セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャによって、ネットワークとセキュリティを1つにまとめることで、クラウドへ移行する際、アプリケーションに直接安全にアクセスすることができます。ジュニパーは、場所を問わず、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護することで、SASEまでの道のりの途中にいるお客様が、SASEアーキテクチャにシームレスかつ安全に移行できるよう対応しています。オンプレミスおよびクラウド内、クラウドから場所を問わずセキュリティを管理できます。 

Juniper Connected Securityを使ってSASEに移行

お客様の現行のセキュリティ環境と今後のSASE展開の橋渡しをします。詳細はこちら

ジュニパーがサポートします

エクスペリエンス主導の管理

優れたユーザーエクスペリエンスは、侵害の対応と攻撃の阻止との分かれ目になる可能性があります。ジュニパーは、優れた管理エクスペリエンスを提供することで、SASEアーキテクチャへシームレスかつ安全に移行でき、複雑さや攻撃ベクトルを軽減します。オンプレミスおよびクラウド内、クラウドから場所を問わずセキュリティを管理し、ユーザー、デバイス、アプリケーションがどこに行っても追従する統合ポリシーで管理を行います。

お客様のネットワークを安全に変革します

アプリケーションを世界中に分散しているユーザーに近づけるので、一旦ポリシーを作成すると、どこでも容易に適用できます。クライアントからワークロードまで、可視性、インテリジェンス、および適用をネットワークのあらゆる接続ポイントに拡張することで、各セッションのアプリケーションへのセキュアなアクセスを実現します。 

ゼロトラストのセキュリティ

ユーザーがどこにいても攻撃から有効な保護を提供し、アプリケーションへの迅速にアクセスと一貫したセキュリティの適用を保証します。高性能ルーティングと革新的なIDベースのセッション整合性を組み合わせることで、ジュニパーは、移行途中のお客様が、IoTなど、デバイス、アクセス、場所を問わず、あらゆる場所のユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護することができるよう対応しています。

お客様の導入事例

Beeline がネットワークを向上させ、ギグ エコノミーで適切な人材を検索、管理する企業をサポート

請負業者およびフリーランサーは、今後 10 年以内に米国の労働力の半分を占めるようになる可能性があります。この事実が Beeline の成長を後押ししています。Beeline は企業による社外の労働力を検索、管理をサポートします。Beeline は、AI を活用した SaaS ソリューションを実行し、円滑な業務を維持するために、ジュニパーのネットワークとセキュリティを利用しています。

Beelineの画像

リソースセンター

インフォグラフィック