QFX5200スイッチ

QFX5200シリーズは、大規模なスタンダードベースファブリックを構築するための、ラインレートで低レイテンシなプラットフォームを提供します。これらのスイッチは、サーバーおよびファブリック内接続用に、10GbE、25GbE、50GbE、100GbEの柔軟なインターフェイスを提供します。エンタープライズ、サービスプロバイダ、クラウドプロバイダのデータセンターにおけるスパインアンドリーフ型導入や、メトロルーティングのユースケースに最適な選択肢となります。

このスイッチングプラットフォームは、ジュニパーのSONiCオペレーティングシステムの実装をサポートしており、SONiCのオープンな非集約型アーキテクチャの柔軟性、耐障害性、コスト削減を活用しながら、最高クラスのハードウェアとルーティングを提供します。

QFX5200の管理に、ネットワークのライフサイクル全体を自動化するターンキーのJuniper Apstraソフトウェアを使用することで、設計、導入および運用が簡素化され、クローズドループアシュアランスが得られます。

主な特長


導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン型

ポート密度:

  • QFX5200-48Y:10/25 GbE SFP+/SFP28 x 48、40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 6
  • QFX5200-32C/-S:40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 32

スループット:最大3.6/6.4 Tbps(双方向)

SONiC:QFX5200-32C-Sに事前インストールされたONIEとSONiCの画像

特長とメリット

ハイスループット

最大6.4Tbpsのラインレートを実現する双方向の低遅延スイッチングが、実績を伴う拡張可能な技術基準に基づいて構築されたデータセンターファブリックをサポートします。

Junos OSの機能

このスイッチは、BGP追加パス、MPLS、レイヤー3 VPN、FCoE(ファイバーチャネルオーバーイーサネット)などの高度なネットワーク機能をサポートします。

SONiCサポート

QFX5200を採用することで、ジュニパーのSONiC非集約型オペレーティングシステムを実行するデータセンターネットワークにおいて、ジュニパーのハードウェアとルーティングを使用できる柔軟性が得られます。

ネットワークの自動化

インテントベースの自動化、Terraform、Python、Puppet、Ansible、ZTP(ゼロタッチプロビジョニング)に対応することで、Day 0からDay 2以降の運用におけるネットワークの複雑化に対処します。

ファブリック管理

ジュニパーのインテントベースのApstraソフトウェアが、IP-EVPNファブリックにDay 0からDay 2以降をすべてカバーする機能を提供するため、データセンターでクローズドループアシュアランスが得られます。

顧客の成功事例

カナダの新興企業がCENGNのクラウドの限界を超える

イノベーションを加速することは、強力な経済と国家競争力の鍵であり、カナダにおいてその使命は、次世代ネットワークの中核拠点であるCENGNに託されています。CENGNは、中小企業にクラウドベースのインフラストラクチャを提供し、テクノロジーを検証して製品の商品化を加速します。

CENGNの画像

QFX シリーズ スイッチ

QFX5200を他のQFX製品と比較してご覧ください。
qfx5200 48y front with top

QFX5200

QFX5200シリーズは、大規模なスタンダードベースファブリックを構築するための、ラインレートの低レイテンシ10/25/40/50/100GbE スイッチを提供します。QFX5200スイッチは、 データセンターおよびメトロの導入事例のスパイン/リーフ型ファブリック導入に最適です。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン型

ポート密度:

  • QFX5200-48Y:10/25 GbE SFP+/SFP28 x 48、40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 6
  • QFX5200-32C/-S:40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 32

スループット:最大3.6/6.4 Tbps(双方向)

SONiC:QFX5200-32C-Sに事前インストールされたONIEとSONiCの画像

表示中
qfx5200 48y front with top

QFX5220

QFX5220シリーズは、実績のあるインターネットスケール技術に基づいた、大規模で高密度、高速標準型ファブリックに、最大400GbEのインターフェイスを提供しています。QFX5220 スイッチはメトロの導入事例と同様に、スパイン/リーフ型の データセンターファブリック導入に 最適な選択肢です。

技術的な特長

導入事例:データセンター・ファブリック・スパイン

ポート密度:

