Contrail Networking

Contrail Networking では、あらゆるクラウド、ワークロード、導入環境について、単一のユーザー インターフェイスから動的でエンドツーエンドのネットワーク ポリシー管理を実行できます。抽象的なワークフローを具体的なポリシーに変換し、すべての環境における仮想オーバーレイ接続のオーケストレーションを簡素化します。

Contrail NetworkingのSDN(Software-Defined Networking)機能は、オープンソースのネットワーク仮想化プロジェクトであるTungsten Fabricをベースにしており、ワークロードをどの環境にも安全に導入できます。あらゆるコンピューティングテクノロジ(従来のベアメタルサーバー、仮想マシン、コンテナなど)上で実行するすべてのワークロードに継続的にオーバーレイ接続できます。

主な特長


  • ルーティングとブリッジング
  • 負荷分散
  • セキュリティとマルチテナント
  • 柔軟性と耐障害性に優れたVPN
  • ゲートウェイサービス
  • 高可用性
  • 分析サービス
  • APIサービス

特長とメリット

市場投入までの時間短縮

ポリシーをシンプルに制御でき、仮想ネットワークの機能の挿入とチェイニングが容易です。

オープンアーキテクチャ

オープンソース、オープンスタンダード、オープンインターフェイスで、マルチベンダーの相互運用性に対応します。

きわめて高速な処理

Contrail のハイパーバイザーレベル仮想ルーター(vRouter)転送プレーンは、マルチテナント環境でラインレートのオーバーレイ パケット処理を実現します。

既存ネットワークとの高速リンク

ゲートウェイ サービスによってレガシー ネットワークのワークロードに高速接続がシームレスに提供されます。

自動化された統合

REST API によって IT DevOps を自動化し、クラウドオーケストレーションシステムとのネットワーク統合を促進できます。

コンテナセキュリティ

cSRXコンテナファイアウォールと併用した場合、レイヤー4~7でクラウドネイティブアプリケーションのマイクロセグメンテーション、暗号化、セキュリティが提供されます。

お客様の導入事例

ジュニパーと共に、新しいSDNおよびNFVネットワーク サービスインフラストラクチャを構築

Orange Business Servicesは、世界220か国の顧客にサービスを提供する、グローバルITおよび通信サービスプロバイダです。接続サービスは同社サービスの中核であり、事業の3分の1を占めています。同社はジュニパーと提携し、自動化および仮想化による、俊敏性に優れたサービスを提供しています。

Orange Business Servicesの画像

Contrail Networkingファミリー

Contrail Networking

クラウドやネットワーク機能の仮想化(NFV)環境に対応するオープンなSDNソリューションです。ビジネスの柔軟性を高め、セキュリティ、可用性、パフォーマンス、自動化、順応性を向上させます。

技術的な特長
  • ルーティングとブリッジング
  • 負荷分散
  • セキュリティとマルチテナント
  • 柔軟性と耐障害性に優れたVPN
  • ゲートウェイサービス
  • 高可用性
  • 分析サービス
  • APIサービス
表示中
Contrailサービスオーケストレーション

モジュラー型のオープンフレームワークにより、サービスの作成から提供まで、サービスのライフサイクル全体でオーケストレーションを実現。

技術的な特長
  • ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)や設定テンプレートを用いて、ネットワークのオーケストレーションとコントロールを自動化します。
  • クラウドから提供されるトラフィックフロー、セキュリティイベント、ポリシーの完全な可視化。
  • アプリケーションのSLAポリシー管理(4500を超えるアプリケーションシグネチャー)およびルーティングに関しては、複数のネットワーク接続とパスにわたってアプリケーションとリソースプロビジョニングを自動化。
  • 次世代ファイアウォール、コンテンツセキュリティ、セキュリティインテリジェンス、高度な脅威防御を含む、レイヤー1から7の高度なセキュリティを統合。
  • マルチホーミングを利用したスポークの冗長性やハブサイトの冗長性を含む完全冗長構成のプラットフォーム。
  • マルチテナントサポートとロールベースの豊富なアクセス制御(RBAC)により、複数の顧客へのサービスの提供や管理が容易になります。
ネットワーク自動化の現状レポート(SoNAR)
自動化の影響をご覧ください。ジュニパーの協賛で実施された調査レポート、2020年度SoNARでは、今日の自動化の使用がエンジニア、NetOpsチーム、ビジネスにどのような影響を及ぼすかが明らかになりました。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションでContrail Networkingを検索してください。
データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、エクスペリエンスを保証します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化して、設計、導入、運用を簡素化し、継続的な検証を実現します。