SRX380サービスゲートウェイ

SRX300シリーズのサービスゲートウェイは、次世代のセキュリティ、ネットワーキング、およびSD-WAN機能を提供し、お客様のクラウド対応や、AI駆動により変化する企業ネットワークのニーズに対応します。SRX300シリーズのサービスゲートウェイをジュニパー・ミスト・クラウドを使用して管理することで、支店での業務が簡素化されます。SRX380は、複数の拠点に新しいアプリケーションを追加したり、クラウドに接続したり、あるいは業務効率を向上させたりする際に、拡張性、安全性、および管理性に優れた接続性を提供します。

SRX380は、侵入防止、アプリケーションの可視化と制御などの次世代ファイアウォール機能や、アンチウイルス、アンチスパム、および強化されたWebフィルタリングなどのコンテンツセキュリティ機能をサポートしています。

Advanced Threat Preventionは、ダイナミックなマルウェア検出、SecIntelの脅威フィード、暗号化されたトラフィックインサイト、およびAdaptive Threat Profilingにより、包括的な脅威防御を提供します。

主な特長


ファイアウォールパフォーマンス(最大)

10 Gbps

IPSパフォーマンス

2 Gbps

VPNパフォーマンス

3.5 Gbps

最大同時セッション数

380,000

ポート

20個(1 GbE x 16、10 GbE x 4)

特長とメリット

セキュアなSD-WAN

複数のネットワークインターフェイス間でWAN接続を制御し、MPLS、ブロードバンド、4G LTEリンクを管理および保護します。

Juniper Mist WAN Assurance

運用を簡素化し、アプリケーションベースのコンテキストでエンドユーザーエクスペリエンスを可視化して、WAN平均修復時間(MTTR)を短縮します。

Advanced Threat Prevention

Juniper Advanced Threat Preventionは、マルウェアのサンドボックス化、脅威インテリジェンスフィード、およびSSLで暗号化されたトラフィックに潜むマルウェアを検出する暗号化されたトラフィックのインサイトなど、動的な脅威防衛を提供します。

次世代ファイアウォール

侵入防止システム(IPS)、アプリケーションセキュリティ(AppSecure)、ユーザーIDおよび役割ベースのアクセスコントロール、および
コンテンツセキュリティ(ネットワークアンチウイルス、アンチスパム、ならびにWebフィルタリングの強化)などのソフトウェア対応の次世代ファイアウォール(NGFW)機能により、脅威を検知し、軽減することができます。

WANおよびWi-Fiモジュール

柔軟で冗長構成のWANモジュールには、T1/E1、ADSL2/2+、VDSL2、3G/4G LTEオプションが用意されています。Wi-Fiモジュールは、ビジネスユーザー、ゲスト、IoTデバイス向けに802.11ac Wave 2無線アクセスを提供します。

ネットワークのセグメント化

ゾーン、VLAN、IPsec VPNに基づきセキュリティと管理のポリシーをカスタマイズし、仮想ルーターを使用して内部、外部、DMZサブグループを作成できます。

オン/オフボックス機能により、SRXデバイスでネットワークおよびセキュリティのポリシーや設定の自動的なリモート設定が可能になります。

これらの自動化された機能を、一元化されたネットワークのセキュリティ管理および保守と組み合わせることで、地理的に離れた拠点のIT運用を容易にします。

シンプルな導入

ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)は、ITリソースが限定されている、または利用できない可能性がある支店における初期導入を簡素化します。

Magic Quadrant Challenger

ジュニパーは、Gartnerの2020 Magic Quadrant for Network FirewallsでChallengerに選出されました。

レポートを読む

お客様の導入事例

統合型サイバーセキュリティで金融資産を保護しているBanca di San Marino

最新のサイバー攻撃を防ぐには、境界セキュリティだけでは不十分です。2 億ユーロ超の顧客資産を管理する Banca di San Marino は、最新のバンキングおよびデータ プライバシの規制に準拠するため、統合された適応型サイバーセキュリティを採用しました。

SRXシリーズサービスゲートウェイ

SRX380を他のSRX製品と比較してご覧ください。
SRX380

SRX380次世代ファイアウォールは、高性能でセキュアなSD-WANゲートウェイであり、信頼性の高い、優れたWAN接続が可能です。単一のデバイスに分散型企業オフィスのセキュリティ、ルーティング、スイッチングを統合します。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

10 Gbps

IPSパフォーマンス

2 Gbps

VPNパフォーマンス

3.5 Gbps

最大同時セッション数

380,000

ポート

20個(1 GbE x 16、10 GbE x 4)

表示中
SRX345

SRX345次世代ファイアウォールは、各地に分散した中規模から大規模の支社/拠点に最適です。セキュリティ、ルーティング、スイッチング、WAN接続を1U筐体に統合します。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

5 Gbps

IPSパフォーマンス

600 Mbps

VPNパフォーマンス

800 Mbps

最大同時セッション数

375,000

ポート

1 GbE x 16

SRX550

SRX550 次世代ファイアウォールは、中規模から大規模の支社環境を保護するのに最適です。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

7 Gbps

IPSパフォーマンス

800 Mbps

VPNパフォーマンス

1 Gbps

最大同時セッション数

375,000

ポート

固定:10/100/1000 BASE-T + 4 SFP(スモールフォームファクタープラガブル)トランシーバ

I/Oスロット x 6:SRXシリーズMini-PIM x 2、ギガビットバックプレーン物理インターフェイスモジュール(GPIM)または複数のGPIMとXPIMの組み合わせ x 6

すべてのSRX製品をご覧になりますか?
ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見
最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションでSRX380を検索
コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

AIドリブンSD-WAN

Mist AI およびジュニパーの Session Smart ルーティングにより、実用的なネットワーク情報、自動化、ネイティブセキュリティを実現し、WAN 全体のユーザーエクスペリエンスを向上させ、クライアントからクラウドへ運用を簡素化します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリック クラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

データセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

Gartner Magic Quadrant for Network Firewalls、ラジプリート・カウル、アダム・ヒルズ、ジェレミー・ディホーン、2020年11月10日

Gartnerは、調査発行物に記載されたベンダー、製品、サービスを支持することはなく、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されています。全著作権所有