Paragon Automation

スピード、俊敏性、およびクラス最高のサービスエクスペリエンスを提供します。

ネットワーク自動化は、卓越したエクスペリエンスを提供する上で不可欠です。手動または半自動化されたネットワーク管理では、デバイスでのオンボーディングとサービスアクティベーションには数日から数週間かかることがあります。サービス提供に障害が発生すると、ネットワーク障害のリスクが高くなります。障害にはコストがかかり、修復には時間がかかります。また、トラフィックパターンが常に変化するため、必要な構成変更に対応し、リアルタイムでサービスレベルを保証することは不可能です。

Juniper Paragon™ Automation は、これらの課題にしっかり対応します。ネットワークオペレーションを最適化することで、ケースに応じて希望するビジネス成果を達成することができます。ソリューションはイノベーションを加速し、運用効率を向上させ、最も重要なこととして、エンジニアリングチームと運用チームが優れたサービスエクスペリエンスを提供できるよう支援します。

製品の方向性に関する記述

ジュニパーがどのように役立つか

Paragon Automationは、ネットワークサービスのライフサイクルを通じ、Day 0からDya 2までのサービスエクスペリエンスを確保するクローズドループ自動化を実現します。シナリオ計画を迅速化し、ネットワーク設計を万全なものにするとともに、CapExを削減します。デバイスのオンボーディングとサービスのアクティベーションを加速させ、サービスが最初から、そして毎回正しく提供されることを徹底します。サービスが正常に提供されるよう徹底しながら、デバイスオンボーディングとサービスアクティベーションを加速していきます。自動化されたAI対応のサービス中心型の保証により、運用が問題を先取りし、トラブルシューティングにかかる時間を短縮します。

サービスを数分で利用可能

Paragon Automation のサービスとしてのデバイスオンボーディングでは、ハードウェアとソフトウェアの真正性の確認、最新のソフトウェアのイメージ管理、ゼロタッチの設定とプロビジョニングのセキュリティ確保、デバイスの健全性とネットワークパフォーマンスの確認、インベントリの更新が行われるため、Cloud Metro デバイスが数分で完全に利用できるようになります。

接続ポイントのネットワークで覆われた地球

サービス品質を積極的に検証

導入する前にネットワークのサービス品質をサポートする能力を確保し、サービスレベル目標に対するサービスパフォーマンスを継続的かつ自動的に検証します。お客様に影響が生じる前に、サービスの問題の特定、トラブルシューティング、修正を行います。非侵入型の、アクティブなテストエージェントは、データプレーン全体で合成トランザクションを実行することで、ユーザーからクラウドまでサービス品質メトリクスを提供します。

画面上の世界地図を指さす様子

トラフィックの計画と制御

ネットワークの混雑を回避するため、サービスパスの配置を自動化し、サービスレベルの目標を達成し、容量利用を最適化します。トポロジービューでは、オフラインでの変更やシナリオ計画を実行しても、実際のネットワークに影響を与えません。標準的ルーティングプロトコル以上のトラフィック制御を自動化することで、クラス最高のサービスエクスペリエンスを提供できます。

接続されたネットワークポイントが重なった都会のスカイライン

ネットワークの耐障害性を向上

アクティブテストエージェントを使用してサービス品質を測定します。ストリーミングテレメトリを使用して、ネットワークドメインとベンダー全体のデータを正規化します。機械学習を含むアルゴリズムライブラリを使用してデータを分析し、ネットワークとサービスパフォーマンスに関する実用的なインサイトを取得します。Paragon Automationは、契約したサービスレベルに影響を与えるような異常をピンポイントで特定し、是正措置のためのクローズドループワークフローを推進します。

ネットワーク運用を最適化する一連の画面を指す手

運用の最適化

ネットワークとサービスのライフサイクル全体を通してクローズドループでインテントベースの運用効率を利用することで、一般的な運用タスクの実行に要する時間を短縮し、手動プロセスのエラーを最小限にし、既存のリソースでより多くのことを実現できます。

