Deutsche TelekomがSD-WANを始めとしてネットワークサービス提供を変革

Deutsche Telekom(DT)は、ヨーロッパ企業のWAN近代化を加速させる構えで、完全に自動化されたのSD-WANサービスを使用することで、柔軟性に欠けるMPLSネットワークから、柔軟性のあるアプリケーション認識型接続への移行をサポートしています。

中小企業のビジネスチャンスをより多く獲得することは、Deutsche Telekom(DT)の革新的なTelcoクラウドに期待される成果のほんの一つに過ぎません。俊敏性に優れたプライベートクラウドにより、DTはカスタマーエクスペリエンスを向上させ、ネットワークサービスのフルスタック全体で運用を合理化を実現します。Juniperは、DTのTelcoクラウドの戦略的な技術パートナーです。

概要


会社名 Deutsche Telekom
業界 サービスプロバイダ
使用製品 セッションスマートルーターSRXシリーズWAN Assurance
地域 EMEA
Deutsche Telekomの画像
お客様企業の導入事例の概要

SD-WANへの移行

中小企業のSD-WANへの迅速な移行をサポート

サービス提供を迅速化

エンドツーエンドの自動化で、ネットワークスタック全体のサービス提供を迅速化

数週間ではなく、数日感

数週間や数ヶ月ではなく、数日間で新しいエンタープライズネットワークサービスをプロビジョニング

利益率の高い収入

サービス提供にかかるコストを削減して、収益性を向上

課題

ビジネスのスピードに合わせてネットワークサービスをプロビジョニング

「MPLSからSD-WSD-WANへの移行は非常に速くなると期待しています」と、Deutsche Telekom Business SolutionsでLAN、WAN、Wi-Fi担当ビジネスオーナーを務めるスティーファン・ユング氏は述べています。「MPLSのお客様をSD-WANに移行するにあたり、労力が低く、高度に自動化された方法を必要としていました。」

サービスプロバイダは、Telekom SD-Xと呼ばれる革新的なクラウドプラットフォームでそのニーズに応えました。Software-Defined仮想化プラットフォームが、データセンター、キャンパス、WAN、プライベート5Gサービス向けのネットワーキングを提供します。SD-Xが、ネットワーク運用とサービス提供モデルを全面的に変革し、市場の俊敏性とサービスの信頼性を高め、増大するお客様のデジタルニーズに対応します。 

Deutsche Telekom Challenge
ソリューション

ネットワークサービス提供に向けて、ユニバーサルプラットフォームを構築

Deutsche TelekomのSD-Xプラットフォームは、すべての仮想ネットワーク機能(VNF)のワークロードを共通のプラットフォームでサポートし、運用効率と規模の節約を実現する水平型のマルチベンダーサービスエッジを構築します。SD-Xは、非常に高いレベルのオーケストレーションと自動化を可能にします。

SD-WANサービスは、ジュニパーセッションスマートルーター、Juniper SRXシリーズファイアウォール、Mist WAN Assuranceを含むジュニパークラウドサービスを通じて提供されます。ジュニパーのマネージドAIドリブンSD-WANソリューションは、運用とトラブルシューティングを合理化することで、確定的で最適化されたユーザーエクスペリエンスを提供します。

「ジュニパーとDeutsche Telekomが密接に連携し、SD-WANサービスの設定とプロビジョニングを最もスマートかつ迅速な方法で自動化してくれました」と、ユング氏は述べています。

お客様からの受注があると、必要な機器が自動的に識別され、事前設定した上で、お客様のサイトで設置できる状態に備えます。Juniper SD-WANソリューションは、Deutsche Telekomプラットフォームに完全に統合されているため、お客様はDeutsche Telekomポータルからセキュリティやアプリケーションの優先順位ポリシーを変更することができます。変更は人手を介さずに反映されます。

Deutsche Telekom Solution
成果

サービスの規模と収益性を向上

「SD-Xプラットフォームを使用することで、数週間や数ヶ月ではなく、数日間でネットワークサービスを提供できるようになります」と、ユング氏は述べています。「態勢が一変しました。」

完全に自動化され、最適化されたSD-WANサービスにより、Deutsche Telekomは、自社のお客様や従業員に提供するデジタルエクスペリエンスを改善するため、柔軟でアプリケーション認識型の接続へと迅速に移行する中堅企業のお客様をサポートできるようになりました。

「自動化は、拡張性とサービスの収益性を向上させます」と、ユング氏は述べています。「受注処理コストが大幅に削減されたことで、大企業だけでなく中堅および中小企業にもSD-WANサービスを販売できるようになりました。」

今後もより多くのネットワークドメインに対応するプラットフォームを開発し続けるDeutsche Telekomにとって、ジュニパーは優先ベンダーです。 

Deutsche Telekom Outcome
「ジュニパーは、SD-Xプラットフォームを開発する上で重要なパートナーです。共に取り組むことで、SD-WANサービスの注文チェーンを完全に自動化しました。」
スティーファン・ユング氏 LAN、WAN、Wi-Fi担当ビジネスオーナー、Deutsche Telekom Business Solutions

2022年4月発行