セグメントルーティング

コンテンツやアプリケーションがクラウドに移行するなか、ネットワーク帯域幅や QoE(ユーザー体感品質)に対するニーズがかつてないほど高まっています。その一方で、現在のトランスポートアーキテクチャや管理手法では、ネットワークが追いつかない状況にあります。

より簡単かつ低コストで需要を満たし、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためには、ネットワークの制御性、俊敏性、アプリケーションの認識、トラフィック管理の簡素化を実現するネットワークトランスポートのソリューションが必要です。ジュニパーのセグメントルーティングのソリューションを使えば、これらの機能をすべて手に入れることができます。

ジュニパーがサポートします

#

トラフィック転送のためのシンプルなアプローチ

セグメントルーティングにより、ネットワークの状態情報を中間ルーターから削除し、イングレスノードのパケットヘッダーにパス情報を挿入することで、ネットワークの運用を簡素化して、リソース要件を軽減できます。

#

既存インフラストラクチャへの導入

ジュニパーのセグメントルーティングに移行する場合、既存のネットワークハードウェアを交換する必要はありません。ジュニパーの機器は高パフォーマンスのプログラマブルASICを使用して設計されているためです。高パフォーマンスのJuniper ASICにより、業界屈指の拡張性を備えた既存のジュニパーハードウェアと、既存のJunos OSを使用してセグメントルーティング環境を構築できます。

#

段階的な導入で簡単に移行

自社環境にセグメントルーティングを導入する際に複数のネットワークタイプを設計、管理、同時サポートできるのはジュニパーソリューションだけです。Paragon Pathfinderでは、複数のコントロールプレーンを同時に動かすことができます。Segment Routing over MPLS(SR-MPLS)、ラベル配布プロトコル(LDP)、リソース予約プロトコル(RSVP)、ネイティブIPなど、複数のコントロールプレーンを同時に実行できます。

リソースセンター

関連ソリューション
自動化

ジュニパーは、すべての製品に自動化を構築して、プログラマビリティを図るため、お客様の環境の自動化をメリットに役立つ一連のツールを提供します。ジュニパーは、確実なエクスペリエンスを提供することは、NetOpsとDevOpsチームにとって最初(かつ最も重要な)要件であると考えています。