画期的なテクノロジにより、金融サービス業界は新しい時代に移行

演算機能をデータ センター スイッチに組み込み、アプリケーションを高速化

金融サービス会社は、競争上の優位性を確保するための新しいアプローチを必要としています。この業界は、市場の革新的な傾向である「超コンテクスト取引」への移行過程にあります。「超コンテクスト取引」は、データ センターのインフラストラクチャに対する需要が急増する取引スタイルであるため、ハイパフォーマンスを兼ね備えた新たなレベルの分散コンピューティングが必要となり、現在の低遅延テクノロジ プラットフォームでは対応できません。

この取引は、ソーシャル メディアが混在する従来のニュース フィードのリアルタイムの処理と分析をベースとしており、会社は市場ニュースを利用して、取引における競争上の優位性を確保できます。ツイートから取引までのプロセス全体は、数秒程度で完了します。この新しい取引スタイルは、金融サービス会社の今後の業務形態において大きな転換期に差しかかっていることを表しています。また、テクノロジ ベンダーには、この取引スタイルに対応する新しいアプローチが強く求められています。

ジュニパーは、このテクノロジの課題をエンジニアリングのイノベーションと新たなテクノロジの方向性により解決し、遅延ゼロをめぐる戦いに勝ち抜きました。ジュニパーが構築したソリューションでは、演算機能をネットワークに統合することで、以下のようなメリットをもたらします。

  • アプリケーション コードを埋め込み、ジュニパーの QFX5100 データ センター スイッチ上で直接実行できます。

  • Junos® OS の仮想化およびフィールドプログラム可能なゲート アレイ(FPGA)の追加により、ネットワーク機能と業務アプリケーションをスイッチ上で直接実行して、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

  • 金融会社は FPGA をカスタマイズして、独自のアプリケーションを開発できます。

演算機能を統合したネットワークでは、金融会社は取引に対して高度な予測可能性を確保できるため、市場のデータ フィードや注文履行のルーティングなどの業務アプリケーションにおけるネットワーク遅延を低減できます。

スイッチ本体でアプリケーションを処理するため、データ センターに必要なサーバーとネットワーク スイッチの台数を減らすことができます。したがって、取引インフラストラクチャの規模と複雑さを大幅に縮小することができ、金融会社は競争上の優位性を確保できるたけでなく、運用効率も改善できます。

今日のビジネス環境では、金融会社が競合他社をリードするには高度な IT 戦略が必要になります。特に、アプリケーションのパフォーマンスの向上が重要です。演算機能を統合したネットワークを活用すれば、リアルタイムのニュースとソーシャル メディアをベースとした高速金融取引を扱う新しい時代に移行できます。

ジュニパーでは、QFX5100 アプリケーション アクセラレーション スイッチおよび演算機能を統合したネットワークのサポートで、データ センターおよびクラウド向けの拡張性に優れた強力なオープン ソリューションをさらに補完します。