3つの歯車が連携する様子

導入の簡素化

Paragon Automationはクラウド対応で、柔軟な導入オプションを提供します。ノードクラスターは、高可用性、冗長性、スケールアウトアーキテクチャを実現するため、複数のデータセンター全体に分散できます。オープンで標準のAPIにより、マルチベンダーの相互運用性、カスタマイズ、お使いの環境との統合が実現します。自動化されたデバイスオンボーディングなど一部の機能は、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)としても提供されます。

関連ソリューション

セグメントルーティング

当社のソースベースのルーティングソリューションは、制御、俊敏性、およびアプリケーション対応性を向上させて、ネットワークドメイン全体でトラフィックエンジニアリングと管理を簡素化します。

Cloud Metro

クラウド原則をメトロネットワークに適用し、時代遅れにならないパフォーマンス、適応型の電力イノベーション、組込み済みのActive Assurance、ゼロトラストセキュリティによる持続可能なビジネス成長を実現します。

IPトランスポートソリューション

大容量とオンデマンドの拡張性のサポートには、仮想ルーター、セキュリティアプライアンス、CPEのIPランスポートネットワーク、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN) 、仮想BNG(vBNG)ルーティング、およびアクセスからコアまでの高性能なインフラストラクチャが必要です。それらすべてを、ジュニパーのIPトランスポートソリューションで見つけることができます。

5Gネットワーク

5Gへのジュニパーのオープンなエコシステムアプローチは、ネットワークのパワーと潜在性を最大限に引き出します。新たなビジネス価値を創造し、御社が今後10年にわたり競争力を維持できるように、ジュニパーがアーキテクチャ、運用、サービスエクスペリエンスの再構築をお手伝いします。

導入事例

GARRは、自動化を利用して、イタリアの研究や教育機関にネットワークサービスをスピーディーに提供しています

数百カ所のイタリアの教育、研究、文化機関全体で400万人が、高性能かつ高度なネットワークサービスを提供するGARRを活用しています。GARRは、変化するユーザー要件を満たしながら、サービスの卓越性を維持するために、ジュニパーを利用して、40 Tbpsの全国規模の自動ネットワークを構築しています。

Consortium GARRの画像

リソースセンター

詳細はこちら

Juniper Cloud Metro ACX7000ファミリーのご紹介(英語)

Understanding Network Brownouts(ネットワーク品質低下の概要)

ネットワークの遅延を見つけ、管理するための5つの手順

エンドツーエンドのネットワーク自動化:ネットワークを自動化する理由と方法

真のE2E自動化はまだ実現できていませんが、ネットワーク自動化は実現しました。 通信事業者が生き残っていくには、ネットワーク自動化が必要です。通信事業者がネットワークを自動化する手順、その際に生じる課題、ネットワーク自動化はどのようなメリットがあるかについてご説明します。

製品の方向性に関する記述

このページには、ジュニパーの今後の製品、機能、強化の開発および計画に関する情報(以下「SOPD情報」)が含まれている場合があります。SOPD情報は、予告なしにいつでも変更される可能性があります。ジュニパーは、今後の製品、機能、強化の導入について、一切保証せず、責任も負いません。いかなる場合も、SOPD情報の一部として記載されている期間または詳細に基づいて購入を決定しないでください。ジュニパーが、今後の製品、機能、強化の導入を遅らせるか、または導入を行わないことがあるためです。

本Webサイト内の、あるいは本Webサイトから参照または取得されたいかなるSOPD情報によっても、SOPD情報に記載の表現に関連または起因して、ジュニパーに対する信頼への苦情または禁反言が生じることはないものとします。ジュニパーは、SOPD情報に記載の表現に関連または起因して生じた損失または損害に対し、いかなる経緯で生じたかを問わず責任を負いません。