SRX5600ファイアウォール

ジュニパーSRX5600ファイアウォールは、高性能で業界をリードする脅威防止機能を提供し、大企業のデータセンターサービスプロバイダ、公共部門のネットワークを保護するのに理想的です。

次世代ファイアウォール(NGFW)は、Juniper Connected Securityポートフォリオに不可欠な部分であり、ネットワーク上のあらゆる接続ポイントにまでセキュリティを拡張し、高度な脅威からユーザー、データ、インフラストラクチャを保護します。Juniper Security Director Cloudソフトウェアによって一元管理することができ、モジュール式アーキテクチャを採用しているため、柔軟な接続オプションとサービス統合が可能です。

主な特長


ファイアウォールパフォーマンス(最大)

1.44Tbps

IPSパフォーマンス

245Gbps

VPNパフォーマンス

269Gbps

最大同時セッション数

1億8千2百万

特長とメリット

Advanced Threat Prevention

Juniper Advanced Threat Preventionセキュリティサービスを使用して、最新の脅威から動的にネットワークを保護します。Juniper ATPには、マルウェアのサンドボックス化、脅威インテリジェンスフィード、ジュニパーの暗号化されたトラフィックのインサイトなどの機能が組み込まれており、SSL暗号化トラフィックに潜むマルウェアを検出することができます。

次世代ファイアウォール

侵入防御システム(IPS)、アプリケーションセキュリティ(AppSecure)、ユーザー識別サービス、ロールベースのアクセス制御(RBAC)などのソフトウェア対応のNGFW機能を使用して脅威を検出して軽減します。コンテンツセキュリティの面では、統合型ネットワークアンチウィルス、アンチスパム、強化されたWebフィルタリング機能をサポートしています。

Express Pathによる最適化

SRXラインカードのエクスプレスパス最適化メカニズムを使用すると、ディープパケット検査を必要としないトラフィックフローを特定して高速化することができ、スループットが向上し、遅延が低減します。

キャリアクラスの信頼性

冗長構成のハードウェアとコンポーネントを、Junosオペレーティングシステムに組み込まれている耐障害性に優れたネットワークプロセスやシステムプロセスと組み合わせることで、99.9999%のシステム可用性を実現します。

EVPN-VXLAN

すべてのJuniper SRXシリーズファイアウォールでサポートされているEVPN-VXLAN(EVPNタイプ5ルート)構成には、あらゆる場所にあるワークロードのEVPN-VXLANファブリック全体をカバーするセキュリティが組み込まれています。

AI予測による脅威防止

AI予測脅威防御機能は、24時間だけでなく、攻撃ライフサイクル全体にわたって既知の脅威とゼロデイ脅威をラインレートで阻止できます。これにより、初期および後続の攻撃からネットワークを安全に保つことができます。

Juniper Secure Connect

柔軟性の高いジュニパーのSSL VPNとIPsecアプリケーションを使用することで、動的で適応性が高く、セキュアな方法で、企業リソースやクラウドリソースへのVPNアクセスをリモート従業員に提供できます。

拡張可能なパフォーマンス

モジュラー型プラットフォームは、SPC(サービス処理カード)とIOC (I/Oカード)を通して、パフォーマンスを低下させることなく、ほぼ直線的に拡張できます。サービス専用のハードウェアは必要ありません。ハイパフォーマンスSPC3カードは、SRX5400、SRX5600、SRX5800ファイアウォールでサポートされています。

99.9%のセキュリティ有効性

攻撃ブロック率99.9%、誤検知率0%を記録したジュニパーが、CyberRatingsのエンタープライズネットワークファイアウォールレポートで「AAA」評価を獲得。

レポートを読む

お客様の成功

Pac-12、All-Star Networkを構築してスポーツの熱狂的ファンへのサービスを向上

Pac-12は、チームスポーツのNCAA選手権を他のどのカンファレンスよりも数多く獲得しています。数百万人のファンが、野球やサッカー、アメフトといったカレッジスポーツをPac-12 Networksで楽しんでいます。メディア企業のPac-12は、運用を簡素化し、デジタルおよびテレビ放送の運用の拡張性を向上するために、ジュニパーネットワークスの製品のみを採用して、データセンターと116箇所の大学スポーツ施設を接続しました。

Pac12 Networksの画像

SRXシリーズファイアウォール

SRX5600を他のSRX製品と比較してご覧ください。
srx5600 front with top

SRX5600

SRX5600次世代ファイアウォールのネットワーク成長に合わせて拡張できる機能は、大規模なエンタープライズデータセンターサービスプロバイダのインフラストラクチャ、および公共部門のネットワークを保護するのに理想的です。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

1.44Tbps

IPSパフォーマンス

245Gbps

VPNパフォーマンス

269Gbps

最大同時セッション数

1億8千2百万

表示中
srx5400 front with top

SRX5400

SRX5400は、大規模なエンタープライズデータセンターサービスプロバイダのインフラストラクチャ、および公共部門のネットワークを保護するのに理想的な次世代ファイアウォールです。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

960Gbps

IPSパフォーマンス

172Gbps

VPNパフォーマンス

188Gbps

最大同時セッション数

9100 万

srx5800 front with top

SRX5800

SRX5800次世代ファイアウォールに備わる非常に優れたパフォーマンスと拡張性は、大規模なエンタープライズデータセンターサービスプロバイダのインフラストラクチャ、および公共部門のネットワークを保護するのに理想的です。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

3.36Tbps

IPSパフォーマンス

638Gbps

VPNパフォーマンス

699Gbps

最大同時セッション数

3億3千8百万

すべてのSRX製品をご覧になりますか?

ジュニパーコネクテッドセキュリティで283%ROIを発見

最近のForresterの総経済的な影響について、ジュニパーコネクテッドセキュリティレポートをご覧ください。

ライブイベントとオンデマンドのデモ

変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

これらのソリューションでSRX5600を検索

コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続、検証済みの脅威の防御を通して攻撃のリスクを軽減し、データ、ユーザー、デバイスの細部にわたる管理を提供します。

サービスプロバイダのセキュリティ

Juniper Connected Securityは、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡張することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、あらゆるレベルで統一された管理により、パブリッククラウドの導入を安全に加速します。アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

ゼロトラストのデータセンターセキュリティ

ジュニパーのゼロトラストデータセンターセキュリティは、セキュリティを運用化し、ネットワーク全体にゼロトラストを拡張することで実証済みの効率性で脅威を防止し、分散されたデータセンターを保護します。統一された管理、コンテキストドリブンによるネットワーク全体の可視性、単一のポリシーフレームワークにより、ジュニパーはハイブリッド環境全体のユーザー、データおよびインフラストラクチャを保護します。