Contrail Networking

Contrail Networkingは、Software-Defined NetworkingSDN(SDN)ソリューションです。仮想ネットワークの作成と管理を自動化し、プライベートおよびパブリッククラウドでワークロードの接続、分離、および保護を可能にします。OpenStack、OpenShift、Kubernetesと統合することで、ハイブリッドなSSDNオーケストレーションおよび仮想スイッチング、ルーティング、セキュリティ、ロードバランシングなどを一元化できます。

Contrailは、多くのテナント、チーム、アプリケーション、および制御の各フェーズで共有されるマルチクラスター環境に適しています。テナント、仮想ネットワーク、ポリシー、計算インスタンスに拡張し、最も要求が高い環境の数千のノードで仮想ネットワーククラスターを管理します。

主な特長


  • Kubernetes、Openshift、OpenStack向けのハイブリッドSDN
  • 高度ルーティング、オプションのオーバーレイ、および仮想ネットワークトポロジー
  • ingressコントローラとロードバランシング
  • セキュリティとサービスチェイニング
  • ハードマルチテナント機能と名前の分離
  • マルチクラスタ管理/フェデレーション
  • 100 Gbpsまでの高可用性とvRouterネットワークパフォーマンス
  • GitOpsおよびCI/CDパイプラインサービス
  • PrometheusおよびInfluxDBを統合した分析とフローテレメトリ
  • Lens GUI向けのプラグインとGrafanaとの統合
  • APIサービス

特長とメリット

クラウドネイティブネットワーキング

仮想化およびコンテナ化されたワークロードをハイブリッドSDNに統合し、クラウドネイティブの移行を簡略化します。

NetOps駆動の自動化

コードとしてインフラストラクチャを提供し、ハイパースケーラー効率かつ高速でソフトウェアの品質を実現します。

超高速パフォーマンス

SLAに適合したTelcoサービスを提供するために、カーネルモード、DPDK、SmartNICアクセラレーションを使用した分散データプレーン。

拡張可観測性

オープンソフトウェア向けにプラグアンドプレイが使用でき、使いやすく、プラットフォームに柔軟で低コストです。

既存ネットワークとの高速リンク

ゲートウェイサービスは、レガシーネットワークワークロードに高速かつシームレスな接続を提供し、クラウド運用を統合して簡略化します。

コンテナセキュリティ

cSRXコンテナファイアウォールと併用した場合、レイヤー4~7でクラウドネイティブアプリケーションのマイクロセグメンテーション、暗号化、セキュリティが提供されます。

リソースセンター

データシートおよび仕様

お客様の導入事例

ジュニパーと共に、新しいSDNおよびNFVネットワーク サービスインフラストラクチャを構築

Orange Business Servicesは、世界220か国の顧客にサービスを提供する、グローバルITおよび通信サービスプロバイダです。接続サービスは同社サービスの中核であり、事業の3分の1を占めています。同社はジュニパーと提携し、自動化および仮想化による、俊敏性に優れたサービスを提供しています。

ネットワーク自動化の現状レポート(SoNAR)

自動化の影響をご覧ください。ジュニパーの協賛で実施された調査レポート、2020年度SoNARでは、今日の自動化の使用がエンジニア、NetOpsチーム、ビジネスにどのような影響を及ぼすかが明らかになりました。

ライブイベントとオンデマンドのデモ

変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

これらのソリューションでContrail Networkingを検索してください。

データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、信頼性を確保します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化し、継続的に検証することで、設計、導入、運用を容易にします。