SINET6が400G対応、耐障害性を強化し、日本の研究・教育を支援

国立情報学研究所は、日本全国に張り巡らされた、各機関の研究・教育を支える学術情報ネットワーク「SINET(サイネット)」を構築・運用しています。2022年4月にオープンしたSINET 6では、ジュニパーのソリューションを全面的に採用し、国内接続網における400G接続・POP増設・冗長性強化・セキュリティ強化という大きな4つの目標を実現しました。

概要


会社名 National Institute of Informatics
業界 政府機関
使用製品 MX SeriesACXシリーズジュニパーとCoreroのDDoS攻撃防御ソリューション
地域 APAC
National Institute of Informatics Image
顧客企業の成功事例の概要

日本の研究・教育を支えるネットワーク基盤のアップグレード

全国70か所の接続地点を持つ400Gネットワークの構築

接続地点のルーター冗長化を低コストで実現

DDoS攻撃への対策強化

課題

データ集約的な研究ニーズに対応し、教育分野での役割を拡大

国立情報学研究所が構築・運営する「SINET(Science Information NETwork)」は、日本の最先端学術情報基盤構想の中核に位置づけられ、米国・欧州・アジアの研究ネットワークとも相互接続されており、国際的な先進研究プロジェクトを支える基盤として活躍しています。

SINETは4~6年ごとの更新のたびに最先端技術や画期的な手法を取り入れてきました。2016年に運用が始まったSINET 5では、東京大阪間を400Gネットワークで、全国100Gbpsという高速網を張り巡らし、多層的な冗長構成によって高い信頼性を確保。

「SINETの意義や位置づけは当初から大きく変わりませんが、研究データそのもののニーズが変わってきました。データ量は爆発的に増え、データ分析のニーズも拡大しています。またSINET 5の中期以降、小中高校を含む教育分野でもデジタル社会に向けてSINETを応用しようという動きが活発化しています。デジタル社会に対応できる人材を育成するGIGAスクール構想や、第4次産業のイノベーションによって社会課題の解決を目指すSociety 5.0においても、SINETが中核となることが期待されています。これまで以上に広範な領域で、SINETの活躍が求められています」と、国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授 学術ネットワーク研究開発センター 副センター長 博士(工学)の栗本崇氏は述べています。

こうしたニーズに対して国立情報学研究所では、400G光伝送や5Gモバイル、ネットワーク仮想化(NFV)などの最先端技術を採用し、より高速・広帯域かつ使いやすいサービスへと強化していく方針で「SINET 6」を検討・構築しました。

National Institute of Informatics Challenge
ソリューション

SINETのリーチ数と耐障害性を強化

SINET 6では、大きく4つのアップグレードが実施されました。「400G」「接続拠点の増設」「冗長性の強化」「リアルタイムDDoS対策によるセキュリティ対策の強化」です。

400Gは革新的な技術であり、NIIはトランスポートネットワークにJuniper MXシリーズユニバーサルルーティングプラットフォーム、Juniper ACXシリーズユニバーサルメトロルーターを採用しました。また、地方の研究機関や天文台での接続性を高めるため、POPを1.5倍の70カ所に増設しました。

「400Gという先端技術を採用しつつ、コスト効率に優れ、高い信頼性を確保する製品を選ばなければなりませんでした。ジュニパーネットワークスの製品はSINET5でも実績があり、SINET6でも重要な候補として検討していました」(栗本氏)

また、SINET 6ではPOPの冗長化も実現しました。SINET6では、すべてのPOPでルーターを二重化するというコストのかかる方法ではなく、Juniper Junos OSのPWHT(PseudoWire Headend Termination)機能を活用しました。これにより、各拠点はJuniper ACXシリーズユニバーサルメトロルーターを用いてSINETに直接接続できるようになり、接続コストの削減とネットワークの簡素化が実現しました。

重要な研究や教育向けのネットワークは常にサイバー攻撃の脅威にさらされています。SINET6ではジュニパーとCoreroのDDoS攻撃防御ソリューションが、攻撃トラフィックが大量であろうと低速であろうと、高い精度で検知・防御します。

National Institute of Informatics Solution
成果

大学から小学校までサポート

SINET6により、国立情報学研究所は全国に安定的かつ高性能な400Gネットワークを構築しました。またPOPの増設により、全国の大学や研究機関も接続しやすくなりました。今回の拡張により、SINET6は日本のGIGAスクールなどでも重要な役割を担っています。

またSINET6は、研究・教育分野での他のアプリケーションの登場により、ネットワークサービスとしても進化しています。加入者の増加やニーズの多様化に伴い、国立情報学研究所ではネットワーク運用のさらなる効率化・自動化を進めていく予定です。

National Institute of Informatics Outcome
「ジュニパーネットワークスをはじめとする様々なベンダーと連携することで、次世代ネットワークを構築することができました。ジュニパーにはプロジェクトの当初から参加してもらい、様々な技術や方法を提案してもらいました。ジュニパーの最新技術で実現できた成果には、非常に満足しています」
栗本崇氏 国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授 / 学術ネットワーク研究開発センター 副センター長 / 博士(工学)

Published September 2022