QFX5220スイッチ

QFX5220スイッチは、実績のあるインターネット規模のテクノロジーに基づいた非常に大規模で高密度かつ高速のデータセンターファブリックをサポートします。サーバーおよびファブリック内接続用に、10GbE、25GbE、40GbE、100GbE、200GbE、400GbEの柔軟なインターフェイスを備えています。QFX5220スイッチシリーズは、エンタープライズ、サービスプロバイダ、クラウドプロバイダデータセンターへのスパイン&リーフ型導入と、メトロ環境でのルーティングユースケースに最適です。

主な特長


導入事例:データセンター・ファブリック・スパイン

ポート密度:

  • QFX5220-32CD:40/100/4000GbE QSFP56-DD x 32、10GbE SFP+ x 2
  • QFX5220-128C:100 GbE QSFP28 x 128、10 GbE SFP+ x 2

スループット:最大25.6 Tbps(双方向)

特長とメリット

ハイスループット

最大25.6Tbpsの双方間ラインレートを実現する低遅延スイッチングが、実績を伴う拡張可能な技術基準に基づいて構築されたデータセンターファブリックをサポートします。

400Gイーサネット

QFX5220-32CDスイッチは、400GbEを32ポートと、各種のQSFP56-DDトランシーバを備えています。

Junos OSの機能

BGP追加パス、MPLS、レイヤー3VPN、RDMA over Converged Ethernet(RoCEv2)、マルチキャストなどの高度なネットワーク機能をサポートします。

ネットワークの自動化

インテントベースの自動化、Terraform、Python、Puppet、Ansible、ZTP(ゼロタッチプロビジョニング)に対応することで、Day 0からDay 2以降の運用におけるネットワークの複雑化に対処します。

ファブリック管理

インテントベースのJuniper Apstraソフトウェアが、IP-EVPNファブリックにDay 0からDay 2以降をすべてカバーする機能を提供するため、データセンターでクローズドループアシュアランスが得られます。

顧客の成功事例

カナダの新興企業がCENGNのクラウドの限界を超える

イノベーションを加速することは、強力な経済と国家競争力の鍵であり、カナダにおいてその使命は、次世代ネットワークの中核拠点であるCENGNに託されています。CENGNは、中小企業にクラウドベースのインフラストラクチャを提供し、テクノロジーを検証して製品の商品化を加速します。

CENGNの画像

QFX シリーズ スイッチ

QFX5220を他のQFX製品と比較してご覧ください。
qfx5200 48y front with top

QFX5220

QFX5220シリーズは、実績のあるインターネットスケール技術に基づいた、大規模で高密度、高速標準型ファブリックに、最大400GbEのインターフェイスを提供しています。QFX5220 スイッチはメトロの導入事例と同様に、スパイン/リーフ型の データセンターファブリック導入に 最適な選択肢です。

技術的な特長

導入事例:データセンター・ファブリック・スパイン

ポート密度:

  • QFX5220-32CD:40/100/4000GbE QSFP56-DD x 32、10GbE SFP+ x 2
  • QFX5220-128C:100 GbE QSFP28 x 128、10 GbE SFP+ x 2

スループット:最大25.6 Tbps(双方向)

表示中
qfx5130 32cd front with top

QFX5130

QFX5130製品ラインは、高密度でコスト最適化されている1-U、400GbE、Broadcom Trident 4プロセッサをベースにした100GbE固定構成スイッチを提供します。クラウドサービスが追加される環境に理想的です。QFX5130シリーズは、10/25/40/100/400GbEのインターフェイスオプションを備えており、企業、サービスプロバイダー、およびクラウドプロバイダーの環境において、スピンアンドリーフ型の展開に最適な選択肢となります。

技術的な特長

使用事例:データセンターファブリックスパイン
キャンパスディストリビューション/コア

ポート密度:

  • QFX5130-32CD:400GbE QSFP-DD/QSFP+/QSFP28 x 32、10GbE SFP+ x 2
    スループット:最大25.6 Tbps(双方向)
  • QFX5130-48C:100GbE SFP56-DD x 48、400GbE QSFP-DD x 8
    スループット:最大16 Tbps(双方向)
qfx5210 Product Image

