セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャは、ネットワークとセキュリティを統合し、ユーザーがどこにいても直接保護されたアクセスを提供します。ジュニパーは、セキュリティエクスペリエンスを簡素化し、SASE 移行中のどこにいてもニーズに応え、SASE クラウド配信アーキテクチャにシームレスかつ安全に移行することができます。

ジュニパーは、フルスタックの SD-WAN とセキュアサービスエッジ(SSE)機能を提供し、クラウドを活用してネットワークとセキュリティの両方の体験を最適化します。

ハイブリッドメッシュセキュリティでゼロトラストを実現

Juniper Connected Securityは、ネットワーク上のすべての接続ポイントで、より効果的なセキュリティを実現します。詳細はこちら

ジュニパーがサポートします

統一された可視性およびポリシー管理

分散した従業員を保護する際、クラウド配信セキュリティは十分ではありません。クライアントからワークロードまでの途切れることのない可視性、セキュリティ保証、シングル ポリシー フレームワークは、現在の投資を SASE ロールアウトへと橋渡しして、それを簡単かつ効果的にするための重要なツールです。ジュニパーをご利用いただければ、ユーザー、デバイス、アプリケーションがどこにあってもフォローする統一されたポリシー管理によって、どこからでも、オンプレミスやクラウドでセキュリティを管理できます。

どこからでもユーザー アクセスのセキュリティを確保できます

アプリケーションを保護し、ユーザーがどこにいてもフォローできる一貫性のある安全なアクセスを提供します。ジュニパーを使用することで、市場で最も効果的と実証されている効果的な脅威防御サービスを活用してトラフィックを検査し、どこからでもWeb、SaaS、オンプレミスアプリケーションに安全にアクセスできるようにして、リスクを軽減することができます。

ネットワークの自己最適化を促進する

AIの力を活用して、信頼性と透明性の高いネットワーク接続を確保します。ジュニパーAI ドリブン SD-WAN により、ユーザーの接続を維持し、ネットワークチームの秘密兵器である AI を活用してユーザーエクスペリエンスを向上させ、問題の先取りを容易にします。

関連ソリューション

AIドリブンSD-WAN

AIドリブンのインサイト、自動化、アクション、およびネイティブセキュリティで、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを強化します。

お客様の導入事例

Beeline がネットワークを向上させ、ギグ エコノミーで適切な人材を検索、管理する企業をサポート

請負業者およびフリーランサーは、今後 10 年以内に米国の労働力の半分を占めるようになる可能性があります。この事実が Beeline の成長を後押ししています。Beeline は企業による社外の労働力を検索、管理をサポートします。Beeline は、AI を活用した SaaS ソリューションを実行し、円滑な業務を維持するために、ジュニパーのネットワークとセキュリティを利用しています。

Beelineの画像

リソースセンター

詳細はこちら

ネットワークの可能性を広げましょう
業界をリードするAIとMLが、どのような機能を提供するかをご覧ください。

Gartner Magic Quadrant for Network Firewalls、ラジプリート・カウル、ジェレミー・ディホーン、ナット・スミス、アダム・ヒルズ、2021年11月2日。

ネットワーク ファイアウォール向けのガートナーの重要な機能、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、2022 年 1 月 17 日

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc.ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。All rights reserved

Gartnerは、調査発行物に記載されたベンダー、製品、サービスを支持することはなく、テクノロジーユーザーに、最高の評価やその他の称号を与えられたこうしたベンダーのみを選択するよう推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものと解釈されるべきではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。