  • QFX5220-32CD:40/100/4000GbE QSFP56-DD x 32、10GbE SFP+ x 2
  • QFX5220-128C:100 GbE QSFP28 x 128、10 GbE SFP+ x 2

スループット:最大25.6 Tbps(双方向)

qfx5130 32cd front with top

QFX5130

QFX5130製品ラインは、高密度でコスト最適化されている1-U、400GbE、Broadcom Trident 4プロセッサをベースにした100GbE固定構成スイッチを提供します。クラウドサービスが追加される環境に理想的です。QFX5130シリーズは、10/25/40/100/400GbEのインターフェイスオプションを備えており、企業、サービスプロバイダー、およびクラウドプロバイダーの環境において、スピンアンドリーフ型の展開に最適な選択肢となります。

技術的な特長
Select Product Specification

使用事例:データセンターファブリックスパイン
キャンパスディストリビューション/コア

ポート密度:

  • QFX5130-32CD:400GbE QSFP-DD/QSFP+/QSFP28 x 32、10GbE SFP+ x 2
    スループット:最大25.6 Tbps(双方向)
  • QFX5130-48C:100GbE SFP56-DD x 48、400GbE QSFP-DD x 8
    スループット:最大16 Tbps(双方向)
ジュニパーのQFX製品一覧を見る

ぜひお試しください。今すぐお試しください。

IP/EVPNファブリックソリューションを無料でお試しいただけます!

ライブイベントとオンデマンドのデモ

どのようにネットワークの変革を遂げたかをご覧ください。

これらのソリューションでQFX5200を検索

データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、信頼性を確保します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化し、継続的に検証することで、設計、導入、運用を容易にします。

データセンターの相互接続

ジュニパーのDCIソリューションは、従来の拡張性の制約、ベンダーロックイン、相互運用性の課題を打破するシームレスな相互接続を実現します。

自動化されたデータセンターファブリック

自動化とマルチベンダーをサポートするJuniper Apstraと、拡張可能かつプログラム可能なスイッチング/ルーティングプラットフォームを組み合わせた、スタンダードベースのファブリックソリューションにより、データセンターの拡張性、信頼性、俊敏性を強化。

QFX5200に関するよくある質問

QFX5200シリーズのポート密度と速度について

QFX5200スイッチは、集約型スパインデータセンターやキャンパスでの分散導入向けに、高密度の10GbE/25GbE/50GbE/100GbEポート速度を提供します。以下のポートの組み合わせの中から選択できます。

  • 32 x 100GbE
  • 128 x 25GbE
  • 64 x 25GbE + 16 x 100GbE
  • 96 x 10GbE + 8 x 100GbE
  • 64 x 50GbE

QFX5200スイッチの主なユースケースとは?

QFX5200シリーズは、リッチで低遅延のレイヤー2/レイヤー3機能と高度なEVPN-VXLAN機能を備えており、データセンターのトップオブラックやキャンパスでの分散導入に最適です。

QFX5200シリーズのスループットとは?

QFX5200スイッチは、最大6.4Tbpsの双方向スループットを実現できます。

QFX5200シリーズの主な特長とは?

3つの主な特長は次の通りです。

  • 高度なJunos OS機能:QFX5200シリーズは、BGP追加パス、MPLS、レイヤー3 VPN、FCoEなどの機能をサポートします。
  • 豊富な自動化機能:QFX5200スイッチは、ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)や操作とイベントのスクリプト、自動ロールバック、Pythonスクリプトなど、数多くのネットワーク自動化機能とプラグアンドプレイ運用機能をサポートしています。
  • Junos OSソフトウェアアーキテクチャ:QFX5200は、スイッチのコントロールとデータプレーンのプロセスと機能を並行して実行できるモジュラー型のアーキテクチャをサポートしており、ハイパフォーマンスなクアッドコアCPUの利用率を最大限に高めています。

QFX5200スイッチを使用するべき人は誰ですか?

ネットワーク事業者は、これらを使用して、25GbEサーバーへのアップグレード、ネットワーク仮想化、実証済みのインターネット規模の技術に基づくインテリジェントなトラフィックフォワーディングをサポートする次世代IPファブリックで、大規模で高密度のリーフ型導入を構築できます。

QFX5200モデルにはどのようなものがありますか?

単一のQFX5200モデルが用意されています:QFX5200-32Cは、32のQSFP+トランシーバーポートまたはQSFP28ポートを備えた100GbEデータセンターのアクセスおよびアグリゲーションスイッチで、6.4Tbpsまたは毎秒48億パケットの集約スループットを実現します。QFX5200シリーズには、他の構成で利用可能なQFX5210、QFX5220、QFX5230スイッチも含まれています。