QFX5210

QFX5210シリーズは、大規模なスタンダードベースファブリックを構築するための、ラインレートの低レイテンシ10/25/40/100GbEスイッチを提供します。QFX5210 スイッチはメトロの導入事例と同様に、スパイン/リーフ型の データセンターファブリック導入に 最適な選択肢です。

技術的な特長

導入事例:DCファブリックリーフ/スパイン

ポート密度:

  • QFX5210-64C/-S:40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 64

スループット:最大12.8 Tbps(双方向)

SONiC:QFX5210-64C-Sに事前インストールされたONIEとSONiCの画像

ジュニパーのQFX製品一覧を見る

ぜひお試しください。今すぐお試しください。

IP/EVPNファブリックソリューションを無料でお試しいただけます!

ライブイベントとオンデマンドのデモ

どのようにネットワークの変革を遂げたかをご覧ください。

これらのソリューションでQFX5220を検索

データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、信頼性を確保します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化し、継続的に検証することで、設計、導入、運用を容易にします。

データセンターの相互接続

ジュニパーのDCIソリューションは、従来の拡張性の制約、ベンダーロックイン、相互運用性の課題を打破するシームレスな相互接続を実現します。

400G

ジュニパーは、PTXシリーズパケットトランスポートルーターMXシリーズユニバーサルルーティングプラットフォーム、ACXシリーズルーター、およびQFXシリーズスイッチなど、業界で最も包括的で高性能な400Gルーティングおよびスイッチングプラットフォームを提供します。これらのプラットフォームは、ネットワークを安全で高度にカスタマイズできる状態に保ちながら、インフラストラクチャ全体の効率を向上させます。

QFX5220に関するよくある質問

QFX5220スイッチのポート密度と速度について

Juniper QFX5220次世代固定構成型スパイン&リーフスイッチは、2つの構成の中から選べます。

  • QSFP56-DD 400GbEの32ポート
  • QSFP28 100GbEを128ポート

QFX5220スイッチの主なユースケースとは?

QFX5220は、高速、高密度のスパイン&リーフ型IPファブリックに最適です。クラウドサービスプロバイダとネットワーク事業者は、実績のあるインターネット規模のテクノロジーに基づいて、ネットワークの仮想化とインテリジェントなトラフィックフォワーディングをサポートする、大規模な次世代IPファブリックを構築することができます。

QFX5220スイッチのスループットとは?

QFX5220では、最大25.6Tbpsの双方向スループットを実現できます。

QFX5220スイッチの主な特長とは?

3つの主な特長は次の通りです。

  • 自動化とプログラマビリティ:QFX5220は、オペレーションおよびイベントスクリプト、ZTP、OpenStackネットワーキング(Neutron)向けジュニパープラグインなど、さまざまなネットワーク自動化機能をサポートしています。
  • クラウドレベルの拡張性とパフォーマンス:QFX5220は、750ナノ秒という低遅延で、ベストインクラスのクラウド規模のレイヤー2およびレイヤー3導入をサポートします。
  • MPLS:QFX5220は、レイヤー3VPN、RSVPトラフィックエンジニアリング、LDPなどの幅広いMPLS機能を提供しており、スタンダードベースのマルチテナント機能や、フロー単位のSLAによる大規模なネットワーク仮想化をサポートします。

QFX5220スイッチを使用するべき人は誰ですか?

固定構成スイッチ上に構築されたスケールアウト型スパイン&リーフ型IPファブリックアーキテクチャを導入するケースが増えており、データセンターでEast-Westトラフィックが増加しているクラウドプロバイダやネットワーク事業者は、QFX5220を検討する必要があります。

QFX5220の導入オプションとは?

2つのモデルが用意されています:

  • QFX5220-32CD:ロープロファイルの32個のポート、1 Uフォームファクタ
  • QFX5220-128C:4 Uフォームファクタに128個のポート