プレスリリース

2018

Navigation
ジュニパーネットワークス、ニュータニックスとのパートナーシップを強化 ネットワークの自動化とセキュリティの向上に協働で取り組む

ニュータニックスインフラを活用している企業に、ネットワークとセキュリティの簡素化を提供

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、ニュータニックス(NASDAQ: NTNX)とのパートナーシップを強化したことを発表しました。今回の取り組みは、ネットワークとセキュリティをコンピュートおよびストレージとシームレスに連携させて、企業のマルチクラウドアーキテクチャへの移行を簡素化することを目的としています。マルチクラウド移行には、ネットワーク管理の自動化と簡素化に加え、統合された俊敏なセキュリティを実装することが不可欠となっています。これを実現するために、ジュニパーネットワークスとニュータニックスは今回のパートナーシップ強化を通じて、将来のマルチクラウド環境で必要となる、仮想ネットワークと物理ネットワークのシームレスな統合を目指します。

ジュニパーネットワークスの「Contrail Enterprise Multicloud」はニュータニックスのAPIと統合することで、仮想ワークロードに対するネットワークの可視性を向上し、ファブリック管理の自動化を推進します。また、ニュータニックスのSDNソリューションである「Flow」、「AHV」と、ジュニパーネットワークスの統合型のサイバーセキュリティプラットフォームを組み合わせることで、エンタープライズクラウドのアプリケーションをマイクロセグメンテーションで保護し、脅威の社内拡散を防止します。企業は自社のニュータニックス環境で「vSRX」を統合した仮想ファイアウォールを導入することにより、オンプレミスとAWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformで「vSRX」を一元管理し、マルチクラウドアーキテクチャ全体にわたって同等のセキュリティレベルを展開できるようになります。

今回のパートナーシップを通じて、ジュニパーネットワークスは以下を提供します。

  • Nutanix エンタープライズクラウド」をご利用のお客様には、「Contrail Enterprise Multicloud」とニュータニックスのAPIを統合し、運用の簡素化と優れた拡張性を実現する「QFXスイッチ」によるネットワークファブリックを提供します。

  • Nutanix Flow」とジュニパーネットワークス「vSRX」を組み合わせ、クラウドアーキテクチャのマイクロセグメンテーションを強化し脅威の拡散を防ぎます。

ジュニパーネットワークスの「Contrail Enterprise Multicloud」と「Nutanixエンタープライズクラウド」は、マルチクラウドアーキテクチャのシームレスな構築、接続、保護、運用を実現します。

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、私たちのつながり方、働き方、生活に変革をもたらすクラウド時代において、製品、ソリューション、サービスにより、複雑なネットワークの簡素化を実現します。弊社は、顧客とパートナー企業に向けて、世界をつなぐ、自動化、拡張性を備えたセキュアなネットワークを提供するため、ネットワークをそれまでの制約から解放します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper NetworksおよびJuniper Networksロゴ、およびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。