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-32C:40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 32、10 GbE SFP+ x 2

スループット:最大2.16/4/6.4 Tbps(双方向)

MACsec:全ポートにAES-256暗号化機能を搭載(QFX5120-48YM)

ジュニパーのQFX製品一覧を見る
ぜひお試しください。今すぐお試しください。
IP/EVPNファブリックソリューションを無料でお試しいただけます!
ライブ イベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションでQFX10008およびQFX10016を検索
データセンターの相互接続

第1世代のDCIソリューションは拡張上の制約に対処するものの、柔軟性に欠け、独自のネットワーク要素と制御ソフトウェアを使用します。ジュニパーの DCI ソリューションはこのような制約から企業を解放します。

データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、エクスペリエンスを保証します。ジュニパーでは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化することで、設計、導入、および運用を簡素化し、クローズドループの保証を実現します。

自動化されたデータセンターファブリック

標準ベースのネットワークファブリックアーキテクチャは、データセンターの拡張性を高め、自動化による信頼性と俊敏性を向上させます。このソリューションには、マルチベンダーネットワークに対応したジュニパーのApstra Systemの自動化された確実な運用と、ジュニパーの拡張性のあるプログラム可能なスイッチングプラットフォームが融合されています。

Gartnerの『Magic Quadrant for Data Center and Cloud Networking』、アンドリュー・ラーナー、エバン・ゼン、ジョナサン・フォレスト、2020年6月30日。

Gartnerは、調査発行物に記載されたベンダー、製品、サービスを支持することはなく、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されています。全著作権所有