AIインサイトでキャンパス環境を変革したダートマス大学

どの大学もキャンパス内の場所に関係なく、必要としているアプリケーションに高速かつ死角なく、高い信頼性でアクセスしたいという学生のニーズへの対応を迫られています。優れたサービスエクスペリエンスを提供するために、ダートマス大学はMist AIと自動化を駆使したネットワークを採用しました。 

概要


会社名 ダートマス大学
業界 教育
使用製品 EX3400QFX10002Cloud Services
地域 Americas
ダートマス大学の画像
課題

優れた Wi-Fi 環境はキャンパス生活に欠かせない

ミッチ・デイビス氏は 2 年前に CIO としてダートマス大学に就任したとき、IT イニシアチブを大学の使命と戦略計画に連携させたいと考えていました。デイビス氏は、同大学で最先端技術を活用し続けるための情報、コンサルティング、テクノロジを「ICT 2.0」と呼んでいます。

中でも Wi-Fi は最優先課題です。学生は、魅力的なカリキュラム、優れた教授陣、活気に満ちた社会生活を求めるのと同じように、広範囲で使用でき、信頼性が高く、高速のワイヤレス サービスを期待しています。ところが、デジタル世代の学生たちがダートマス大学のキャンパス ネットワークの使用容量を増大させました。ネットワークには 25,000 台のデバイスが接続され、集計結果によれば、同大学では過去数年間でモバイル デバイスの台数が 6 倍に増加しました。その結果、特に歴史的な古い建物や大きな講堂では、Wi-Fi は決して満足できるものではありませんでした。

ダートマス大学のネットワーク ディレクタ、フェリックス・ヴィント氏は次のように語っています。「当大学の学生寮の入居率は 90% をはるかに超えており、学生は学習管理システムや教室内のテクノロジに完全にアクセスできることを期待しています。彼らは、学生寮の中だけでなく、キャンパスのどこにいてもネットワークが接続されることを求めています」。

そのような目標を達成するには、IT チームが現状から脱却する必要がありました。デイビス氏は、最高品質のワイヤレス エクスペリエンスを学生、教職員、管理スタッフに提供することを目指しました。そして、それはファイバーからアクセス ポイントにいたるまで、ネットワーク全体を刷新することを意味しました。

Dartmouth Challenge
ソリューション

最高のキャンパス ネットワークを構築するための連携

Mist プラットフォームの導入は、Tuck School of Business と Thayer School of Engineering で始められましたが、最終的にはキャンパス内の 200 棟の建物すべてに新しい Wi-Fi を展開していく予定です。Mist は、ハイパフォーマンスの 802.11ax および 802.11ac Wi-Fi、Bluetooth LE、IoT を提供します。

ヴィント氏は、導入プロセスを高速化するための自動化ツールを開発しました。「2,000 か所のアクセス ポイントの設置にかかる時間を 1 時間短縮できれば、それは正社員の 1 年間の労働時間に相当します。今までアクセス ポイントを設置することに使用していた時間を、今後は、お客様のサービスを提供するために使うことができます」。

ダートマス大学のキャンパスネットワークでは、Ethernet VPN-Virtual Extensible LAN(EVPN-VXLAN)アーキテクチャを採用することで、レイヤー2/レイヤー3接続に優れた拡張性と効率性を実現しています。EVPNVXLANは、アンダーレイネットワーク(物理トポロジー)とオーバーレイネットワーク(仮想トポロジー)を切り離すことで、柔軟性を向上します。「単純なレイヤー2/レイヤー3ネットワークからEVPNへと当大学のネットワークを変換することで、キャンパス内のセキュリティゾーンを大幅に拡大することができました」とヴィント氏は述べています。そして、境界だけではなく、東西間のトラフィックを詳しく調査できるようになりました」。

ジュニパーネットワークス® QFX10002 スイッチは、コア ネットワークで使用されます。 ジュニパーネットワークス EX3400 イーサネット スイッチは、費用対効果に優れたネットワーク アクセスを提供します。シンプルさを念頭に設計された Junos® オペレーティング システムが、すべてのジュニパー ネットワークとセキュリティを強化します。ネットワークは、信頼性とセキュリティを重視して構築され、ネットワークの運用を自動化します。 

Dartmouth Solution
成果

学生のレビューで高評価を得る

ジュニパーと Mist をネットワークに導入したことで、ダートマス大学ではすべての人にとって好ましい変化が生まれています。今日の高密度なモバイル環境向けに設計された 5 GHz Wi-Fi ネットワークにより、学生は学習管理システムに簡単にアクセスし、ビジネス プレゼンテーションでの共同作業やエンジニアリング シミュレーションの実行もできるようになりました。教授は教室での視覚教材に iPad を使用でき、管理スタッフは仕事に必要なリソースにすぐにアクセスできます。

Mist には、Siri のような仮想ネットワーク アシスタントの Marvis が搭載されており、自然言語処理を使用して、「ゴールドスタイン ホールのアクセス ポイントはちゃんと機能していますか?」などのような質問に対する回答を IT スタッフに提供します。

ネットワーク運用も簡素化され、空いた IT スタッフをより戦略的なプロジェクトに割り当てられます。Mist Wi-Fi の導入により、IT チームは Wi-Fi とアプリケーションの使用状況の追跡など、ユーザー エクスペリエンスを新たに可視化できるようになりました。IT チームは初めて、定義済みのサービス レベルを確立、測定、適用できるようになりました。たとえば、誰かがライブラリ Wi-Fi ネットワークに参加するのに 2 秒以上かかる場合、サービス デスクはすぐに認識し、デバイスまたはネットワークの特定の部分に障害が発生しているかどうかを把握できます。この情報を利用して、サポート スタッフは、ネットワーク サービス チームにエスカレーションすることなく、より多くの接続の問題を自分で解決できます。

今後を見据えて、ダートマス大学ではロケーション ベースのサービスの可能性を模索しています。Mist プラットフォームに組み込まれたビーコンと Bluetooth Low Energy により、同大学では訪問者に目的地への詳細な道案内を提供できます。また、教室で出席を取ることを自動化し、拡張現実(AR)による博物館ツアーを提供することもできます。同キャンパスはネットワーク基盤を強化し、ダートマス大学がデジタル エリートであり続けるため、心躍るイノベーションの未来に備えていることを、デイビス氏とそのチームは理解しています。

Dartmouth Outcome
ビデオを見る

 

「ジュニパーは、APIを使用してワークフロー主導による自動化アプローチを容易に実現してくれました。ネットワーク全体をInfrastructure As Codeとして扱うことができるようになりました」

 

フェリックス・ヴィント氏

ネットワーキング担当ディレクター、ダートマス大学

ミッチ・デイビス氏、ダートマス大学、CIO
「私たちは、でき得るかぎり最高のカスタマー エクスペリエンスを構築することを目指しています。Mist の分析を使用してどこに問題があるかを見つけ出すことができます。問題が発生しているのがわずか 2 パーセントであっても、その問題を即座に解決します。Mist を活用すれば、その優れたカスタマー エクスペリエンスを構築できます。」
ミッチ・デイビス氏 ダートマス大学、CIO