ACX2100ユニバーサルメトロルーター

ACX2100 Universal Metroルーターは、ファンレス・パッシブ・クーリングを採用したコンパクトで環境に配慮したルーターです。T1/E1インターフェイス16個、10/100/1000Mbpsの銅線インターフェイス4個、銅線/ファイバーのコンビネーションGbEポート4個、GbE SFPポート2個、および10GbE SFP+ポート2個を備えた固定ポート構成となっています。

ACX2100の拡張性と信頼性は、顧客満足度を向上させるとともに、サービスプロバイダーや企業のネットワークインフラの運用、保守、および更新にかかるトータルコストを削減します。

主な特長


  • 16個のTDMポート
  • 10個の1GbEポート
  • 2個の10GbEポート
  • MEF CE 2.0 認定

特長とメリット

MEF CE 2.0に準拠

MEF CE 2.0規格のE-Line、E-LAN、E-Tree、およびE-Accessサービスをサポートしているため、多様なサービスを展開することができます。

ゼロタッチ導入

迅速なリモートプロビジョニングで管理や運用が容易になります。

インテリジェントな運用

運用インテリジェンスを備えた適応型サービスアーキテクチャにより、ビジネスニーズに合わせたアクセスネットワークの拡張に対応できます。

柔軟なアーキテクチャ

キャリア・イーサネット、レイヤー2のマルチテナント型住宅ならびに商業用メトロ・イーサネット・サービス、IP/MPLSベースのレイヤー3サービスなど、さまざまなサービスを柔軟に展開することができます。

RFC 2544 ベンチマーク

RFC2544に基づく試験を使用して、ZTD(ゼロタッチ導入)の設定後にノードでサービスを提供できるかどうかを確認できます。

タイミングと同期

SyncEやIEEE 1588-2008など高度なクロッキング技術で最高水準のQoE(ユーザーの体感品質)を提供します。

Junos OS SDK

Junos OS SDKを使えば、プロビジョニングのカスタマイズおよびサードパーティのアプリケーションやツールとの連携が容易になります。

堅牢な設計

このルーターは、環境に配慮したデザインとパッシブクーリングにより、屋外および産業用途に対応しています。

顧客の成功事例

在宅勤務によってインターネット利用が30%急増したJackson Electric Co-Op

コロナウイルス禍によってアメリカがシャットダウンを余儀なくされたとき、Jackson Electric Cooperativeはそのサービスを強化しました。マタゴルダ湾は、数マイルに及ぶテキサス州ガルフコーストの海岸と、新鮮な牡蠣、ワタリガニ、海老で有名です。その住人にとって、ブロードバンドインターネットが生活に欠かせない存在になっています。Jackson Electricのスマートコミュニティネットワークは、ジュニパーのルーティングをベースに構築されています。インターネットトラフィックの30%急増と、加入者接続の130%急増に容易に対応しました。

Jackson Electric Cooperativeの画像

ユニバーサルメトロルーターACXシリーズ

ACX2100を他のACX製品と比較してご覧ください。
ACX2100

ACX2100は、16個のT1/E1インターフェース、4個の銅製10/100/1000-Mbpsインターフェース、4個の銅製/ファイバー製コンビネーションGbEポート、2個のGbE SFPポート、および2個の10GbE SFP+ポートを備えた高耐久性ルーターです。

技術的な特長
  • 16個のTDMポート
  • 10個の1GbEポート
  • 2個の10GbEポート
  • MEF CE 2.0 認定
表示中
ACX2200

ACX2200は、1Uサイズのハードタイプのルーターで、10/100/1000-Mbpsの銅線インターフェースを4つ、GbEの銅線/ファイバーポートを4つ、GbE SFPポートを2つ、および10GbE SFP+ポートを2つ搭載しています。IP-RANの導入にも最適です。

技術的な特長
  • 10個の1GbEポート
  • 2個の10GbEポート
  • MEF CE 2.0 準拠
  • SyncE
ACX4000

ACX4000は、2個のモジュラーインターフェイスカードスロットを備えた堅牢な2.5 Uルーターで、16個のT1/E1ポート、6個のGbE銅線/光ファイバーコンビネーションポート、または4個のCHOC3/STM-1ポートを搭載可能です。あらゆる導入に対応します。

技術的な特長
  • 最大32個のTDMポート
  • 2個の10GbEポート
  • PoE++
  • MEF CE 2.0 準拠
すべてのACX製品をご覧になりますか?
Cloud Metroのご紹介
ジュニパーエグゼクティブのBrendan Gibbs(VP – Automated WAN Solutions)とSally Bament(VPサービスプロバイダマーケティング)がジュニパーのクラウドメトロソリューションへのビジョン、属性、変革に対するインパクトについて語ります。
PacketPushersのHeavy Networking 569
5G、IoT、低遅延の各サービス向けの新しいメトロアーキテクチャ。
これらのソリューションでACX2100を検索
サービスプロバイダのセキュリティ

Juniper Connected Security は、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。

Cloud Metro

ジュニパーのCloud Metroは、単一のマルチサービスアーキテクチャです。ユーザーエクスペリエンスの一貫性を保証して、クラウドサービスの分散化を実現します。 

州および地方の行政組織

州および地方の行政組織は、予算の削減や計画外の従業員の分散化など、現在の状況に対応するための新たな課題のため、デジタル変革の優先度を上げています。

統合型インダストリアル エッジ

増加し続ける専用インダストリアルおよびインダストリアルIoT(IIoT)システムは、イーサネット、IP、MPLS に集中しています。ジュニパーは、デジタル時代に企業がシステム稼働時間と予測可能なサービスレベルに準拠できるようにサポートします。

公共事業

電気、ガス、水道の公共事業者は、運用技術ネットワーク(OT)に依存して、ビジネスに不可欠なインダストリアル制御システム( ICS)をサポートしています。ジュニパーの耐障害性のあるハードウェアの包括的なポートフォリオ、死角のないセキュリティ、専門的な自動化により、安全性と信頼性が損われることはありません。

石油ガス事業者

石油ガス事業者は、他の業界と同様、デジタル変革を進める過程で多くの課題に直面しています。最新のネットワークは、リモートの運用エッジからクラウドまで、ビジネスに影響を与える新しいアプリケーションをシームレスに実現する必要があります。