SD-WANとは

SD-WANとは

Software-Defined Wide-Area Network(SD-WAN)とは、エンタープライズネットワークの接続コストと回線コストの管理を目的とした、プログラムによる自動化されたアプローチのことです。Software-Defined Networking(SDN)をアプリケーションに拡張することで、企業はスマートハイブリッドWANを簡単に作成できます。

SD-WANは、ビジネスグレードのIP VPN、ブロードバンドインターネット、および無線サービスで構成され、特にクラウド内のアプリケーションをコスト効率よく管理できます。ネットワークの状態、アプリケーショントラフィックのセキュリティとサービス品質(QoS)の要件、および回線コストに基づいて、最適で効率的なWANパスでトラフィックを自動的かつ動的に伝送します。ルーティングポリシーは、ユーザーが設定できます。

SD-WANの基本的な運用図

SD-WANのメリット

企業によるSD-WANテクノロジーの導入は急速に進んでいます。SD-WANテクノロジーには、次のような経済面と運用面での広範囲にわたるメリットがあります。

  • WANの運用コスト、設備投資コスト、総所有コストの削減
  • ITイノベーションのペースに合わせたビジネスの俊敏性および応答性の向上
  • 複数のセキュアかつハイパフォーマンスの接続のサポートにより、MPLSネットワークによるバックホールペナルティを排除
  • 接続全体で負荷を分散し、ネットワークの状態に基づいてトラフィックフローを調整することで、パフォーマンスを向上
  • VPN、ファイアウォール、セキュリティ、WANの最適化、アプリケーションの配信制御などのプレミアムネットワークサービスの自動プロビジョニングおよびプレミアムネットワークサービスへの変更をサポート
  • ZTP(ゼロタッチプロビジョニング)のサポート
  • WANトラフィックの暗号化およびネットワークのセグメント化により、侵入発生時も被害が最小限に抑えられ、ネットワークセキュリティが向上

 

SD-WANで対処できる問題

これまでWANの管理は、エンタープライズネットワークを稼働するうえで、コストが非常に高く、融通が利きませんでした。SD-WANはリアルタイムのネットワークの状態に対して積極的に対応することで、その負担を軽減します。また、リモートでの変更と最適なパスの動的ルーティングを使用した変更ができるプログラム可能なネットワークデバイスを使用するため、どちらの方法で変更してもコストとパフォーマンスが改善されます。

 

SD-WANの用途と機能

CPE(顧客宅内機器)で実行されるSD-WANソフトウェアは、公衆回線と専用回線のすべてのサービスを監視し、各タイプのアプリケーショントラフィックのルーティング方法を決定します。たとえば、MPLS VPNサービスを介したVoice-over-IP(VoIP)トラフィックの送信をデフォルトに設定することもできます。ただし、MPLS接続が輻輳した場合、SD-WANではそのトラフィックをブロードバンドインターネット回線または4G LTE無線回線での送信に切り替えます。このように、SD-WANではロードバランシングとネットワーク輻輳管理を自動的に実行して、最高のパフォーマンスと、最低コストで効率的なルーティングを実現します。

SD-WANに関するよくある質問

では、SD-WANとは何でしょうか?

簡単に言えば、SD-WANとは、アプリケーションのポリシー、ネットワークの状況、あるいはWAN回線の優先順位などに基づいて、トラフィックを動的かつ安全にルーティングする、自動化されたプログラマブルな広域ネットワークのことです。 

SD-WANのメリットとは何でしょうか?

SD-WANは、お客様の様々なサイトから、クラウドへの直接的なローカル・ブレークアウト接続を可能にし、レイテンシーを減らすとともに、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。また、SD-WAN導入以前の従来型アーキテクチャで行われていた、トラフィックを中央のデータセンターにバックホールする必要がないため、コスト削減にもつながります。アプリケーションを考慮したパス選択により、必要のないトラフィックには安価なブロードバンド・リンクを使用することができるため、回線コストや通信コストをさらに削減することができます。

SD-WANソリューションは、全て同じなのでしょうか?

現在のSD-WANソリューションの多くは、従来より使用されているトンネルベースのアプローチで構築されています。IPSecのようなトンネルでは、ヘッダーを使用することで、さらに高価なオーバーヘッドが追加されます。この方法は貴重な帯域を消費し、アプリケーションのパフォーマンスを低下させます。また、すべてのアプリケーション・トラフィックがMPLSリンクなどのトンネルに割り当てられるため、アプリケーションやセッションの可視性も低下します。そのため、レイテンシー、ジッター、およびパケットロスなどの遠隔測定は、トンネルレベルでのみ可能です。

また、ジュニパーのAIドリブンSD-WANで使用されるセッション中心のアプローチは、詳細なセッションレベルのパフォーマンスを提供します。例えば、個々のMicrosoft Teamsのビデオ通話のレイテンシー、ジッター、およびパケットロスを表示することができます。そして、そのリンクが要求されたSLAを提供できない場合、その個々のセッションは、よりパフォーマンスの高いリンクに即座にルーティングされます。

AI駆動型SD-WANとは何でしょうか?

AI駆動型のSD-WANでは、AIを活用した洞察力、異常検知、および自動トラブルシューティングをSD-WANにもたらします。これにより、IT管理者は、ITスタッフの運用負担を最小限に抑えながら、エンドユーザーに優れたネットワーク・エクスペリエンスを提供することができます。Juniper Mist WAN Assuranceは、このAI機能をSD-WANに搭載し、SD-WANのパフォーマンスと無線および有線ネットワークのパフォーマンスを相関させます。このようにして、クライアントからクラウドに至るまで、完全なインサイトと可視性が提供されます。

ジュニパーが提供するSD-WAN技術、ソリューション、および製品とは何でしょうか?

ジュニパーは、Mist AIで駆動する「Juniper Mist WAN Assurance」と「セッションスマート」技術を組み合わせた「AI駆動型SD-WAN」を提供しています。ジュニパーのSD-WANでは、運用段階において、洞察力、異常検知、および自動トラブルシューティングを実現します。

セッションスマートは、より詳細なセッションレベルでの運用により、アプリケーションとユーザー・エクスペリエンスに焦点を当てた独自のアプローチとなります。例えば、Zoom通話はセッションです。セッションスマート Routerは、遠隔地に分散したサイトや、データセンターのヘッドエンドデバイスとして、あるいはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどのクラウド上に展開することができます。セッションスマートルーターは、Mist Cloudを使用して、セッションスマートコンダクターまたはMistクラウドでオンプレミスで管理できます。