マネージドサービスプロバイダーのGraniteは、AI主導型SD-WANの急速な成長を予測

Granite Telecommunicationsは、従来の固定回線を17億米ドルのビジネスに変えました。初期の成功は、大手通信会社が放置したスペースである、すべてのオフィス拠点向けに、顧客の電話サービスを連絡先1つと請求書1枚でまとめるようにしたことから始まりました。過去20年間、Graniteは顧客サービスに熱心に取り組むことで、頭角を現してきました。

Graniteは、米国とカナダ全体で6,000以上の企業および政府機関の顧客向けの、通信サービスのワンストップショップです。ジュニパーのSD-WANソリューションとSession Smartルーターは、その次世代のマネージドSD-WANサービスの基盤となるテクノロジーです。

概要


会社名 Granite Telecommunications
業界 サービスプロバイダ
使用製品 ジュニパーのセッションスマートルーター
地域 Americas
Granite Telecommunicationsのヒーロー
顧客企業の成功事例の概要

30%

予想されるマネージドSD-WANサービスの成長

10,000以上

SD-WAN接続の年間自動導入

700,000

サービスを提供する米国およびカナダの顧客拠点

5 倍

通信業界の平均と比較した顧客維持率の向上割合

課題

SD-WANによる顧客価値の向上

Graniteは、SD-WANの革新的な性能をいち早く認識し、アプリケーション体験と俊敏性を向上し、顧客の通信コストを削減し、2017年からSD-WANを提供しています。従来の通信回線における大手として、Graniteはその次世代SD-WANサービス向けにしっかりとした今後の顧客基盤を構築してきました。 

Graniteは、従来の回線からSD-WANへアップグレードすることで、顧客のビジネスが成長するのに合わせて彼らを支援する方法を模索しました。 

Graniteは、マネージドSD-WANサービスのプロビジョニングと拡張性を強化したいと考えていました。年間12,000のジュニパーベースのエンドポイントを展開する計画により、Graniteは運用の一貫性と効率性を備えた共通のインフラストラクチャを必要としました。 

ソフトウェア定義のアプローチにより、Graniteは、同じインフラストラクチャ上で複数のネットワークサービスをより効率的に顧客に提供できます。仮想SD-WAN、統合型通信、レイヤー3ネットワークインターフェイスデバイス(L3NID)、およびその他のネットワーク機能は、同じ敷地にある顧客の設備で動作し、プロビジョニングを簡素化し、インストールと管理が必要なネットワーク要素を削減します。ホワイトボックスハードウェアは、商品を使用してコスト削減を推進し、Graniteはサービスを競争力のある価格で提供できます。

Granite Telecommunications Challenge
ソリューション

ジュニパーのFlexible Service Edgeテクノロジーによるネットワークの構築

「ジュニパーが、SD-WANの市場を変革するのを目にしました」と言うのは、GraniteのMSP製品開発担当ディレクターのKayla Zbindenです。「ジュニパーのサービス中心のファブリックは、私たちがホワイトボックスの顧客プレミス設備向けに求めていた考えに一致するものでした。」

インテリジェントなL3NIDとして開始し、SD-WANのハードウェア変更なしにリモートでアップグレードできるジュニパーのFlexible Service Edge(FSE)ソリューションは、Graniteにとって最適なものでした。 

ジュニパーのセッションスマートルーターにより、Graniteは、顧客の厳格なパフォーマンス、セキュリティ、可用性の要件に応じて、柔軟でアプリケーション認識型のファブリックを提供します。セッションスマートルーターには、セキュリティが内蔵され、ゼロトラストのdeny-by-defaultアクセス制御により、ユーザーとデバイスを保護します。セッションスマートルーターに備わっているセキュリティにより、Graniteは、小売、ホスピタリティ、およびその他の業界の顧客のPayment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)のコンプライアンス要件へ準拠することができました。 

Graniteは、マネージドSD-LANサービスも提供しています。ジュニパーのAI主導型SD-LANは、有線およびワイヤレスドメイン全体で自動化、インサイト、自動運転アクションを提供し、Graniteのようなサービスプロバイダが、有線およびワイヤレスドメイン全体で業界認定の高性能サービスを提供できるようにします。

Granite Telecommunications Solution
成果

SD-WANは、成長のエンジン

Graniteは、1週間あたり数百のルーターと年間12,000のジュニパーベースのエンドポイントを展開し、米国における最大のセッションスマートルーターマネージドサービスプロバイダとなっています。 

従来の通信サービスを使用する顧客は、SD-WANを導入し、俊敏性とコストのメリットを享受することができます。同社のGranite FlexEdgeと呼ばれるホワイトボックスエッジシリーズハードウェアを使用する顧客は、簡単なソフトウェアの変更により、ネットワークサービスを簡単に追加することができます。顧客は、インフラストラクチャの混乱なしに、容量とネットワークサービスをスケールアップまたはスケールダウンすることが可能です。 

「ジュニパーにより、私たちは柔軟なサービスエッジでサービスチェイニングを可能にし、競争の激しい市場で当社を差別化することができます」と、Zbinden氏は述べています。「ネットワークサービス提供へのこのアプローチは、顧客のクラウドリソースの消費方法と一致し、アップグレードやダウングレードを容易にします。」

Mist AIとジュニパーのSD-WANソリューションにより、Graniteは、トラフィックの可視性と制御を向上させ、平均修復時間を短縮することができます。 

Granite Telecommunications Outcome
Henry A. Dixon博士
「Granite FlexEdgeにより、総所有コストを削減しながら、エッジでの顧客の俊敏性を向上できます。Granite FlexEdgeの背景にあるジュニパーの技術により、顧客がサービスを迅速かつ効率的に拡張することを可能にします。」
Kayla Zbinden Granite Telecommunications、MSP製品開発担当ディレクター

2022年6月発行