AP41アクセスポイント

ジュニパーAP41は、Juniper Mistのクラウドアーキテクチャと連携して、すべての無線クライアントから準リアルタイムでメタデータを収集および解析します。これにより、問題の迅速な発見と根本的な原因の特定、予測的な提案と事前の修正が可能となり、企業の自律型ネットワークTMの実現に貢献します。

さらに、AP41にはダイナミックなVBLE16素子アンテナアレイが搭載されており、Juniper User EngagementAsset Visibility、およびContact Tracingなど、業界において最も正確で拡張性の高い位置情報サービスを実現します。これらの位置情報サービスは、電池式のBLEビーコンや手動でのキャリブレーションを必要とせずに動作します。AP41では、アナログ/デジタルデバイスを制御できるIoTセンサーとインターフェイスポートの統合により、ドアのロックやカメラの制御など、ロケーションベースの高度なユースケースにも対応できます。

AP41上で動作するMist AIによるJuniper Mistのクラウドサービス:Wi-FI AssuranceWired AssurancePremium AnalyticsMarvis Virtual Network AssistantUser Engagement、およびAsset Visibilityの詳細についてご紹介します

主な特長


導入

屋内

Wi-Fi規格

802.11ac Wave 2; 4×4:4SS

Wi-Fiトライラジオ

はい

アンテナオプション

内部および外部

仮想Bluetooth LE

あり

特長とメリット

AP41は、5GHz帯において最大1,730Mbps、2.4GHz帯においては最大800Mbpsのデータ転送速度をサポートするトライラジオ方式の4x4アクセスポイントです。 

第3の無線は、ネットワーク、ロケーションおよびセキュリティセンサー、スペクトラムモニターとして機能します。

AP41は、BLE クラウド サービスを介して、Juniper Mistクラウドアーキテクチャから制御できる16 要素の仮想Bluetooth®LE(vBLE)アンテナアレイを備えています。

これにより、(バッテリー駆動のビーコンなどの)ハードウェアを追加する必要なく、アセットの位置、経路検索、近接メッセージ、接触者追跡/ソーシャルディスタンスなどのさまざまなユースケースに対応できます。パッシブアンテナが1個のトランスミッタのパワーを高め、指向性のビームを生成し、1~3mの精度で距離とロケーションを検出できます。

専用のデュアル帯域の無線が、特許出願中のPACE(プロアクティブ分析と相関エンジン)のデータを収集します。

AP41は、機械学習を活用してユーザーエクスペリエンスを分析し、問題を関連付け、問題の根本原因を自動的に検知します。

大きな問題が検出されると、Juniper Mistプラットフォームがパケットを自動的にキャプチャして、クラウドにストリーミングします。

これにより、IT部門の時間と労力が節約され、Snifferを使ってデータを再作成およびキャプチャしてトラブルシューティングする現場での作業が必要なくなります。

AP41は自動的にJuniper Mistのクラウドアーキテクチャに接続するとともに、設定をダウンロードしながら、適切なネットワークに参入します。

ファームウェアの更新情報を自動的に取得してインストールするため、ネットワークは常に、新機能、バグ修正、セキュリティの更新が適用された最新の状態になります。

Juniper MistのWi-Fi Assurance、User Engagement、およびAsset Visibilityの各サービスには、最大30日分のデータを分析する基本的な解析機能が含まれており、企業全体のネットワークに関するインサイトを抽出するプロセスを簡素化し、サポートリソースの適切な配置やプレミアムサービスの導入に役立てることができます。

Premium Analyticsに登録して、ネットワークの詳細情報をさらに拡大して最大1年間のデータセットの分析を実行する、カスタムレポートを有効にする、サードパーティのデータ要素からテレメトリを活用するなどの高度な機能を有効にすることもできます。

Magic Quadrant Leader

Gartnerが2020年度『Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure』の『リーダー』にジュニパーを選出

レポートを読む

お客様の導入事例

Gap Inc.、ネットワークに AI を導入して店舗内 Wi-Fi の操作性を変革

技術によって小売業は変革を遂げ、消費者がお気に入りのブランド商品を購入する方法も様変わりしています。Gap Inc. は、店舗内 Wi-Fi の操作性を大幅に向上するには、AI を活用したネットワークが最適だと判断しました。

Gapの画像

無線アクセスポイント

AP41

ジュニパーAP41シリーズは、802.11ac Wave 2対応の高性能アクセスポイントで、特許取得済みのバーチャルBluetooth® LEやモノのインターネット(IoT)を内蔵しています。

技術的な特長
導入

屋内

Wi-Fi規格

802.11ac Wave 2; 4×4:4SS

Wi-Fiトライラジオ

はい

アンテナオプション

内部および外部

仮想Bluetooth LE

あり

表示中
AP43

ジュニパーAP43高性能 Wi-Fi 6(802.11ax)アクセス ポイントは、特許取得済みの仮想 Bluetooth® LE(vBLE)とIoT(モノのインターネット)の機能を統合して、これまでにないユーザーエクスペリエンスを実現します。

技術的な特長
導入

屋内

Wi-Fi規格

802.11ax(W-Fi 6):4x4:4

Wi-Fiトライラジオ

あり

アンテナオプション

内部および外部

仮想Bluetooth LE

あり

IoTインターフェイス

あり

IoT センサー

湿度、圧力、温度

AP33

ジュニパーのAP33アクセスポイントは、AX向けミストAI機能とダイナミックなバーチャルBluetooth® LE(vBLE)アンテナアレイを統合し、ネットワーク運用の自動化とWi-Fiパフォーマンスの向上を実現します。

技術的な特長
導入

屋内

Wi-Fi規格

802.11ax(Wi-Fi 6)、5GHz:4x4:4; 2.4GHz: 2x2:2

Wi-Fiトライラジオ

はい

アンテナオプション

内部

仮想Bluetooth LE

はい

アクセスポイント製品一覧を見る
ジュニパーが競合企業の先をいく理由
ジュニパーのMist AI機能が競合他社の機能を上回っている理由をご紹介します。
Mist AIデモ
ウィークリーデモに参加して、当社がどのようにして有線および無線ネットワークで業界最高のアクセスレイヤーエクスペリエンスを提供しているのかをご覧ください。
これらのソリューションでAP41を検索
無線アクセス

今後の10年は、無線の進化、AIドリブンによる自動化、実用的なインサイト、マイクロサービスクラウドの俊敏性と弾力性により、エンタープライズネットワークには革命がもたらされるでしょう。

Gartner Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure、ビル・メネセス、クリスチャン・カナレス、ティム・ジマーマン、マイク・トゥーサン、2020年11月4日。

Gartnerは、調査発行物に記載されたベンダー、製品、サービスを支持することはなく、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERはGartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用しています。All rights reserved.