SRX550ファイアウォール

SRX550ファイアウォールはセキュリティルーティングスイッチングWAN接続性を2 Uのフットプリントに統合したオールインワンソリューションです。柔軟性の高いデバイスで、次世代セキュリティ、SD-WANサポート、エンタープライズクラスのネットワークを中規模から大規模な支社/拠点環境に提供します。

SRX550は、侵入防止、アプリケーションの可視化と制御、アンチウイルス、アンチスパム、および強化されたWebフィルタリングなどを含むコンテンツセキュリティ機能など、次世代ファイアウォール機能に対応しています。

Advanced Threat Preventionにより、動的マルウェア検知、SecIntel脅威フィード、暗号化されたトラフィックのインサイト、適応型脅威プロファイリングを備えた包括的な脅威防御を実現します。

主な特長


ファイアウォールパフォーマンス(最大)

7Gbps

IPSパフォーマンス

800Mbps

VPNパフォーマンス

1Gbps

最大同時セッション数

375,000

ポート

固定:10/100/1000 BASE-T + 4 SFP(スモールフォームファクタープラガブル)トランシーバ

I/Oスロット x 6:SRXシリーズMini-PIM x 2、ギガビットバックプレーン物理インターフェイスモジュール(GPIM)または複数のGPIMとXPIMの組み合わせ x 6

特長とメリット

セキュアなSD-WAN

複数のネットワークインターフェイス間でWAN接続の制御を統合すると共に、サポートされるレガシーインターフェイスのMPLS、ブロードバンド、4G LTE無線リンクを管理してセキュリティを維持します。

Juniper Mist WAN Assurance

よりシンプルな運用、ネットワークの可視化、エンドユーザーおよびアプリケーションエクスペリエンスの向上、WANの平均修復時間の短縮を実現します。 

Advanced Threat Prevention

Juniper Advanced Threat Preventionは、マルウェアのサンドボックス化、脅威インテリジェンスフィード、およびSSLで暗号化されたトラフィックに潜むマルウェアを検出する暗号化されたトラフィックのインサイトなど、動的な脅威防衛を提供します。

次世代ファイアウォール

侵入防御システム(IPS)、アプリケーションセキュリティ(AppSecure)、ユーザーIDおよびロールベースのアクセス制御、およびコンテンツセキュリティ(ネットワークアンチウイルス、アンチスパム、ならびに強化されたWebフィルタリング)などのソフトウェア対応の次世代ファイアウォール(NGFW)機能により、脅威を検知し、軽減することができます。

WANおよびWi-Fiモジュール

T1/E1、ADSL2/2+、VDSL2、3G/4G LTEオプションを含む、柔軟で信頼性の高いWANモジュール。Wi-Fiモジュールは、ビジネスユーザー、ゲスト、IoTデバイス向けに802.11ac Wave 2無線アクセスを提供します。

Juniper Secure Connect

リモートから作業する従業員に、企業およびクラウドリソースへの動的で適応型のセキュアなSSL-VPNアクセスを提供します。

オン/オフボックス機能を使用することで、SRXデバイス上のネットワークおよびセキュリティポリシーの構成や設定をリモートから自動で実行できます。

これらの自動化された機能を、一元化されたネットワークセキュリティ管理および保守と組み合わせることで、分散した拠点でのIT運用を簡略化します。

シンプルな導入

ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)は、 ITリソースが限定されている場合、または利用できない可能性がある支店/拠点での初期導入を簡素化します。

Magic Quadrant Challenger

Gartnerは、2022年Gartner® Magic Quadrant™の「ネットワークファイアウォール」部門で、ジュニパーをチャレンジャーに選出しました。

レポートを読む(英語)

お客様の導入事例

価格が手頃で購入しやすい家具を作っているBadcockがセキュリティを自動化

Badcockはスタイリッシュな家具作りで知られており、利用しやすいクレジット、思いやりのあるサービスには定評があります。同社は株式非公開の米国大手小売業者で、ジュニパーのソリューションを導入し、信頼性に非常に優れた安全なネットワークを378の全店舗で使用しています。

Badcockの画像

SRXシリーズファイアウォール

SRX550を他のSRX製品と比較してご覧ください。
srx550 front with top

SRX550

SRX550次世代ファイアウォールは、中規模から大規模な支社/拠点環境を保護するのに最適です。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

7Gbps

IPSパフォーマンス

800Mbps

VPNパフォーマンス

1Gbps

最大同時セッション数

375,000

ポート

固定:10/100/1000 BASE-T + 4 SFP(スモールフォームファクタープラガブル)トランシーバ

I/Oスロット x 6:SRXシリーズMini-PIM x 2、ギガビットバックプレーン物理インターフェイスモジュール(GPIM)または複数のGPIMとXPIMの組み合わせ x 6

表示中
srx1500 Front with top

SRX1500

SRX1500は、分散したエンタープライズキャンパスや中小規模のデータセンターを対象とした、高性能かつ低レイテンシーの次世代ファイアウォールです。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

9.2Gbps

IPSパフォーマンス

3.3Gbps

VPNパフォーマンス

4.5Gbps

最大同時セッション数

200万

srx380 front with top

SRX380

SRX380次世代ファイアウォールは、高性能でセキュアなSD-WANゲートウェイであり、信頼性の高い、優れたWAN接続が可能です。単一のデバイスに分散型企業オフィスのセキュリティ、ルーティング、スイッチングを統合します。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

20Gbps

IPSパフォーマンス

2Gbps

VPNパフォーマンス

4.4Gbps

最大同時セッション数

380,000

すべてのSRX製品をご覧になりますか?

ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見

最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。

ライブイベントとオンデマンドのデモ

変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

これらのソリューションでSRX550を検索

コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

AIドリブンSD-WAN

AIドリブンのインサイト、自動化、アクション、およびネイティブセキュリティで、WAN全体のユーザーエクスペリエンスを強化します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリッククラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

ゼロトラストのデータセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

ネットワークファイアウォール向けGartner Magic Quadrant、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、トーマス・リントマス、2022年12月19日。

ネファイアウォール向けのガートナーの重要な機能、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、2022年 1 月 17 日

GartnerおよびMagic Quadrant は、Gartner, Inc. ならびに米国および世界におけるその関連会社の登録商標であり、当ページにおいては許諾を得て使用しています。全著作権所有

Gartner®、Magic QuadrantおよびPeer Insights™ はGartner, Inc.および/あるいはその関連会社の商標です。全著作権所有Gartner Peer Insightsのコンテンツを構成するエンドユーザーの意見は、個人の体験に基づくものであり、事実の記述として解釈されるべきものではなく、またGartnerやその関連会社の見解を示すものでもありません。Gartnerは、本コンテンツに掲載されているいかなるベンダー、製品またはサービスも支持するものではなく、本コンテンツに関して、明示的か黙示的かを問わず、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、その正確性や完全性についていかなる保証も行うものではありません。

Gartner は調査に関する発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを支持するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を持つベンダーのみを選択するようテクノロジ ユーザーに推奨するものではありません。Gartnerの調査に関する発行物はGartnerの調査機関の意見を表したものであり、事実について記したものではありません。Gartner は、明示または黙示を問わず、特定目的での商品性または適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません。